クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

コラム・ステム ハンドル周り ブルホーン 自転車メンテ・改造

ステムの長さや角度を変えてハンドルのポジション調整をする(ステム交換方法)

更新日:

ステムの長さや角度を変更してポジション調整する

クロスバイクのハンドルが「遠いな」と感じていたのでステムの長さを短くしてポジションの調整をしてみました。そのついでにステムの長さを変えたり角度を変えたりしてポジションを調整する方法について調べてみたことをまとめてみます。

僕の場合、クロスバイクのハンドルをブルホーン化しているのですが、フラットバーハンドルに比べてハンドルの握り位置が10cmほど前に出てしまうため、フラットバーのときと同じセッティングではハンドル位置がかなり前になります。そのため同じ前方に突っ伏した状態になってしまいます。

ハンドル周辺のパーツは換えた瞬間は違和感を感じていても、乗っているうちに馴染んでしまうことも多いので、今回もしばらく乗って様子を見てみましたが、ハンドル位置が遠いという感じが改善されなかったので、ステムの長さを変更してポジションを調整してみることにしました。

記事の内容としてはクロスバイクのハンドルをブルホーンバーに換えた結果、ハンドル位置が遠くなってしまったのでステムの長さを変更してベストなポジションを探すという感じでまとめていますが、フラットバーハンドルで調整する場合でも、参考になるような内容にしているつもりですので、クロスバイクのハンドルの位置がいまいちシックリこない方は読み進めてみると、ベストなハンドル位置を探すヒントになるかもしれません。

クロスバイクのハンドル位置を調整する

クロスバイクをのハンドル位置を調整する

クロスバイクのハンドルをブルホーン化するとフラットバーハンドルに比べるとハンドルを握る位置が遠くなります。また、より深い前傾姿勢を得ようとしてコラムスペーサーを入れ替えてハンドル位置を下げた場合にもハンドルが下がった分、ハンドルの握り手の位置が遠くなってしまいます。

ハンドルを握る位置が遠すぎると自然な前傾姿勢ではなく突っ伏したような姿勢になってしまって良い状態とは言えなくなってしまうので、ハンドル周りの変更を行った場合は適正なポジションを得るためにハンドル位置の調整をする必要があります。

クロスバイクを購入した時の状態もベストなポジションであるとは言えないので、購入当初からハンドルの位置を変えていない場合でも、しっくりと来るベストなハンドルの位置を探して調整した方が良いでしょう。

自然な姿勢で前傾姿勢をとれるような適切なポジションが出せればサイクリングはより快適になりますし、疲れづらくなります。なので、ハンドル位置が遠いとか近すぎると感じる場合は、ステムの長さや角度を変更してハンドルの位置を調整するという方法があります。

ステムの長さや角度を変更してハンドルの位置の調整をする

ステムの長さを変更してハンドルの距離の調整をする

ステムの長さや角度を変更してハンドル位置を調整できる

ハンドルの位置はステムの長さや角度の異なるステムを使用することで調整できます。

僕の場合だと、フラットバーハンドルを使用していた時は、なるべく前傾姿勢を取りたいと考えて、よりハンドルを遠い位置にセットできるように長いステムを使用していました。もともとGIANT社のクロスバイクのESCAPE Airに付いていた11cmのステムから14cmの長めのステムに交換してました。

もちろんステムの長さを長くするだけでは適正なポジションが出せるわけではないので、ベストなポジションを出すためには、より角度が付いたステムを使用したり、サドルの位置を調整したりする必要があるかと思います。当時の僕はとにもかくにも前傾姿勢を取りたかったので、細かいことは気にせずに長いステムを使用してました。

その後ブルホーン化するにあたって、そのままのステムを使用し続けるのはハンドルの持ち手の位置が遠くなりすぎてしまったので、再びハンドル位置の調整が必要になりました。

ブルホーンバーの基本的な持ち手はドロップハンドルと同じような場所になりますが、クロスバイクはロードバイクに比べるとトップチューブが少し長くなっているのでクロスバイクのフレームにブルホーンバー使用する場合にはハンドルの持ち手の位置が遠くなり過ぎることが考えられます。

そのため、最初から取り付けられていたステムよりも短いステムを使用した方が良いと考えることができます。

とまぁ、こんな感じでステムひとつを換えるにしても、いろいろと考えることは沢山あるわけですね。

僕はひとまず、14cmのステムをやめて最初に装備されていた11cmのステムを使用してみましたが、それでもまだ「ハンドル位置が遠い」と感じられたので、再びステムを交換してポジションの調整を図ることにしたのでした。

ステムを短くするとハンドルがクイックになる

ステムの長さと特徴

ステムの長さは一般的にはステムは140mm程度が最長です。逆に30mm程度が最短のサイズになると思います。ステムは大抵の場合10mm刻みでサイズが用意されていて、標準的なサイズは100mm~110mmあたりになると思います。

なのでハンドルの位置を近くするためには短いステムを使用すれば良いようにも思いますが、実際には「ステムの長さを短くするとハンドルが近くなる」ということ以外にも影響が出るので留意しておく必要があります。

例えばステムの長さが短くなると、ハンドルを少し動かしただけでもタイヤが回転する角度が大きくなってしまいます。俗に「ハンドルがクイックになる」などと言われたりしますが、同じハンドルの振り幅でもステムが短いほうが大きくタイヤが動いてしまうので、フラツキなどの原因になってしまいます

ハンドルがクイックになると走り出す際にふらつきやすくなったり、少しのハンドルのブレでもタイヤが反応してしまうため安定性が悪くなります。そうすると走行中もハンドルを固定しようとするため疲れやすくなったりするなどで、乗り心地が悪くなるなどの問題が出るというわけです。

なので80mm以上のステムで検討するのが良いようです。

購入した短いステム

購入した短いステム

とにもかくにもステムを短くしてハンドルまでの距離を短くしたいという目的を叶えるために購入した短いステムがこちら。
TIOGAタイオガの35mmのステムです。

11cmのステムから一気に3.5cmのステムへ変更となります。

本当は1cm刻みでお試しができれば良いのですが、そのようなサービスをやっているショップも少ないのでお試しは早々に諦めて、最も違いが分かるであろう最短のステムを探して見つかったのがこの35mmのステムというわけです。(30mmというサイズもありましたがデザイン的にジャンルの違う自転車用に思えたので却下)

今回のステム交換はステムを交換することでどんな風に乗り心地が変わるのかを確かめたいという目的があったのでなるべく違いの分かるものが良かったので、あえて極端に短いステムを使用しています(念の為の言い訳)。

ステムの長さ比べ

現在使用しているステム(110mm)との比較です。
数字だけ見るとわずか7.5cmの差ですが2つのステムを並べると長さにかなりの違いがあることが分かります。

ステム交換の手順とポイント

古いステムを取り外す

古いステムを取り外す

ステムを交換するには、まず古いステムを取り外します。

古いステムを取り外す

ステムを外すには、ハンドルを押さえている部分ののボルトを順番にはずしていきます。

ボルトの取り外しには六角レンチを使用しますが、六角レンチはサイズの違いが色で分かるものが便利です。

僕はPB SWISS TOOLSのレンボーレンチセットを使用しています。六角レンチの代名詞的なメーカーでもあり、精度も高くてとても使いやすい六角レンチなのでおすすめです。

コラムキャップを外す

ステムからハンドルを外したら、今度はコラム側の作業になります。コラムキャップのボルトを緩めます。

掃除とグリスアップ

ステムの汚れを落とす

コラム側のステムのボルトを緩めたらステムが抜けるようになるのでコラムから抜きます。コラム自体や上玉押さえなどのパーツが汚れている場合はウェスで拭き取ります。

ステムを外してコラムを清掃する

固着しないようにするためと、防塵防滴のためにコラムをグリスアップしておきます。

新しいステムを取り付け

新しいステムを取り付けます。
短いですね(笑)
この時点ではステムのボルトはまだ締め付けません。

ステムのボルトはあとできちんと締める

キャップボルトを締め上げるまえにステムのボルトを締めない

キャップボルトを締め上げる以前にステムのボルトを締めてしまうと、コラムとステムが固定されてしまうので、キャップボルトを締めてコラムを引き上げようとしても動かなくなりガタがとれません。

ステムのボルトを締めるのはコラムキャップを装着してガタを取った後になります。

ステムのボルトにもグリスアップ

ステムのボルトにもグリスアップをしておきましょう。グリスには固着防止やカジリ防止などの役割があります。

コラムキャップを装着してガタが出ないようにネジを締め上げます。

ステムには5N(ニュートン)などとトルク指定が刻印されていると思うので支持に従って強く締めすぎないように気をつけましょう。締めつけ過ぎるとステムやボルトなどが破断したり壊れたりします。

トルク管理にはトルクレンチが便利です。

ステムをセットする

ステムの向きがきちんとセンターに向かって伸びるように固定してからステムのボルトを締めます。

ステムを固定したら次はハンドルを取り付けます。ハンドルのセンター位置と角度に気をつけながらハンドルを取り付けます。

ステムのボルトを締め方

ステムのボルトの締める順番

ご存知の方も多いとは思いますが、ハンドルをステムで固定するためのネジは多くの場合4本使用するのですが、ネジを締める順番は上記のように対角で締めていく必要があります

ポイントは一つのボルトを一気に締めるのではなく、少し抵抗があるところまで締めたら次のボルトを締めるという感じで順番に少しずつ締めていきます

ステム交換前と交換後

ステム取り付け前と取り付け後

ステム取り付け前と取り付け後

ステムを交換する前とした後の比較画像です。
笑ってしまうくらいに短くなってしまいました。

もう少し詳しいステムの交換方法についての解説は下記の記事で確認できますので参考にしてください。

参考 → ステムの交換方法や注意点を解説します

ステム交換後に実走してきました

ステムを交換して実走

ハンドルが遠く感じる問題は解決

短いステムに交換した後に早速実走してきました。

ステムの長さは1cm違えばその違いがハッキリ分かるくらいですから7cmも長さが違えばクロスバイクに跨った瞬間からその違いを実感できます。

実際に走ってみると、ハンドルがクイックになった影響なのか、走り出しはフラつく感じでスタート。確かに安定感は少しなくなった感じがします。

しかしながら、最初こそ少しフラフラとしてしまいましたが、慣れてしまえば力加減が分かりますし、走り出せば安定するので特に不便やストレスを感じるレベルのものではなくて安心しました。

それよりも何よりもステムが短くなったおかげで乗車がすごく楽になりました。

今まではブルホーンバーの先端を持とうと思うと両腕が伸び切ってしまうような感じになり、体重がどうして前方に偏ってしまい突っ伏した状態になります。そうすると腕で支えるようになり、腕、肩、首に負担を感じていたのですが、その負担をほとんど感じなくなりました。

また今まで前寄せかつ前方に腰掛けていたサドルに関しても余裕が出来たおかげで良い位置に座ることが出来るようになったせいか、いつも感じていた股間への違和感がかなり軽減されました。

要するに、今までかなり無理なポジションで乗っていたというわけで、きちんとポジションを出すということは大切なんだなと改めて感じた次第です。

ステムを短くしたことでなんとなく良い感じになったのでしばらく走りながら様子を見ることにしました。

ステムの角度も考える

今回選択したステムは使用していたステムと同じ角度(と言っても短すぎて角度が付いていないですが)のステムを選択してみました。

ステムの角度がもっと上向きになったステムを使用すればステムの長さを変えなくてもハンドル位置が近くなるので、ある程度適当な長さのステムが見つかれば、その後の微調整はステムの角度を変えて試してみるのも良いだろうと思います。

クロスバイクの改造カスタマイズでは乗っているうちに馴染んでくるとまた変更したくなることも珍しくはないので、少しでも違和感を感じるようであれば、ちょこちょこと微調整を繰り返すのが正しいでしょう。

ステムの角度(アングル)についての情報は下記のページでまとめているので興味のある人は参考にしてください。

参考 → ステムの角度(アングル)って何度が良いの?

長さや角度の違うステムへの変更はドロップハンドル化やブルホーン化した人にもおすすめ

クロスバイクをドロップハンドル化やブルホーン化した場合、ステムの長さが同じだと必然的にフラットバーハンドルの時と比べるとハンドルの位置が遠くなります。

ハンドルの位置が遠くなれば前傾姿勢もとりやすくなりますが、ただ前傾姿勢が深くなれば良いというわけでもなく、きちんと適正なポジションで乗ることが大切なので、最初に使用していたステムよりも短いステムをや上向きの角度が付いたステムを選択して様子を見るのが良いでしょう。

「ハンドルが遠い」と感じているようであれば、ステムの長さを短くしてポジション調整してみると、乗車時の違和感をなくせるものと思います。

ステムの価格もピンきりではありますが、フィッティングのために安いステムをいくつか試して、きちんとポジションが固まれば、有名メーカーやグレードの高いステムに交換するのが無駄がなくておすすめです。

以上、クロスバイクのハンドルが遠く感じる場合は、長さや角度を違うステムを使ってポジションを調整してみる方法でした。

関連記事

クロスバイクのハンドル周りグリップやステムの改造カスタマイズに関する記事は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

-コラム・ステム, ハンドル周り, ブルホーン, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.