おすすめ自転車情報 おすすめ自転車用品 バッグ・財布 自転車用品

自転車用と日常用で使える財布を検討する

投稿日:

自転車用と日常用で使える財布を検討する

クロスバイクやロードバイクなどの自転車に乗る時には、荷物を少なくして身軽になればなるほど快適になるため、出来るだけ持ち運ぶものを少なしたいと考えています。

できれば手ぶらが一番身軽で良いのですが、どうしても携帯しなければいけない必需品はいくつかあります。

必需品の中の一つである財布をコンパクトに出来れば、きっとサイクリングはもっと身軽&気軽になるんじゃないかということで、薄くてコンパクトな財布選びを始めることにしました。

日常でも自転車でも使える財布を探したい

日常でも自転車でも使える財布を探したい

日常の財布と自転車用の財布の使い分けは面倒

今現在、僕が日常で持ち歩いている財布は長財布です。
二つ折りの財布はどうしても厚みが出てしまうので、大きさのある長財布を愛用しています。

そして財布の中には色々なカード類、それから大量の札束が入っていますから、どうしても嵩張ります。

なのでクロスバイクやロードバイクなどの自転車に乗る時には荷物になってしまうので、日常用の財布とは別に小さくてコンパクトな自転車用の財布を用意して、必要な物を移し変えてから自転車に乗ったりしています。

快適なサイクリングを楽しむために仕方がないことなのですが、実際問題で財布の中身の移し変えは面倒です。できるならば、自転車でも日常でも同じ財布が使えれば良いなと思うのが本音です。

自転車用と日常用で共用できる財布を探す

自転車用の財布と日常用の財布を使い分けることにストレスを感じている矢先に、日常用の財布のファスナー部分が壊れてしまったので、新しい財布の検討を始めました。

どうせ財布を新調するのであれば、自転車と日常のどちらでも共用出来るような嵩張らずコンパクトな財布があれば良いなということを主点に財布選びをしています。

僕が今現在、自転車で使用しているChums(チャムス)の財布はコンパクトで良いのですが、流石に良い歳をしたオトナが日常使いで持っていて格好が良いものではないので、もう少し見栄えの良い財布で検討したいなという感じです。

一応、過去にも自転車用の財布を検討したことがあるのですが、自転車用には良いけれど日常使いはちょっと難しい財布が多かったのです。

キャッシュレスな生活にすれば財布をコンパクトに出来る

自転車用の財布と日常用の財布を同じにするためにできる工夫
世界的にキャッシュレス化が進んでいるようです。

アメリカなどは随分前からクレジットカードで決済しているような国なのでとうの昔からキャッシュレス化していますし、少し前に中国に行った時にはキャッシュレス化の徹底されっぷりに驚いたりもしました。

キャッシュレス化に関してはまだまだ先の話のようにも思う日本ではありますが、それでもおサイフケータイや、スイカやPASMOなどに代表される交通ICカードなどで決済できるシステムyやお店も少なからず増えていて、ゆっくりではあるものの日本でもキャッシュレス化が進んでいるのは実感できるところです。

かく言う僕はと言えば、思いっきり現金主義なので、基本的に全て現金決済で行っていてキャッシュレス化の真逆に居るようなタイプの人間です。

しかし自転車を基本にあれこれ考えた時に、出来るだけ現金(特に小銭)を持ち歩かなくて良くなれば、それだけでかなり財布をコンパクトに出来るのではないかと思ったりもするので、今回の財布を新調するタイミングを切っ掛けに、キャッシュレスな生活を初めてみようかと思ったりもしています。

財布の中に必要なものを絞りむ

>財布の中に必要なもの一覧

財布の中身を必要最低限に絞り込む

何を財布の中に入れて持ち運ぶかは人によって全く違うと思いますが、何はともあれで財布の中身を減らすことが財布のコンパクト化にも繋がるので、最低限必要な物だけに絞って財布の中身を考えてみる必要があるのかなと思います。

そこで僕自身が最低限必要な物を考えると下記のようになりました。

● 定期券(交通カード)
● クレジットカード
● 保険証
● 免許証
● ヨドバシカメラのポイントカード
● Tポイントカード
● 現金(札)
● 鍵 数本

小銭を切り捨てる

完全なキャッシュレスな生活はクレジットカードや電子マネーが使えるお店を選ばない実行できないので現実問題で難しいとは思いますが、支払方法を工夫して小銭は完全に切り捨てようかなと考えています。

例えば、金額の小さな細かな物は交通カードで決済すればコンビニなどでは問題なさそうですし、交通ICカードに対応していないスーパーなどではクレジットカードで決済してしまえば、かなりキャッシュレスな生活が実践できそうな気がします。

お札の決済で釣銭をもらって小銭が発生した場合には、財布に入れずにポケットなどに入れるよう、ICカードにチャージするなどを徹底すればセミキャッシュレスな生活=コンパクトな財布は実現できそうです。

実際問題で小銭を減らすと財布の厚みも薄くなりますし、重量も軽くなるのをすぐに実感できますから日常と自転車の財布を共用するためには小銭の切り捨ては必須と言っても過言ではないでしょう。

自転車用と日常用で使える財布

自転車用と日常用で使える財布を検討した時の条件は

● カード類が10枚程度は収納できる
● 大きすぎないポケットサイズ
● 防水仕様
● オトナが持っていても恥ずかしくないもの

というような感じになります。

ロードバイクやクロスバイクなどの自転車に乗っていると汗をかきますし天気予報が外れて雨に振られることもあります。なので財布は防水仕様の物を選びたいと考えています。

Bellroy All Conditions Wallet

Bellroy All Conditions ウォレット Black

それで色々検討してみた結果、候補として残ったのはベルロイのオールコンディションズウォレット

財布と言うよりは小型のポシェット的な物ではありますが、防水仕様で必要最低限の物は持ち運びが出来そうです。材質もレザーとのことなので、オトナが持っていてもまぁ許されるかなという感じがします。

サイズは103mm x 70mmです
一般的な名刺サイズが91mmx55mmですから名刺よりも一回り大きいくらいですね。

うーん、もう少し大きくても良いかもしれない。

● カード類最大12枚
● 防水レザー
● サイズ 103mm x 70mm
国内販売店ページ

All Conditions Phone Pocket Standard

Bellroy All Conditions Phone Pocket - Standard ウォレット Burnt Orange

Bellroy All Conditions Walletよりももう少し大きなサイズで手頃な財布が無いかというところで見つけたのが同じくベルロイのオールコンディションズフォーンポケットスタンダードです。

基本的にはオールコンディションズウォレットと同じ仕様でサイズだけが異なり92mm x 156mmというサイズ。

官製はがきが100mm x 148mmなのでハガキサイズと思えば大きく違わないと思います。ギリギリポケットに収まるくらいのサイズですね。

上記の画像は商品紹介の動画をキャプチャしたものですが、悪くないサイズ感ですね。

フォーンポケットスタンダードという商品名の通りでスマートフォンも収納できるサイズにしているようです。

個人的にはロードバイクやクロスバイクなどの自転車に乗る際はスマートフォンも必須アイテムの一つなので、財布の中にスマートフォンを収められるというのはポイントが高いです。

スマートフォンは財布と別々に持っていると意外とあちこち探さないと見つけられなかったりもしますし、落としてしまう可能性もありますから、こうして財布に収納できるのは自転車に乗る時には非常に良いことだと思います。

● カード類 8枚程度
● 防水レザー
● サイズ 92mm x 156mm
国内販売店ページ

価格も高過ぎず安過ぎずでちょうど良い頃合いですし、自転車用と日常用でなかなか良さげなので、上記のベルロイの財布をちょっと本気で検討してみようかなと思う今日この頃です。

-おすすめ自転車情報, おすすめ自転車用品, バッグ・財布, 自転車用品

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2017 All Rights Reserved.