*

ボールポイント六角レンチの先端についてる丸い玉の使い方

公開日: 自転車メンテ・改造, 自転車全般, 豆知識・基礎知識, 道具・工具

ボールポイント六角レンチの使い方

クロスバイクやロードバイクのメンテナンスをする際に必要不可欠な工具と言えば六角レンチです。六角レンチの呼び名は色々で、六角棒レンチ、ヘキサゴンレンチ、六角棒スパナ、自転車界隈ではアーレンキーなどとも呼ばれます。

クロスバイクやロードバイクのメンテナンスに六角レンチが必要になる理由は、自転車のパーツに使われているボルトのほとんどが六角穴付きボルトだからで、六角レンチは自転車を買ったら最初に買うべき工具とも言えるかもしれません。

さて、そんな六角レンチですが、L字型の長い方の柄の先に丸い玉が付いているタイプのものを見かけることがあります。

この丸い玉は、ボールポイントと呼ばれるもので、丸い玉の付いた六角レンチのことをボールポイント六角レンチなどと読んだりするのですが、一体その玉が何のために有るのか、僕自身その理由がよく分かっていなかったのでボールポイント六角レンチについて調べてみることにしました。

sponsored link

六角レンチ

六角レンチの使い方
六角レンチの呼び名は色々で、六角棒レンチ、ヘキサゴンレンチ、アーレンキー、ヘックスレンチなど呼び方が様々ですが、全て同一のものです。一般的な呼び方はやはり六角レンチだと思います。

六角レンチの基本的な使い方

ボルトを締める、緩める時

ボルトを締める、または緩める時には、六角レンチの短い柄をボルトに差し込んで、長い柄の方で回転させることで大きなトルクをかけられるのでボルトをキツく締め込んだり、硬く固着したボルトを緩めたりすることが少ない力でできます。

ボルトを回転させる時

ボルトを回転させるには、長い方の柄をボルトに差し込むことで、ドライバーのようにクルクルと効率よくボルトを回転させることができます。

ボールポイント六角レンチ

ボールポイント六角レンチ

今回の本題でもあるのですが、六角レンチにはボールポイントと呼ばれる丸い玉のようなものが付いたものがあります。

通称ボールポイント六角レンチと呼ばれるもので、基本的な使用方法は通常の六角レンチと同じですが、レンチの先にある玉の部分はどのように使うのか?何のためにあるのか?について調べてみます。

普通の六角レンチ

通常の六角レンチの先には玉のようなものは有りません。

ボールポイント六角レンチ

長い方の柄の先が丸くなり、玉のようになっている六角レンチが存在します。
この玉の部分をボールポイントと呼び、このような六角レンチをボールポイント六角レンチと呼びます。

ボールポイント六角レンチの使いどころ

六角レンチの先端が丸い玉になっていると、ボルトに対して六角レンチを斜めに差し込むことができるようになります。

六角レンチを使用していて有りがちなシチュエーションとして、六角レンチを差し込めないような場所のボルトを回さなくてはいけない場面があります。

短い方の柄であれば差し込めたとしても、ラチェットタイプでもない限り、レンチを抜き差ししながらボルトを回転させるのはかなり面倒です。

そこで、ボールポイント付きの六角レンチを使用すると、レンチを斜めにしてボルトを回転させられるので、ボルトを回せるシチュエーションが増えるというわけです。

言葉ではちょっと伝わりづらいので実践してみます。

通常の六角レンチの場合

普通の六角レンチ

通常の六角レンチの場合は、ボルトの穴に対して、垂直に差し込まないとボルトを回転させることができません。

ボルトの正面に何か障害物などが有って六角レンチを差し込めないような場面の場合はどうしようもなくなります。

ボールポイント六角レンチの場合

ボールポイント六角レンチ

ボールポイント六角レンチだと、ボルトに対して20度〜25度程度の角度を付けられるため、狭くてレンチを真っすぐに差し込めないような場所でもレンチを斜めに差し込んでボルトを回転させることができるのです。

これが実作業を行う際には非常に便利に感じる場面が多いです。

斜めにできるボールポイント六角レンチ

クビレ部分をつけた六角レンチなら真っすぐに六角レンチを差し込めないような場所でも使用することができます。

高いトルクをかけての使用はできない

留意点として、ボールポイントにするために柄の部分にクビレを付けて細くしているため、通常の六角レンチと比べると強度が下がります。

従って高トルクでの使用は破断の可能性もあるので注意が必要です。
あくまでボルトを回転させるための道具として使用する必要があるそうで、締め付けや緩めるなどの高トルクがかかるような使用方法は不向きとなります。

世界初のボールポイント六角レンチ

世界で初めてボールポイントの付いた六角レンチを考案したのは、アメリカのBONDHUS(ボンダス)という会社です。

ボンダス社の製品の説明動画でも ボールポイント六角レンチの使いどころについて説明されています。

六角レンチが有名な工具メーカー

六角レンチが有名な工具メーカー

工具の価格ははピンキリです。
100円ショップでもセットで売られていたりしますし、逆に10,000円を越えるような高級な工具まで様々です。

どのグレードの工具を買えば良いのかはその人の使用頻度や目的に応じて適当なモノを選べば良いのでしょうが、間違いなく言えるのは、高いモノほど精度が高く、工具の材質も良いので破断や摩耗がしづらく、長い期間調子良く使用できるという点だと思います。

結果として、少々値段が高くても、しっかりとした品質のものを購入しておいた方が気分良く、また上手に作業ができるはずなので良いと思います。

高級な工具は使うとその使いやすさに感動したり、デザインの良さがあり、使うことに喜びを感じたりするはずで、値段相応でもあるのです。

ちなみに六角レンチはネジ回しの一種なので、下記のメーカーはドライバーなど他の工具についても有名です。

Wera(ヴェラ)

1936年創業のドイツの老舗工具メーカーWera
乗り物の工具と言えばドイツ製で間違いなし!かと。
いかにもドイツ製でカッコ良いのです。

コーポレートカラーでもあるグリーンがビアンキのチェレステのようで、ビアンキユーザーは要チェックかも。

PB Swiss tool

1987年創業のスイスの工具メーカーPB Swiss tool
ドライバー関係と言えばスイス製で間違い無し!と考える人も多いと思います。
カラフルに色分けされた六角レンチは、サイズを色で認識出来るので、六角レンチのセットでありがちなサイズの取り間違いがかなり減らせます。

KTC 京都機械工具

工具はやっぱり日本製!という方も多いと思いますので日本のツールメーカーもご紹介。

京都機械工具、通称KTCも評価の高い工具メーカーの一つです。
自転車用というよりはバイク方面で名前が通っている工具メーカーです。
自転車ではトルクレンチで愛用している人も多いかと思います。

自転車メンテナンスでよく使う六角レンチのサイズ

自転車メンテナンスでよく使う六角レンチのサイズ

六角レンチを購入する際は、セットになったものを購入すると便利ですが、あまり沢山種類があっても使わないと無駄になってしまいます。

自転車のメンテナンスでよく使うサイズの六角レンチは4mm 5mm 6mm あたりになるので、そのサイズを中心にしたものを選択するのが良いと思います。

六角レンチをたまに使うなら携帯ツールでも充分かも

六角レンチ携帯ツールでも充分

自転車の場合、自動車やバイクなどのように高トルクで締め付けるような場所はそれほど無いと思われるので、多少使い勝手は悪くなりますが、携帯に便利な折りたたみ式のツールセットという選択もアリかもしれません。

例えば僕が使っているのはTOPEAKのヘキサス2という工具セット。
タイヤレバーやチェーンカッターまで一緒になっていて、日頃のメンテナンスだけでなく、出先でのトラブルにも対応できます。

携帯ツール・携帯工具セットの選び方」で詳しく解説しているので、興味の有る方はどうぞ。

ショートタイプの六角レンチも使いやすい

また自転車のメンテナンス用途の場合、狭い場所へレンチを差し込むことが意外と多いのでL字の短い方の柄の長さがさらに短くなったショートタイプの六角レンチもあり、使い勝手が良いかもしれません。

ボールポイント六角レンチのまとめ

自転車メンテナンスでよく使うボールポイント六角レンチのまとめ

自転車弄りをしなくても、工具の類は見ているだけでも非常に楽しいもので、ついつい必要の無いモノや、既に持っている物まで買ってしまいたくなるから困りものです。

特に、有名なメーカーのものは、工具メーカーの矜持もあるでしょうから、細かい部分まで精度良くデザインされていて、機能美だけでなく、見た目の美しさも素晴らしいモノがあるので、思いっきり物欲を刺激されてしまってどうしようもないですね(笑)

世の中に工具マニアと呼ばれる世界が存在するのも納得で、カタログを見ていたりすると危うく自分がその世界へ引きずり込まれそうなそんな魅力が工具にはあるのです。

というわけで、六角レンチについてのまとめ

● ボールポイント付きが便利
● 有名メーカーだと精度も高くて安心
● カラー分けされたモノは作業中にサイズを間違いづらい
● たまに使う程度なら携帯ツールで良いかも

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑