クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

コラム・ステム ハンドル周り ブルホーン 自転車メンテ・改造

ハンドルが遠く感じるのでステムの長さを変更してポジション調整する

投稿日:

ハンドルが遠く感じるのでステムの長さを変更してポジション調整する

クロスバイクのハンドルが遠いなと感じていたのでステムの長さを短くしてポジションの調整をしてみました。

クロスバイクのハンドルをブルホーン化した際にハンドル位置がフラットバーハンドルに比べると少し遠く感じるところが気になっていました。

ハンドルまわりのパーツを変えた場合、ポジションに違和感を感じることは少なからずありますが、よっぽど違和感を感じない限りはその状態でしばらく乗ってみて様子をみたりもします。

そして、しばらく乗ってみた結果としてやっぱりハンドル位置が遠いなぁという感じは消えなければ何らかの調整を加えることになります。

僕の場合、ハンドルの位置が遠いなあという感じがずっとあったので、ステムの長さを変更してポジションを調整してみることにしました。

クロスバイクをブルホーン化するとハンドル位置が遠くなる

クロスバイクをブルホーン化するとハンドル位置が遠くなる

クロスバイクのハンドルをブルホーン化するとフラットバーハンドルに比べるとハンドルを握る位置が遠くなります。

ハンドルを握る位置が遠くなると、より深い前傾姿勢がとれるようになるというメリットがありますが、ハンドル位置が遠すぎると突っ伏したような状態になり、体制的にもきつくなってしまうので、たた段順にハンドル位置を遠くすれば良いというわけではありません。

自然な姿勢で前傾姿勢をとれるような適切なポジションをだすために調整が必要になり、ハンドル位置が遠いと感じる場合はステムの長さを変更するというのが一般的な方法になります。

ステムの長さを変更してハンドルの距離の調整をする

ステムの長さを変更してハンドルの距離の調整をする

ハンドルまでの距離はステムの長さを変更することで調整できます。

僕の場合だと、フラットバーハンドルを使用していた時は、なるべく前傾姿勢を取りたいこともあってもともとGIANT社のクロスバイクのESCAPE Airに付いていた11cmのステムから14cmの長めのステムを使用していました。

その後ブルホーン化するにあたってハンドルの距離が遠くなってしまうので11cmのステムに戻してしてポジションの調整をしていました。

クロスバイクはフラットバーハンドルを使用することが前提のフレームですし、ロードバイクやTTバイクに比べると数センチですがトップチューブが長かったりすることもあったりで、一般的な長さよりも短めのステムを使用する必要があるのかもしれません。

そのせいかまだハンドル位置が遠いと感じていたので、再びステムを交換してポジションの調整を図ることにしました。

ステムの長さの違いによる影響

ステムの長さ

ステムの場合5mm刻みや10mm刻みでサイズが用意されています。
例外はありますが一般的には長いものは140mm程度が最長で、短いステムだと30mm程度が最短のサイズになると思います。

あまりステムを短くしてしまうとハンドルを少し動かしただけでもタイヤが回転する角度が大きく(クイックに)なるため、基本的には80mm以上のステムで検討するのが良いようです。

ハンドルがクイックになると走り出す際にふらつきやすくなったり、少しのハンドルのブレでもタイヤが反応してしまうため安定性が悪くなります。そうすると走行中もハンドルを固定しようとするため疲れやすくなったりするなどで、乗り心地が悪くなるなどの問題が出るというわけです。

なのでステムが短くなりすぎる場合にはフレームサイズを小さくするなどの鳳凰で調整するのが正しいようです。

とは言ってもフレームはそう簡単に買い換えるわけにはいきませんし、ハンドルが遠ければステムを短くして対応するしかありません。

購入した短いステム

購入した短いステム

そんなわけで購入した短いステムがこちら(笑)
TIOGAタイオガの35mmのステムです。

タイオガ シンチ ステム 31.8mm 90° 35mm(HBN11000)
タイオガ シンチ ステム 31.8mm 90° 35mm(HBN11000)
  • 参考価格 : ¥ 3,240
  • 価格 : ¥ 2,592
  • 商品ランキング : 162,881 位

本当は1cm刻みでお試しができれば良いのですが、そのようなサービスをやっているショップも少ないのでお試しは早々に諦めて、最も違いが分かるであろう最短のステムを探して見つかったのがこの35mmのステムというわけです。(30mmというサイズもありましたがデザイン的にジャンルの違う自転車用に思えたので却下)

今回のステム交換はステムを交換することでどんな風に乗り心地が変わるのかを確かめたいという目的があったのでなるべく違いの分かるものが良かったのです。

ステムの長さ比べ

現在使用しているステム(110mm)との比較です。
数字だけ見るとわずか7.5cmの差ですが並べるとかなりの違いがあることが分かります。

ステムを交換する手順とポイント

古いステムを取り外す

古いステムを取り外す

古いステムを取り外します。

古いステムを取り外す

前後のボルトを順番にはずしていきます。
六角レンチはカラーでサイズが分かれているものが見た目でレンチのサイズが判るので便利です。

僕はPB SWISS TOOLSのレンボーレンチセットを使用しています。
六角レンチの代名詞的なメーカーでもあり、使いやすいです。

PBピービー ボール付レインボーレンチセットパックナシ   212H-10RB
PBピービー ボール付レインボーレンチセットパックナシ 212H-10RB
  • ピービー(Pb)
  • 参考価格 : ¥ 9,893
  • 価格 : ¥ 6,890
  • 商品ランキング : 33,658 位

コラムキャップを外す

コラムキャップのボルトも緩めます。

掃除とグリスアップ

ステムの汚れを落とす

ボルトを緩めたらステムが外れるのでコラムから抜きます。
コラム自体や上玉押さえなどのパーツが汚れている場合はウェスで拭き取ります。

ステムを外してコラムを清掃する

グリスアップしておきます。

新しいステムを取り付け

新しいステムを取り付けます。短いですね(笑)
この時点ではボルトはまだ締め付けません。

ステムのボルトはあとできちんと締める

キャップボルトを締め上げるまえにステムのボルトを締めない

キャップボルトを締め上げるまえにステムのボルトを締めてしまうと、コラムがステムで固定されてしまうので、キャップボルトでコラムを引き上げようとしても動かなくなりガタがとれません。

ステムのボルトを締めるのはコラムキャップを装着してガタを取った後になります。

ステムのボルトにもグリスアップ

ステムのボルトにグリスアップをしておきましょう。
グリスには固着防止やカジリ防止などの役割があります。

コラムキャップを装着してガタが出ないよにネジを締め上げます。
5N(ニュートン)などとトルク指定が刻印されていると思うので支持に従って強く締めすぎないように気をつけましょう。締めつけ過ぎるとステムやボルトなどが破断したり壊れたりします。

トルク管理にはトルクレンチが便利です。

BIKE HAND(バイクハンド) YC-617-2Sコンパクトトルクレンチ ブラック
BIKE HAND(バイクハンド) YC-617-2Sコンパクトトルクレンチ ブラック
  • BIKE HAND(バイクハンド)
  • 参考価格 : ¥ 5,940
  • 価格 : ¥ 3,981
  • 商品ランキング : 1,723 位

ステムをセットする

ステムの向きがズレないようにボルトを締めます。
ステムを固定したら次はハンドルを取り付けます。
ハンドルの中心位置と角度に気をつけながら取り付けします。

ステムのボルトを締め方

ステムのボルトの締める順番

ご存知の方も多いとは思いますが、ステムのネジを締める順番は上記のように対角で締めていきます。また一つのボルトを一気に締めるのではなく、少し抵抗があるところまで締めたら次のボルトを締めるという感じで順番に少しずつ締めていきます。

交換前と交換後

ステム取り付け前と取り付け後

ステム取り付け前と取り付け後

ステムを交換する前とした後の比較画像です。
笑ってしまうくらいに変わりました。

実走してきました

ステムを交換して実走

ハンドルが遠く感じる問題は解決

短いステムに交換した後に早速実走してきました。
1cm違えばその違いは分かるくらいですから7cmも違えばクロスバイクに跨った瞬間からその違いを実感できます。

実際に走ってみると、確かにハンドルはクイックになったように思います。最初こそ感覚が違うので少しフラフラとしてしまいましたが、慣れてしまえば力加減が分かりますし、走り出せば安定するので特に不便やストレスを感じるレベルのものではなくて安心しました。

それよりも何よりもステムが短くなったおかげで乗車がすごく楽になりました。
今まではブルホーンバーの先端を持とうと思うと両腕が伸び切ってしまうような感じになり、体重がどうして前方に偏ってしまい突っ伏した状態になります。そうすると腕で支えるようになり、腕、肩、首に負担を感じていたのですが、その負担をほとんど感じなくなりました。

また今まで前寄せかつ前方に腰掛けていたサドルに関しても余裕が出来たおかげで良い位置に座ることが出来るようになったせいか、いつも感じていた股間への違和感がかなり軽減されました。

要するに、今までかなり無理なポジションで乗っていたというわけで、きちんとポジションを出すということは大切なんだなと改めて感じた次第です。

なんとなく良い感じになったのでしばらく走りながら様子を見てもう少しハンドルが遠い方が良いと感じるようになればまた少し眺めのステムを検討してみようと思います。

乗っているうちにいろいろと馴染んでくるとまた変更したくなることも珍しくはないので、少しでも違和感を感じるようであれば、ちょこちょこと微調整を繰り返すのが正しいかもしれませんね。

ドロップハンドル化やブルホーンん化した人にもおすすめ

クロスバイクをドロップハンドル化やブルホーン化した場合、ステムの長さが同じだと必然的にフラットバーハンドルの時と比べるとハンドルの位置が遠くなります。

ハンドルの位置が遠くなれば前傾姿勢もとりやすくなりますが、ただ前傾姿勢が深くなれば良いというわけでもなく、きちんと適正なポジションで乗ることが大切です。

ハンドルが遠いと感じているようであれば、ステムの長さを短くしてポジション調整してみると、乗車時の違和感もなくなってドロップハンドル化やブルホーン化して良かったなと、なおさら思えるんじゃないかと思います。

ステムの価格もピンきりではありますが、安いものは数千円からありますから最初はフィッティングのために安いステムを購入するなんてこともできるので、調整用に長さの違うステムを持っていても困ることはないと思います。

以上、ハンドルが遠く感じていたので短いステムに変更してポジションを調整してみた結果でした。

-コラム・ステム, ハンドル周り, ブルホーン, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.