クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

スピードアップ 自転車全般

クロスバイクで前傾姿勢!空気抵抗を減らして速度アップする方法

更新日:

自転車の空気抵抗を減らして速度アップする方法

乗り物にとってどれだけスピードを出せるかというのは一つのロマンでもあります。そして速度アップを目指す時、避けては通れないのが空気抵抗です。

クロスバイクやロードバイクなどの自転車も例外ではなく、速度アップを考える際にはいかに空気抵抗を減らせるかということは非常に重要なポイントです。

そこで空気抵抗を減らすために効果的な前傾姿勢をクロスバイクでもできるようにするための方法を考えてみました。

乗車姿勢の違いで空気抵抗は大きく変わる

自転車での空気抵抗を突き詰めればフレームはエアロ形状になり、服装はピチピチのサイクルウェアになります。

一般的のクロスバイクよりもロードバイクの方が速度が出るわけですが、それはフレーム設計の違いやコンポーネントのグレードの違いなどの性能の違いもありますが、乗車姿勢の違いも速度の違いに影響しているものと思われます。

クロスバイクのような上体が起き上がったアップライトな姿勢よりもロードバイクのように深い前傾姿勢をとれた方が、正面から見た時に空気を受ける面積が小さくなるので空気抵抗が少なくなり、よりスピードを出しやすくなるというわけです。

25km/h以下で走行している場合には空気抵抗の影響はあまり大きくないと言われていますが、速度が25km/h以上になると急激に空気抵抗の影響を受け始め、その後は速度が上がれば上がるほど抵抗が大きくなっていきます。

なので空気抵抗を少なくするために少しでも深い前傾姿勢をとれた方が速度アップに有利になるというわけです。

クロスバイクのようなフラットバーハンドルでも、ロードバイクに乗る時のような深い前傾姿勢がとれれば速度を出しやすくなるはずなので、フラットバーハンドルでも深い前傾姿勢をとるために出来る工夫や方法について考えたことをまとめてみました。

クロスバイクでロードバイクのような深い前傾姿勢をとる方法

腕を胸元に折り畳んで深い前傾姿勢を実現する

腕を胸元に折り畳んで前傾姿勢をとる

最も簡単に実践できる前傾姿勢をとる方法は腕を畳んで前かがみになる乗り方をすることです。ママチャリなどでも坂道などでは無意識的にやってしまうような乗り方です。

この際の姿勢としてはなるべく空気抵抗を少なくする為に、バーの中央付近を持って脇を締めます。そして肘を曲げて姿勢を低くします。イメージとしては胸の中に腕を収納するような感じで自転車の上で縮こまる姿勢です。

下り坂などでこの姿勢をとるとスルスルと加速して行くのが体感できると思います。

しかしながら、乗車姿勢としてはかなり窮屈で不自然なため、平地などの走行時にこの姿勢をとってもまともなペダリングが出来ないという問題点があります。さらに乗車時の姿勢が格好悪いという点も問題でしょう。

クロスバイクのポジションを変更して前傾姿勢を実現する

クロスバイクのポジションを変更する

前傾姿勢を実現するにはポジションを変更するのも有効な方法です。

クロスバイクの場合、最初に納車された状態だとかなり楽な姿勢で乗れるように調整されていることが多いと思います。

僕が初めて買ったクロスバイクもお店で調整してもらった時にはサドルの位置は低くハンドルの位置も高くかなりアップライトなポジションに設定されていました。

ストアのスタッフの方も「乗っているうちに前傾姿勢にも慣れてくるのでその都度調整されるのが良いですよ」と言っていましたから、あえて初心者向けに緩いポジションで調整していたものと思われます。

僕が購入したGIANT社のクロスバイクであるESCAPEシリーズなどはママチャリやシティサイクルに乗っていた人が、初めてスポーツバイクに乗ろうとする際に選択する自転車ですから、いきなりセオリー通りの攻めたポジションで納車してしまうと、多くの人が乗りこなせなくなってしまうものと思われます。

購入したばかりのクロスバイクのポジションがアップライトになっているのはそういった理由があるからと思われるので、クロスバイクを購入当初からそのままのポジションで乗っている人は、サドルの高さやハンドルの位置などの調整をしてみるのが良いと思います。

サドルの高さを調整する

サドルの高さを調整する

シューズを履かない状態でサドルに跨がって、足を真っすぐ伸ばしてペダルに踵が着くのが基本の高さと言われています。

おそらくクロスバイクを購入した時のままの位置だとそこまでサドルは高く設定されていないと思われるのでサドルの高さを見直してみましょう。

ステムの位置を下げよう

余計なコラムはカットする

ハンドルの位置も標準よりは高い位置で設定されていると思います。ステムとコラムスペーサーの位置を入れ替えてステムの位置を低くしてみましょう。

コラムのスペーサーは2mm程度のスペーサーを入れ替えるだけでも随分変わったと思えるほど大きな違いが感じられる部分なので、一気に高さを下げるのではなく1つずつスペーサーを入れ替えながら徐々に高さに馴らしていくことをお勧めします

クロスバイクのステムを換えて深い前傾姿勢を実現する

クロスバイクのステムを換えて前傾姿勢を実現する

僕が乗っているクロスバイクののフレームに純正で付いているステムの長さは110mmで傾斜角は6度程度だと思います。クロスバイクでは標準的なサイズのステムです。

このステムをより長いものに交換すれば必然的に前傾姿勢は深くなります。本来ステムの長さは10mm単位で調整するものですが、僕が初めてステムを交換しようとした時にはステムを長くすればするほど深い前傾姿勢がとれるようになるものと考え、いきなり150mmのステムに交換してしまいました。

しかし実際にステムを長くしてみて気が付いたのですが、単純にステムを長くするだけではハンドルが遠くなるだけで、腕が伸びて突っ伏した状態になり、ちゃんとしたポジションを維持することができなくなります。

次に僕が試したのは、角度のあるステムを購入し、それを逆付けする方法でハンドルの距離はほとんど変えずにハンドルの位置を下げるという方法をとりました。

「え?ステムって逆付けして良いの?」と思うかもしれませんが、ステムを逆付けするのはよく行なわれるカスタマイズの1つです。その証拠にステム自体のデザインもロゴが自然に見えるような天地が無いデザインになっています。

ステムを逆付けにする方法は見た目はあまり良いものではありませんが、手軽に試せますし失敗してもすぐに元に戻せるので前傾姿勢にすればどう変わるかを試すには最もお手軽なカスタマイズになります。

現在使用しているステムを逆付するだけでもお試しはできると思いますが、実際には少し短めのステムを選ぶのが良いと思います。

というのも、ロードバイクはクロスバイクに比べてハンドルからサドルまでの距離が短くなっているので前傾姿勢になっても無理な体勢になりませんが、クロスバイクではハンドル位置などを下げるとハンドル位置が遠くなりすぎてしまうのでステムの長さを短くして調整する必要があるのです。

参考までに一時期の僕は傾斜角が25度というトライアルバイク用のステムを使用していたりしました。

クロスバイクで深い前傾姿勢をとって速度アップをしてみる

クロスバイクで深い前傾姿勢をとって速度アップ

自転車は人力なので空気抵抗による走行性能の違いを身をもって感じることができます。空気抵抗を減らせば減らすほど速度はグングンと伸びるようになります。

● サイクルウェアを着用する
● 前傾姿勢を深くする

というのが最も現実的な方法になると思われます。

前傾姿勢を深くする方法はきちんとしたポジション出しをすることを含め一度はチャレンジをオススメしたい改造カスタマイズの内容になります。

空気抵抗を減らすことができれば平均で数km/hくらいの速度アップはできるはずですからいろいろ試行錯誤してチャレンジしてみる価値は充分あるものだと思います。

以上、クロスバイクのフラットバーハンドルで前傾姿勢を深くして空気抵抗を減らし速度アップをする方法についてでした。

関連記事

クロスバイクをスピードアップさせるための改造カスタマイズに関する記事は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

-スピードアップ, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.