クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

ブルホーン 自転車メンテ・改造

クロスバイクをブルホーン化するために必要なパーツの種類

更新日:

クロスバイクをブルホーン化するために必要なパーツ

GIANT社のクロスバイクのESCAPE Airをブルホーン化するするためにブルホーン化について調べると、ブルホーン化と言っても、ブレーキの取り付け位置やシフトレバーの種類等の違いで、いろいろな仕様があることを知りました。

それぞれに一長一短有り、購入するパーツも変化するため、ブルホーン化に必要なパーツをまとめてみました。

ブルホーンバーの種類

フラットタイプのブルホーンバー

日東 B263AA ショートブルホーンバー 380mm

ハンドル根元からバーエンドまで同じ高さでライズが無いタイプのブルホーンバーです。シングルギアの自転車やミニベロなどで多いホリゾンタルなフレームの自転車とマッチします。反面、GIANT社のクロスバイクのESCAPEシリーズなどのスローピングタイプのフレームなどとはあまり相性が良くありません。

NITTOなどがフラットバータイプのブルホーンバーの代表的なメーカーになると思います。

肩下がり無しのブルホーンバー

Ruler(ルーラー) ブルホーンバー 26.0mm JD-RA07D

バーの肩口はフラットで肩下がりが無くフラットバータイプですが、バーエンドがライズしているタイプのブルホーンバーです。最もスタンダードな形のブルホーンバーだと思います。

フラットバータイプと同じくホリゾンタルなフレームとの相性が良いブルホーンバーです。

肩下がり有りのブルホーンバー

プロファイルデザイン エアウィング OS ブルホーンバー (31.8) 400mm(C-C)

肩下がりしたタイプのブルホーンバーです。バークランプ径がロードバイクと同じ31.8mmはこのタイプが主流。

スポーティーな印象が最も強く、クロスバイクのESCAPEシリーズのようなスローピングタイプのフレームとの相性が良いブルホーンバーだと思います。

ブルホーン化で使用されるシフトレバーの種類

ブルホーン化で使用されるシフトレバーの種類は下記の5つになると思います。

フラットバーから流用したシフトレバー

フラットバーで使用していたシフトレバーを流用して使用することができます。

ただしフラットバーのハンドル径が22.2mmである場合がほとんどなので、使用するブルホーンバーのハンドル径も22.2mmである必要があります。

また、ブルホーンバーの先端に取付けようと思うと、レバーの向きなどの関係から逆付けになるため、ワイヤーが前方に飛び出してエビのような見た目になるエビホーン仕様になります。

GRKのブルホーンハンドルはグリップ径が22.2mmのブルホーンバーです。

バーエンドコントローラー

シマノ デュラエース(9000) SL-BSR1 バーコン

バーエンドに差し込むタイプのシフトレバー。

バーエンドに差し込むためエアロブレーキ等バーエンドに差し込むタイプのブレーキレバーとの併用は不可になります。

バーエンドコントローラーを使用する場合のブレーキは、補助ブレーキやギトネットレバーを使用することになると思います。

Wシフトレバー

シマノ SL-SY20A Wレバー バンド式 2x7S / ASLSY20A7BCAIC

前後のシフトレバーが対になったタイプのもので、使用するためには、ハンドル用かコラム用のマウンターが必要になります。

Wシフトレバー自体はいくつか種類がありますが、マウンターはディズナ製くらいしか選択肢がありません。コラム部分に取付けるコラムマウントを使用するとハンドル周りをシンプルにできるメリットがあります。

サムシフター

ENE CICLO(エネシクロ) サム シフター BLK 右 DES00202

その名の通りで親指(Thamb サム)でシフトするシフトレバーです。バーエンドに取り付けてエアロブレーキと併用するとブレーキとシフトレバーを一体化させることができます。

代表的なメーカーはダイアコンペかマイクロシフトになりますが、ダイアコンペは外径23.8mmに対応しているのに対して、マイクロシフトは22.2mm用となるので注意が必要です。

また、ダイアコンペはクリック感の無いフリクションタイプでマイクロシフトはクリック感のあるインデックスタイプがあります。

一応、マイクロシフトはHELMSとコラボレーションしたサムシフターも23.8mmにも対応しているようですが、リア用のみとなりフロントシングルの場合にのみ選択肢に入ると思います。

ダイアコンペ ENE サムシフター 8.9.10速用
マイクロシフト スーパーライトウェイトCNCサムシフター 10速用

ブルホーンバーで使用できるブレーキレバーの種類

ブルホーン化する際にはブレーキレバーがVブレーキ対応かどうかが問題となります。一般的なVブレーキよりもブレーキアームの短いミニVブレーキであればキャリパーブレーキ用のブレーキレバーでも互換性があるようです。

Vブレーキ対応ブレーキレバー

Vブレーキに対応しているブラケット付きブレーキレバーです。ドロップハンドルでは標準的なブレーキレバーですが、ブルホーンバーに取り付けた場合はブラケット部分の存在感が出ます。

シフトレバーはブラケット部分の頭の部分からバーエンドコントローラーを取付けるか、Wシフターなどをコラムに取付けることになると思います。

補助ブレーキレバー

補助用にハンドル手元に付ける小型のブレーキもブルホーンバーのブレーキとして使用できます。あくまで補助ブレーキなので制動力はあまり良く無いという情報もあります。

エアロブレーキレバー

バーエンドに差し込むタイプのブレーキレバー。バーエンドに差し込むため、バーエンドコントローラーとの併用はできなくなりますが、多くのエアロブレーキレバーはアジャスターをかませばVブレーキにも対応しているので、互換性の面では安心できます。

ギドネットレバー

ブレーキバーをハンドルの中央に取り付けるタイプのもので、ハンドルレバーが通常よりも長く、ブルホーンバーに添って途中で曲がっているタイプのブレーキレバーです。

ブルホーンに取り付けた場合、ブルホーンバーの肩部分でもブレーキレバーを引けるというメリットがあります。

小径車などで使用した場合はバランスが良く見えますが、クロスバイクとの相性はあまり良く無いと思います。また22.2mm径のハンドル用がほとんどです。

関連記事

クロスバイクのブルホーン化に関する記事は下記にまとめていますのでブルホーン化に興味のある方は参考にしてみてください。

-ブルホーン, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.