*

自転車でもヘルメット着用!だけどキノコ頭になりたくない人へ

公開日: ヘルメット, 自転車用品

自転車とヘルメットとキノコ頭

自転車とヘルメットとキノコ頭のお話です。

sponsored link

自転車のへルメット着用について

自転車のへルメット着用について

自転車のヘルメット着用義務は無し

自転車に乗る際のヘルメット。
道路交通法では自転車乗車時のヘルメットの着用義務はなく、いわゆるノーヘルでも罰則はありません。

13未満の子供に対しては、保護者が子供に着用させる努力義務はありますが、子供でヘルメットを被らなくても違反というわけではありません。

とは言いつつも、自転車での事故でも大怪我をすることもありますし、スポーツバイクの場合はスピードもそれなりに出ますから、自転車でもヘルメットは着用していた方が絶対に安全です

自転車のヘルメット着用義務化のきざし

そんな中で自転車でもヘルメットの着用を義務づける動きも出て来ているようです。

例えば、愛媛県では私立校などで自転車通学の学生に対してヘルメット着用を義務づけたりしているようですし、自転車のまちとして知られる堺市では、自転車のヘルメットの着用を努力義務として規定していたりします。

参考
県内私立9高校、自転車ヘルメット義務化 来年度 愛媛新聞
自転車ヘルメットを着用しましょう! 堺市

但し、自転車は大人だけでなく、小さな子供も乗るため、ヘルメットの着用が義務化されると、ヘルメットを購入する費用などの負担が増えてしまうことから、義務化に対して反発する声も多いようです。

そんな反発に対して、堺市などでは、安全講習を受ける事により、ヘルメットの購入費用のうち半額(上限2,000円)までを補助するというような対応をしているようです。

最近はスポーツバイクの影響もあってかヘルメットを着用している人も増えているように思います

僕が中学生だったころ(四半世紀ほど昔のお話)、僕の通っていた中学校では自転車通学する生徒に対してはヘルメットの着用が義務づけられていたので、学校指定の白くてダサいヘルメットを着用していました。

しかし、理由無く反抗したい年頃だったこともあり、先生の目の届かない場所ではヘルメットを脱ぎ捨てたりしていたものでした。ヘルメット=カッコ悪いというイメージがあったのです。

しかし最近は、クロスバイクやロードバイク等のスポーツバイクに乗る人も増え、ヘルメットを着用している人もよく見かけるようになりました。

そのせいか、数年前まではスポーツタイプのヘルメットは外人さん専用のちょっと抵抗のあるデザインだと思っていましたが、今ではスポーツバイクに乗るのであれば、むしろヘルメットを着用していない方がカッコ悪く見えたりするくらいに、自転車のヘルメット着用のイメージは変わったように思います。

そんな感じで、個人的にはヘルメットの着用率は以前に比べて高くなっているような気がしていますが、それでもヘルメットを着用している自転車乗りは全体の1割も居ないようです。

キノコ頭とヘルメット

自転車ヘルメットとキノコ頭

そんなわけで、自転車に乗る際にもヘルメットを着用しよう!ということで、このブログでもヘルメットの着用を呼びかけていきたいと思います。

しかし、ヘルメット着用の際に一つの大きな問題が・・・。

自転車でヘルメットを着用している人を観察すると、カッコ良くヘルメットを着用している人と、なんだか不格好でカッコ悪くなってしまう人がいるのです。

カッコ良いヘルメットとカッコ悪いヘルメットの分岐となるポイントがキノコ頭になるかどうかのようです。

調べてみると、みなさんキノコ頭にならないようなヘルメットを探している人が多く、自転車界隈では「キノコる」なんていう言葉もあるようです(笑)

きのこ-る【茸る】
ヘルメットを被ると、輪郭のシルエットが茸のようになってしまうこと。

人によっては、せっかくヘルメットを購入してみたものの、キノコってしまったためにそれを着用せず、新たなヘルメットを探し求めたりするなど、キノコ頭は自転車乗りにとってかなりカッコ悪いものとされているようです。

キノコ頭にならない正しいヘルメットの探し方

キノコ頭にならない正しいヘルメットの探し方

自転車でヘルメットを被ってもキノコのような頭になってしまわない、正しいヘルメット選びについて考えてみたいと思います。

基本的なところでヘルメットは帽子と同じで、人によって似合う、似合わないがハッキリ分れてしまうのが厄介なところです。

人によって、顔のカタチや大きさ、輪郭は違います。
また、頭の形だって違いますから同じヘルメットでも似合う人と似合わない人が出てくるのです。

特に西洋人と日本人とでは遺伝子的なところで頭の形が大きく違うので、同じヘルメットを被ってもフィットする人としない人との差が大きくなります。

そのヘルメットが西洋人向けにデザインされたものなのか、アジア人向けにデザインされたものなのかでフィットする具合も大きく変わってきます。

一般的には、海外メーカーのヘルメットは西洋人向けに、OGKなどの国産メーカーのヘルメットは日本人の頭に合うようにデザインされたモデルが多く揃っていたりするようです。

しかしながら一概に言えるものではないようで、同じメーカーでもモデルが違えば、フィットしたりしなかったりもよくあることなので、自分に合ったヘルメットを探すには、結局のところ、実際お店に足を運んで、着用して決めるというのが最も確実な方法と言えると思います。

日本人向けの頭の形にあうヘルメットを探す

このように頭のカタチが違うと、フィットするヘルメットも異なります。

自転車のヘルメット選びの難しさ

ヘルメットを被った時にしっくりときて、キノコにならないようなヘルメットを選ぶのは簡単なことであはりません。

というのも、いくつもの要素が絡み合っていて、それらが全て文句の無い状態でないと、しっくりとくるヘルメットにはなかなか出会えないのです。

せっかくデザインが気に入ったヘルメットを買っても、いざ装着してみると、フィットしなかったり、フィットはしても全く似合わなかったりすることはよくあるお話です。

頭の形にフィットしていないと、長時間装着している時に当たっている部分が痛くなってしまったりもするので、フィット感を妥協してしまうと確実に後悔することになります。

そのため、自分の頭にフィットするヘルメットを探すのには、実際にサイクルショップなどで試着させてもらって選ぶのが最も確実な方法になります。

しかしヘルメット選びの難しいところは、日頃ヘルメットを被っていない人にとっては、自分んがヘルメットを被った姿を見たことが無いため、どんなヘルメットを被ったとしてもカッコ悪いと感じてしまう点で、客観的に正しい判断が出来なくなってしまうのです。

見慣れればそれなりに見えてくる

初めてヘルメットを被った姿を見ると、なんだかマヌケでカッコ悪いとしか思わないと思います。何を被ってもキノコ頭のように見えてしますのです。

どうして俺は街中で見かけるサイクリストのようにヘルメットを被った姿がカッコ良く見えないんだろう・・・と悩むこともあるかもしれません。

しかしそれも時間の問題です。
ヘルメットを被った姿を見慣れれば、誰だってそれなりにカッコ良く見えるようになります

よっぽど変なデザインのヘルメットを選びさえしなければ・・・。

キノコ頭にならない評判のヘルメット

キノコ頭にならない評判のヘルメット

ヘルメットを被った時に避けたいキノコ頭ですが、調べてみるとキノコ頭になりずらいと評判のヘルメットがいくつかあるようなので紹介しておきます。

OGK KABUTO REGAS-2 オージーケー レガース2

日本人の頭のことは、日本のメーカーがよく分かっているってことでまずは日本のメーカーであるOGKが開発しているヘルメットです。

日本人の頭の形によくフィットするヘルメットとして評判が高く、キノコ頭にもなりづらいとのことです。

他のおすすめヘルメットと比べてリーズナブルな価格も良いと思います。

KASK MOJITO カスク モヒート

キノコ頭になりづらいヘルメットで調べると最も情報が出て来たのがこのヘルメットです。

カスクはヘルメットメーカーを代表するようなメーカーで、海外メーカーではありますが、ヘルメットのフィット感は日本人の頭でもフィットすることで評価が高いようです。

LAS VICTORY ラス ビクトリー

キノコ頭になりづらいヘルメットとして評判高いモデルで、デザインもカッコ良いヘルメットですね。

キノコ頭にならないためのヘルメット選び

キノコ頭にならないためのヘルメット選び

他にもキノコ頭になりづらいヘルメットとして評判の良いものがいくつか見つかりましたが、上記の三種類が大本命で、キノコ頭を警戒したい人はいずれかのチョイスでほぼ間違いないようです。

もちろんヘルメットメーカーも売れるヘルメットを作りたいと考えているでしょうし、キノコ頭にならないヘルメットが好まれるというのは当然リサーチ済みだと思われます。

そんなわけで、ここ最近のヘルメットのデザインを見ていると、いずれのモデルでもキノコ頭になるようなヘルメットはほとんど見かけなくなったように思います。

なので、それなりのメーカー品を買えば、ダサイほどのキノコ頭になることはまず無いんじゃないかと思います。

ちなみにヘルメットの色は、自転車のフレームとコーディネートするのではなく、自分の服装とコーディネートした方が良いと言われています。

自転車のヘルメットの装着は義務ではありませんが、事故を起こして後悔する前に、ヘルメットを被る習慣を付けたいものですね。

乗るなら被れ、被らないなら乗るな。

それくらいの気持ちで良いと思います。

Comment

  1. ろぜつ より:

    「6割以上が頭へのダメージ」の出典は多分これではないでしょうか?

    itarda information 交通事故分析レポート No.97
    https://www.itarda.or.jp/itardainfomation/info97.pdf

    • escape air より:

      ろぜつさま
      ソースありがとうございます!追記しておきました!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑