クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

自転車事情 自転車全般

真夜中のサイクリングのメリットとデメリット

更新日:

真夜中のサイクリングのメリットとデメリット

クロスバイクに乗るのを日常の楽しみにしている僕ではありますが、子育ての真っただ中という事情もあって、土日や休日の日中は子守に充てられるため、自由にクロスバイクに乗れるのは、真夜中くらいしかありません。

特に我が家の場合は夫婦共働きなのと、奥さんが平日休みの仕事なので、週末は僕一人で子供の面倒をみなければいけないので自転車どころではないのです。世間の誰よりも育メンパパだと自負しております。

晴れ渡った週末に遠出してポタリングやロングライドで自転車ライフを満喫してみたい気持ちも山々ですが、子供が大きくなるまでの間は自転車趣味は我慢するしかないと割り切って考えることにしています。

そんなわけで、僕がクロスバイクに自由に乗れる時間は子供が寝静まった後の夜中しかないわけですが、夜中のサイクリングには夜中のサイクリングでメリットもやデメリットがあるのでそのあたりをまとめてみようと思います。

真夜中のサイクリングのメリット

真夜中のサイクリングのメリット

真夜中のサイクリングは交通量が少ない

真夜中のサイクリングの最大のメリットと言えば交通量の少なさです。

昼間と比べて圧倒的に交通量が少ないです。
昼間は渋滞していて思うように進めなくなってしまう道でも、真夜中だと車一台すら通らなくなる道もあります。

特に昼間は渋滞しがちな細い道、都内で言うならば南北に走る道などは、昼間とは全く様子が違い、本当に東京かと思ってしまうくらいの静けさの中、快適に自転車を走らせることができます。

車の居ない夜の道の快適さに慣れてしまうと、昼間のサイクリングが非常にストレスで、たまに昼間に車道を走ると非常に恐く感じてしまうほどです。

真夜中のサイクリングは信号にひっかりにくい

信号の切り替えのタイミングは交通量で制限されていたりするようです。

そのため、交通量の減る夜間は、交通量の多い道路を優先するようになるため、必然的に幹線道路は青信号の時間が長くなります。

青信号が長くなると、信号に引っ掛かって停車する時間も回数も少なくなるので快適にサイクリングが出来るというわけです。

僕が日頃サイクリングで走っている道などは、ほぼ黄色の点滅信号で数キロは全く停まる必要がなく、まるでサイクリングロードでも走っているかのような快適さで走り続けることができたりします。

クロスバイクやロードバイクに乗っていて最大のストレスは停まることだと思うので、その回数が極端に少なくなるということは、かなり大きなメリットだと感じています。

真夜中のサイクリングは時間の余裕がある

僕と同じように昼間のサイクリングが難しい人は早朝に自転車に乗る人も多いようです。

いわゆる朝活と呼ばれるものになると思いますが早朝はまだ交通量も多くありませんし、空気が綺麗で冷たくて気持ち良く感じます。辺りは明るくなっているので風景を楽しむ事だって出来るので、早朝ならではのメリットもある沢山あると思います。

しかし、ほとんどの人は日中は仕事をしていると思うので、早朝のサイクリングは締め切り時間の見えた限られた時間の中で行なうことになるため、常に時間を意識しながら走行しなければいけません。

時間の制限があるので、予期せぬトラブルがあると余裕を持ったサイクリングができなくなってしまう可能性があり、僕はそあたりの問題を考えると、楽しい気持ちでサイクリングが出来なくなってしまうことから早朝よりも夜中のサイクリングの方が好きだったりします。

真夜中のサイクリングの場合は、何かのトラブルがあった時でも、修理をする時間もゆっくりと取れますし、最悪寝不足になるだけで、仕事に遅刻したりするなどのリスクはほとんどありません。

自宅から遠く離れた場所でトラブルにあった場合は、タクシーで帰宅するという選択肢もあります。タクシーは真夜中はとても見つけやすいのですが、早朝は真夜中組が帰宅してしまうことや、利用者が増えるため予約してもタクシーを呼ぶのが難しいので、この点に置いても真夜中のサイクリングの方が有利になります。

また、サイクリングでもジョギングと同じように走っていると気持ちが乗ってきて、どこまでも走りたくなることが多々あります。

僕の普段のサイクリングコースは15km程度なのですが、気分が乗った時には40kmくらいは走ることもあり、いつもと違うコースに切り替えてより長く走るなんてことも真夜中のサイクリングでは余裕でできてしまうのです。

真夜中のサイクリングのデメリット

真夜中のサイクリングのデメリット

真夜中のサイクリングは景色を楽しめない

真夜中のサイクリングは基本的に暗闇の中を走ることになりますから、景色を楽しみながら走るなどということは出来ません

いつまで走っても暗闇の中で、一体どこを走っているのかよく判らなくなることも多々あります。

夜中に走っている道を昼間に走ってみると「あぁ、こんな景色だったのか」などと気付くことも多いです。

そんなわけでどこを走っても特に感動するようなことがありません。サイクリングロードなどは街頭も碌に無いため、真っ暗な中をただひたすら走るだけになってしまいます。

真夜中のサイクリングは立ち寄る楽しさがない

真夜中ですから、ほとんどのお店が閉まっています。
開いているのはコンビニとファミレスとラーメン屋くらいかもしれません。

なので「あ、何か面白そうなお店だな?」とか「あ、美味しそうなお店だな?」などというポタリング感覚で立ち寄れるような場所は皆無と言って良いでしょう。

真夜中のサイクリングは寒さが厳しい

真夜中のサイクリングは東京では11月の半ばを過ぎると寒さが厳しくなるので自転車に乗るのがかなり辛くなります。

自転車に乗る楽しさよりも辛さの方が上回ってしまうので、冬の間は夜中のサイクリングは休む事が多いです。

防寒装備をすればなんとななるという話もありますが、頑張って外に出ても景色等の楽しみが無い真夜中のサイクリングの場合は、ただただ苦行のようになってしまうのです。

逆に夏の場合は夜中の方が涼しくて快適に走れるというメリットにもなります。

真夜中のサイクリングのメリットとデメリットのまとめ

真夜中のサイクリングのメリットとデメリットのまとめ

本当であれば、真夜中にサイクリングするよりも週末に朝から晩までひたすら走り続けるのがきっと楽しいのだと思います。

独身時代であればそれが出来たのですが、家族が増えるとなかなか時間の自由が利かなくなるので、なんとかして自転車に乗る時間を確保しようと考えた時に、ベストだと思えたのが真夜中の時間でした。

自転車を趣味にする以前は、運動の為にジョギングなどもしていたので、真夜中という選択肢はその延長上でもありました。

平日の場合は最長で1時間程度のサイクリングになってしまいますが、それでも充分自転車に乗る楽しさは感じられるものだったりするので、真夜中のサイクリングは今の僕の生活の中で非常に大切な時間となっています。

人によってベストな時間は異なるとは思いますが、日頃の限られた時間の中で自転車に乗る時間を増やしたいのであれば、真夜中のサイクリングはおすすめです。

-自転車事情, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2020 All Rights Reserved.