クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

ポンプ・空気入れ 自転車用品

自転車用の空気入れポンプ(フロアポンプ)についての情報

更新日:

自転車用の空気ポンプについての情報

クロスバイクやロードバイクを常にベストな状態で乗るために必要不可欠なタイヤの空気圧管理をするためには空気入れポンプが必須です。

自転車用の空気入れポンプは一般的なフロアポンプもシティサイクル用とは違い空気圧計があるものが良いでしょうし、出先でパンクするなどのトラブルに備えて携帯ようの空気入れポンプも必要だったり、スポーツバイクならではで考えなくてはいけないこともいくつかあります。

そんなクロスバイクやロードバイク用の空気入れポンプの選択のポイントやおすすめの空気入れポンプなどについてまとめた記事を紹介しています。

フロアポンプ

オシャレでカッコ良いフロアポンプ

フロアポンプは使用頻度の高い自転車用具ですし、室内保管することも多いので、インテリアとしても成立するようなオシャレでカッコ良いフロアポンプが良いです。沢山のメーカーのフロアポンプを調べた結果、LEZYNEレザインのフロアポンプとSILICAシリカのフロアポンプがダントツでオシャレでカッコ良いですね。

オシャレでカッコ良いフロアポンプを探す

自転車用携帯空気入れポンプ

自転車用携帯空気入れポンプの比較

携帯できる空気入れポンプは大きいほど使い勝手は良くなりますが、大きいと携帯するのが大変になります。バックパックなどを背負っていれば多少大きくても困ることはありませんが、なるべく軽微な装備で出かけたいロングライドなどの場合は小さければ小さいほど良いということになります。

僕自身もいくつかの携帯用空気入れポンプを持っていて用途に応じて使い分けているような状態です。それぞれに一長一短があるので、それぞれの特徴と比較を下記の記事でまとめています。

クロスバイクやロードバイクの自転車用携帯ポンプの比較と購入のポイント

パナレーサーのBFP-AMAS1

自転車用携帯ポンプの定番とも言えるパナレーサーのBFP-AMAS1の使用レビューです。

携帯用のポンプの中ではやや大きめなポンプになりますが、その分、チューブが付属していたり、一回のポンピングで入れられる空気の量が多かったりするなど、使い勝手は他の携帯用ポンプに比べるとかなり良いと言えると思います。

価格も安く、安心の日本メーカーの製品というところで、バッグパックなどを持ち運んでいるような人にはおすすめのポンプです。詳しいレビューは下記の記事を参考にしてください。

携帯ミニポンプの定番パナレーサーのBFP-AMAS1

その他

バルブ変換アダプター

クロスバイクやロードバイクのタイヤのバルブ口は仏式と呼ばれる形式のものが主流ですが、一般的なシティサイクルでは英式バルブが主流になっています。仏式バルブと英式バルブは全く別物なので互換性がなく、それぞれのバルブ口に対応した空気入れを使用しないと空気が入れられないという問題が発生します。

自転車に乗っている最中に空気を補充したくなることはよくありますが、街の自転車屋さんで空気入れを借りようと思うと英式が標準だったりして、クロスバイクやロードバイクでは空気を入れられないなんてこともよくあることです。

そこで、仏式バルブでも英式バルブの空気入れに対応させられるようなバルブ変換アダプターがあれば、空気入れバルブ口の形式が違っても問題を回避できるようになります。コンパクトでかさばらないので、携行するアイテムの一つとして持っておくと便利です。

仏式バルブを英式バルブにするバルブ変換アダプターがあれば便利

-ポンプ・空気入れ, 自転車用品

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.