クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

ペダル 自転車メンテ・改造

ロードバイクやクロスバイク用のペダルに関する情報まとめ

更新日:

ロードバイクやクロスバイク用のペダルに関する情報まとめ

クロスバイクやローバイクをよりスポーティな走りにするための改造カスタマイズの定番としてペダルを普通のフラットペダルからビンディングペダルと呼ばれるペダルとシューズを一体化させられるスポーツバイクならではのペダルに変える方法があります。

ただし、ビンディングペダルはフラットペダルとは全く違う走りが出来るようになるメリットがある反面、足からペダルが離れないために、そのまま転倒してしまう立ちごけなどのリスクもります。初心者にとってはとっても不安な部分だったりしますが、それでもビンディングペダルを使い続けたいと思わせるような麻薬のような魅力があるものです。

そんなわけで、ビンディングペダルに関する基本的な情報や疑問、おすすめのビンディングペダルについてまとめています

ビンディングペダルの選び方

ビンディングペダルのメーカー

ビンディングペダルのメーカーと言えば日本ではシマノが圧倒的に有名ですが、ビンディングペダルを製造しているメーカーは他にも沢山あります。

有名所ではタイムやルック、スピードプレイ、クランクブラザーズなどがあります。いずれも独自規格のクリートを採用していたりするので、互換性が無い場合がほとんどですが、シマノやルックなどのシェアの多いビンディングペダルには互換性を持たせたメーカーもあります。

ビンディングペダルは自転車のパーツにありがちな独自規格が乱立している部門でもあるので多少ややこしさを感じますが、基本的には同じメーカーのビンディングペダルとビンディングシューズを選択すれば使用できないという自体は大抵の場合避けられるものと思います。

そんなややこしいビンディングペダルのメーカーについて下記の記事でまとめています。

ビンディングペダルのメーカーと種類について調べてみた

片面SPDペダルを検討する

ビンディングペダルにはいくつかの種類があります。大きく分けるとロードバイクなどで使用されるベダルの標準であるSPD-SL、クリートが小さく外しやすいSPDペダルがあります。

どちらかと言えば初心者向けなのがSPDペダルですが、そのSPDペダルには両面にクリートが付いた両面SPDと、片面だけにしかクリートのない片面SPDがあります。

より軽量化でスポーティーなのは片面SPDというわけで、SHIMANOの片面SPDについて下記の記事でまとめています。

ロード用片面SPDペダル・ビンディングペダルを比較検討してみる

ビンディングペダルの交換と取り付け

ビンディングペダルを導入する前に知っておきたいこと

ビンディングペダルを導入する前の検討段階で知っておきたいことをまとめています。例えば、ビンディングペダルの基本的な種類や特徴、ビンディングペダルを外すタイミングなどビンディングペダルに関する基本的な情報を下記の記事でまとめています。

ビンディングペダル(SPD)導入の注意点とポイント

ペダルの交換方法

フラットペダルからビンディングペダルに交換する方法です。基本的には普通のフラットペダルを交換する方法と同じです。

ペダルが固着している場合はそれなりに力が必要になり、外れる時はガクン!と外れてしまうので勢い余って怪我をしないように気をつけたいところです。また左側のペダルの軸ネジは逆ネジと呼ばれるネジになっていて通常のネジとは違い時計回りに回すことで緩みます。

上記の二点さえ気をつければペダルの交換は比較的簡単にできる改造カスタマイズなので是非チャレンジしてみてください。

クロスバイクのペダルをビンディングペダルに交換する方法

ペダルのトラブル対策

ビンディングシューズのクリートのボトルを紛失した場合

ビンディングシューズのクリートを止めているボルトは使用しているうちに緩んで外れてしまうことが多々あります。なので基本的には乗車前には増し締めをするなどの対策をすることになりますが、注意していても紛失してしまう時は紛失してしまうものです。

このクリートを止めるボルトはスモールパーツとして購入できますが、1本100円程度もする非常に高価なボルトになります。そこで、ホームセンターなどで売られているボルトで代用できないかどうかを調べてみました。

結論として、同じ規格であれば代用できるのですが、その調べ方などについて下記の記事でまとめています。適合する企画のボルトが手に入ればかなり格安で入手することができます。

ビンディングシューズのSPDのクリート取付ボルトを紛失したので代用品で対処したお話

ビンディングペダルに関するその他のはなし

普通の靴でもビンディングペダルの自転車に乗れるのか?

ビンディングペダルを使用するにはクリートを備えたビンディングシューズを履かなくてはいけません。しかしいつもビンディングシューズを履くと、基本的に歩くのは難しくなりますから、あまり気軽なサイクリングは出来なくなってしまいます。

いつもいつも本格的に自転車に乗りたいわけではないので、時々は普通の靴で気軽なサイクリングに出かけたいと思うこともあるかと思います。しかしそのたびごとにペダルをフラットペダルに交換するのも面倒です。

そこで気になるのが普通の靴でもビンディングシューズに乗れるのか?というところかと思います。結論を書いてしまえば多少は気になるけど乗れないことはない、ということで、下記の記事で詳しく解説していますので、興味の有る方は参考にしてください。

普通の靴でもビンディングペダル(SPD)の自転車に乗れますか?

ビンディングペダル不要論

ビンディングペダルを導入するとフラットペダルでは実現できないようなグングンと伸びる加速や長距離を走った時の疲労感の違いなどがあるため、一度その効果を経験してしまうと手放せなくなってしまうほど魅力的なパーツです。

しかし、メリットばかりではなく、クリートの付け外しが多少面倒だったりすることもあり、頻繁にストップ&ゴーを繰り返す必要のある街乗りではビンディングペダルは逆に不便に感じてしまうことが多いのも事実です。

そんなことから街乗りの場合はビンディングペダルが無いほうがストレスが無く乗れるため、街乗りがメインの乗り方しかしないのであればビンディングペダルはやめてしまっても良いなという結論になりました。

ビンディングペダルのメリットやデメリットを整理してみて、ビンディングペダルは本当に必要化どうかを検討してみたことを下記の記事でまとめています。

ビンディングペダルは必要?クロスバイクをビンディングペダル化するメリットとデメリット

ビンディングペダルでの立ちゴケを防止するためのポイント

ビンディングペダルは自転車の性能を劇的にアップさせることのできる改造・カスタマイズですが、ペダルとシューズが固定されてしまうため、クリートを外せないとそのまま転倒してしまう立ちゴケというリスクがあります。

僕自身も今まで何度か立ちゴケを経験してきていますが、その中で、立ちゴケしないための方法やポイントも理解できるようになりました。

速度が落ちてきたらクリートを外しておく、というのが一つの重要なポイントになります。

立ちゴケしないためのポイントについては下記の記事で解説しています。

ビンディングペダルで立ちゴケしないための注意ポイント

ビンディングシューズ

カジュアルなSPD対応のビンディングシューズ

ビンディングペダルと同時に考えなくてはいけないのがビンディングシューズです。各メーカーが独自の規格でクリートを製造しているため、基本的にはビンディングペダルもビンディングシューズも同一メーカーで統一しなければいけません。

そんな中でSHIMANOのSPDペダルは抜群の普及率もあって、クリートに互換性を持たせたサードパーティ製品も多く存在します。また一般的にビンディングシューズはガチガチのローディの方々が使用するものなので、ピチピチのサイクルウェアに似合うスポーティなデザインのものが多く、カジュアルな服装での街乗り用途では使用しづらいという問題がありますが、SHIMANOのSPD自体がカジュアル用途のビンディングシステムなので、サードパーティ製品もカジュアルなデザインのビンディングシューズを販売しています。

実際問題で街乗り用途で使用できるようなカジュアルなビンディングシューズは少ないので、アパレルメーカーなどがSPD対応のビンディングシューズを製造してくれているというのは、非常に有り難いというのが実際のところです。

そんな街乗り用途でも使用できるカジュアルなSPD対応のビンディングシューズについて下記の記事でまとめています。

カジュアルなSPD対応ビンディングシューズ一覧

-ペダル, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.