クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

ペダル 自転車メンテ・改造

ビンディングペダルは怖い?必要?導入の際に気になる疑問に回答してみる

更新日:

ビンディングペダル導入の際に気になる疑問まとめ

スポーツバイク、特にロードバイクを本格的に乗ろうと考えた際に、必ず必要になってくるものの一つがビンディングペダルかと思います。

ビンディングペダルを使うと、効率よい走りが出来てスピードアップできたり、使う足の筋肉を分散させられるため長距離を走行しても疲れづらかったりというメリットがあります。逆に立ちゴケなどのリスクもあり、ビンディングペダルに興味はあるものの、導入するには敷居を高く感じているひとも多いのではと思います。

実際問題で僕自身もビンディングペダルを導入する前は、ビンディングペダルにすごく興味があったものの、未知の世界で恐い(ペダルと足がくっついて離れないんですから)こともあり、導入するのに躊躇してしまったものでした。

そんなわけで、ビンディングペダルの導入を検討している人の参考になればと、僕自身がビンディングペダルを導入前後に抱いていた疑問や感想をまとめて、その疑問に答えてみたいと思います。

ビンディングペダル導入前の疑問あれこれ

ビンディングペダルの疑問

ビンディング?それともピンディング?

縛るという意味のbindingなのでビンディングが正解かと思います。

正確にはbindingはバインディングと発音するのが正しいのでバインディングペダルなのかもしれません。しかしながら世界的にはバインディングペダルとは呼ばれてはおらず、Clipless Pedals(クリップのないペダル)と呼ばれているようです。

ビンディングペダルを付けると走りが変わる?

変わると思います。
変わらないとそもそもビンディングペダルの存在意義がないはずです。

「変わると思います」と書いたのは、その効果が曖昧でぼんやりしているから、あるいはプラセボ的な程度だからという意味ではなく、僕自信が上手くビンディングペダルを扱い切れていないためです。

というのも普通のペダルとビンディングペダルではペダリングが全く違っていて、正しいペダリングを習得するには、それなりの練習が必要なものと思われます。

ペダリングのテクニックや練習方法については、ロードバイクを上達する系の技術書やマニュアル本にいろいろと情報があるので個々で勉強していただければ良いかなと思いますが、素人ペダリングでも徐々にビンディングペダル向けのペダリングが出来てくるようになると、以前はゼェゼェ言いながら登っていた道もグィグィと押し上げる感じで登って行くのを実感できたり、平地でも向かい風の中を今までとは違うスピードで走り続けられるのに気付くなど、いろいろな場面でその効果を実感出来るようになってくると思います。

なのできちんとしたペダリングをマスターできれば、きっとそれは全く違った乗り物になると言ってよいくらいに違いは出るはずで、本格的にスポーツバイクに乗ろうと思えば、必要不可欠な装備になるものと思われます。

個人的なところはおいておいても、一般的によく言われているビンディングペダルを使う事の効果としては、長距離でも疲れづらい、坂道や追い風などに強くなる、加速がしやすくなる、安定したペダリングが出来る、自転車をジャンプさせられるなどがあるかと思います。

SPDとSPD-SLって何?

ビンディングペダルには色々な種類があり、各メーカーで特徴がありますが、最もよく知られている規格としてシマノが主導するSPDSPD-SLというものがあります。

どちらもクリートと呼ばれる固定金具を使ってペダルとシューズを固定するものですが、大雑把に分けるとするならば、SPDはマウンテンバイク寄りの規格で、クリートが小さく外しやすいという特徴があるようです。一方SPD-SLはロードバイク寄りの規格で開発されたビンディングペダルです。

上記のような特徴から、初心者は扱い易いSPDを使用して、ビンディングシューズに慣れたり、本格的にロードバイクに乗ろうと考えるようになったりした場合はSPD-SLを選択するというのが一般的かと思います。

実際問題で、SPD-SLはロードバイクに乗りっぱなしを想定しているため、シューズもそれ用なのでクリートが大きくて非常に歩きづらく、いわゆるペンギン歩きと呼ばれるようなカカトでヨチヨチ歩く感じでしか歩けません。なので、待ち乗りメインのクロスバイクなどでビンディングペダルにしたい場合にはSPDを選択するのが普通です。

そんなわけで、僕自身が街乗り中心でクロスバイクに乗っているのでこのエントリーで解説しているのはSPDのビンディングシューズについてになります。

SPDペダル

シマノ  片面SPDペダル PD-A600 [EPDA600]

SPD-SLペダル

シマノ ペダル SPD SL PD-R540-LA(ライトアクション) [EPDR540LAW]  ホワイト

参考までに、シマノ以外にもいくつかのメーカーがビンディングペダルを製造販売しています。いろいろなビンディングペダルのメーカーや種類については下記の記事で解説していますので参考にしてください。

参考 → ビンディングペダルのメーカーと種類について調べてみた

ビンディングペダルにしても普通の靴で乗れる?

ビンディングペダルにはクリート受けと呼ばれる突起型の固定するための金具が付いています。そのため、フラットペダルと比べるとペダルを踏むと突起が気になって踏みづらいのは確かですが、スニーカーのように靴底に柔軟性がある靴だとあまり気にならず実用の範囲だと思います。革靴など靴底が硬いものだと滑って危ないと思います。

ただスニーカーにしても、突起が気になるのは確かなので、ビンディングペダルの自転車に乗る際には、基本的にはビンディングシューズで乗るのが普通です。

逆に言えばビンディングペダルにすることで普通の靴で乗るには少々難のある自転車になります。つまり「さぁこれから自転車に乗るぞ!」と万全の準備をして自転車に乗るよう必要があり、あまり気軽に乗れない自転車になりますから、ビンディングペダルの導入の際には、その点も意識しておくと良いかもしれません。

ビンディングでもフラットでも乗りたい人向けのペダル

ビンディングでも乗りたいし、普通のシューズでも乗りたいと考える欲張りな人のために片面SPD片面フラット仕様のペダルも存在していて、一般的なSPDペダルは両面にクリート受けがありますが、片面SPDは片面のみクリート受けがあり、もう一方はフラットペダルになっています。

便利な反面、クリートが装着されている面が重さでいつも下を向いてしまうようで、信号待ちなどの着脱の際に必ず反転させなければいけないらしく、イライラしてしまうという意見も多いようですす。

片面SPD片面フラット仕様のビンディングペダルと言えばPD-EH500があります。

ビンディングペダルの重量比較

ESCAPE Air 純正 フラットペダル 約270g
SHIMANO(シマノ) PD-A530 383g
SHIMANO(シマノ) PD-A520 315g
SHIMANO(シマノ) PD-ED500 442 g
SHIMANO(シマノ) PD-EH500 383g
SHIMANO(シマノ) PD-A600 286g

ビンディングシューズで歩けるの?

歩けるか、歩けないかで言えば歩けます。
特にSPDシューズは歩きやすいということをウリにしている感じもあります。

ただそれはSPD-SLのように歩く際にはクリートカバーをしたり、ペンギン歩きをする必要がないという意味での歩きやすさであって、普通の靴のように歩けるかと言えばノーです。

普通の靴のようにビンディングシューズでアスファルトの上を歩くと、ガリガリと嫌な音がして、クリート部分が確実にダメージを受けてボルトがハマらなくなったり、外れたり、クリートが歪んだりの問題が出て来ると思われますので極力歩かないのが良いでしょう。

実際にはそんなこともあり、ビンディングシューズを履いていると、歩くのが面倒なのでどこかに立ち寄って歩くというような気分にはならなくなるので、そのうち歩ける、歩けないの問題はどうでもよくなります。

ビンディングシューズで立ちゴケが怖い

立ちゴケはビンディングシューズを導入する上では登竜門と言えるでしょう。僕自信も何回かコケました。痛い思いをしました。幸い住宅街で車通りの少ない場所だったので大した問題にもなりませんでしたが、もしも車道走行中に車道側にコケたりしていたらと思うと非常に怖いです。

僕の経験した範囲では、コケたりコケそうになったりするのは高速で車道を走っている時よりも、ユルユルのスピードで走っている時に急に人が出て来た時や、段差にタイヤが引っかかり咄嗟に対応できなかった時などが多いです。

ので、スピードが落ちて来たらクリートを外す習慣さえつけていれば、立ちゴケはあまり心配しなくても良いかもしれません。

不安であればマルチクリートやクリッカーと呼ばれる、比較的外しやすいクリートがあるので、それを採用したり、クリートを緩めにしておけばかなり外しやすくなるんじゃないかと思います。

マルチクリートは外れやすいのでビンディングシューズを使ってグイグイ加速している最中に外れるという話も聞いたりはしますが、僕自信の経験では、不意に外れてしまうようなことは今までありません。

ビンディングシューズがダサい

シマノ SPDシューズ: 42.0/26.5cm SH-CT41G グリーン

ダサイです。特にシマノのビンディングシューズは。

SPD-SLのビンディングシューズはまだスポーティーな感じで化も無く不可も無くなんですがSPDのビンディングシューズに関しては、首をひねるレベルでダサイと思います。それでもまぁ数年前と比べればだいぶカジュアルになってきた感じがあるのですが、それでも一般的なスニーカーなどと比べるとまだまだな感じです。

まぁデザインの良し悪しを決めるのはあくまで主観ではありますが、このあたりが気になってビンディングシューズにしようかどうかを躊躇している人はシマノから離れて海外のメーカーに注目してみるのも良いかもしれません。

海外のビンディングシューズのメーカーだとオシャレなビンディングシューズもあるので下記の記事で紹介していますので参考にしてください。

参考 → SPD対応でカジュアルなビンディングシューズって有るの?

僕はシマノの靴を買った後に海外メーカーのオシャレなビンディングシューズの存在に気がついて悔しい思いをしました。もちろんクリート部分はメーカーによって規格が違うので注意が必要ですが、シマノのSPDは一般的なので対応しているものが多いので選択肢は多いと思います。

ビンディングペダル導入前の疑問あれこれまとめ

ビンディングペダル導入前の疑問あれこれ

僕個人的には、ビンディングペダルにする際に躊躇した最も大きな理由は、立ちゴケの恐怖でした。実際問題で何度か立ちゴケをしていて、その度に「やっぱりビンディングペダルを使うのはやめよう」と思ったりもしました。

そんな中で、ビンディングシューズを履かずにサイクリングに出ることもあるのですが、そんな時には決まって「ビンディングシューズを履いてくれば良かったな・・・」と後悔するのです。

ビンディングシューズを使用した時の加速感と快適な走りは、僕レベルの自転車乗りでさえ必要不可欠と思わされてしまうくらいの魅力があるのですから、本格的に自転車に乗り込むような人にとっては必要不可欠な装備と言えるでしょう。

日常に使用している自転車にビンディングペダルを導入すると乗りづらくなってしまうので、その点だけは留意しておいた方が良いかもしれませんが、スポーツバイクに対してもう少し踏み込んで臨みたいとか、自分の自転車スキルをもう少し引き上げたいなどと考えている人はビンディングペダルの導入はお勧めです、というか必須です。

関連記事

ペダルに関する記事は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

-ペダル, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.