*

クロスバイクを10速化(11速化)する際に必要だった工具など一覧

クロスバイクを10速化(11速化)する際に必要だった工具など一覧

初めて買ったスポーツバイクがクロスバイクでしたが、しばらく乗っているうちにスポーツバイクの楽しさを知り、すぐにロードバイクが欲しくなりました。

しかし独身ならいざ知らず、結婚して妻子ある身としては、ロードバイクが欲しいからと言って自分の意思だけで買えるわけはなく、せめてクロスバイクでもっと軽快な走りができるように、クロスバイクの8速のコンポーネントを総取っ換えしてShimanoの105で10速化(のちに11速化)しました。

作業を行うにはパーツ以外にも工具が必要なわけですが、僕は最初からクロスバイクの改造やカスタマイズ、それからメンテナンスをきっちりやるつもりで、クロスバイクを購入した早々にBIKE HANDの ツールボックス 自転車用工具セットを購入していたので、どうにかなるだろうと思っていました。

ところがいざ作業に入ってみると、工具セットに含まれている工具以外にも必要な工具が意外と多く、その度に作業を中断して工具を注文する必要がありました。

それらのコンポーネントを換装する際に必要な工具についてまとめておこうと思います。

sponsored link

クロスバイクを10速化(11速化)する際に必要な工具

ロスバイクを10速化(11速化)する際に必要な工具
まず最初に、自転車のメンテナンスやカスタマイズに必要な工具の基本とも言える、六角レンチやペンチ、ドライバー、ワイヤーカッター、スパナなどの類は自転車用工具セットを購入すれば一通り必要なモノは揃います。

そこまで細かく解説しても良いのですが、コンポーネントの換装までやろうとする人は既に所有している工具ばかりと思うので、ここでは通常の工具セットには含まれていないような専用工具などを中心に掲載しておこうと思います。

クランク周りで必要な専用工具

クランク周りは専用工具が多いです。

コッタレス抜き

クランクを取り外す際に必要なコッタレス抜き
これが無いとクランクを取り外すことができない専用工具。

クランク取付工具

クランクを取り付ける際に必要なクランク取付工具DY” locale=”JP” title=”SHIMANO(シマノ) TL-FC16 Y13009220 クランク取付工具”]

アダプター戻し工具

ボトムブラケットを外す際に必要なアダプター戻し工具

BBユニット取付工具

ボトムブラケットを取り付ける際に必要なBBユニット取付工具

スパナ・レンチ

31~32mmの太いサイズのスパナやいくつかのサイズのレンチが必要になるため、サイズ調整できるモンキーレンチも用意しておいた方が良いです。

ゴムハンマー

固着してしまったBBやクランクに衝撃を与えると緩むことがあります。衝撃を与えたい時に便利なのがゴムハンマーです。

クランク周りは締め付けトルクも高めなパーツ類が多く、上記の工具がなければ作業は進められなくなるので必須の工具になります。

チェーン周りで必要な専用工具

チェーンカッター

チェーンの長さを調整するための工具。
チェーンカッターにはコンパクトサイズなものや大きなものなどありますが、自宅で作業するには大きな方が使い勝手が絶対に良いです。

僕は安物のチェーンカッターを買ってすぐに調子が悪くなり、コネクトピンが上手く押し出せずにチェーンを二本無駄にしたことがあります。安物買いの銭失いそのものでした。

ミッシングリンク

チェーンにミッシングリンクを嵌めることで、チェーンカッターを使わずとも、チェーンの付け外しができるようになる便利なパーツです。無くても良いモノですが便利なので僕は使っています。

【参考】 自転車チェーンにミッシングリンクを付けてみた結果と作業のポイント|Escape airと自転車ライフ

ミッシングリンクリムーバー

ミッシングリンクの取り付け取り外しは個体差があるようですが、基本的にはなかなか取り付けられない、取り外せないという問題があるので、その際にはミッシングリンクリムーバーというミッシングリンクの付け外しだけを行なう専用工具を使うと簡単に付け外しが出来ます。

【参考】ミッシングリンクが外れないのでミッシングリンク用リムーバーを購入|Escape airと自転車ライフ

参考:ミッシングリンクが外れないのでミッシングリンク用リムーバーを購入

スプロケット周りで必要な工具類

フリーホイールリムーバー

スプロケットを外す際にスプロケットを固定してロックリングを外す為に必要な工具。

ロックリング締め付け工具

ロックリングを回す為の工具。
フリーホイールリムーバーとセットで使用する。

その他で必要な工具類

トルクレンチ

トルク指定のあるパーツも結構あります。
本当はKTCあたりのデジタルのトルクレンチを使った方が校正などを考えると良いと思いますが、僕が買ったのは安物です。
低めのトルク指定がされている場所は万が一の時を考えて、指定トルクよりも低めに設定しておいてから作業するようにしています。
もちろん、トルクレンチの保管時はトルクのメモリを最小にしておくのも忘れてはいけません。

メンテナンススタンド

本格的なほうが断然作業はしやすいと思います。特に力が必要なクランク周りの作業ではガッチリしたメンテナンススタンドの方が絶対に良いです。

僕の場合は、そんな予算もスペースもなかったので安物のディスプレイスタンドで作業しましたが作業効率はあまりよくありませんでした。

とにもかくにも、これがないと自転車を自立させられませんし、ディレーラー調整が出来ないので必須の道具です。


メンテナンスブック

この本が無ければ、実際問題で作業は不可能だったと断言出来ます。ものすごく助けられました。
シマノのマニュアルをベースに編集されたような本なので写真解説付きマニュアルと言えるくらいの本だと思います。しかしあくまでロードバイク用のコンポーネントなどの解説なのでVブレーキなどの解説が無いため、他にクロスバイクのメンテナンスブックなどが有った方が良いです。

【参考】ROAD BIKE MAINTENANCE BOOK for SHIMANO ロードバイク メンテナンスブック[シマノ編] |Escape airと自転車ライフ

クロスバイクを10速化(11速化)する際に必要な工具のまとめ

クロスバイクを10速化(11速化)する際に必要な工具のまとめ

クロスバイクのコンポーネントを換装して10速化(11速化)しようと思うと、いろいろな専用工具が必要になり、実際問題で特定の作業でしか使わないような工具も沢山出てきます。やり方や作業方法よっては、まだ必要なものもあるかもしれません。

僕は最初に工具セットを購入しましたが、必要な工具がある程度揃っている反面、工具セット使わない工具も沢山あるので、必要なモノをその時その時で買いそろえるのが良いと思います。

工具セットに工具がきちんと収まっているのもカッコ良いんですが、途中で紛失したり、工具自体が壊れてしまうこともあり、そうなると歯抜け状態でカッコ悪いのですよね。実際問題で僕も安い工具セットを買いましたが、チェーンカッターが壊れてしまったので、オリジナルの工具箱を捨てて別の工具箱へ移し替えました。

なにはともあれ工具だけでも最初は結構な出費になってしまって大変だぁと思いましたが、クロスバイクやロードバイク等のスポーツバイクに乗り続けることを思うと、メンテナンス工具は必須になってくるので、長い目で見れば良い買い物になったと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑