*

最強の自転車盗難防止対策はダブルロック

公開日: 盗難対策, 自転車全般

最強のクロスバイクやロードバイク盗難防止対策

自転車に付いて回るリスクと言えば盗難。
とりわけクロスバイクやロードバイクはパーツ単位で売り捌けることから盗難被害に遭いやすく、日頃から盗難被害に遭わないように自転車泥棒対策はしておいた方が良いということになります。

自転車の盗難防止の基本はまず施錠
自転車から少しでも離れる場合には、ちょっとコンビニに立ち寄る程度であったとしても必ず施錠する、というのはロードバイクやクロスバイクに限らず全ての自転車において共通した基本だと思います。

sponsored link

施錠した自転車でも盗まれてしまう

自転車を自転車泥棒から守るためには施錠が基本ではあるのですが、施錠をしても盗まれてしまうよ、という少し気になるニュース記事を発見しました。

自転車盗難、施錠と無施錠で被害同数 苫小牧(2015/9/8 北海道新聞)

記事を要約すると、2015年1〜7月に盗難被害に遭った122台を調べたら、施錠してあった自転車が61件で丁度半数。2011年~14年の年間盗難件数でも、盗難された自転車のうち施錠してある自転車が約半数だったそうです。

記事のタイトルは少し言葉遊びをしていて、実際には施錠してある自転車と無施錠の自転車の分母数が全く違うので盗難リスクは同じではないという点は注意が必要です。

この結論として、自転車の施錠は盗難防止対策の基本として施錠は大切だけれど、鍵はひとつでは自転車盗難のリスクはまだまだ高いので、二つ以上施錠するダブルロックを励行してくださいというような内容でした。

ダブルロックでクロスバイクやロードバイクの盗難対策

クロスバイクやロードバイクを自転車泥棒から守るにはダブルロック

一般的なシティサイクルで一般的な鍵と言えば後輪に装備してあるサークル錠だと思いますが、比較的簡単に開錠出来てしまう鍵としても有名で、僕が学生の頃などもマスターキーと呼ばれる鍵に細工をしたものが流通していたのを覚えています。

最近のサークル錠はその点が改良されて、それなりに防犯性も高くなっているようですが、街の自転車を見る限り普及率はまだまだ高くはなさそうです。

一方、クロスバイクやロードバイクで良く見かけるのが、携帯性の良さやお手軽さからワイヤー錠をよく見かけますが、細いものだとワイヤーカッターがあれば簡単に切断出来てしまえるため、いずれにしても気休め程度の施錠と言えるかもしれません。

要するに、街中で見かける多くの自転車が、いつ盗まれてもおかしくない状態で駐輪されているというわけです。

そこで推奨されるのがダブルロックと呼ばれる鍵を二つ付ける防犯対策になります。

ロードバイクやクロスバイクの場合の盗難対策

ロードバイクやクロスバイクの場合のダブルロック

クロスバイクやロードバイクの場合は、一般的な自転車と比べると高価であったり、バラしてパーツ単体でも売り捌けてしまうことから、自転車の中でも盗難に遭い安いと言えるでしょう。

なので、自転車を盗難されてしまわないように、屋外に長時間放置しない、というかそもそも自転車から離れるようなことはしないという人も多いのではないでしょうか。

放置するにしてもダブルロックや地球ロックは当たり前と思っている人も多いのではと思います。

今更感はありますが、クロスバイクやロードバイクの基本的な施錠方法について一応まとめてみました。

ワイヤー錠などの長さのある鍵で地球ロック

ロードバイクやクロスバイクの場合は自転車そのものだけでなく、付属しているパーツも高価なものだったりしますし、ホイール等はクイックリリースで簡単に外せるためホイールだけを盗まれたなんていう話もよく耳にします。

なので、ロードバイクやクロスバイクの盗難対策の場合は、自転車だけでなく、ホイール等も盗まれないように気をつけなければいけません。

また、施錠していても、トラック等でやってきて、自転車そのものを持ち去る可能性もあるので、持ち去り防止も踏まえた施錠をする必要があります。

そこで最も有力なのが自転車を電柱やガードレールに固定する地球ロックと呼ばれる施錠方法になります。

地球ロックできる鍵としてはワイヤーロックや折りたためるフォールディングロックがあり、それぞれ一長一短の特徴はあるものの、長さがあるのが共通した特徴です。

この長い鍵を使って、まずはホイールに鍵を通し、続いてガードレール等の持ち去れない物とフレームを結んで施錠するわけです。

この際、できるならばホイールは前後ともに鍵を通した方が良いですし、逆に絶対にやってはいけないのはホイールだけ施錠するという方法です。

ホイールは取付け取り外しが簡単なので、ホイールだけ残されてメインは全て持ち去られたなんていうことも有り得ます。

実際に僕の知り合いは施錠していた前輪以外を盗難されてしまいました。

U字ロックは単体最強の盗難防止対策

僕が自転車泥棒だったとして考えると、施錠されていると嫌だと思う鍵で真っ先に思い浮かべるのはU字ロックです。

僕自身U字ロックを使用していますが、もし鍵を失くしたらと思うと不安になってしまうほど、どう開ければ良いのか解らないのがU字ロックで、他の鍵とくらべても防犯性の高い鍵と思います。

U字ロックでも地面に触れるような低い場所で施錠されている場合は、ジャッキなどを使って破壊できるようですが、高い位置に施錠されている場合には、ジャッキ等は使えなくなるため、破壊するのがかなり難しくなり、取付ける位置さえ間違わなければ単体では最強の鍵ではないでしょうか。

地球ロックとU字ロックのダブルロックで最強の盗難対策

地球ロックとU字ロックを組み合わせたダブルロックだとかなり強力な盗難対策になると思います。

もしも自転車泥棒がこの組み合わせのダブルロックを見たならば、すぐに盗む対象から外してしまうに違いありません。

実際問題で、僕のクロスバイクはこの組み合わせのダブルロックですが、屋外保管をし続けて4年ほど経った今でも盗難知らずです。

シティサイクルの場合のシティサイクルの場合の盗難対策

シティサイクルの場合の盗難対策

シティサイクルやママチャリの場合は後輪のサドル下にサークル錠が装備されているのが標準だと思います。

しかし、サークル錠は簡単に開けられてしまいやすい鍵だったりするので、シティサイクルの場合でもダブルロックを基本とした方が良いと思います。

盗難対策を考えれば、個人的にはU字ロックがおすすめですが、通学・通勤などでなるべく荷物を少なくしたいと考えると、ブレードタイプの自転車用の鍵でありフォールディングロックが便利だと思います。

フォールディングロックは使用しない時には折りたためてコンパクトになるのでポケットやバッグでも嵩張らず、携帯に便利なのです。

ブレードタイプの自転車様の鍵フォールディングロック

ブレードタイプの自転車様の鍵フォールディングロック

フォールディングロックは多関節のため、関節攻めに弱いという弱点があるようですが、普通に考えてシティサイクルをそこまで必死になって盗む理由もないわけで、基本のサークル錠とフォールディングロックのダブルロックであれば、十分な盗難対策になるのではと思います。

目立つ色の自転車用の鍵を付けて自転車泥棒にアピール

自転車の盗難対策の意外なポイントとして、目立つ色の鍵を付ければ良いと言われています。

目立つ色の鍵をすることで、自転車泥棒に「しっかり盗難防止対策をしていますよ」とアピールできるのです。

シティサイクルなどを狙う自転車泥棒は、ロードバイクやクロスバイクなどのように転売目的ではなく、その時の”足”として盗むことが多いでしょうから、わざわざ鍵が多く付いている自転車を盗もうという気にはならないでしょう。

シティサイクルは街中に放置して捨てるほどあるわけですから、わざわざ鍵付きの難易度の高いものを盗まなくても良いわけで、目立つ色の鍵を付けることで、盗難防止対策となるわけです。

自転車を自転車泥棒から守る盗難対策はダブルロックが最強

自転車を自転車泥棒から守る盗難対策はダブルロックが最強

実際問題で、どんなに厳重に施錠していたとしても盗まれる時は盗まれてしまうもののようで、ダブルロックやトリプルロックなどでも盗まれたという話はよく聞きます。

しかしながら確実に言えることは、施錠してある自転車と無施錠の自転車とでは盗難に遭うリスクは大きく違いますし、鍵の数が増えれば増えるほど、それに比例して盗難防止効果も高くなるはずです。

自転車泥棒だって商売を目的にしているのであれば、効率を重視することになるので、売っても二束三文にしかならない、盗むまでが面倒などの自転車は基本的に無視して盗りやすいところから盗るんじゃないかと思われます。

そんなわけで、ダブルロックにするだけでも相当な盗難防止効果があると思われるので、ダブルロックをしていない方は検討してみるのが良いと思います。

ちなみに僕の場合は、フォールディングロックとU字ロック、それから地球ロック用にダブルループタイプのワイヤーを使用して施錠しています。

ちょっとした一手間で、盗難防止効果がかなり変わります。
以上、自転車を自転車泥棒から守る盗難対策はダブルロックが最強!というお話でした。

Comment

  1. 通りすがり より:

    通りすがりで失礼します。

    自転車泥棒の多い街で育ったので、「複数の鍵を付ければ良い」という論調はちょっと違和感があります。

    もちろん、錠1個よりは錠2個の方がマシなことは間違いないですが、自転車泥棒にとっては「錠#1の開錠時間 + 錠#2の開錠時間 + 錠#3の開錠時間 + …」の合計こそが盗むか盗まないかの判断材料だと思いますので、どちらかと言うと錠の強度こそが重要だと思います。

    私が子どものころは前輪につけるチャチな棒状の錠が一般的だったのですが、これは大人の男性が蹴れば一発で開錠できてしまう代物でした。チャチな錠を2個つけるよりも U 字錠を1つつける方が狙われにくくなると思います。高校の時の後輩は、14個くらい錠をつけていたのに盗まれたことがあります。

    通りすがりなのに偉そうに書いてしまいすみません。

    • escape air より:

      通りすがりさま
      コメントありがとうございます。確かにそうですね。量より質が最も大切なことと思います。
      そしてより難易度の高い鍵を2つ以上使うというのがベストなのでしょうね。
      言葉足らずを反省です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑