クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

サイクルウェア ペダル 自転車メンテ・改造 自転車用品

カジュアルなSPD対応ビンディングシューズ一覧

更新日:

SPD対応のカジュアルなビンディングシューズ選び

クロスバイクやロードバイクの走りをひと味もふた味も変える改造カスタマイズの定番と言えば、フラットペダルからビンディングペダルへの交換でしょう。一度でもビンディングシューズの効果を味わってしまうと手放せなくなってしまうくらいに自転車の走りを変えるには絶大な効果があります。

しかし、ビンディングシューズはいかにもスポーツバイク用といったデザインで、カジュアルな服装には合わせづらいという問題があり、街乗り用途でカジュアルに乗りたいという場合には困ってしまいます。

そこでカジュアル服装でも似合うな普通のスニーカーのようなビンディングシューズが無いかを調べてみました。

カジュアルな服装に合わせられるビンディングシューズが無い

カジュアルなビンディングシューズが無い

ロードバイクに乗る際にはサイクルジャージを着ていたりするので、レース仕様なビンディングシューズとの相性も良く、コーディネート的にも特に大きな問題はありません。

しかし、クロスバイクの場合はどちらかと言えば街乗り自転車なので、ピチピチのサイクルジャージではなく普段着のようなカジュアルな服装で乗ることが多いです。

そのためビンディングシューズも服装に合わせてカジュアルなものを選びたいのですがカジュアルな服装と合わせられるビンディングシューズが無いという問題があります。

シマノの場合SPDと呼ばれるビンディングシステムがあり、SPD-SLのようにガチガチのロードレーサー仕様ではなく、幾分カジュアルな服装にも似合うようなビンディングシューズが用意されていますが、肝心のビンディングシューズのデザインがあまりカッコ良くないというのが実際のところです。

シマノのSPDビンディングペダル

気軽に乗れるビンディングペダルと言えばシマノのSPDです。SPDとは、Shimano Pedaling Dynamicsの略となります。

もともとロードバイク用ではなく、マウンテンバイク用に開発されたビンディングシステムです。

クリートがSPD-SLと比べて小さいのが特徴で、クリートを解放しやすく、歩行時にもクリートが邪魔にならないように考えられています。街乗りでビンディングシューズを使用する時にはその有り難みを実感することができるため、クロスバイクなどで導入をする人も多いビンディングシステムです。

そんなSHIMANOから出されているSPDシューズの数々がこちら

数年前と比べると随分改善された気はしますが、うーん・・・と首をひねりたくなるようなSHIMANOのデザインは自転車仲間の間でもたびたび話題にのぼるところです。

もう少しどうにかすれば良いのにというのが正直な感想ですが、「見た目よりも性能が大切!」というのがシマノの魅力の質実剛健な自転車パーツメーカーなので、カジュアルさを求めるのは難しいのかもしれません。

SHIMANO製以外でビンディングシューズを探す

デザインは「うーん・・・」と首を捻ってしまいたくなるシマノですが、SPD自体は使い勝手が良く、簡単には切り捨て捨てられません。

幸いなことに圧倒的な普及率を誇るシマノのSPDシステムには互換性のあるサードパーティの製品も多く見つかるのでシマノ以外のビンディングシューズを探せばカジュアルな服装でも合わせられるようなビンディングシューズがきっとあるはずです。

SPD対応のカジュアルなビンディングシューズ

CHROME クロームのビンディングシューズ

SPD対応のカジュアルなビンディングシューズと言えば、まず最初に候補に挙がるのがメッセンジャーバッグのメーカーとして有名なCHROMEの製品です。

クロームはシティユースをコンセプトにしているメーカーなだけに、ビンディングシューズも普通のカジュアルなスニーカーと変わらないレベルのオシャレなデザインで揃っています。

スニーカータイプのカジュアルなSPDビンディングシューズが欲しいならクロームから選択するのがまず基本と言えるでしょう。

餅は餅屋という言葉がついつい口から出てしまうほどで、メッセンジャーバッグのCHROMEデザインが好きな人なら、CHROMEのSPD対応ビンディングシューズ一択で間違いないと思います。

Turk Pro トラック

Chromeを代表するカジュアルなデザインのSPDシューズ。
スニーカータイプなのでストリートカジュアルな服装でも違和感無くコーディネートできます。さすがはアパレルメーカーだと納得するカッコよさです。

415 PRO WORK BOOT ワークブーツ

ハイカットモデルのSPDビンディングシューズ。

STORM PRO ストーム

雨の日用のビンディングシューズで、防水仕様でありながらカジュアルさを持たせたChromeならではのモデル。

DZR ディージーアール

DZR ディージーアールはスイス発祥ですがクロームと同じくカリフォルニアに拠点を置くシューズメーカーでSPD対応のビンディングシューズを手掛けています。

チェーンをモチーフにしたブランドロゴもカッコよくて、サイクリストの心を鷲掴みな感じです。

プロモーションビデオを見ても判る通りで見た目は完全にカジュアルなスニーカーですね。SPD用のビンディングシューズと言われなければ気が付かないオシャレなビンディングシューズです。

シューズメーカーだけあってChromeよりもモデル数も多く、デザインもより熟れた感じがするのが特徴です。Chromeがシンプルなクラシックタイプのスニーカーなのに対し、DZRはもう少しアメリカンカジュアルなデザインになっていると思います。

MINNA

DZRの定番モデルのビンディングシューズ。

DICE

耐久性の高さをコンセプトとしたTASKシリーズのビンディングシューズ。DICEという名前の通りダイスのプリントが入っている特徴です。

Ovis

シューズのお一部にレザーを使用したハイカットモデルのビンディングシューズ。

QUOC PHAM クオック・ファム

スマートカジュアルなSPD対応のビンディングシューズ。

フォーマルな国、英国生まれのブランドらしいシューズで、フォーマルな雰囲気すら漂っています。クロスバイクだけでなく、街乗りオシャレ自転車でもバッチリハマりそうですね。

TOURER

どちらかと言えばクラシカルスポーティなデザインで、クロモリなど細いフレームの自転車との相性が良さそうです。

他にもFIXEDやDERBYなどのモデルがありますが、日本にはあまり流通していないのが現状のようです。

GIRO ジロ

GIROはイタリアの自転車パーツメーカーとして有名で、日本ではヘルメットメーカーとして知名度が高いと思いますが、SPD対応のビンディングシューズも製造しているようです。

さすがにスポーツ用途を意識したデザインで上記のChromeやDZRと比べるとカジュアルな感じではなくなりますが、シマノ製品よりはデザイン的に好みです。

シューズメーカーのビンディングシューズの有無

シューズメーカーのビンディングシューズ

NIKEやadidasなどの一般的なシューズメーカーがビンディングシューズを出していればきっとカジュアルでカッコよいビンディングシューズになりそうだと思い、一般的なシューズメーカーが自転車用のビンディングシューズを製造していないか調べてみました。

どうやら以前はNIKEやadidasなど大手スポーツシューズメーカーも自転車用シューズを販売していたようですが、残念ながら昨今の自転車ブームが訪れる前にサイクルシューズから撤退しているようです。

個人的にはモチはモチ屋という考えがあり、大手スポーツシューズメーカーにも自転車用のシューズを販売して欲しいと思ったりするのですが・・・再販は難しいのかな。

カジュアルなSPD対応シューズが欲しいのまとめ

カジュアルなSPD対応シューズが欲しい

SPDのビンディングシューズはSPD-SLに比べるとマイナーな存在なのでシューズ全体としても選択肢がそれほど多くはありませんが、それでも上記のようなセンスの良いメーカーが街乗り向けのビンディングシューズを出してくれているというのは非常に有り難いですね。

ちなみに、SHIMANOのSPD用のクリートが付くビンディングシューズであれば、クランクブラザーズのペダルでも使用できると思います。(※お互いのクリートに互換性はありませんが、シューズに開いているクリート取付け用の穴に互換性があり、どちらのクリートも取り付けられます。)

クランクブラザーズのクリートはSPDと比べて薄く、着脱もしやすいと評判で、ビンディングペダルのデザインもカジュアルな感じなのでビンディングペダルの候補として検討してみるのも良いかも知れません。

関連記事

ペダルに関する記事は下記にまとめていますのでペダルに興味のある方は参考にしてみてください。

-サイクルウェア, ペダル, 自転車メンテ・改造, 自転車用品

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.