クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

グリップ ハンドル周り 自転車メンテ・改造

クロスバイクにおすすめのグリップはバーテープ!

更新日:

クロスバイクのグリップもバーテープがおすすめ

愛車であるクロスバイクのESCAPE Airのグリップを交換してみました。
コンフォートグリップなどいろいろ試してみましたが、最終的にはドロップハンドルなどで使うバーテープに落ち着いたというおはなしです。

クロスバイクのグリップを交換は初心者でも出来るお手軽な改造カスタマイズ

クロスバイクの改造カスタマイズで最も簡単に出来ることの1つがグリップの交換です。

最初から装備されているグリップを外して新しいグリップをはめるだけででできます。

工具が必要なくてもできる場合もありますし、必要だったとしても六角レンチがあれば大丈夫です。

グリップ自体も千円程度から買えるため低予算で気軽に交換出来るのでクロスバイクの改造カスタマイズに興味のある人には取っ掛かりとしておすすめの改造カスタマイズになります。

クロスバイクのグリップの交換はお気軽に出来る割に変化は大きいので「おぉ。グリップ1つ違うだけでこれだけ乗り心地が違うのか!」と変化を楽しめる改造カスタマイズでもあります。

グリップを交換すると乗り心地や見た目が変わる

クロスバイクを購入した人のブログやSNSなどを見ていると、純正のグリップを別のグリップへ交換している人を多く見かけます。

グリップを交換すると手のしびれがなくなったり、長距離乗っても疲れづらかったりで乗り心地が良くなるというメリットがあるほか、いろいろなデザインのグリップがありますから自転車のカラーコーディネートやアクセントを加えて愛車をおしゃれ化させるのにも便利なアイテムです。

例えばGIANT社のESCAPEシリーズなどは多くの人が乗っているので没個性になりがちですが、グリップを変えるだけで自分だけのスペシャルな感じの自転車にすることができます

クロスバイクのフラットバーハンドルのグリップはコンフォートグリップが評判が良い

2015年モデル ERGON【エルゴン】 GP1 グリップ ロング/ロング (ブラック/グレー, S)

クロスバイクなどのフラットバーハンドルのグリップとして評判が良いのはコンフォートグリップと呼ばれる幅広タイプのグリップです。

グリップを握る感じではなく、手のひらをグリップに乗せる感じで使用できるため手が疲れづらくロングライドでも楽なのだそうです。まさしくコンフォート(快適)なグリップというわけです。

そのコンフォートグリップの代名詞的な存在なのがERGON(エルゴン)というメーカーのコンフォートグリップで、エルゴンを買っておけば間違い無いと言えるくらいの存在です。

上記の画像のグリップがエルゴンのコンフォートグリップですが確かにデザインもシュッとした感じでカッコ良いですね。

クロスバイクのグリップを交換する方法

クロスバイクのグリップを交換する方法は説明も要らないくらい簡単ではありますが、とりあえず解説しておきます。

1.クロスバイクのグリップを取り外す

クロスバイクのグリップを取り外します。
基本的にはフラットバーからグリップを引っこ抜くことで取り外せますが、グリップによってはボルトで固定されていたり、固着してなかなか引き抜けなかったりで苦戦してしまうこともあるかもしれません。

エルゴンのグリップなどはバーエンドのあたりにボルトがあるのでそれを緩めると外れるようになります。それでもハンドルにキツキツにハマっている場合はそれだけでは取り外すことはできません。

カッターで切り捨てる方法

グリップをそのまま捨ててしまうのであればカッターなどでカットすると容易に取り外すことができます。この方法をハンドルを傷つけたりしないようにそれなりに丁寧に作業するのが良いと思います。

カッターだとハンドルを傷つけてしまう可能性もあるので、マイナスドライバーで浮かせたところにハサミを差し入れてジョキジョキと切るのが良いかもしれません。

頑張って引っこ抜く方法

丁寧に作業をしたい場合はグリップとハンドルの間にマイナスドライバーなどを差し込んで、その隙間にパーツクリーナーや食器用洗剤などを流し込んで隙間に浸透するようにグリグリっとひねったりして馴染ませてください。そうすることでグリップが滑りやすくなるので引っこ抜きやすくなります。

僕の経験上、それなりに根気の要る作業になると思います。
クロスバイクに最初から付いているグリップなんて安物のパーツですし、大事に取っておいても絶対に再利用することもないと思うので、そこまでやる価値があるのかな?というところで、カッターで切り捨てる方法が手っ取り早くて良いんじゃないかと思います。

2.新しいグリップを取り付ける

新しく準備したグリップを装着します。
グリップを抜く時と同様に、挿入する際にもおそらく苦戦します。
キツキツでなかなか嵌め込めないのです。

そんな時に多くの方が実践する方法としてグリップの内側に水で薄めた中性洗剤を軽く塗るという方法です。

そうして少しでも潤滑を良くすることでグリップを嵌め込みやすくするわけです。ただし洗剤を付けすぎないこと。洗剤を付けすぎると水分が飛んでもグリップがヌルヌル動いてしまい不快&危険です。ボルトで止めるタイプのグリップであれば回転したり滑ったりすることも少ないと思います。

3.レバーの位置を調整する

グリップの長さはいずれも似たような長さなので元から付いているシフトレバーやブレーキレバーの位置をずらす必要もないかもしれませんが、グリップが長い場合はレバー類を中央へ寄せるなどしてグリップを嵌めこむスペースを確保してください。

クロスバイクのグリップの交換に要する時間の目安

僕が初めてクロスバイクのグリップの交換をした際に要した作業時間は両方のグリップを交換してトータルで10分程度でした。

元のグリップをきちんと外そうとするともう少し時間が必要だと思いますが、それでもトータルで30分程度でグリップの交換は出来るものと思います。要するに短時間で作業できるというわけです。

クロスバイクのグリップの交換を考えるならバーテープがおすすめ

クロスバイクのフラットバーにもバーテープ

最終的に僕のクロスバイクのグリップはコンフォートグリップをやめてバーテープに落ち着きました。

バーテープと言えばロードバイクなどのドロップハンドルで使用するものと思っている人も多く、フラットバーなのにバーテープを使って大丈夫なの?と思うかもしれません。

大丈夫です。これが意外と調子が良いのです。

バーテープは種類もデザインも豊富で経済的

ロードバイクのドロップハンドルの場合、バーテープは通常右と左で2本ずつ使うのですが、フラットバーのグリップで使うのであれば1/4程度の量で左右のグリップを巻くことができます。自転車のグリップも消耗品ですから普通のグリップでもバーテープでも定期的に交換したりするのですが、かなり経済的になります。

また通常のグリップの場合だとデザインや材質は実はそれほど多くなく選択肢も限られています。しかしバーテープの場合はいろいろなタイプのものがありますし、カラーやデザインもかなり豊富で自分の自転車に合ったカラーのバーテープを選択することができます。

もちろん、握り心地も悪くありません。むしろ普通のグリップよりも握りやすいと思います。

フラットバーにバーテープを巻く方法

バーテープの巻き方の基本

バーテープを巻くのか。。。難しそうだなと感じる人も多いかもしれませんが、やってみるとすごく簡単です。

バーテープの基本的な巻き方はロードバイクのドロップハンドルと同じですが、クロスバイクのフラットバーの場合はドロップハンドルのようにハンドルが湾曲していないのでかなり簡単です。

巻き方の種類はいろいろなタイプがありますが、メンテナンスブックに書かれているような一般的な巻き方の場合だと「テープを少し強めに引っ張りながらテープが1/3ずつ重なるようにグルグル巻く。」という感じが基本になります。ちなみに巻くのは内巻きが基本です。つまりハンドルの上を巻くときは前方に、そしてハンドルの下をくぐらせて後方に向けて巻くということになります。

自転車のグリップをバーテープにして巻く
自転車のグリップにバーテープを巻く

バーテープを程よいグリップ幅に巻けたならテープを斜めにカットしてハンドルと垂直になるように固定して絶縁テープ(ビニールテープ)で固定します。バーエンド側はバーからはみ出したバーテープをエンドキャップを使ってバーの中に押し込んで固定すれば解けることがありません。

バーテープを巻いたクロスバイクのハンドル

バーテープを巻いたクロスバイクのハンドル

実際にクロスバイクのハンドルにバーテープを巻いた写真です。
巻き幅が多少いい加減で気になることもなく見た目も良いです。

握ってみると最初は少し違和感を感じますが慣れてしまえばかなり快適です。材質もコルクやジェル入りなどいろいろなタイプがあるのでそれぞれ握り心地が違うのでいろいろと試してみるのもバーテープの楽しみだと思います。

グリップをバーテープにすると見た目がよりスポーティな感じになるため、クロスバイクをロードバイク寄りに改造したい人はグリップにはバーテープを使ってみるのが良いんじゃないかなと思います。

VELO(ベロ) バーテープ EVA ブラック
VELO(ベロ) バーテープ EVA ブラック
  • ベロ(VELO)
  • 参考価格 : ¥ 864
  • 価格 : ¥ 741
  • 商品ランキング : 29,780 位

-グリップ, ハンドル周り, 自転車メンテ・改造
-,

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.