クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

自転車事情 自転車全般

クロスバイクやロードバイクのカスタマイズや改造が趣味な人の裏事情

更新日:

自転車カスタマイズ・改造趣味の裏事情

クロスバイクの改造カスタマイズを趣味にしています。愛車のクロスバイクは改造カスタマイズを繰り返し、フレーム以外は全てのパーツを交換してしまいました。

クロスバイクやロードバイクなどの自転車を趣味にした場合、基本的には自転車に乗ることがメインの目的であることは間違いありませんが、自転車に乗ること以外にも、自転車を改造カスタマイズすることも、そんな自転車のカスタマイズ・改造を趣味にしている人の裏事情について書いてみたいと思います。

自転車の改造カスタマイズを始めたきっかけは?

自転車カスタマイズ・改造を始めたきっかけは

自転車の改造カスタマイズは敷居が低い

僕自身は工業学校出身でもなく、自動車やバイクを弄るような趣味があったわけでもありません。工作などは好きだったのはありますが、クロスバイクを購入するまでは、機械いじりに没頭するような生活とは無縁でした。

クロスバイクを購入する前までの僕にとって改造カスタマイズを趣味にするのは自動車やオートバイなどに限られるものだと思っていて、自転車というものは完成車を買ってボロボロになるまで乗り続けて、どこかが壊れたら新しい自転車を買い替えるというママチャリ的な発想しかありませんでした。

そんな僕がスポーツサイクルに興味を持ち始めた頃に、ロードバイクとクロスバイクについていろいろと調べていくと、自転車の構造は非常にシンプルで自動車やバイクなどと比べると改造カスタマイズが非常に簡単で誰にでも出来ることだということを知りました。

また、パーツ自体の値段も安いこともあり、改造カスタマイズを始めるための敷居が非常に低いのも興味を持った理由の一つです。

自転車の改造カスタマイズは自動車やバイクのように改造カスタマイズをしようとすると数万円〜というようなものではないので、自転車の改造カスタマイズは気軽にいろいろと試しながら乗ることができるということも解ってきました。

実際に自転車の改造カスタマイズをしている人のブログなども多数あり、そんな方々のブログを観ていると「自転車弄りは楽しそうだな」と興味を持った最初だったように思います。

性能に満足できなければ、自転車そのものを買い替えるのではなく、パーツだけ交換して自分に合った自転車を組み上げるということはロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクでは当たり前のことではありますが、全く無知だった僕にとっては、まさしく目からウロコだったのでした。

安物でも改造カスタマイズでグレードアップできる

クロスバイクのESCAPE Airの購入を検討している時に、最も心配だったのが、購入の失敗でした。

ロードバイクやクロスバイクに興味を持つまでは、自転車の値段は1万円〜1万5千円だと思っていた僕にとって、5万円〜という自転車の値段は、何も知らずに手を出すには少々ハードルの高いものでした。それだけ高いお金を出すのに「え?そんな自転車かっちゃったの?」というような失敗をするのが恐かったのです。

それでインターネットを駆使して辿り着いたのがGIANT社のESCAPEシリーズで、このあたりの自転車を購入しておけば間違い無いだろうというところでESCAPE Airを購入したのです。

ひとまずスポーツサイクルの世界に足を踏み入れて、ハマらなければそれはそれ、ハマってしまってもっと性能の良いモノが欲しくなれば、パーツを換えて改造カスタマイズをしていくのも良いだろうと考えたわけです。

自転車改造カスタマイズブログの存在

いざクロスバイクを購入して乗りはじめると、ママチャリとスポーツサイクルとの性能の違いに感動してあちこち乗り回し、スポーツサイクルの世界にグングンと引き込まれていくことになります。

そうしてクロスバイクを乗り回していると、そのうち「もっと速く走りたい」「もっと快適に走りたい」というような欲求が自然と出てくるようになります。

そこで、自身のクロスバイクをいかに速く、快適に走るようにできるかを考えるようになり、パーツやポジションなどについて調べるようになってきます。

大変有り難いことに、沢山の自転車の改造カスタマイズを記録したブログが見つかります。そして実際に自分自身が自転車を改造カスタマイズする際に多いに参考にさせてもらうことになります。

そういった諸先輩方のブログを見ていると「面白そうだな」「これくらいだったら自分でも出来そうだな」「お〜こんなことまで出来るのか」というところから興味を深め、改造カスタマイズが始まるのです。

そんなこんなで、インターネットで得た情報で恩恵を受けたことへの恩返しは「自分自身の経験もブログで公開して共有してもらうことかな・・・」などと考えたのがこのブログを始める切っ掛けだったりもします。

自転車改造カスタマイズの実践と現実

自転車カスタマイズ・改造の実践と現実

自転車の改造カスタマイズに何故ハマる

自転車の改造カスタマイズは「金と時間の無駄」と考える人も少なくありません。例えばクロスバイクをいくらロードバイク風に改造カスタマイズしたとしてもロードバイクにはできないわけですから「ロードバイクが欲しければ素直にロードバイクを買うべきだ」というような意見です。

そのような意見はもっともな意見なのですが、クロスバイクの改造カスタマイズは一つの価値観と言いますか、ハマるにはそれなりの理由があるのです。

例えばそれは、ありふれたクロスバイクが少しずつ姿を変えてオリジナルな自転車が完成していくという育成感だったり、あるいはパーツを換えた時の乗り心地や感覚の違いの面白さ、そして今まで知らなかったことを実践してやり遂げることで自転車に関しての知識が増えていく喜びだったり、いろいろです。

そういった部分に価値観を見出してしまうと、自転車の改造カスタマイズはハマればハマるほど奥が深く、また裾野が広いエンドレスな世界になってきます。

自転車改造カスタマイズとお金のおはなし

カスタマイズ・改造を繰り返せば、当然のように出費も嵩みます。子育て世代の一人としては、趣味に遣えるお金にも限度がありますからなるべく出費は抑えたいというのが本音ではあります。

しかしロードバイクやクロスバイクなどの自転車を趣味にしていれば改造カスタマイズをしていなくても少なからずお金は出ていくものですし、自転車以外でも趣味とは往々にしてある程度の出費は織り込んでいないと続けられないものかと思います。

とは言いつつも、フレームに相応なパーツってあると考えています。まぁこれも価値観なんですけど、僕の場合の線引きだとクロスバイクのコンポーネントにはシマノの105があたりが上限になると考えています。ホイールに関しても車体価格と同じ程度がやり過ぎ感が無くて丁度良いのかなと思っています。

なのでクロスバイクの改造カスタマイズにシマノのハイエンドコンポーネントのDURA-ACEなどにすることはありませんから、出費と言ってもなんとなく上限が見えている部分ではあるので、本格的なロードバイクに乗っている人たちの費やす金額からすれば微々たるものだと言えるかと思います。

逆に考えれば、それほど極端なお金を遣わなくても、かなり楽しめるのが改造カスタマイズだったりもするのです

自転車カスタマイズ・改造の失敗

自転車を改造カスタマイズした結果はブログにまとめて公開するようにしています。情報をまとめる時にはなるべく分かりやすいように情報を整理していたりするので、なんとなくスムースに作業が進行しているように思えるかもしれません。

もちろんサドルの交換程度であれば、確かにスムースに進行して一瞬で交換が終るわけですが、少々アドバンスな改造カスタマイズに関しては、失敗したり難儀したりすることは日常茶飯事です。むしろ問題無しで終ることの方が少ないでしょう。

例えば、トルクを勘違いしてネジ切ったことも何度かありますし、ワイヤーを張り終えたら左右逆だったりして全部やり直したり、毎度毎度、何らかのミスや遠回りがあったりします。

初めてのシフトワイヤーの調整なんかは、何度やってもうまく調整できずに投げ出したくなるくらいの堂々巡りで大変苦労しました。

作業ミスの発生はどんな時

自転車の改造カスタマイズを自分でおこなうと作業ミスは日常茶飯事に発生すると思いますが、きちんと注意すれば防げるようなミスがほとんどです。

僕自信の経験から言えば、ミスが発生しやすい時は意外とまとまっていて、特に作業に慣れたと思い始めた頃や、長時間の作業で集中力を欠いてきた頃にミスが発生しやすいです。

なので集中力を持続させるためには、休憩ってのは非常に大切だと思います。

一度作業に入ってしまうと集中して一気に終わりまで作業してしまいたいと思うことも多いですが、コマメに休憩を入れてしっかりと集中して作業した方が、結局は急がば回れで作業が早く完了することの方が多いです。

お店に頼むよりお高くつくことも珍しくない

安く済ませたいという考えから自分で改造カスタマイズの作業をする人も多いと思いますが、実際問題で自転車の改造カスタマイズは初めての作業が圧倒的に多いですから、すんなりと作業できることの方が少ないです。

なので失敗することや間違うことも多いですし、場合によってはパーツを買い直す必要があることもあります。そのあたりのロスを考えれば、普通にお店に作業賃を払って改造カスタマイズしてしまった方が安い場合だってあります。

しかしながら、その辺りもの失敗も経験として面白いと思えるからこそ続けられるのだと思います。

作業の工程の割に写真の数が少ない記事などは、ドツボにハマって余裕を失くして、写真なんか撮っていられないというような時が多いです。

恐らくですが、僕が今まで参考にして来た自転車ブログの方々も、同じように失敗をしてきたのではないかと思っています。実際問題で、失敗をするから気をつけることや、勉強することも多いのです。

自転車の改造カスタマイズの知識

プロの自転車屋さんではないので、自転車の改造カスタマイズをする場合は、ほとんどが初めての作業になります。

経験が無いので当然、いろいろ調べてから作業をすることになります。最初の頃は想像だけで作業することもありましたが、簡単に思えるようなことでも、サイズ違いなど、思わぬところでつまづく事が多く、今ではしっかりと下調べをしてから作業に入ります。

インターネットでの情報も大いに参考になりますが、自己流の情報や真偽が怪しい情報も少なくはないので、あくまで参考として、きちんとした情報を得るためにメンテナンスブックなどを数冊読み比べるようにしています。

一冊のメンテナンスブックを読むだけでは理解できなかったことも、複数のメンテナンスブックを読み比べてみたりすると「あぁ、そういうことか」と理解できることも多く、メンテナンス系の本は幾らあっても面白いものです。

自転車改造カスタマイズのこれからのこと

自転車カスタマイズ・改造のこれからのこと

自転車の改造カスタマイズでやってみたいことは沢山ある

冒頭にも書きましたが、自転車の改造カスタマイズでやってみたいことは沢山あります。

例えば、ブルホーンバーからフラットバーに戻して、フラットバーの11速シフターを使ってみたかったり、コンポーネントやディレーラーなどのパーツをバラしてイチから清掃してみたかったり、余計なパーツ(フロントのインナーとか)を極端に省いてみるとか、ホイールを組んでみるとか、色々あるのです。

なので探究心さえ持っていれば、ひたすら遊び続けられるというのが自転車の改造カスタマイズの良い点であったりもします。

自転車ライフは今だけじゃない

少々気が長い話かもしれませんが、あと10年もすれば、子供だってスポーツサイクルに興味を持つ時がやってくるかもしれません。

その時には、一緒に自転車で遠出することもできますし、時にはメンテナンスを一緒にすることもあるかもしれません。家族と自転車を通して共有出来る喜びは沢山あるものと思います。

以上、かなり私的な内容ではありますが自転車の改造カスタマイズを趣味にしている人の内部事情などについてまとめてみました。意外とこういう内容の方が参考になる方も多いようなので、また適当なネタがあればまとめてみたいと思います。

-自転車事情, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.