クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

盗難対策 自転車全般

クロスバイクやロードバイクのホイールを守る盗難対策と施錠のポイント

更新日:

クロスバイクやロードバイクの盗難対策

クロスバイクのホイールを高級なホイールに交換した結果、自宅での保管(僕の場合は住んでいるマンションの共同駐輪場)や、コンビニやスーパーに立ち寄る際に、盗難に対して以前よりも気を遣わなくてはいけなくなりました。

そこで、クロスバイクやロードバイクのホイールを自転車泥棒から守るために施錠方法を工夫したので、その方法をまとめてみます。

自転車泥棒対策の基本は施錠

自転車泥棒対策の基本は施錠

クロスバイクは施錠さえしておけば基本的には安心

ホイール交換前のクロスバイクの盗難対策

ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクは盗難が心配ですが、ロードバイクに比べればクロスバイクはそれほど高価ではないため、施錠さえしておけば盗難リスクはそれほど高くないと思います。

というのも、10万円を切るようなクロスバイクは安物パーツの寄せ集めなので、ロードバイクのように自転車をバラしてパーツで売りさばけるほどの価値がないのです。

自転車泥棒を仕事として考えれば、同じリスクと手間を負うのであれば必然的に実入りが多く売りさばきやすいロードバイクの方をターゲットにするわけで、新品で無施錠で放置するなど隙だらけの状態でなければ、あえてクロスバイクを狙うということはないと思うのです。

購入して間もないピカピカの時くらいは多少神経質になる必要はあるかと思いますが、半年も乗ってフレームなども汚れてきた後であれば、ワイヤーロックなどの簡単な施錠でも十分でしょう。

しかしなぜ盗難被害が絶えないかと言えば、施錠をしていなかったために盗難被害に遭う人が非常に多いのです。

ちょっとコンビニに立ち寄るくらいだか施錠しなくても大丈夫だろう、自動で鍵の掛かる駐輪場だから大丈夫だろうなどと油断をしてしまった結果、盗難被害に遭うのです。

クロスバイクを盗難されないための施錠方法のポイント

● 自転車から離れる時は必ず施錠する
● 施錠する場合はケーブルロックで後輪とフレームに鍵を通す
● ピカピカのうちは特に注意する

より完璧な自転車盗難対策のためにできること

駐輪する場所や状況で施錠レベルを考える

僕の場合は、出先で駐輪することがほとんどないので、一番に盗難を警戒しなくてはいけないのが自宅の駐輪場での保管時になります。

自宅の駐輪場から自転車をわざわざ盗むような人は駅前に駐輪してある自転車が盗難に遭う時のような「移動の足のためにちょっと拝借」という場当たり的な盗難ではなく、日頃から観察を行った上で、めぼしい自転車に狙いを定めてチャンスを狙って犯行におよぶというプロのような人が多いと思います。

なので、実際に犯行に及ぶ際にはボルトカッターくらいは当たり前のように準備しているでしょうから簡単に切断されない方法を考えなくてはいけません。

鍵を2つ使用するダブルロックが効果的

僕が自宅の駐輪場でクロスバイクの保管する際は、鍵を2つ使うツーロックを基本にしています。

自宅での施錠例

クロスバイクへの施錠はツーロックが基本

使用する鍵はU字ロックとワイヤーロックです。U字ロックでシートチューブと後輪をロックして、ワイヤーロックで前輪とフレーム、そして地球ロックできるようであれば地球ロックを施します。

複数の鍵を使用することで必然的に防御力が上がりますが、種類の違う鍵を使用することで、さらに防御力を高められるというわけです。

例えばワイヤーロックを2つでも良いわけですが、ワイヤーロックは切断系の道具には弱いのでU字ロックなどの違う種類の鍵を加えることでより防御力を高められるでしょう。

● 自転車から長時間離れるような場合は厳重な施錠を基本にする
● 鍵の数を増やせば盗難防止効果が上がる

ホイールを含めた盗難対策

ホイールを含めた盗難対策を考える

クロスバイクはロードバイクに比べれば盗難リスクも低く比較的簡単な対策で良いと思いますが、改造カスタマイズをして高級なパーツを組み込んだりしていると話が変わってきます。

高級なパーツはバラせばそれだけでも高値で売れますからターゲットになりやすくなるというわけです。

例えば高級なホイールなどは中古市場でも人気ですし、そもそもホイールだけを持ち去るのも簡単ですから、ちょっとでも施錠方法にスキがあると盗まれてしまうのです。

クロスバイクやロードバイクのホイールは、慣れた人だと前輪で20〜30秒、後輪でも1分程度もあれば外せてしまうわけですから、コンビニに立ち寄る程度の時間でもきちんと施錠をしないと危険なのです。

そんなわけでそれなりの価格のするホイールを使用している場合は、ホイールを含めた盗難対策が必要になってきます。

ダブルループワイヤーを使用した盗難対策

クロスバイクの盗難対策にワイヤーロックを使う

僕が実践しているホイールまで含めた盗難対策はU字ロックとダブルループワイヤーを使用した施錠方法です。

ダブルループワイヤーとはワイヤーの両端が輪っかになっているものです。ダブルループワイヤー単品では鍵をかけることができませんが、U字ロックと併用することで通常のワイヤーロックと同じように使うことが出来るようになります。

このダブルループワイヤーをホイールとフレームに通すことでホイールだけの持ち去りができないようにしています。

ダブルループワイヤーを使用するメリット

● 既に持っているU字ロックなどと併用できる
● 2メートル程度の長さのものも手に入る
● 太さ1センチ程度の太いワイヤーでも重量が軽い
● 価格が安い

ダブルループワイヤーを使用してホイールの盗難対策をした施錠例

U字ロックとダブルループケーブルーを使った施錠

ダブルループワイヤーを前輪と後輪、あわよくば支柱に通して地球ロックをして、シートチューブと後輪を施錠するためのU字ロックに通します。

こうすることでホイールを完璧にガードすることができますし、仮にワイヤーがカットされてしまっても、U字ロックが残っているので少なくとも後輪はしっかりとガードすることが出来ます。

もちろんここまですると施錠する側も手間が増えて面倒ではありますが、それ以上に泥棒にとっては面倒なものになるので、盗難防止の効果は高くなるというわけです。

僕自身もコンビニなどに立ち寄る程度であればここまでの施錠はしませんが、自宅の駐輪場で長時間駐輪するような時には必ずこのような施錠をするようにしています。

クロスバイクのホールまで含めた盗難対策のまとめ

極端なことを言ってしまえば、盗まれる時は何をしても盗まれるものだとは思いますが、鍵の数を増やすなど施錠する側が手間をかければかけるほど、泥棒にとっても盗難するのが面倒な自転車になります。

なので、クロスバイクを改造カスタマイズして、そこそこのホイールに交換した場合など、クロスバイクでもそれなりに高級なパーツが装備されているような状態であれば、その程度に応じて施錠方法も強固にした方が良いと思います。

とにもかくにも盗難対策の基本は施錠ですし、盗まれてしまってからではどうしようもないので、日頃からしっかりと盗難対策を意識した施錠をするということが大切ですね。

以上、クロスバイクの基本的な施錠方法と、ホイールの盗難までを考えた施錠のポイントについてのまとめでした。

関連記事

ロード用ホイールに関する記事は下記にまとめていますのでロード用ホイールに興味のある方は参考にしてみてください。

自転車盗難対策と施錠方法あれこれに関する記事は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

-盗難対策, 自転車全般
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.