おすすめ自転車情報 おすすめ自転車情報 ライト 自転車メンテ・改造 自転車全般 豆知識・基礎知識

自転車ライトの明るさの単位と目安について

投稿日:

自転車ライトの明るさの単位と目安

自転車ライトは自転車で夜間走行する際には必ず装備しないといけない必須アイテムです。

なので、クロスバイクやロードバイクに限らず一般的なシティサイクルなどでもライトが装備されていない場合はライトを自転車本体とは別に購入する必要があります。

僕が初めて買ったクロスバイクにもライトが装備されていなかったので、愛車のESCAPE Airを購入したGIANTストアでライトも一緒に購入しました。

購入したのは「とりあえず安物でも良いか」という思いもあり、お店においてあった最も安いボタン型電池式の小型のライトでした。

結局、その時に買ったライトは、ボタン型電池のためランニングコストも高く、また、市街地を走行するにしても不満を覚えるほどの明るさだったので、後日、明るいバッテリー式のライトを購入しなおしました。

今にして思うと、もう少しライトに関する知識があれば、無駄な買い物をしなくても良かったと思ったりするわけで、反省の意味も含めてロードバイクやクロスバイクに取り付けるためのライトの明るさについてまとめて置こうと思います。

自転車用のライトの明るさの単位

自転車用のライトの明るさの単位

明るさの単位

自転車ライトで良く見かける明るさの単位と言えば以下の三種類です。

● ルーメン Lumen : 光源の明るさ
● カンデラ Kandela : 特定の方向に向かう光の強さ
● ルクス Lux : 照らされた場所の明るさ

それぞれの単位について詳しく書こうと思うと、本題とは違った壮大なものになってしまうので、簡単に説明してみると、ルーメンは光源の明るさ、カンデラは特定の方向に向かう光の強さ、ルクスは照らされた場所の明るさという感じのようです。

同じ強さの光でも、照射方向や照射角でそれぞれの数値が変わってしまうため、正確な明るさを知りたい場合はいろいろと条件を決めた中で比較しないと一概に暗い、明るいは判断出来ないなどというややこしいものでもあります。

例えば懐中電灯を真下に向けて照らした場合の地面の明るさと、斜めに向けて照らした地面の明るさでは違いがありますし、同じ真下を向けて照らしても地面から離した場合と、近づけた場合でも地面の明るさは異なる、といった具合です。

が、小難しい話はWikipediaや他のページを見ていただくとして、ここではいずれの単位も数値が大きければ大きいほど明るくなる、ということを覚えておけば良いかと思います。

ちなみに一般家庭で使われるようなシーリングライトなどの場合60ワット程度でだいたい800ルーメン程度の明るさになるようです。

主要ライトメーカーのスペック表記

自転車用ライトを製造する主要メーカーのスペック表記に使用している明るさの単位は下記の通りでした。

ライトメーカー採用している単位
CAT EYE キャットアイルーメン/カンデラ
LZYNE レザインルーメン
knog ノグルーメン
GENTOS ジェントスルーメン/カンデラ
Blackburn ブラックバーンルーメン

上記のような感じで自転車用ライトを製造販売しているメーカーが商品パッケージに採用している明るさの単位は、ルーメン表記がほとんどという状態のようです。

つまり、自転車のライトの明るさを調べる際にはルーメンさえ見ておけば、各社のライトの明るさが比較できるというわけです。

自転車のライトで必要と思われる最低限の明るさは?

自転車のライトで必要と思われる最低限の明るさ

ライトは明るければ明るいほど良いと言えると思います。
大は小を兼ねる的に明るいライトは明るさを調整したり角度を調整することで対応できるからです。

しかし、明るさに比例して高価になる場合がほとんどで、ライト単体で数万円してしまうものもあります。

そこまで明るいライトは必要無いけど、ほどほどに明るい、そこそこ明るいライトを入手しようと考えた際に最低限必要なライトの明るさはどれくらいかということを僕自身の経験も踏まえて考えてみると下記のような感じです。

明るさ適した場所
〜100ルーメン商店街など明るい場所
100〜200ルーメン街灯の整備された幹線道路
200〜300ルーメン街灯の整備された道路
300〜600ルーメン街灯の少ない市街地の暗い道
600〜1000ルーメン街灯の少ない郊外・田舎の暗い道
1000ルーメン〜街灯のない暗い道
山道・サイクリングロードなど

商店街など明るい場所に必要な自転車ライトの明るさ

商店街などは街灯やお店の灯りで充分にあかるため、ライトを点けなくても困らないくらいの明るさが既にあるため、100ルーメン程度の明るさがあれば充分だと思います。

人が多い場所でもあるので、明る過ぎると逆に歩行者に対して迷惑になってしまう可能性も有ります。

商店街を主に通る人は明るいライトは必要無いと言えるでしょうし、明るいライトを持っている人の場合は商店街を通る際にはライトを下に向けたり、弱モードを使用するなどが良いと思います。

街灯の整備された幹線道路に必要な自転車ライトの明るさ

街灯の整備された幹線道路の場合も充分に明るく、場所によっては昼間のように明るい道もあったりするので、100〜200ルーメン程度の明るさのライトがあれば充分だと思います。

この程度の明るさがあれば、とりあえず通行する自動車などにも存在をアピールすることができるはずです。

街灯の整備された道路に必要な自転車ライトの明るさ

街灯が一定間隔で整備されていて、肉眼でも建物の形や人などが認識出来るレベルの市街地や住宅街などの道路であれば200〜300ルーメン程度あれば充分かと思います。

郊外や田舎にありがちな、街灯の間隔が広い幹線道路などを走る場合もこの程度の明るさがあると安心です。

街灯の少ない市街地の暗い道に必要な自転車ライトの明るさ

なんとなく建物や人影が判る程度の明るさしかない市街地の暗い道の場合は300〜600ルーメン程度の明るさがあった方が良いと思います。

明るさのレベルで言えばそこそこ明るいライトが必要になりますが、歩行者や障害物などの存在を早めに知ったり、自動車等に自分の存在をアピールできる明るさになります。

街灯の少ない郊外・田舎の暗い道に必要な自転車ライトの明るさ

郊外や田舎にありがちな、街灯がたまにしか存在しないような道路を走行する場合は600〜1000ルーメン程度の非常に明るいライトを使用した方が良いでしょう。

街灯の少ない道路の場合、整備されていないことも多々有りますし、道路情況を把握して凸凹が無いかなどを把握するためには明るく広範囲を照らしてくれるライトが有れば安心です。

この程度の明るさになると、対抗して来る人や自動車にとってはかなり眩しいレベルのライトになるので、必要に応じてライトの角度を下げるなどの気遣いも必要になってきます。

街灯のない暗い道に必要な自転車ライトの明るさ

街灯が無く、ほとんど暗闇に近い山奥の道や河川敷沿いのサイクリングロードを走行したりする場合は1000ルーメン以上のライトが必須になると思います。

明るい自転車用のライト

明るい自転車用のライト

数年前までは充電式のライトなどで使われているLEDライトは暗くて300ルーメンくらいが限界だったように記憶していますが、最近では1000ルーメンを越えるようなかなり明るいライトも登場してきました。

さすがに市街地で1000ルーメンなどはオーバースペックだと思いますが、そのような明るライトの場合は光量の調節機能もありますし、ライトの角度を変更することで明るさを調整することもできますから、予算に余裕があるのであれば、明るいライトを購入しておくと困るようなことはないと思います。

キャットアイのVOLT1700は1700ルーメン

自転車用のライトでも2,000ルーメンを越えるような爆発的に明るいライトもいくつか有りますが、ほとんどのライトはライトとバッテリーが別になっていて、重量や発熱の問題も考えなくてはいけません。

用途的にも、本当に暗闇の山道などを走るためのライトなので、クロスバイクやロードバイクで日常使いするようなライトではありません。

クロスバイクやロードバイクで日常使いできるようなライトの中で最高に明るいライトと言えば、キャットアイのVOLT1700で、その名前の通り1700ルーメンもの明るさのあるライトです。

一般的なライトと比べるとやや大きめのサイズですが、バッテリーも充分で、明るいライトにありがちなバッテリーがすぐに切れてしまうような心配もほとんどないようです。

明るい自転車用ライトについては詳しくは下記の記事にまとめています。

ESCAPE Airと自転車ライフ
https://escape.poo.tokyo/brightest-light-2016-spring/
クロスバイクの改造やロードバイク自転車
 ESCAPE Airと自転車ライフ 

自転車用ライトの明るさの単位と目安についてのまとめ

自転車用ライトの明るさの単位と目安

僕の今までの経験で考えると自転車用品は「安物買いの銭失い」のパターンになってしまうことが非常に多いです。

ライトも同様に、安物を買ってしまうと、後々買い直ししたくなってしまいます。
実際に僕自身がそうでした。

そんな僕から言えることは、ライトに限らず自転車用品は少々高くても、良いモノを買っておいた方が良い、ということです。

ライトの場合だと、十分な明るさのあるライトを選ぶと必然的に6,000円〜12,000円程度の予算は必要になってくると思います。

しかし、自転車に乗る以上はライトは絶対に必要なアイテムですし、自分自身の安全を確保するためにも明るいライトの方が絶対に良いモノなので、ライト選びにはしっかりと予算を考えてみても良いのではと思います。

以上、自転車ライトと適した明るさの目安についてのまとめでした。

-おすすめ自転車情報, おすすめ自転車情報, ライト, 自転車メンテ・改造, 自転車全般, 豆知識・基礎知識
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2017 All Rights Reserved.