*

クロスバイクをブルホーン化するための基礎知識

公開日: ブルホーン, 自転車メンテ・改造

クロスバイクをブルホーン化

愛車であるクロスバイクのESCAPE Airの乗り心地を少しでもロードバイクに近づけるべく、深い前傾姿勢を取れるようにするために、ステムを長くしたり、角度の大きなステムを逆付けするなどして試行錯誤を繰り返してみたものの、体勢がキツい割りにそれほど前傾姿勢になれるわけでもなく、フラットバーでの限界を感じるようになってきました。

そこで、もっと深い前傾姿勢を取る方法は無いものかと考えた末に、辿り着いた答えがクロスバイクのブルホーン化でした。

まずはクロスバイクをブルホーン化するにあたって、ブルホーンの基本的な情報についてまとめてみようと思います。

sponsored link

ブルホーンバーの種類

ブルホーンバーの種類

ブルホーンバーと言っても、いろいろな形状があります。

コの字型のハンドルのバーエンド部分がライズしているものが基本的なブルホーンバーの形だと思いますが、ライズが無いもの、肩下がりしているものなどもあります。

ブルホーンバーの種類については「ブルホーンバーの種類と特徴」に詳しくまとめてありますので参照してみてください。

シフトレバーの種類

クロスバイクをブルホーン化するためのシフトレバーの種類

クロスバイクをブルホーン化する際に使用出来るシフトレバーの種類もいくつかのタイプがあります。

バーエンドに取付けるバーエンドコントローラーやフレームやコラムに取付けるWシフトレバー、それからWシフトレバーと似たシフトレバーですが左右が独立しているサムシフターなどがあります。

ハンドルの径がクロスバイクのフラットバーと同じ22.2mmのものを使用するのであれば、クロスバイクで使用していたシフトレバーやブレーキレバーをそのまま流用することもできます。

クロスバイクのブルホーン化に関してのシフトレバーについては「ブルホーンバーに使用できるシフトレバーの種類」に詳しくまとめてありますので参照してみてください。

クロスバイクをブルホーン化するための4つの基本形態と基本仕様

ブルホーン化の4つの基本形態

クロスバイクをブルホーン化には4つの基本形態があります。
ハンドルだけブルホーンにてシフトレバーとブレーキレバーはそのまま流用してしまうもの、シフトレバーとブレーキレバーをブルホーンの先に逆付けするエビホーン、ロードバイクのドロップハンドルに付けられているようなブラケット付きのブレーキレバーを使用したもの、そしてエアロブレーキとサムシフターを使用したものです。

この中で、見た目や走行時の快適さなどを総合的に考えたると、最後のエアロブレーキとサムシフター仕様のブルホーン化が最もスタンダードなブルホーン仕様になると思います。

クロスバイクのブルホーン化の最大の問題はブレーキ

クロスバイクのブルホーン化の最大の問題はブレーキ

クロスバイクをブルホーン化する際に、最大の問題となるのがブレーキです。
ストレートハンドルに使用していたシフトレバーやブレーキレバーをそのまま流用する場合には問題になりませんが、エアロブレーキやブラケット付きのブレーキレバーにする場合、Vブレーキ対応のモノを選択する必要があります

何故ならば、クロスバイクのブレーキは基本的にVブレーキで、ロードバイクの場合はキャリパーブレーキです。STIなどはVブレーキには対応していないので、STI以外のVブレーキ対応のブレーキレバーを探す必要があるのです。

STIでも無理矢理取付ければ動作しないこともないようですが、やはり互換性が無いというのは不安ですし、とりわけ安全を制御するブレーキですからしっかりと動作が保証されたモノを選択したいところです。

クロスバイクをブルホーン化する際はクランプ径とハンドル径に注意する

クランプ径とハンドル径に注意する

ブルホーンバーを選ぶ際には太さに注意が必要です。
まず、ハンドルの中央部分の直径であるクランプ径に注意してください。
クランプ径とはステムと接合している部分の径になり、クランプ径とステム径が同じでないとハンドルを固定させることができません。

例えばクロスバイクのESCAPEシリーズや一般的なクロスバイクのに使用されているようなストレートバーハンドルのクランプ径は25.4mmと思われます。

ところが、ロードバイクなどに使用されているドロップハンドルなどのクランプ径は31.8mmで俗にオーバーサイズなどとも言われ、ストレートハンドルと比べると太くなっています。

ブルホーンハンドルもどちらかと言えばロードバイクと同じ31.8mmのクランプ径のものが主流なので、31.8mmのクランプ径のハンドルを選択した場合は、ステムも一緒に交換する必要があります。

さらに、31.8mmのクランプ径の場合はハンドル部分のにぎり径は23.8mmでストレートハンドルなどの25.4mmのクランプ径の場合のにぎり径は22.2mmよりも太くなります。

そうすると、ストレートハンドルで使用していたブレーキレバーやシフトレバーは取付けることができなくなるため、エアロブレーキやサムシフターなどの新しいパーツを検討する必要があります。

このあたりのサイズはメーカーによってマチマチの可能性もありますが、ハンドルだけブルホーンにする場合やエビホーンにする場合には、クランプ径が25.4mmのブルホーンハンドルを選択した方が無難です。

クロスバイクのブルホーン化で必要な費用の概算

クロスバイクをブルホーン化しようとした際に必要な費用をザックリと計算してると下記のような感じになります。もちろん選択するパーツのグレードによって費用はかなり変わってくると思いますが、概ね30,000円程度を見込んでおけばブルホーン化は可能かと思われます。

シフトレバーと補助ブレーキの組み合わせを選択

プロファイルデザイン エアウィング OS ブルホーンバー:5,000円
シフトレバー SHIMANO SL-BS79: 9,000円
バーテープ:1,000円
ケーブルアジャスター SM-CB90 ×2: 3,000円 (リア・フロント用)
アジャスター SM-CB70:1,500円(シフトレバー用)
FOGLIA ブレーキレバー エクステンション:3,000円
ブレーキ用ワイヤ×2:500円
———————————–
合計;22,000円

サムシフターとブラケット付きブレーキの組み合わせを選択

プロファイルデザイン エアウィング OS ブルホーンバー:5,000円
シフトレバー SHIMANO SL-BS79: 9,000円
TEKTRO RL520: 3,000円
バーテープ:1,000円
ケーブルアジャスター SM-CB90 ×2: 3,000円 (リア・フロント用)
アジャスター SM-CB70:1,500円(シフトレバー用)
ブレーキ用ワイヤ×2:500円
———————————–
合計;23,000円

エアロブレーキとサムシフターの組み合わせを選択

プロファイルデザイン エアウィング OS ブルホーンバー:5,000円
サムシフター(ダイアコンペ): 12,000円
バーテープ:1,000円
ケーブルアジャスター SM-CB90 ×2: 3,000円 (リア・フロント用)
アジャスター SM-CB70:1,500円(シフトレバー用)
ブレーキ用ワイヤ×2:500円
PROFILE DESIGN ブレーキレバー:5,000円
———————————–
合計;30,000円

クロスバイクのブルホーン化の基本情報

まずはクロスバイクをブルホーン化するにあたって、基本的な情報をまとめてみました。
どの仕様にするかで最終的な形態や改造、カスタマイズの難易度、その後の乗り心地にも影響してくるので、しっかりと吟味したいところです。

・ハンドルのタイプを決めよう
・シフトレバーとブレーキレバーを流用するかどうかを決めよう
・ハンドルの太さを決めよう
・予算は30,000円あれば大丈夫

ブルホーン化に関する記事はこちらにまとめてありますので参考にしてください。

Comment

  1. 匿名 より:

    同じことを考えていたので参考になります。

    • escape air より:

      はじめまして。コメントありがとうございます。
      下調べしてもなお、実践でつまづいたりもするわけですが、過去に何度か痛い失敗をしてきているので、自分のメモ代わりとして公開していますので、あくまで参考でお願いします。何かお気づきの点などあれば、教えて頂けると嬉しいです。

  2. […] airをブルホーン化する計画を着々と進行中。 escape airのブルホーン化に関する基本的な下調べも終了して、改造するスタイルも決定したので、あとは実行するのみ。 […]

  3. […] airのハンドルをブルホーンバーに換装しました。 escapa airをブルホーン化しちゃおうか計画(下調べ) escape のブルホーン化した姿を黄金比で考える escape […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑