クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

清掃 自転車メンテ・改造

ロードバイクやクロスバイクの洗浄クリーニングの方法

更新日:

ロードバイクやクロスバイクの洗浄クリーニングの方法

クロスバイクやロードバイクをいつまでも快適に乗り続けるためには日頃のメンテナンスがとても大切です。そして日頃のメンテナンスを怠らないようにする最善の手段は定期的に愛車を洗浄クリーニングして汚れを落としてあげることだと思います。

オーバーホール的なメンテナンスは大変ですが、チェーンやスプロケットの洗浄やフレームの汚れを拭き取るなどの作業は走行後にサササッ出来てしまうものなので、習慣づければそれほど大変なことではありません。

そうしてこまめに洗浄してあげることで、いつまでもピカピカな状態を保てるようになり、ちょっとした不具合もすぐに見つけることが出来るようにもなります。是非、日頃のメンテナンスとして愛車の洗浄クリーニングを実践してみてください。

クロスバイクやロードバイクで使用する洗剤やパーツクリーナについて

フレームの洗浄には攻撃性の少ない中性洗剤を使用する

クロスバイクやロードバイクで使用する洗剤はパーツクリーナーが有名ですが、一概に洗剤と言っても様々な種類があり、使用する用途が違ってきます。

例えば、パーツクリーナーなどは油汚れに強いので、チェーンやギアなどの清掃に使われますが、アルカリ性なのでアルミフレームや塗装に対しては攻撃性があるためフレームなどに使用すると塗装やフレームの素材を痛めてしまいます。

逆にチェーンやワイヤーなどに酸性の洗剤を使用すると、金属部分が錆びやすくなるなどの問題があるのです。

一般的に自転車のフレームの洗浄で使用されるのは中性洗剤となり、それぞれに適した使用方法と箇所を意識しながら清掃する必要があります。

下記の記事ではクロスバイクやロードバイクの清掃で使用されることの多い中性洗剤とは何か?中性洗剤の特徴などについて解説しています。

クロスバイクやロードバイクの清掃には中性洗剤を使いなさい

パーツクリーナーの種類と用途について

チェーン清掃に必要不可欠なパーツクリーナーのメーカーとして有名なWako'sのパーツクリーナーの種類について調べてみました。

いろいろな種類のクリーナーがあるのですが、それぞれに特徴があり、用途や適正な使用方法などが違ってきます。パーツクリーナーはそれぞれの特徴を把握した上で使用することにより、より安全にそして効率的に自転車の清掃ができるようになるものと思います。

下記の記事では、それぞれの特徴や適した用途について解説しています。

WAKO'Sのブレーキ&パーツクリーナーの種類と用途について学ぶ

クロスバイクやロードバイクで使用する布(ウエス)について

自転車清掃用のウエスについての考察

クロスバイクやロードバイクを清掃したりメンテナンスしたりする際にウエスと呼ばれるハギレ布などを使用することが多いと思います。例えば着古したシャツなどがその代表的なものかと思いますが、使い捨てで消耗品なので、まとまった数量が欲しいというのが実際のところです。

わざわざ着古したシャツを探さなくて、ハギレ布などは格安な値段で販売されていたりするので、自転車清掃やメンテナンスのためにハギレ布を購入するというのも選択肢としては有りだと思います。

下記の記事は、アマゾンで購入したクリーニングクロスについてです。格安でありながら毛ぼこりも少なくて非常にお買い得でした。

ロードバイクやクロスバイクのメンテナンスや清掃に最適な布を探す

不織布 日本製紙クレシアのワイプオール

自転車メンテナンスで気軽に使用できる紙製のウエスである日本製紙クレシアのワイプオールを購入して使用してみました。

布製と比べて一長一短はあるものの、丈夫で毛羽立たないワイプオールはチェーン清掃やフレームの清掃などで非常に便利に使用できます。

下記の記事ではワイプオールの購入レビューをまとめています。

自転車メンテナンスの汚れ拭き取りに便利なワイプオール購入レビュー(動画あり)

自転車のチェーンを洗浄する方法

ParkToolチェーンギャングCG-2.2を使用したチェーンの洗浄

チェーンの洗浄には「専用道具を使うと良い」という話を聞いたので、チェーン洗浄キットのParkToolチェーンギャングCG-2.2を使用してチェーンを清掃してみました。結果として想像していたよりもずっと簡単にそして一気にチェーンの汚れが落とせます。

あまりに一気にチェーンの汚れが落とせてしまうので、日頃チマチマとチェーンを拭いているのが馬鹿らしく思えるほどです。感動するレベルでチェーンの汚れが落とせて驚きました。

洗浄液をたいりょう意使うのでコストが問題ではありますが、汚れが酷くなったら一気に汚れを落とす目的で使用するくらいであれば、機にするほどではないかもしれません。

詳しい仕様レビューは下記の記事でまとめていますので参考にしてください。

自転車チェーンを完璧に綺麗に洗浄するParkToolチェーンギャングCG-2.2

チェーンの洗浄方法

クロスバイクやロードバイクにとってチェーンの清掃は基本中の基本です。チェーンの汚れ具合は自転車への愛情のバロメーターとも言えるものなので、チェーンが錆びていたり真っ黒だったりするのはとても残念なことです。

またチェーンは駆動系の中心的なパーツなので清掃や注油を怠ると摩擦が大きくなり多くの力をロスしてしまうことにもなります。

そんなことがないように日頃からしっかりとチェーンの清掃はしておきたいものです。

下記の記事ではチェーンの清掃方法の基本についておすすめの道具などを交えながら解説しています。

ロードバイクやクロスバイクのチェーン清掃方法や綺麗に保つ方法の解説

スプロケットを洗浄する方法

自転車のパーツで最も汚れやすいのはチェーンですが、チェーンに次いで汚れやすい自転車のパーツと言えばスプロケットです。

チェーンのオイルやチェーンに付着した汚れが溜まる場所でもありますから、粘度の高いチェーンオイルを使用していたりするとスプロケットに黒く汚れた油汚れが固着してしまうこともあります。

時として固着した油のせいでシフトチェンジが上手く出来なくなったりの問題も発生するので、できるだけこまめに洗浄したい部分です。

下記の記事ではそんなスプロケットの洗浄方法についてまとめています。

ちなみに粘度の低いチェーンオイルを使用した方が汚れが固着しづらく洗浄も楽になります。注油する回数は多くしないといけませんが、酷い汚れに悩まされるよりはよっぽど楽なので、粘度の低いチェーンオイルがお薦めです。

スプロケットの汚れを落として綺麗にする方法

-清掃, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2020 All Rights Reserved.