*

サイクリストな僕が思う最悪な自転車マナー違反とルール違反

Publication date: マナー, 自転車全般

最悪な自転車マナー違反とルール違反

世の中は空前の自転車ブームと言われ、ロードバイクやクロスバイク等のスポーツバイクを中心にかなり売れているようです。

多くの人がスポーツバイクに乗りはじめると、それと同時に、自転車のマナーについての問題も増えるようになります。

自転車は車やバイクなどと違って、免許が必要ないことや、取り締まり対象にもなりづらいため、信号無視や逆走など、やりたい放題の無法状態です。

実際問題で、免許を持たない人は、交通ルールを「信号は守るもの」程度しか知らないでしょうし、取り締まりを行なわなければ、路上喫煙と同様に、ルールを守らない人の多くが改めようとは思わないでしょう。

大部分の自転車乗りはマナーが良いと思いたいものですが、ルールを守らない人が多いのもまた事実で、日々の生活の中で当たり前のように交通ルールを無視する自転車を見かけるような状況で、同じ自転車乗りとして非常に残念に思う事も度々です。

というわけで、少しでも自転車マナーが向上することを願って、自転車乗りの僕が思う最悪な自転車マナーについてまとめてみました。

sponsored link

信号無視する自転車

自転車の信号無視

自転車は免許制ではないですが「信号は守るもの」「赤信号は停まれ」などということは、免許がなくても知っているルールと思います。赤信号は停まれは三歳の僕の子供だって知っています。

なのに信号を守らない人が非常に多いです。

信号無視は自転車乗りの評判を落としている代表的な行為だと思います。老若男女、自転車の種類問わずで、信号無視をする人はものすごく多く、日常的に目にする交通ルール違反のほとんどは信号無視だったりします。

もう、みなさん、当たり前のように信号無視をします。
特に三叉路なんかは歩行者が横断歩道を渡っている間を平気で横切ったりして、守るべきものとすら思っていないフシがあります。

自動車やバイクなどは「ルールは守るもの」という前提のもとにバイクや自動車のドライバーは運転していると思います。青信号なら進めですし、赤信号なら停まれ、ということをみんなが守るという大前提があるからこそ、自動車も時速六十キロでも交差点に突っ込む事ができるわけです。

ところがその大前提を守らず「車が来ていないから」などという理由で自分勝手に走られたのでは、危なくてしょうがありません。

最近では一部の自治体などで、見せしめ的に自転車の交通ルール違反も取り締まりが行なわれたりしているようですが、信号無視は言い訳の出来ない完全な道路交法違反なので、もっと積極的に取り締まって欲しいものです。

ルールを守れないなら乗るべきじゃありませんし、子供でも知っているルールを守れないことを恥ずかしいと思っていただきたいものです。

無灯火の自転車

自転車の無灯火は見えない

夜間に自転車に乗る場合は、前照灯の点灯および、リア反射板か後尾灯の装備は義務となっていますが、無灯火で走行している人も非常に多いです。

無灯火で走っている人の理由としては「(自分から)見えてるから問題無い。安全だ」という感じのようですが、残念ながら無灯火で走られると他人からは見えません。

街灯の無い真っ暗な田舎道はもちろん、街灯の明るい幹線道路ですら、無灯火で走られていては存在に気が付くのが遅れてしまいます。

バイクですら昼までもライトを点灯して自分の存在を車にアピールしているわけで、バイクよりも遥かに小さい自転車などが無灯火で来られてもハッキリ言って見つけられません。

車からすれば横に並ばれても全く気が付かない(気が付けない)わけですから、巻き込まれたり、幅寄せされたりして危ない目に遭う事も十分考えられます。

自身の身を守る為にも必ず前照灯は点灯して走るようにしてもらいたいものです。

ちなみに前照灯を点滅にして走っている人が居ます。たしかに点滅させた方が視認性がよくなりますし、電池も長持ちして良いのですが、法律上は点灯でなくてはいけないので注意しましょう。

逆走する自転車

自転車の逆走

道路交通法の改正で、路肩の逆走などは取り締まり対象となりましたが、やはりまだまだ多いのが逆走です。また、道路交通法が改正されたとしても、傘差し運転などと同じで、実際に取り締まられるかと言えば怪しいところだと思います。

逆走する人の言い訳は「逆走した方が対向車が良く見える」「逆走しないと遠回りになる」などの意見があるようです。

しかし車道は走行方向が決まっていて、みんながそれを守りながら走行しているという大前提があるわけですから、逆走してくる自転車に対しての反応は当然遅れてしまいます。さらには事故に遭う時にはカウンターとなり、衝撃が上乗せされるわけですからかなり危険な行為と言えると思います。

時々出くわすのが逆走かつ無灯火の自転車乗りですが、どう考えても死にたくて走行しているとしか思えない、かなりクレイジーな行動であることを自覚すべきでしょう。

困ったことにこう言った行為を平気で出来てしまう人は、基本的に自己中で周りの事は微塵も興味が無いような人達なので、いくら注意喚起の看板を立てた所で見ちゃいないという点。

警察が取り締まってくれない以上、自滅するのを待つしかないのでしょうか。

飲酒運転の自転車

日中に飲酒運転をしている自転車を見かけることはあまりありませんが(たまに缶チューハイの缶を片手に乗っているジジイを見かけたりする程度)、金曜日や土曜日に夜中のサイクリングを楽しんでいると、車道をフラフラしている酔っぱらい自転車を多数見かけます。

中には飲み屋から出て来てそのまま自転車に乗って帰ろうとしているオッサン連中も居たりして唖然としてしまうことも珍しくありません。

観察しているとフラフラしながら車道の真ん中はおろか反対車線まではみ出して走行する人も珍しくなく、中には転倒したまましばらく起き上がらずに寝てしまっている人も居る始末。

僕は自転車なので、そういう人が居てもすぐに避けられますが、車の運転をしている時には遭遇したくない人たちです。加えてこういう人たちは、無灯火や逆走も平気でしたりするので、なおさら危険です。

飲酒に対して取り締まりがユルかった頃の名残をまだ引きずっている人が多いと思いますが、お酒を飲んだら自転車も乗るな!ということをしっかりと認識して欲しいところです。

後方確認無しで左折する自転車

後方確認無しで右折左折する自転車

後方を確認しないでサインも出さずに、突如として左折をする自転車も非常に危険です。

実際に経験したことですが、とある幹線道路を走行していた時のこと。僕の前に一台の自転車がいて、僕はその自転車の10メートルほど後方を走っていました。

しばらく走ると目の前を走っていた自転車が突然、大きく右側にふくれたかと思うと、左に急旋回して左折したことがありました。

きっと左折する際にもスピードを落としたくなかったのでしょうが、右にふくれた間に相手に追いついてしまい、危うく人間ミサイルのように自転車の側面に突っ込まれそうになったりしたことがありました。

かろうじでニアミスとなり、事故にはなりませんでしたが、非常に危険な行為だと思います。

もしも左折する前に後方を確認してくれたり、何らかのサインを出してくれていれば、こちらも準備することができますし、最低でも減速してくれていれば、察知することは出来るのですが、ノールック、ノーサインでは何の対処をすることもできません。

自転車であれど、後方確認と減速しての左折は当たり前のこととして励行して欲しいものです。

赤い前照灯の自転車

赤い前照灯の自転車

オシャレと思っているのか、人と同じ事をするのが嫌なのか、それとも単純に付け間違いなのか、その意図がわかりませんが、時々前照灯を赤にしている人が居ます。

無灯火よりはよっぽどマシだと思いますが、基本的に赤いライトは車にせよ、バイクにせよ後尾灯ですから、目の前に赤いライトが見えた場合は、自分と同じ方向に走っている人が居るという判断になります。

ところが実際はこちらに向かってきている自転車だと判ると非常にビックリしますし、危険を回避するための判断が遅れてしまいます。

なぜ後尾灯は赤に決まっているのか、何故フロントライトが赤い色の乗り物が無いのかを考えれば、普通はフロントライトに後尾灯を付けようなどという発想にはならないと思いますが残念ながら自転車に乗っている人の中には、そういう発想をしてしまう人も少なからず居るようです。

最悪な自転車マナーまとめ

最悪な自転車マナーまとめ

自転車もバイクも車も安心してスピードを出して道路を走れるのは、みんなが交通ルールを守っているという前提があるからこそで、それが守られなければ、たちまち危険だらけになり、安心して走行することができなくなってしまいます。

最初にも書きましたが、ルール無視で走っているマナーの悪い自転車乗りは、全体からすれば一部の人だと思います。ただ、自転車の場合、利用している人の数も多いですから、一部と言えどもルールを守らない人の数も必然的に多くなり問題も大きくなるのだと思われます。

一部のルールを守らない人の為に、自転車乗りに対しての風当たりが強くなったり、本来無かったルールが出来て規制されるようになり、窮屈な世の中が出来上がってしまうのは非常につまらないものだと思うのです。

例えば、路上喫煙が禁止される以前は、路上喫煙をする人は非常に多かったです。しかし、喫煙マナーに関する世間の目が厳しくなり、規制も多くなれば、マナーとして路上喫煙する人はほとんど居なくなりました。

自転車乗りのマナーについても、自転車ブームと同時に、マナー面についても世間の目が厳しくなり、僕を含めて多くの人が「あ、自転車も車両なんだ。ちゃんと交通ルールを守るべきなんだ」ということに気が付き、全体的な自転車乗りのマナーは向上したように感じます。

しかし、路上喫煙やポイ捨てを未だにする人が居るのと同じように、全くそういうことに無関心な人が居て、そういう人達が自転車乗り全体の評判を下げてしまっているというのが、現状だと思います。

当たり前のことを当たり前に守る。たったそれだけなんですが、それさえ出来ない人は、やはり自転車に乗るべきではないでしょうし、そこには道路交通法という立派なルールがあるのですから、きちんと取り締まって罰せられるべきだと思ったりします。

そうすることがやはり、自転車マナーの向上にもつながる近道になるはずです。そうして決められたルールをキチンと守るという当たり前のことが当たり前に行なわれる、そういう時代になればと思います。

以上、僕が思う最悪な自転車のマナー違反、ルール違反についてでした。

Comment

  1. qwop より:

    その程度ならまだかわいいほうです。
    車道のど真ん中を走ったり、イヤホン付けてスマホいじったりしている輩が多くて困ります。

    自動車から見れば、40km/h 50km/hなんて大した速度じゃないのに何かっこつけているんだか。。
    サイクルスポットへ行けばいいのにw

    • escape air より:

      qwopさん
      そういう人達はサイクルスポットでも要らない人達かもしれません(苦笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑