クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

ブルホーン 自転車メンテ・改造

クロスバイクのブルホーン化に伴うブレーキレバーとVブレーキの互換性について

更新日:

クロスバイクをブルホーン化しようとする際に問題となるのがブレーキの互換性です。

ハンドルの形だけ換えて、シフトレバーとブレーキレバーはそのまま流用する簡易なブルホーン化の場合は全く問題になりませんが、エアロブレーキやブラケット付きのブレーキを使用するとなると、使用するブレーキレバーがVブレーキに対応しているかどうかを考慮する必要があります

キャリパーブレーキ用のブレーキレバーはVブレーキと互換性が無い!?

キャリパーブレーキ用のブレーキレバーとVブレーキ用のブレーキレバーのワイヤー引き量の違い

一般的なクロスバイクのブレーキがVブレーキなのに対して、ブルホーンバーに取付けるエアロブレーキやブラケット付きブレーキなどは基本的にロードバイクなどで使用されているキャリパーブレーキやカンチブレーキ用となります。

しかし残念ながらキャリパーブレーキやカンチブレーキ用のブレーキレバーとVブレーキとでは互換性が無いとされています。

クロスバイクをブルホーン化する際には、この問題をどうやってクリアするかということが大きな課題となります。

これは、キャリパーブレーキとVブレーキのレバーの引き幅とブレーキの可動範囲に違いがあるからで、キャリパーブレーキの引き量に対してVブレーキの引き量は大きく、キャリパーブレーキ用ではVブレーキのワイヤーを引ききれないため、ブレーキアームが少ししか動かないので「ブレーキを掛けられない」という問題が発生するのです。

Vブレーキには通常サイズとミニサイズがある

ここで肝心なのは「Vブレーキとはなんぞや?」ということになるのですが、実はVブレーキには通常サイズのVブレーキと、ブレーキアームの短いミニVブレーキがあります

通常サイズのVブレーキはマウンテンバイクで使用されていることが多いですが、一般的なクロスバイクではそのVブレーキよりもブレーキアームの短いミニVブレーキが採用されていることが多いです。

実はこのミニVブレーキはキャリパーブレーキやカンチブレーキなどと比べてブレーキワイヤーの引き量には大差がないので「動作させられる」という考え方ができます。

要するに、ここで「互換性が無い」とされているのは、マウンテンバイクで使用されていることが多い通常サイズのVブレーキだろうとな、と想像ができたりします。

しかしながらメーカー的にはそのあたりについてほとんど言及しておらず、単に「キャリパーブレーキ用のブレーキレバーはVブレーキとの互換性がない」としている場合が多いのです

それでは流石に不安になってしまうので「本当にミニVブレーキはキャリパーブレーキ用のブレーキレバーと互換性があるのか?」について調べてみることにしました。

エアロブレーキレバーとミニVブレーキの互換性

エアロブレーキレバーを使う
Photo via:https://amzn.to/2oSvEFT

Vブレーキのブレーキアームの長さ

僕の個人的な考えとしては、ブルホーン化するには、シフトレバーにはコンパクトなサムシフターを使って、ブレーキレバーにはバーエンドにエアロブレーキレバーを装備できれば、見た目もシンプルでカッコ良くなると思っています。

問題はエアロブレーキがVブレーキに対応していない点ですが、ブレーキアームが短いミニVブレーキやコンパクトVブレーキの場合は、通常のVブレーキよりも引き量が少なく、対応できる場合があります。

GIANT社のクロスバイクのESCAPEなどで使用されているVブレーキは、このミニVブレーキなのでエアロブレーキなどでも対応できるという可能性が残されているわけです。

● 通常のVブレーキはブレーキアームの長さが100mm程度
● ミニVブレーキやコンパクトVブレーキは80mm程度

エアロブレーキはミニVブレーキと互換性あり

メーカーや品番によって対応の可否は異なると思いますが、少なくとも僕が実際い使用しているプロファイルデザインのエアロブレーキレバーに関しては、メーカーに「Vレーキに対応しているか?」ということを確認したところ「ミニVブレーキであれば対応している」との返事ををいただいています

つまり、エアロブレーキレバーとミニVブレーキレバーの組み合わせで使用できるというメーカーからのお墨付きなのです。

ただし、全く問題が無いというわけではありません。

ケーブルアジャスターが無い

エアブレーキとミニVブレーキとでは互換性がありますが、そのままブレーキを調整しようとしてもシビアな調整を強いられます。

理由は簡単で、キャリパーブレーキ用のブレーキレバーであるエアロブレーキレバーとミニVブレーキの組み合わせだとケーブルアジャスターがどこにも無いのです。

ケーブルアジャスターとはワイヤーケーブルの途中に装備して、ケーブルの張りを微調整できるようにするための小さなパーツです。

Vブレーキ用のブレーキレバーにはケーブルアジャスターがブレーキレバーの根本に備わっているのですが、エアロブレーキレバーにはアジャスターがありません。

逆にVブレーキ本体にはアジャスターが無く、キャリパーブレーキなどにはアジャスターが備わっています。

要するにエアロブレーキレバーとミニVブレーキの組み合わせだとケーブルアジャスターがどこにも無いので、よほど調整を上手にやらないとブレーキをきちんと制動させることができないのです。

● Vブレーキ ブレーキレバーにアジャスターがある
● エアロブレーキレバー キャリパーブレーキ側にアジャスターがある

別売のケーブルアジャスターを使用して問題を解決する

ケーブルアジャスターが無い場合には、別途販売されているケーブルアジャスター単品を使用して微調整できるようにします。

ケーブルアジャスターはいろいろなメーカーから販売されていますが、個人的にはシマノのSMCB90が特にオススメです。

SMCB90は他のケーブルアジャスターと比べると高価ですが、アジャスターとしての機能だけではなく、クイックリリース機能が付いているので、ワイヤーの微調整だけでなく、ワイヤーを一旦開放してワイヤーを大きく緩めることができるのです。

ちなみにケーブルアジャスターはシビアな調整が必要な場所に使用すると微調整がしやすくなるので、ブレーキワイヤーの調整だけでなく、シフトワイヤーにもアジャスターを使用すると変速調整が楽になります。

まとめ

クロスバイクをブルホーン化する際のブレーキの互換性の問題のキモは、Vブレーキが通常のVブレーキか、小さなミニVブレーキかというところになります。

通常のVブレーキが装備されている場合は、キャリパーブレーキ用のブレーキレバーの場合は、基本的に互換性が無いと思って間違いないと思われるので、Vブレーキに対応したブレーキレバーを選択しなければいけません。

ミニVブレーキが装備されている場合は、キャリパーブレーキ用のブレーキレバーでも動作させられると思われるので、後はケーブルアジャスターを忘れずに取り付けて、調整すれば良いということになります。

僕自身がエアロブレーキレバーを採用したブルホーン化をしているので、エアロブレーキレバーで解説してみましたが、エアロブレーキレバー以外のブレーキレバーでも同様に動作させられるものと思います。

以上、クロスバイクをブルホーン化する際に問題となるキャリパーブレーキ用のハンドルとミニVブレーキの組み合わせに関する互換性についてと、微調整できない問題の解決方法についてまとめてみました。参考になれば幸いです。

関連記事

クロスバイクのブルホーン化に関する記事は下記にまとめていますのでブルホーン化に興味のある方は参考にしてみてください。

-ブルホーン, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.