クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

ニュース・話題 新製品

ヤマハ発動機の電動スポーツバイクYPJってどう?

更新日:

ヤマハ発動機が発売した電動スポーツバイクという新しいコンセプトの電動アシスト付きロードバイクであるYPJについてまとめてみました。

ヤマハ発動機のYPJ概要

ヤマハ発動機と言えばブリヂストン、パナソニックと並んで、日本のママチャリ三大メーカーの一つとして電動自転車のPASシリーズを展開しているメーカーでもあります。

そのヤマハ発動機が、電動スポーツバイクという新しいジャンルで2015年に発表したのがYPJ-R(ワイピージェイアール)でした。

スタート時には賛否両論あり、特に本格的なロードバイクに乗っている方などからは、かなり辛辣な意見などもあったYPJ-Rでしたが、最近では街で見かけることもありますし、クロスバイク版のYPJ-Cも翌年の2016年に発表されるなどで、しっかりとユーザーを増やしているような印象です。

YPJサイト
プレスリリース

YPJとは

電動アシスト自転車の在り方を再定義し、自転車市場に対して新しい価値を提案するための新たなプロジェクト(Yamaha Project)が由来のブランド名となるようです。

以下ヤマハ発動機のページより引用のYPJのコンセプトです。

ブランドコンセプト
「YPJ」は、スポーツ自転車の高い走行性能と電動アシスト機能のメリットをハイブリッドさせた新感覚のスポーツ自転車ブランドです。
 「電動アシスト自転車であることを忘れるデザイン」「わくわくする楽しい機能と走行感覚の追及」「所有する喜び」をコンセプトに、高い走行性能・機能、デザイン性を備えた車体に、スポーティな走りを実現するドライブユニット「PWシリーズ」を搭載しています。
 「YPJ」ブランドの展開により、これまでの電動アシスト自転車の概念を越える、新たなスポーツ自転車のジャンルを創造し、ヤマハならではの走りの楽しさや、新しい価値を提案します。
引用元:http://global.yamaha-motor.com/jp/news/2015/0928/ypj.html

YPJ-Rについて
第一弾となる「YPJ-R」は、ドライブユニットやバッテリーの存在感を最小化するデザインや高い趣味性、スポーツ自転車としての高い走行性能を備え、電動アシスト自転車でありながら自転車本来の走りの楽しさ(爽快感)を具現化した新感覚のロードバイクです。電動アシストのメリットを、発進・加速からスムーズに巡航領域につなげるために生かし、「楽するための電動アシスト」から「より楽しむための電動アシスト」への価値の転換を図りました。
引用元:http://global.yamaha-motor.com/jp/news/2015/0928/ypj.html

YPJ-Rのターゲット

YPJシリーズのメインターゲットは、スポーツバイクに興味を持ち始めた若年スポーツバイクエントリー層で、いわゆる初心者と呼ばれる方々のほか、自転車を趣味の一環として取り入れたい人や、スポーツバイクに乗ろうと考えている女性などで、本格的にロードバイクに乗っている本気な人達はターゲットから外しているようです。

なので、本気の方々から見ると「ヤマハ発動機が変なモノを作った・・・」というような感想になるようですが、ヤマハ発動機としては、お披露目の際にもハッキリとガチなサイクリストはターゲットから外しているというようなことを宣言していて、話題にもなりました。

ヤマハ新電動アシスト自転車「YPJ-R」試乗会まとめ(togetter)あたりを見ると、賛否両論いろいろありで、面白いです。

ヤマハYPJ-Rの個人的な感想

ヤマハYPJ-Rに

個人的にはヤマハYPJ-Rには乗ってはいませんが、現物はVELO TOKYO 2015で見たこともあり、せっかくなので感想等でも書いておこうと思います。

ヤマハYPJ-Rの第一印象はカッコいい!でした

VELO TOKYO 2015で展示されていたのを見たのが最初でした。
VELO TOKYO 2015は電動自転車やフォールディングバイクがメインの展示会で、ママチャリが並ぶ中に混じって展示されていたヤマハYPJ-Rは、会場で唯一のロードバイク(風)の自転車だったので、自ずと注目してしまいました。

第一印象は「お、なんかカッコいい」と思いました。

でも、もしかしたらそれは、ママチャリに囲まれていたからであって、ロードバイクメインの自転車会場であったならば、カッコいいと思ったかどうかは分かりません。

ヤマハYPJ-Rのデザイン

一般的な電動自転車っぽくないようにデザインされたているため、いわゆる電動自転車とは明らかに一線を画したデザインになっています。

電動自転車と言えばバッテリーが付き物で、このバッテリーをどうするかで、電動自転車ぽくなるのか、そうでなくなるのかの境界になると思います。

ヤマハYPJ-Rはダウンチューブにバッテリーを配置しています。
ダウンチューブと言えば、ツールボトルやドリンクボトルを置く場所で、その場所にバッテリーを配置することで電度アシスト自転車と思わせないような自然な感じのシルエットになっています。

ボトルゲージを犠牲にしている点で、ドリンクなどの置き場所は考える必要はありますが、シルエットをロードバイクのように自然に見せるためにはダウンチューブ以外に選択肢がなかったのかもしれません。

ヤマハYPJ-Rの重量

ヤマハYPJ-Rの重量は約15kg。

スポーツバイクとしてはかなり重たく一般的なシティサイクルレベルの重さになっていますが、電動ママチャリは、メーカー問わずでどの車種でも30kg前後あるのが普通なので、それと比べると超軽量というわけです。

15kgならけして持ち運びできない重さではないのでスポーツバイクとしても実用的な範囲かと思います。

ヤマハYPJ-Rの電動アシスト

ヤマハYPJ-Rの電動アシスト機能でアシストしてくれるのは時速24km/hまでだそうですが、正直なところアシストが欲しいのはそこから先、という気がしないでもありません。

というのも、クロスバイクでも20km/hくらいは軽く出てしまいます。
逆に24km/hを越えたあたりから頑張ってペダルを踏んでも速度が乗らなくなってしまうのです。それを思うとアシスト機能が切れてしまうのは24km/hではなく35km/hくらいまでアシストしてくれると有り難いのですが、きっと法的な問題もあるのでしょう。

YPJ-Rの11速×2

YPJ-Rに搭載されているコンポーネントはクランクセット以外はShimano 105とのこと。つまり11速×2の構成になるわけです。

それだけの情報だと、しっかりしたロードバイクだなあという印象を与えてくれますが、電動アシストが付いてたら、そもそも多段ギアは必要無いよな・・・などという疑問が沸いてしまいます。

ヒルクライムなどをする人にとっては多段化はそのメリットが大きいですが、YPJ-Rの購入層が、わざわざヒルクライムに出かけるとは思えません。街中に出て来るレベルの坂道であれば、多段ギアは無用の長物のように思えてしまいます。

ちなみに、ホームページでは、メインコンポーネントに105を採用と書いてありますが、クランクセットは105ではありません。写真を見て判断する限りでは、FSAのVERO COMPACT (CK-C602SS)だと思われます。

YPJ-Rの価格

価格は24万8400円(税込み)
一見、高いように思う価格設定ですが、一般的なママチャリ仕様の電動自転車の値段が10万円〜15万円と考えると、ロードバイク仕様のYPJ-Rがこの値段になってしまうのは、仕方がないと言えるかもしれません。

しかし、同じ金額を出せば、ヨーロッパの有名メーカーのカーボンフレームのロードバイクが、フル105装備で余裕で購入出来ると思うと、かなり強気な価格設定だと思います。

まして初心者がいきなりその金額を出せるかと言われると、ちょっと難しいかもしれません。

僕の場合は、最初に設定した予算が10万円でした。思い切った人でも最初の一台となると20万円くらいが上限になると思うのですが、それよりも高い値段なわけです。しかも、電動自転車であること以外のスペックが、通常のロードバイクよりも下回っているとなると、選択肢としてYPJ-Rを残すのは、正直な所で厳しいと思われます。

ヤマハ発動機のYPJ-Rまとめ

自分が初心者になったつもりで考えれば、僕の場合だと購入候補にYPJ-Rは入らないと思います。

電動アシスト自転車の一番のポイントは、漕ぎ出しの軽さにあるわけですが、実際問題で、スポーツバイクは軽いですから、電動アシストがなくても、基本的に漕ぎ出しが楽なのですよね。

実際に乗ってみると、魅力を感じるのかもしれませんが、同価格帯のロードバイクと比べて、その部分でメリットを感じる事ができるかというと・・・どうなんでしょうか?

ヤマハ発動機的にも電動アシスト自転車の再定義と明言している通りで、一般的なロードバイクとの比較ではなく、あくまで現行の電動アシスト自転車との比較において、スポーティになった自転車と考えた方が良さそうです。その点を考えれば、最初から本格的なロードバイク乗りを対象外にしているのも頷けます。

個人的には、買う事はないと思われる電動スポーツバイクですが、電動自転車らしい機能もいくつかあります。

例えば、USB経由でスマートフォンやライトなどを充電出来る、という機能。スマートフォンをナビ代わりに使っていると心配なのはバッテリーですし、ライトもバッテリー式のライトは数時間しかもたないので、電源として電動自転車のバッテリーを利用出来る、というのはメリットとして大きいかもしれません。

こういった部分は普通の自転車にはとうていマネが出来ない部分だと思うので、魅力を感じてしまいます。

とにもかくにも2015年12月10日から販売開始なほか、YPJとして今後マウンテンバイクなども展開して行く計画があるとのことで、今後の展開にも注目しておきたいと思います。

自転車運転時のスマートフォンやライトなどのバッテリー切れ防止対策として、モバイルバッテリーを携帯しておくと安心です。

-ニュース・話題, 新製品
-, ,

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.