クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

道路交通法・ルール

自転車が走る場所を示す青い舗装道路のルール解説

更新日:

自転車が走る環境が徐々に整備されはじめ、東京都内でも見かけることが多くなった青く塗装された道路。

この青く塗装された道路は基本的には自転車が走るべき道のようですが、道路全体が青く塗装されていたり、矢羽根と呼ばれる青い矢印だったり、青い舗装と言っても色々なパターンがあります。

どれも同じ自転車が走る場所を示しているかと思っていましたが、実はそれぞれに意味が違うようなので、青く塗装された道路の意味とルールについてまとめてみることにしました。

青く塗装された道路のルール

道路の左端が青く塗られた道路

自転車専用通行帯のある道路

道路の左端が青く幅広く塗装された道は自転車専用通行帯と呼ばれる道で自転車だけが走ることができる専用道路です。

基本的には一方通行となりますが双方向で走れる自転車専用帯もあります(後述)。

自転車専用帯のある道路を自転車で走行する際の注意点としては、自転車専用通行帯のある道路では自転車は自転車専用通行帯を通行しないといけないことになっているので、歩道を走ることはできません

ちなみに、自転車専用通行帯があっても車道を走るのは許されるようですが、基本的には自転車専用通行帯を走った方が良いと思われます。

道路の左側が青いラインで区切られた道路

自転車専用通行帯

個人的にはまだ見かけたことがありませんが、道路の左側が青いラインで区切られた道路も自転車専用通行帯となります。これは青いラインの上を走れということではなく青いラインから左側は自転車専用の道路となるようです。

何にも知らないと、いざ出くわした時に「この自転車専用通行帯って細っ!!!」と驚いてしまうかもしれませんね。

片側にだけ双方向自転車専用通行帯がある場合

双方向自転車専用通行帯

今回いろいろと調べた中で最も「え!? そうなの!?」と驚いたのが双方向自転車専用通行帯が片側にしか無い場合の自転車の走る場所についてです。

双方向自転車専用通行帯とは、どちら方向でも自転車が走行出来る自転車専用通行帯のことですが、この双方向自転車専用通行帯が片側にしか無い道では、自転車は原則として自転車専用通行帯を走行しなければいけないという決まりがあるため、反対車線の歩道は走れなくなるようです。

つまりは、道路の片側にしか双方向自転車専用通行帯が無い道を見つけたら、反対側まで移動して自転車専用通行帯を走らなければいけないというちょっとおかしな状況になるというわけです。

3.片側に双方向通行の自転車道のある道路
・自転車道のある道路では、自転車は自転車道を通行しなければいけません。このため、自転車道が設置されていない側を自転車は通行することはできません。
via:http://www.mlit.go.jp/road/road/bicycle/pdf/guideline.pdf -参考-Ⅱ-5-

青い矢羽根が書かれた道路

青い矢羽根

矢羽根と呼ばれる矢印状のマーク。
矢羽も都心でよく見かけるようになった表示ですが、青い矢羽根は自転車の走るべき範囲を、自転車と自動車の運転手双方に対して明確にするための塗装であり、自転車専用道路というわけではないようです。

自転車に対しては「矢羽根のところを走りなさい」、自動車に対しては「矢羽根のところを自転車が走るから気をつけて」というような感じで、自転車が走るべき場所を明確に示しているという具合になります。

青い矢羽根が書かれた道路

青い矢羽根が書かれた道路

車道の外側を示す車道外側線と重なるように青い矢羽根が書かれた場所や、車道外側選の内側、つまりは車道に青い矢羽根が書かれた場所なども存在しているようです。

自転車に乗る立場からすれば、この青い矢羽根があることで、自転車や自動車のお互いが走行するべき基本的な位置がハッキリと理解できるので、無駄な幅寄せなども減りそうですね。

自転車ピクトグラムのルール

自転車ピクトグラムのルール

路上に塗装された自転車マーク(ピクトグラム)にも決まりがあるようなのでついでにまとめておきます。

● 自転車のピクトグラムは幅が75cm以上。
● 進行方向に対して自転車は左向き。(左側が前)
● 進行方向の矢印とセット。
● 白色で表現する。

というのが基本です。
しかしながら、今現在は、いろいろなピクトグラムが混在しているため、ゆくゆくはルールに添ったピクトグラムに統一され、ルールに添っていないピクトグラムについては撤去されていくようです。

自転車ピクトグラムのルール

上記のようなルールに添っていないようなピクトグラムは撤去される方向で話が進んでいくようですが、今現在、都内を中心に増殖している自転車マークは上記の自転車ピクトグラムのルールには沿っていないですよね・・・?

青い舗装道路と自転車についてのまとめ

以前は青く舗装された道路はたまに見かける程度だったのでルールを曖昧に認識していてもそれほど困ることもなかったのですが、徐々に自転車のための環境が整備されてきた中で青い舗装道路に遭遇することも多くなってきました。

「青い舗装道路には何か意味があるのかな?」と疑問に思い、改めて調べてみると、認識が違っていた部分などもあり、ちゃんと調べてみて良かったなと思います。

青い舗装道路はここ数年で急激に増えて来た感じで、僕同様に曖昧な理解の人もきっと多いのではと思います。

また、青い舗装道路は一部では自動車が右折レーンを認識しやすくするためにも使用されていたり、水色ではなく緑色で舗装されていたりして、色によっての使用方法が統一されていないという問題があります。

これは道路交通法などでカラー道路について指定されていないことが原因のようで、路面の色やマークが増えて複雑になり、却って混乱を招いたり、分かりづらさの原因になっていたりもするので、このあたりも改善されていくと良いなと思ったりもします。

なにはともあれ青い舗装道路についてしっかりと学んでルール違反をしないように気をつけましょう。

関連記事

カラー道路については下記の記事で解説しています。

参考 → カラー道路の色の意味を調べて驚いたこと

自転車マナーと交通規則やルールに関する記事は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

-道路交通法・ルール

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.