*

街乗りクロスバイクにビンディングペダルは必要かをメリットとデメリットで考えてみる

公開日: ペダル, 自転車メンテ・改造

街乗りクロスバイクにビンディングペダルは必要?

自転車の改造・カスタマイズでお気軽に交換できるパーツの一つにペダルがあります。そして、ペダルの交換をする目的のほとんどは、フラットペダルからビンディングペダルへの換装ではないでしょうか。

ペダルをフラットペダルからビンディングペダルへ換装することにより、フラットペダルの時には無い新しい感覚で自転車に乗れるようになり、自転車の改造・カスタマイズの中でも、換装前と換装後の違いが解りやすく、人気の改造・カスタマイズの一つだと思います。

一般的にはビンディングペダルはロードバイクに装備されているものだと思いますが、クロスバイクを乗っている人でもビンディングペダル化している人は結構多いようですし、よりロードバイク的な走りを目指す為のおすすめの改造として紹介している人も多いです。

僕の愛車であるクロスバイクのESCAPE Airも当然のようにビンディングペダルに換装されています。使用しているのはSHIMANO PD-M530 EPDM530W SPDクリート付ペダル ホワイトで、リーズナブルな価格のビンディングペダルです。

さて、そんなビンディングペダルですが、最近はビンディングペダルをやめて、フラットペダルに戻してしまおうかということを考えるようになっています。というのも、街乗り用クロスバイクにビンディングペダルは必要か?というところに疑問を持ち始めたからであります。

確かに長距離を走る際や、坂道などではビンディングペダルの恩恵を感じることが多く、より本格的なペダリングなどを習得しようと思うと欠かせないものではあるのですが、反面、街乗りでは不便に感じることも多く、諸手を上げてビンディングペダル万歳!とはならないのです。

というわけで、ビンディングペダルのメリットとデメリットを考えながら、街乗りクロスバイクのESCAPE Airにビンディングペダルは必要かどうなかを考えてみたいと思います。

sponsored link

クロスバイクをビンディングペダルにすることのメリット

クロスバイクをビンディングペダルにすることのメリット

加速が違う

ビンディングペダルにすると、ペダルを踏むだけではなく、引き足も使用できるため、加速しようとした時の加速の具合が全く違います。

フラットペダルでは体感出来ないようなグイグイと加速する感じがビンディングペダルでは可能なのです。

例えば、前を走っている自転車を一気に抜き去る際などで重宝します。

疲れが違う

ペダルを踏む筋肉だけでなく、引き上げる筋肉も使えます。つまり足全体の筋肉を使えるので、全体的な筋肉の負荷も少なくなり、疲れづらくなります。

ビンディングペダルの恩恵を知ってからは、ロングライドなどの場合はビンディングペダル無しでは走りたくありません。

坂道に強くなる

初心者でもビンディングペダルの効果を最も感じることの出来ると思われるポイントは坂道でしょう。

ビンディングペダルのペダリングはペダルを踏むというよりは、ペダルを使ってクランクを回転させるイメージなどとよく言われますが、なんとなくそれが理解できるのもきっと坂道だと思います。

ロードバイクを意識したペダリングが出来る

フラットペダルとビンディングペダルではペダリングが異なります。将来的に本格的なロードバイクに乗ろうと思うと、ビンディングペダルは必須ですから、なるべく早く習得しておきたいところ。

そこで、クロスバイクにもビンディングペダルを導入することで、クロスバイクでもロードバイクに乗った時を意識した本格的な走りをするためのペダリングを身につけられます。

クロスバイクをビンディングペダルにすることのデメリット

クロスバイクをビンディングペダルにすることのデメリット

自転車に乗るのが面倒になる

ビンディングペダルにすると自転車に乗るためにはビンディングシューズを履く必要があります。

普通の靴ではないので、下駄箱からわざわざビンディングシューズを取り出したりして「さぁ自転車に乗るぞ!」とスイッチを入れる必要があり、フラットペダルのような気軽さがなくなります。

普通の靴でもビンディングペダルを踏む事は可能ですが、普通の靴の場合はやはりフラットペダルの方が具合が良いです。

ビンディングペダルとフラットペダルの両方で乗りたい人のために片面SPDペダルと呼ばれる、片面のみSPD使用になったペダルもあり、街乗りと遠乗りの両方を考えている人等には最適だと思います。

自転車から降りるのが面倒になる

ビンディングシューズは自転車に乗るための靴なので、歩くことはほとんど考えられていません。そのため自転車に乗ってどこかへ行った際に、気になるお店など見つけても、降りるのが面倒だったりして気軽に立ち寄れなくなります。

ビンディングペダルでも歩きやすいSPDシリーズのクリッカーと呼ばれるシューズがシマノから販売されていますが、アスファルトの上を歩けばSPD部分がダメージを受けますし、お店に入ったら入ったで床を傷つけてしまう可能性があるので、どの道、ビンディングシューズで歩くのは非推奨だと思います。

立ちゴケする

立ちゴケはロードバイクに乗る人なら誰でも経験する一種の通過儀礼などと言われたりするように、導入初期は少なからず立ちゴケしてしまうものだと思います。

慣れればほとんど立ちゴケしなくなりますが、急な飛び出しなどでクリートを外すことが出来なかったりするなどで、立ちゴケしてしまうリスクが常にあります。

また、立ちゴケすることで怪我や骨折をしてしまったという話もよく聞く話ですし、自転車自体もダメージを受けることがあります。

街乗りクロスバイクにビンディングペダルは必要か?

街乗りクロスバイクにビンディングペダルは必要か?

街乗りサイクリングによくある条件を考えると・・・

ビンディングペダルにはメリットとデメリットがありますが、一般的に考えればメリットの部分が大きく、ビンディングペダルにすることによりスポーツバイクをより快適に乗ることができるようになります。

そのため一度ビンディングペダルにすると、多くの人はずっとビンディングペダルを使い続けるものと思います。

特に、ロングライドなどへ出かける際には、圧倒的にビンディングペダルのメリットの方が大きく、ビンディングペダル無しではサイクリングに出かけたくないと思う人も人も多いのではないでしょうか。

しかし、街乗りとなると少し事情が違ってきます。

街中は信号が多いのでストップ&ゴーを繰り返す

街乗りでは信号が多いのでストップ&ゴーを繰り返します。
つまり、何度もクリートの着脱を行なわなくてはいけません。
これがどんどん億劫になってくるんですよね。

街中は車や歩行者も多い

意地悪なドライバーに幅寄せされたり、歩行者や自転車の急な飛び出しがあったりで常に危険と隣り合わせです。

自転車乗りである僕が言うのアレですが、街中の自転車や歩行者の予期せぬ行動で危ない思いをすることも珍しくありません。

そのため、常にビンディングペダルであることを意識しておかないと、咄嗟の時にクリートを外せずに立ちゴケなんてことにもなりかねません。

街乗りは郊外のサイクリングに比べてかなり過酷い

街乗りは郊外のサイクリングに比べてかなり過酷な条件で走行しなくてはいけないのです。

そうしてメリットよりもデメリットの部分が目立つようになってしまうと「ビンディングペダルをやめようかな・・・」などと考えるようになったりするのです。

街乗りクロスバイクにビンディングペダルは必要か?の結論

街乗りクロスバイクにビンディングペダルは必要か?の結論

僕自身、愛車のクロスバイクのペダルはビンディングペダルに換装して、街乗りメインで使用しています。

その中で日々感じることを総合して考えると、僕個人としては街乗り自転車のクロスバイクにはビンディングペダルは要らないという結論です。

街乗りの場合はビンディングペダルにすることで、メリットよりもストレスに感じる場面がかなり多いのです。

最近はストレスばかりが大きくなってしまって、気分良く自転車に乗る、という自転車を楽しむ上で一番大切な部分を忘れてしまっているような気さえしているのです。

それでもビンディングペダルからフラットペダルに戻さない(戻せない)理由

ビンディングペダルからフラットペダルに戻さない(戻せない)理由

夜の走行だとデメリットはあまり気にならない

今現在僕は子育て中で、自転車に乗れるのは子供が寝た真夜中の場合がほとんどです。ビンディングペダルでストレスを感じることが多い日中に乗るようなことは年に数度もありません。

夜中のサイクリングは昼間とは違い、車の通りがかなり少ないのに加えて、信号も点滅式になるなどで頻繁に停車する必要がなくなります。

そのような条件になると、フラットペダルよりもビンディングペダルの方が調子が良くなってしまうのです。

ペダリングの練習が出来る

ビンディングペダルを付けた状態で上手なペダリングが出来るようになれば、それは将来的にはロードバイク乗った時にもきっと役立ちます。

自分がいざロードバイクを買うその時までに、クロスバイクであれこれ練習して正しいペダリングを身につけておきたいという気持ちがあるのです。

そうして課題がある中で自転車に乗ると、モチベーションを保ちやすいというメリットもあります。

街乗りクロスバイクにビンディングペダルは必要かのまとめ

街乗りクロスバイクにビンディングペダルは必要かのまと

ビンディングペダル自体は素晴らしいもので、一度使ってみれば、その快適さからビンディングペダル無しでは乗りたくないと思ってしまうほどなのですが、条件や目的によってかなり変わってくるものだと思います。

僕が日頃クロスバイクに乗るのは夜間の郊外が多いわけですが、そういったシチュエーションであれば、ビンディングペダルの方が快適に自転車に乗ることができますし、逆に通勤などで日中の都心を走る場合は、フラットペダルの方が快適に走れるはずです。

結局のところは、ビンディングペダルを付けた方が良いのかそうでないのかは、自転車に乗る目的や条件によって大きく変わるというところだと思いますので、その点をよく考えてビンディングペダルを導入するべきかどうかを検討するのが良いかと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑