クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

子供と自転車ライフ 自転車全般

子供用自転車のタイヤサイズと適正身長の目安と経験談

更新日:

子供用自転車のタイヤサイズと適正身長の目安と経験談

我が子に初めて自転車を買い与えたのが4歳ででした。

一般的には4~5歳が乗る自転車は16インチくらいが適当と言われているようですが、BMXタイプの自転車を選んだので一般的なサイズよりも小さい14インチの自転車を購入しました。

それから時は経ち、こどもは小学校へ入学。
周りのお友達は小学校に入学と同時に新しい自転車を買ってもらったようで一回り大きめの自転車を乗るようになっていました。

我が子も身長が120cmくらいになり、 BMXタイプの自転車と言えど流石に14インチの自転車では小さくなってしまったので新しい自転車を購入することになりました。

そこで悩んだのが子供用自転車のタイヤのサイズです。

調べてみた結果、一応基準のようなものがあるようなので下記に掲載しておきますが、数値はメーカーや自転車のタイプによってマチマチですし、手足の長さなどの体格の違いもあるので、あくまで参考程度の数値のようです。

なので、実際にはタイヤサイズを参考にして自転車に跨ってみて調整をしてもらうのが良いと思います。

子供用自転車のタイヤサイズと適正身長の目安

子供用自転車のタイヤサイズと適正身長の目安

● 12インチ 80−100cm 2歳〜4歳
● 14インチ 90−105cm 3歳〜5歳
● 16インチ 100−115cm 4歳〜6歳
● 18インチ 105−120cm 5歳〜7歳
● 20インチ 110−135cm 6歳〜9歳
● 22インチ 115−145cm 7歳〜
● 24インチ 125−145cm 8歳〜
● 26インチ 135−160cm 10歳〜
● 27インチ 150−180cm

上記は色々な情報を複合して、だいたいこの辺りかなというような数値になります。

ただし、下記のようにいくつかの注意すべきポイントがあるのであくまでサイズ選びの参考程度の数値と考えたほうが良いでしょう。

備考

● メーカーによっても差がある
● マウンテンバイクやBMXなど自転車の種類でも違う
● 大人用と子供用では違う
● 個人の体型(腕や足の長さ)で変わる

自転車のサイズ選びのポイント

子供用自転車のタイヤサイズと適正身長の目安

大きすぎる自転車は選ばない

自転車のサイズが大きすぎると子供は怖がって乗ることができませんし、仮に乗れたとしても転倒する危険もあるので、サイズ選びの際には大きすぎる自転車は選ばない方が良いでしょう。

親としては出来るだけ長く乗って欲しいと思い大きめの自転車を購入したいと思いますが、子供は自分が乗りやすいサイズにならないとなかなか上手に乗ることが出来ませんし、自ら進んで乗ろうともしないと思います。

つまり、小さめだけど適正サイズを買えば、子供も積極的に自転車に乗るようになり早く上達するでしょうし、大きめを選んで「長く乗れる自転車を」と考えても、乗れない期間が伸びるだけで、乗れる時間は結局同じです。むしろ怖がって乗らない時間の方が長くなるかもしれません。

子供用自転車の買い換え期間は2年か3年

我が家の場合、最初に自転車を買い与えたのが4歳の誕生日でした。

しかし実際に乗れるようになったのは6歳の誕生日を迎えた後でした。

個人的には「7歳まで乗られるようになれば」と思い購入した自転車でしたが、自転車に自由に乗れるようになった6歳の頃には既にサイズが小さくなってしまっていました。

子供の身長は5歳〜7歳までの間には毎年10cmくらい伸びますし、どのような自転車を選んだとしても同じサイズの自転車に長い期間乗るというのは難しく、買い換え期間は2年〜3年と考えるのが良いと思います。

しかも最初の自転車に関しては、ほとんど練習のための自転車ですし、子供だけでどこかに出かけるなんてこともないので、自転車の走行距離もかなり少ないので綺麗なままその役割を終えることになります。

なので、最初の自転車などは安物で使い捨てるくらいのレベルのもので十分かもしれません。きっと乗れなくなる頃になってもほとんど新品に近い状態のはずです。

逆に、小学校に入ってからは子供だけで行動する時間も増えて体力もついてきますから、自転車に乗る機会も走行距離も増えてくるので、それなりにしっかりした自転車を選ぶのが良いんじゃないかと思います。

我が家の場合は最初の自転車から「しっかりとしたものが良いだろう」と考えて4万円を超えるような自転車を選びましたが、結局、きちんと乗れたのは実質一年くらいしかなく、しかも週末くらいしか乗らなかったため、ほぼほぼ新品という状態でサイズが合わなくなってしまいました。

幸い我が家には弟がいるので引き続き使用出来るので無駄にはなりませんが、一人っ子だった場合は「勿体無いなぁ」と思うレベルの綺麗さで処分してしまうことになったと思います。

なので最初は安くても良いので乗りやすいサイズの自転車で沢山の練習してもらって、乗れるようになってからちゃんとした自転車を買えば良いんじゃないかと思います。

ちゃんとした自転車の基準

では「ちゃんとした自転車」ってどの程度の自転車なんだ?ってことになりますが、判断基準はやはり価格だと思います。

僕の知り合いの自転車屋さんのオーナーが言っていましたが、パーツなどしっかりと耐朽性のあるもの、それなりの品質のものを使用すると3万円〜というのがちゃんとした自転車の基準ラインになるんじゃないかということです。

その点は大人用の自転車にしても同じで、いわゆるルック車と呼ばれる安物の自転車とスポーツサイクルと呼べるレベルの自転車とでは耐久性も走行性能も違います。

ホームセンターで売っているような1万円程度の自転車はすぐにボロくなってしまうのと同じで、安いには安いなりの理由があるというわけです。

特に子供が乗るものですから、安全面も考えてちゃんと乗れるようになった後はしっかりとした自転車を選ぶのが良いんじゃないかと思います。

子供用の自転車を購入するさいのポイントのまとめ

● 最初は楽しんでもらうことを優先して乗りやすいサイズを選ぶ
● 最初の自転車はほとんど乗らないので安くても良い
● 小学生になった後の自転車はしっかりした品質の自転車を選ぶ
● ちゃとした自転車の価格は三万円

以上、子供用の自転車のタイヤサイズと適正身長の目安、そして僕個人の経験談のまとめでした。

関連記事

自転車ライフは結婚と子育てに関する記事は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

-子供と自転車ライフ, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2020 All Rights Reserved.