*

クロスバイクで股間が痺れる問題を解決するフィジークのサドルVERSUSを購入

公開日: サドル周り, 自転車メンテ・改造

クロスバイクで股間が痺れる

クロスバイクに乗っていると、時々、股間が痺れてしまうことがあります。

股間の痺れについて調べてみると、クロスバイクやロードバイクで時々話題になる自転車ED問題にも深く関わっているようです。

要するに、身体に合っていないサドルを使用することで、股間が圧迫されてしまい、血行不良となって痺れてしまうというわけです。

痺れるほど圧迫されるということは、股間への負担が大きいわけですから、数時間ものロングライドをする人などの場合は、股間へのダメージを考えるとEDの原因になったとしても不思議ではありません。

僕の場合は長時間のロングライドをすることは今現在のところほとんどありませんが、それでも股間が痺れることがありますし、大切な部分に負荷が掛かっていると思うと、安心してサイクリングを楽しむこともできません。

そんなわけで股間への負荷を出来るだけ少なくしてあげたいというのが親心というものであります。

どうすれば股間の痺れを解消できるかについて調べてみたところ、サドルを変更すると改善されることがあるとの情報を得たので、早速、改善されることを願って、股間に優しいと言われるタイプのサドルを購入してみました。

sponsored link

股間の痺れ解消には穴開きサドルと溝有りサドルがおすすめ

SELLE SMP(セラSMP) フォルマ ブラック  ブラック

股間が痺れてしまう理由は、前傾姿勢などで尿道がサドルによって圧迫され血流が悪くなってしまうからと考えられています。

股間の痺れを解消するために、圧力のかかる股間部分に穴が開いていたり、溝が付けられていたりするサドルが自転車EDが話題になった頃から多く出回るようになりました。

股間部分に穴や溝を作ることで、尿道を圧迫されないようにしたもので、これらのサドルを使用することにより、サイクリング時の股間の痛みや痺れから解放されたという意見を多く見かけます。

穴開きサドルと言えばセラSMPが代名詞的な存在ではありますが、価格が高いのとデザインが独特なので導入に躊躇してしまう人も多いかもしれません。

近頃は中国の聞き慣れないメーカーなどからも多数、穴開きタイプや溝有りタイプのサドルが販売されていて、価格も2,000円程度から選べるので、昔に比べると随分お気軽にお試しが出来るようになったと思います。

Fizikフィジーク溝有りサドルのVERSUS

フィジーク(FIZIK) バーサス アリオネ キウムレール サドル ブラック/レッド 7056SA03041
SMPの穴開きサドルのデザインも嫌いではないのですが、個人的にはクロスバイクやロードバイク用のサドルと言えばFizik フィジークが一番カッコ良いと思っています。

なので、せっかくサドルを変更するのならこれを機会に憧れのフィジークのサドルにしてしまおう!ということにしました。

幸いにして、フィジークのサドルのラインナップの中には、股間の痺れ対策用のサドルがあります。

特徴としては溝有りのサドルになっている点で、穴開きサドルのSMP、溝有りサドルのフィジークというくらいに股間の痺れ対策サドルとしてはメジャーな存在です。

フィジークの股間の痺れ対策用のサドルはVERSUS(VS)バーサスシリーズとして展開されていて、スタンダードモデルよりも溝部分でクッション性を高めて尿道部分への圧迫を軽減して、より快適なサイクリングが出来るように設計されたサドルです。

FizikフィジークVERSUS ARIONE k:iumを購入

FizikフィジークVERSUS ARIONE

そんなわけで、一日も早く股間の痺れから解放されるために溝有りサドルであるフィジークVERSUS ARIONE k:iumを購入してみました。

日本のショップでは吊るされていることが多いと思いますが、今回は海外通販のWiggleで入手したため化粧箱付きで送られてきました。

FizikフィジークVERSUS ARIONE

化粧箱を開けた状態です。
吊るし販売用のボードも同梱されていた他、通常の取り扱い説明書やフィジークならではのスパインコンセプトの説明書などが入っています。

ボードにもあるように重量は239gとなっていて、通常のサドルで考えれば軽量なモデルになるのかもしれません。

ちなみにVERSUS ARIONEは中距離をメインに走るサイクリスト向けのサドルとのこと。フィジーク的に中距離がどの程度なのかはよく分りませんが、恐らく100km未満ではないかなと思います。

FizikフィジークVERSUS ARIONE

サドルのノーズ部分にはARIONEの文字とバーサスを意味するVSの文字がプリントされています。

バーサスシリーズ最大の特徴である溝

バーサスシリーズ最大の特徴である溝

フィジークのVERSUSシリーズ最大の特徴であるサドル中央にある溝。
この溝があるお陰で尿道部分を圧迫せず血行を妨げづらい構造になっています。

FizikフィジークVERSUS ARIONE

溝と言っても、極端に深いわけではなく、やんわりとした凹凸があるだけです。

但し、実際サドルに座ってみると、この程度の溝でもハッキリとフラットなサドルとの違いがすぐに体感出来ます。

前後に長さのあるサドル

前後に長さのあるサドル<

フィジークのサドルにはいくつか種類があり、その中の1つがアリオネと呼ばれるもので、前後で高低差が無くフラットで前後に長いデザインが特徴のサドルです。

僕が今まで使っていた一般的とと思われるサドルと比べても後ろに長い形になっています。

この長さがあることで、情況に応じてポジションを変えやすいなどのメリットがあると言われていたりしますが、裏を返せばきちんと乗らないとポジションが定まらないという不満も出てくるようです。

ARIONEはフィジークの提唱するスパインコンセプトで言うところの脊椎が柔らかく骨盤を立てて乗ることが軽く出来る人向けのサドルなので、脊椎が硬い人などはポジションが固定しづらい可能性もあります。

フィジークのサドル

サドルの背面下にはfizikの文字が入ったプレートが付いています。
こういう部分のデザインセンスの良さがサドルメーカーとしての人気の理由かもしれません。

ちなみにこのプレートは取り外しできるようになっていて、代わりにfizik純正品のテールライトを装着することが出来ます。
同じメーカーの製品なので、しっかりとフィットする感じが素敵です。

K:ium キウム

フィジークのレールK:ium キウム

商品名にもなったいるK:iumはシリコンとクロムを含む軽くて強度の高い合金とのことでサドルのレールに使用されています。

チタンのように中空構造に出来るため、チタンに比べて8%軽量化できるそうです。また腐食性にも強くかなり自慢の合金のようです。

サドルのレールには目盛り

サドルのレールには目盛りがふられていてポジション調整の際には重宝します。

フィジークのサドル

サドルの裏側です。虫のようにも見えます。
中央部分に穴は開いていません。

サドルをFizikフィジークVERSUS ARIONE k:iumに交換

サドルをFizikフィジークVERSUS ARIONE k:iumに交換
そんなわけで早速、クロスバイクのサドルをFizikフィジークVERSUS ARIONEに交換してみました。

上の写真はサドル交換前の今まで使用していたサドルです。
いわゆるS字型のサドルでお尻のポジションが定まりやすいタイプのサドルでした。

サドルをFizikフィジークVERSUS ARIONE k:iumに交換

こちらがFizikフィジークVERSUS ARIONE k:ium。
サドル全体がフラットな印象です。

FizikフィジークVERSUS ARIONE k:ium

デザイン的にはあまり印象は変わらないかなと思ったのですが、意外と変わるものだと思いました。

サドル下のfizikのロゴ入りプレートが良いアクセントになってカッコ良いです。

早速、サドルを変更したクロスバイクで近所を軽く走ってみましたが、尿道の圧迫解消にはかなり効果がありそうな予感です。

サドルのインプレッションについてはまた別の機会にでも書きたいと思います。

以上、FizikフィジークVERSUS ARIONE k:iumを購入したお話でした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑