*

カジュアルなSPD対応ビンディングシューズ一覧

公開日: サイクルウェア, ペダル, 自転車メンテ・改造, 自転車用品

SPD対応のカジュアルなビンディングシューズ選び

クロスバイクやロードバイクの走りをひと味もふた味も変える改造・カスタマイズの定番と言えば、フラットペダルからビンディングペダルへの交換で、一度ビンディングシューズの便利さを知ってしまうと手放せなくなってしまう素敵なモノです。

しかし、ビンディングシューズのデザインは、いかにもスポーツバイク用といったデザインで、カジュアルな服装には合わせづらいという問題があるため、カジュアルなビンディングシューズが無いかを調べてみました。

sponsored link

カジュアルなビンディングシューズが無いという問題

カジュアルなビンディングシューズが無い

ロードバイクで一般的なビンディングペダルと言えばシマノのSPD-SLやLOOKのKEOあたりになり、いわゆる本格的なレース用のビンディングシューズになると思います。

ロードバイクの場合はライディング時の服装もそれなりでレーサースーツを着ていたりするので、レース仕様なビンディングシューズとの相性も良く、特に大きな問題もありません。

しかし、クロスバイクの場合はどちらかと言えば街乗り自転車なので、ピチピチのレーサースーツを着たりはせず、普段着のようなカジュアルな服装で乗車することが多いのです。

そうすると、問題となるのが、カジュアルな服装とあわせられるビンディングシューズがなかなか無く、ビンディングシューズの部分だけが浮いてしまうという問題が発生します。

シマノの場合SPDと呼ばれるビンディングシステムがあり、SPD-SLのようにガチガチのロードレーサー仕様ではなく、幾分カジュアルな服装にも似合うようなビンディングシューズが用意されています。

SPDならクロスバイクなどのライトユーザーでも気軽に使えるビンディングペダルなのですが、肝心のビンディングシューズのデザインがあまりカッコ良くないというのが実際のところです。

シマノのデザインに頭を悩ます

気軽に乗れるビンディングペダルと言えば、シマノのSPD。

本格的なSPD-SLのような大きなクリートではなく、靴底に隠れてしまうコンパクトなクリートが特徴のビンディングシステムです。

歩く際にもSPD-SLのようにペンギン歩きをする必要もなく、街乗り、タウンユースではSPD-SLよりも圧倒的にSPDの方が乗りやすくなります。

そんなSHIMANOから出されているSPDシューズの数々がこちら

シマノ ビンディングシューズ SPD クリッカー 41.0/25.8cm ブラック SH-CT41L

いろいろと試行錯誤されている感じは伝わってきますし、数年前と比べると改善された気はしますが、うーん・・・と首をひねりたくなるようなデザインは、シマノデザインとしてたびたび話題にのぼるところです。

もうちょっとどうにかすれば良いのにというのが正直な感想ですが、「見た目よりも性能が大切!」というのがシマノの魅力で、堅実な自転車乗り用のメーカーなので、カジュアルさを求めるのは難しいところなのかもしれません。

SPDは捨てがたいからSHIMANO以外でシューズを探す

デザインは「うーん・・・」なシマノですが、SPD自体は使い勝手が良く、消耗品であるクリートやボルトなども、他メーカーのモノと比べればどこのサイクルショップにも置かれていてすぐに手に入りますから、その便利さも捨てがたいところがあります。

だったらシマノ以外のビンディングシューズを探せば良いわけです。

SPDはかなり普及していたり、他のビンディングシューズとも互換性があったりするので、他メーカーでSPD対応のビンディングシューズを探してみれば、きっとカジュアルなビンディングシューズも見つかるはずです。

SPDについて

SPDとは、Shimano Pedaling Dynamicsの略。

もともとロードバイク用ではなく、マウンテンバイク用に開発されたビンディングシステムです。

クリートがSPD-SLと比べて小さいのが特徴で、クリートを解放しやすく、歩行時にもクリートが邪魔にならないように考えられていて、街乗りでもその有り難みを実感することができるため、クロスバイクなどで導入をする人も多いビンディングシステムです。

SPD対応のカジュアルなビンディングシューズ

CHROME クロームのビンディングシューズ

(クローム インダストリーズ) Chrome メンズ 自転車 シューズ・靴 Chrome Kursk Pro 2.0 Bike Shoes 並行輸入品

SPD対応のカジュアルなビンディングシューズと言えば、まず最初に候補に挙がるのがメッセンジャーバッグのメーカーとして有名なCHROMEの製品。

クロームはシティユースをコンセプトにしているメーカーなだけに、ビンディングシューズも見事に普通のカジュアルなスニーカーと変わらないレベルのオシャレなデザインです。

スニーカータイプのカジュアルなSPDビンディングシューズが欲しいならクロームから選択するのがまず基本と言えるでしょう。

Turk Pro トラック

Chromeを代表するカジュアルなデザインのSPDシューズ。
スニーカータイプなのでストリートカジュアルな服装でも違和感無くコーディネートできるデザインはアパレルメーカーならではだと思います。

Kursk PRO クルスク

ChromeのSPDビンディングシューズで最もハイセンスなモデルがKursk。
クロームカラーである黒と赤の組み合わせはストリートファッションにきっちりマッチするはずです。

415 PRO WORK BOOT ワークブーツ

ハイカットモデルのSPDビンディングシューズ。

STORM PRO ストーム

雨の日用のビンディングシューズで、防水仕様でありながらカジュアルさを持たせたChromeならではのモデル。

餅は餅屋という言葉がついつい口から出てしまうほどで、メッセンジャーバッグのCHROMEデザインが好きな人なら、CHROMEのSPD対応ビンディングシューズ一択で間違いないと思います。

CHROMEのビンディングシューズ一覧

DZR ディージーアール

DZR Ovis mens 44(27.4cm)サイズ DZ-05MH

スイス発祥ですがDZR ディージーアールはクロームと同じく、カリフォルニアに拠点を置くシューズメーカーで、SPD対応のビンディングシューズを手掛けています。

チェーンをモチーフにしたブランドロゴもカッコよくて、サイクリストの心を鷲掴みな感じです。

プロモーションビデオを見ても判る通りで、見た目は完全にカジュアルなスニーカーでありながら、SPD用のビンディングシューズとなっていて、言われなければ気が付かないオシャレなビンディングシューズです。

シューズメーカーだけあってChromeよりもモデル数も多く、デザインもより熟れた感じがするのが特徴です。Chromeがシンプルなクラシックタイプのスニーカーのようなデザインなのに対し、DZRはもう少しアメリカンカジュアルなデザインになっていると思います。

MIDNIGHT

DZRの定番モデルのビンディングシューズ。

MINNA

DZRのもう1つの定番モデルのビンディングシューズ。

DZR ディージーアールのビンディングシューズ一覧

STRASSE

DZRの定番モデルのビンディングシューズであるMIDNIGHTがハイカットになったようなモデル。

QUOC PHAM クオック・ファム

Quoc Pham クオック ファム TOURER ツアラー SPD TAN (43, TAN 茶) [並行輸入品]

スマートカジュアルなSPD対応のビンディングシューズ。
フォーマルな国、英国生まれのブランドらしいシューズで、フォーマルな雰囲気すら漂っています。
クロスバイクだけでなく、街乗りオシャレ自転車でもバッチリハマりそうですね。

TOURER

どちらかと言えばクラシカルスポーティなデザインで、クロモリなど細いフレームの自転車との相性が良さそうです。

他にもFIXEDやDERBYなどのモデルがありますが、日本にはあまり流通していないのが現状のようです。

GIRO ジロ

カジュアルなビンディングシューズPhoto via:http://www.giro-japan.com/cycling/index.html

ヘルメットメーカーとして知名度が高いと思いますが、SPD対応のビンディングシューズも製造しているようです。

さすがにスポーツ用途を意識したデザインで上記のChromeやDZRと比べるとカジュアルな感じではなくなりますが、シマノ製品よりはデザイン的に好みです。

GIRO

シューズメーカーのビンディングシューズ

シューズメーカーのビンディングシューズ

以前は、adidasやnikeなど、大手スポーツシューズメーカーも自転車用シューズを販売していたようですが、残念ながら、昨今の自転車ブームが訪れる前に、サイクルシューズから撤退しているようです。

個人的にはモチはモチ屋という考えがあり、大手スポーツシューズメーカーにも自転車用のシューズを販売して欲しいと思ったりするのですが・・・再販は難しいのかな。

カジュアルなSPD対応シューズが欲しいのまとめ

カジュアルなSPD対応シューズが欲しい

SPD-SLほど豊富な選択肢はありませんが、それほど選択肢も多くない中で、上記のようなセンスの良いメーカーが、街乗り、シティーユース向けのビンディングシューズを出してくれている、というのは非常に有り難いお話ですね。

服装はいつものカジュアル、だけどシューズだけは中途半端にスポーティなビンディングシューズ・・・というアンバランスという問題を解決してくれる素敵なデザインだと思います。

ちなみに、SHIMANOのSPD用のクリートが付くシューズであれば、クランクブラザーズのクリートも対応できるはずです。(※お互いのクリートに互換性はありませんが、シューズに開いているクリート取付け用の穴に互換性がありどちらのクリートも取り付けられます。)

クランクブラザーズのクリートはSPDと比べて薄く、着脱もしやすいと評判で、ビンディングペダルのデザイン自体もカジュアルな感じなので、より街乗り、シティーユース向きな選択になるかもしれません。

Comment

  1. 弱ペダ 今泉くん より:

    いつも楽しく読まさせていただいております。私はロードですが、参考になるところも多く、なるほどと思いながら読んでます。
    主様と同じknog BLINDER ROAD のリアライト買ったりとか、ヘルメットを選ぶのに参考にしました。今回ビンディングペダル、シューズですが、SPD-SLまでは自信がなかったので最初から片面フラットはのSPD-A530をつけておいたのです。ところでA600は片面フラットなんですか?最初購入の時違うよと言われたのでA530を購入した経緯があります。どうなんでしょうね?
    あとシューズですが、やはりシマノはデザインが・・・。というわけでPATRICK SULLYを考えています。ちょっとだけスポーティですけど。そこで質問。シューズのソール部分が以外と柔らかい感じなんです。ロード用のシューズだとガチガチに固いのですが、やはり固い方がペダルを踏みやすいのでしょうか?(歩きやすいとは思いますが)いかがでしょうか?

    • escape air より:

      弱ペダ 今泉くん 様
      コメント有り難うございます。
      PD-A600は片面と思います。調べたら公式にも片面などと書いてないのですね・・・
      http://amzn.to/2gpvkYw
      片面ペダルの中ではダントツで軽いので僕も次はA600にする予定です。

      シューズの底面に関しては好みもあるかと思いますが、本格的なモノになればなるほど硬いですよね。硬いのはロスを少なくするためだと思いますが、レース等では必要でしょうが、今泉くんさんがそれを求めるか求めないかではないかと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑