*

ビンディングペダルのメーカーと種類について調べてみた

公開日: まとめ, ペダル, 自転車メンテ・改造, 自転車全般

ビンディングペダルの種類とメーカー

クロスバイクやロードバイクの走りを劇的に変える改造・カスタマイズの定番と言えばビンディングペダルへの交換です。

ビンディングペダルにするだけで、今までの自転車とは全く違った走りになるため、一度ビンディングペダルを知ってしまうと、元のフラットペダルにはなかなか戻れなくなってしまうほどです。

かく言う僕の愛車であるクロスバイクのESCAPE Airにも当然のようにビンディングペダルを装備しています。

僕が愛用しているビンディングペダルはクロスバイク等での定番であるシマノのSPDと呼ばれるビンディングペダルです。

シマノはビンディングペダルの定番なので、多くの人がシマノのビンディングペダルを装備しているものと思いますが、実はビンディングペダルのメーカーは他にも有り、それぞれに違った特徴を持ったビンディングペダルが存在します。

そこで、ビンディングペダルの代表的なメーカーや種類のビンディングペダルがあるのかを調べてみることにしました。

sponsored link

ビンディングペダルとは

ビンディングペダルとは

まず、ビンディングペダルとはどんなペダルかをおさらいとしてみます。

ビンディングとは英語でBindingと書きます。
Bindingには縛り付けるなどの意味があり、クリートと呼ばれる金具でペダルとシューズを固定するシステムで、引き足など普通のフラットペダルではできないようなペダリングができるようになります。

ペダルを引き上げる際にも足を使えることで、ペダルの回転を効率よく推進力に変えられる他、使用する筋肉の負荷も分散できるため、ロングライドなどではビンディングペダルかどうかで疲労具合が全く変わってきます。

ビンディングペダルのメーカー

ビンディングペダルのメーカー

日本での知名度で言えば、ダントツでシマノで独占状態だと思いますが、ビンディングペダルを製造しているメーカーは意外と沢山存在します。

シマノ(日本)
VPComponents(台湾)
LOOK(フランス)
TIME(日本)
CRANKBROTHERS(アメリカ)
三ヶ島(日本)
MAVIC(フランス)
XPEDO(アメリカ)
スピードプレイ(日本)

などが代表的なビンディングペダルのメーカーです。

普及率と品質ならシマノのビンディングペダルがナンバーワン

シマノ ビンディングペダル105 PD-5800

圧倒的なシェアと安心の日本メーカーの品質で独占状態と言っても過言ではないのがシマノのビンディングペダルです。

シマノのビンディングペダルの種類

シマノにはタイプの違う3つのビンディングペダルがランナップされています。

● 本格ロードバイク用のSPD-SL
● ビンディングエントリーモデルでマウンテンバイクなどでも使うSPD
● クリートの付け外しが容易なビンディングペダル初心者向けのSPD CLICKE’R

SPD-SLとSPDの違い

SPD-SLシマノ クリートセットセルフアライニングモード ペア M5×8mm SM-SH11 Y42U98010 SPDシマノ クリートセット マルチモード ペア ナット無し SM-SH56 Y41S98100

SPD-SL

SPD-SLはロードバイクなどで使われることが多いビンディングペダルで、シューズとペダルを結合する部分のクリートが大きいのが特徴です。

SPD-SLを採用したビンディングシューズはクリートが大きいので自転車から降りた際に普通に歩くとクリートを痛めてしまうことにもなるため、通常はクリートにカバーをして過ごすことになります。

それでも普通に歩くことが出来ず、ペンギンのようにカカトを立てたペンギン歩きをすることになるような感じで、基本的に自転車に乗ることだけを考えられたビンディングシューズです。

大きなクリートで靴底を広い面積で利用することになるので、よりダイレクトに力を伝えられるようになりロスが少なくなるなどのメリットがあります。ビンディングシューズの底の硬さで乗り心地を調整することもできます。

SPD

SPDはSPD-SLと比べてクリートが小さく、見た目も普通の靴に近くなります。

SPD-SLと比べて歩きやすく、普通の靴と同じように歩けるとアピールしていたりしますが、実際にはクリートの金具は地面に当たるので普通の靴のように歩けません。

歩こうと思えば歩けますが、アスファルトの上などを歩けばガリガリとクリートと地面が擦れる嫌な音が出ますし、クリートを痛めてしまいます。当然そのような靴でコンビニなどのお店に入れば迷惑がられるのは間違いないでしょう。

SPDはお手軽で簡単に付け外しが出来るため、ビンディングベダルの初心者でも導入しやすいです。実際にビンディングペダルに慣れる練習用として最初にSPDを使用する人も多いと思います。

● SPD-SLの方がクリートが大きい
● SPD-SLは本格的なロードバイク向き
● SPDは初心者でも扱い易い
● SPDは一応歩ける

シマノのビンディングペダル

SPD-SL

PD-9100(DURA ACE) 228g / ¥23,322
PD-6800(ULTEGRA) 260g / ¥14,231
PD-5800(105)285g / ¥11,455

SPD

PD-A600(ULTEGRA) 286g / ¥9,728
PD-A530 383g / ¥6,384
PD-A520 315g / ¥5,738

独自なビンディングペダルならスピードプレイ

独特なビンディングペダルPhoto via:http://www.speedplay.com/index.cfm?fuseaction=home.zero2014

他社のペダルとは全く違ったビンディングペダルを展開しているのがスピードプレイ(SPEEDPLAY)で、本格的なロードバイクなどで採用される4つのペダルメーカーのうちの1つ。

デンデコ太鼓のような見た目は好き嫌いが分れるでしょうが、角度を強制されず膝に優しいなどの特徴があり、ライダー目線な設計がされているのが最大の特徴で、性能などは高い評価があり人気のペダルメーカーです

スピードプレイのビンディングペダル

ZERO Ti 164g / ¥41,800 Stain 206g / ¥22,800 CrMo 216g / ¥17,800
● ZERO AERO 210g / ¥26,800
ULTRA LIGHT ACTION 220g / ¥17,800
● ZERO PAVÉ 230g / ¥37,800
● NANOGRAM ZERO 126g / ¥89,300
SYZR Stain 312g / ¥26,300 CrMo 338g / ¥21,300

ビンディングペダルの元祖と言えばLOOK

look(ルック) KEO 2 MAX BLK

言わずと知れたフランスの自転車フレームメーカーが作るペダル。
個人的にはフレームメーカーとしての印象が強いですが、現在普及しているロードバイク用のビンディングペダルの基本的な形はLOOKが元祖。

オリジナルブランドとしてKEOシリーズを展開して愛用している人も多いです。

見た目がシマノのSPD-SLと似ているので、サイクルショップなどでビンディングペダルを見る際に混乱してしまったりしますが、シマノとLOOKの間では互換性はありません

LOOKのビンディングペダル

KEO ブレードカーボン 180g / ¥34,000
KEO ブレード 236g / ¥14,000
KEO 2 MAX カーボン 244g / ¥13,000
KEO 2 MAX 260g / ¥11,000
KEO クラシック3 280g / ¥6,000

最軽量のペダルを求めるならTIME

TIME XPRESSO 12 Ti-CARBON タイム エックスプレッソ 12 クリート付 【並行輸入品】

フランスのフレームメーカーの作るペダル。
フレーム、ハンドル、ステム、サドルまで製造しているので、全てTIMEの製品でコーディネートしているなんていう人も居るのではと思います。

フレームメーカーの技術を活かしてカーボンを使用した軽量モデルが特徴で、TIMEのロードバイク用ビンディングペダルのXPRESSOシリーズの中のXPRESSO 15は133gという驚異の軽量モデルもあります。

他メーカーのハイエンドモデルと比べてもかなり軽量で、軽量ペダルを求めるならTIMEのXPRESSO 15一択となるでしょう。但し、価格は58,000(税抜)で、かなりプロ仕様なペダルです。

性能だけでなくデザインも秀逸でスタイリッシュなフォルムは他メーカーのペダルと比べても頭1つ出た感じがします。

シリーズとしては定番のXPRESSOとRXSシリーズがある他、XPRESSOシリーズには国旗をモチーフにしたデザインのビンディングペダルもあり、かなり物欲をそそられます。

TIMEのビンディングペダル

XPRESSO

XPRESSO 15 133g / ¥59,000
XPRESSO 12 154g / ¥37,000
XPRESSO 10 190g / ¥23,000
XPRESSO 8 PRO 200g / ¥22,000
XPRESSO 4 224g / ¥12,000
XPRESSO 2 224g / ¥8,000
XPRESSO 1 228g / ¥4,900

RXS

● RXS CARBON 234g / ¥18,000
● RXS SPEED 260g / ¥25,000
● RXS FIRST 260g / ¥9,500

足周りのコーディネートならMAVICのビンディングペダル

MAVIC (マヴィック) PEDAL ゼリウム プロ ロードICLICペダル L37830700

MAVICと言えばキシリウムなどのホイールメーカーとして超有名です。
ツール・ド・フランスなどの自転車レースでは、予備ホイールを運ぶ車両がMAVICのラッピングが施されていたりして、ロードバイクやクロスバイクに興味の有る人であれば必ず知っているメーカーです。

ビンディングペダルとホイール、それからシューズをすべてMAVICで揃えればコーディネート的に、なかなかインパクトがあるように思います。

知る人が見れば「お、なかなかこだわってるねぇ」と思われるような組み合わせになるでしょう。

ちなみにビンディングペダルのデザインを見れば一目瞭然ですが、上記のTIMEと同じです。TIMEのOEM製品としてMAVICが販売しているようです。

なので、TIMEのペダルとMAVICのペダルでは互換性があり同じクリートが使用できます

薄型クリートで歩きやすいビンディングペダルはクランクブラザーズ

CRANK BROTHERS(クランクブラザーズ) ペダル candy1(キャンディ1) レッド 571392 571392(2個セット)

クランクブラザーズ(CRANKBROTHERS)は、オフロード向けのペダルが多いため、ロード用として選択する人は少ないかもしれませんが、金属質でメカメカしいデザインのペダルが、なかなかカッコ良いメーカーです。

クランクブラザーズのビンディングペダルは、独特でスタイリッシュなデザインの評判が良いほか、クリートがシマノのSPDと似ている上に薄型なので、ビンディングシューズのまま歩いてもそれほど気にならないというのが大きな特徴です。

ペダルが小さいeggbeaterエッグビーターと踏み版を備えたcandyキャンディ、もう少し大きな踏み版のあるマレットの23種類がメインのラインナップになります。

キャンディシリーズの場合は、クリート部分の出っ張りも少ないため、普通のシューズでもペダルが踏みやすい点も他のメーカーのビンディングペダルとの違いになると思います。

エンドモデルは定価で6万円を越えてくる高級ペダルですが、公式ページの「一般ペダルとの比較」を読めば脱S社を考えたくなるかも。シマノのSPDとの比較が行なわれています。

シマノのSPDとの互換性

クランクブラザーズcrankbrothers(クランクブラザーズ) ペダルパーツ ZERO フロートクリート  574565シマノ SPDシマノ クリートセット マルチモード ペア ナット無し SM-SH56 Y41S98100

クランクブラザーズのクリートとシマノのSPDのクリートの形状が似ているため、互換性があるように思われている人も多いようですが、クランクブラザーズとシマノのSPDとの間では互換性はありません

クランクブラザーズのビンディングペダル

エッグビーター

エッグビーター11 179g / 65,000円
エッグビーター3 280g / 17,000円
エッグビーター2 285g / 12,000円
エッグビーター1 290g / 7,800円

キャンディ

キャンディ11 249g / 65,000円
キャンディ7 320g / 21,000円
キャンディ3 325g / 17,000円
キャンディ2 327g / 12,000円
キャンディ1 282g / 7,800円

日本の老舗メーカーなら三ヶ島のビンディングペダル

MKS(三ヶ島) ユーエスエル [US-L] ブラック 112030

1943年から創業している日本の老舗自転車パーツ会社。
どちらかと言えばビンディングペダルよりもフラットペダルのメーカーとして知られているかもしれませんが、ビンディングペダルも製造していて、オリジナルのUS-SとUS-A、US-Lいうクリートを採用しています。

シマノのSPDと形状も似ていて互換性があり、シマノのSPDシューズを使用している人であればそのまま使用できるようになっています。US-LはSPD-SLと互換

三ヶ島のビンディングペダル

Urban Step-in A Ezy Superior 461g
MM-Cube Ez 415g
Urban Step-in A 406g
US-B NUEVO Ezy Superior 474g
US-L Ezy Superior 350g

アメリカの老舗ペダルメーカーのXPEDOのビンディングペダル

オフロード用ビンディングペダルPhoto via:http://xpedo.com/products/pedals/road/151/thrust-e

アメリカの老舗ペダルメーカーで、独特なデザインのペダルを数多く製造しています。

ビンディングペダルはシマノのSPDと互換性のあるM-forceシリーズとLOOKのKEOと互換性のあると思われるThrstがあります。

EXPEDOのビンディングペダル

M-force

GFX 468g
● CXR PRO 240g
● CXR 295g
● BALDWIN ti 292g CrMo 232g
TRAVERSE DUO 295g
M-FORCE 8 ti 215g CrMo 260g
M-FORCE 4 ti 230g CrMo 285g
M-FORCE 3 312g
● R-FORCE TI 170g
● MILO 345g

Thrst

● THRUST E 385g
● THRUST 8 ti 170g CrMo 210g
THRUST SL ti 168g CrMo 210g
● THRUST NXS 220g
THRUST NXL 245g

互換性なら台湾メーカーのVPComponentsのビンディングペダル

VP-R61 Single Sided SPD Pedal: Silver by VP Components

VPComponentsは台湾のペダルメーカーで、本格的なロード用ビンディングペダルは少ないですがトゥークリップタイプのペダルやフラットペダル、薄型ペダル、ペダルが折り畳めるフォールディングペダルなど数多くのモデルが存在します。

ビンディングペダルのクリートはシマノのSPDやLOOKのデルタスタイルと互換性のあるモデルもあります。

ビンディングペダルの互換性ほか

ビンディングペダルはビンディングシューズとセットで使用するもので、基本的にメーカー間での互換性はなく、いずれも使用できるクリートとペダルの組み合わせが決まっていると考えておいた方が安全です。

また同じメーカーでもグレードやブランド違いでクリートに互換性が無い場合もありますし、メーカーが違っても一般的に普及しているLOOKのKEOやシマノのSPDなどは互換性のあるものもいくつか見られたりもします。

ビンディングシューズに至っても、靴底にクリートが取付けられるかどうかという問題もあり、いろいろとややこしい状態になっているようで、シマノやLOOLなどの定番以外を選択する場合は、サイクルショップに相談するなどして確認した方が良さそうです。

ビンディングシューズもけして安いものではないので、基本的には最初に買ったメーカーのペダルを使い続けるでしょうから、最初のペダル選びというのはその後の展開も考えて、慎重に選ぶ必要があるのかもしれません。

僕などは、ビンディングペダルを使用したいと考えた時にSPDが何なのかさえほとんど意識していなかったので、サイクルショップに売られていたシマノ製品を躊躇無く選択しましたが、こうしていろいろ調べてみると、クロスバイクで使用する場合には、クランクブラザーズあたりも使い勝手が良さそうですね。

ビンディングペダル一つをとっても、各社各様で知れば知るほど面白いと思う自転車の世界なのでした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑