クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

子供と自転車ライフ 自転車全般

自転車ライフは結婚と子育てでどう変わる?

更新日:

自転車ライフと結婚と子育て

独身時代は自分の趣味に没頭しても咎める人もなく自由に楽しめた趣味も、結婚したり子供が生まれたりすると状況が一変します。そのため独身時代のように自転車ライフを思い切り楽しめなくなることも十分に考えられます。クロスバイクやロードバイクも例外ではありません。

例えば、自転車趣味はお金の掛かる趣味として有名ですが、独身時代に自由に遣えていたお金も、結婚するとなかなか思うようにはいかなくなる場合がほとんどでしょう。

同じくお金を遣う趣味としては写真がありますが、子供の写真を撮影したりで「家族のため」という大義名分があるので比較的理解を得やすい趣味かと思います。一方で、自転車は基本的には個人で楽しむ趣味なので、奥さんや子どもたちと共有することも難しいく、理解を得づらい趣味でもあるのです。

結婚や出産を切っ掛けに自転車に思うように乗れなくなってしまう前に、状況の変化を予測して準備や対策を練ることで無理なく自転車ライフを独身時代と同じ様に継続させることも不可能な話ではないと思います。

そんなわけで、ここでは結婚と子育てと自転車ライフをエンジョイするための方法や対策について考えています。子育てと自転車を両立させようと奮闘している先輩からのアドバイスとして、これから結婚や出産を控えているサイクリストの方々の参考になれば幸いです。

結婚と自転車ライフについて

結婚と自転車通勤について

結婚したり、子供ができたりすると、独身時代ほど自分のためだけに使える時間が持てなくなります。限られた時間の中で無理なく自転車に乗る時間を確保するための手段として自転車通勤を考える人は多いと思います。

ただ、自転車通勤を出来る条件は意外と難しく、住む場所と職場の場所によって大きく左右されてしまいます。つまり、結婚して新居を考える時に既に自転車通勤を意識した物件選びが必要になるのです。

そんな結婚と自転車通勤について下記の記事でまとめています。結婚前に是非お読みください。

結婚と引っ越しと自転車通勤を実現するためのポイント

結婚後も自転車ライフを満喫するために必要なこと

結婚すると独身時代と比べると、自由にできることが少なくなります。特にお金に関しては二人で生活していくこと、将来のこと、子供のことなどを考えると独身時代のように自由にお金を遣うのは難しくなります。

また、お金だけではなく時間に関しても同じで、二人で生活するということは、一人で生活していた時とは違って、相手のことを気遣いながら生活していく必要があります。子供ができれば子供を優先した時間の遣い方になります。

そんな中で独身時代と比べると生活が大きく変わるため、一般的に贅沢な趣味と言われるクロスバイクやロードバイクなどの自転車趣味は継続することが難しくなることも考えられます。

そこで、結婚しても充実した自転車ライフを送るためのポイントについて下記の記事で解説しています。

結婚後も自転車ライフを楽しむために必要なこととお金のはなし

結婚と子育てと自転車ライフについて

結婚と子育てによって独身時代から一気に生活が変わってしまい、思うように自転車ライフを楽しめなくなってしまった時に、どうにか自転車ライフを続ける方法を検討した内容になっています。

具体的な対策というよりは、結婚して子供が生まれると状況が変わるわけで、どのように変わるかを「有る有る」な感じでまとめています。

事前対策を検討するには有益かと思いますので、これから結婚や出産を控えている方の参考になると思います。

結婚と子育てとクロスバイクやロードバイクの時間の話

結婚と子育て世代のロードバイクやクロスバイク事情

子供と自転車を楽しもう

4歳からの自転車デビュー

子供を自転車デビューさせるには何歳が良いのか?そして初めての自転車は何を基準に選べば良いのか?などについて考えました。

それと同時に、有名自転車メーカーが手がける子供向け自転車についてもまとめています。いろいろな子供用自転車をピックアップしているので子供用自転車の購入を検討している方は参考にしてみてください。

子供が男の子であれば、個人的には圧倒的にBMX系の自転車がカッコよいなと思います。

4歳から乗れる有名メーカーの16インチ自転車一覧

小学生の子供の自転車にBMXタイプの自転車を購入

子供が小学生に入学して、それまで使用していた自転車が小さくなってしまったので、新しい自転車を検討し、ツバメサイクルというBMXタイプの自転車を購入したので下記の記事でレビューしています。

小学生の子供用にヨツバサイクルの自転車を買いました

自転車のサイズ選びのポイント

子供用の自転車を選ぶ際に大切なのはサイズでです。
子供用の自転車も意外と高価なので、親としてはなるべく長い期間、乗って欲しいと思うのですが、子供の成長は早いので、なかなか思い通りにはいきません。

また、欲張って大きな自転車を買ってしまうと、子供が乗れない期間が伸びるだけです。

結局の所「大きな自転車を買っても小さな自転車を買っても乗れる時間は変わらない」というようなことにもなるので、子供の自転車選びはある程度は割り切った考え方をしなければ失敗してしまうことになります。

そこで、僕自身の経験を踏まえて、子供の自転車選びのポイントについて下記の記事でまとめてみましたので参考にしてください。

子供用自転車のタイヤサイズと適正身長の目安と経験談

補助輪無しで自転車に乗れる子と乗れない子との違い

子供に自転車を買い与えたら、一日でも早く補助輪無しで自転車に乗れるようになって欲しいと考えるのが親心ですが、なかなか思うように上達せずに、いつまで経っても補助輪無しで自転車に乗れないという悩みを抱えている親も多いと思います。

実際問題で我が子も自転車を買い与えてから一年以上経ってもまだ補助輪無しで自転車に乗ることが出来ませんでした。

一方で、同い年のお友達は、一瞬で補助輪無しで乗れるようになり「一体どうしてこんなにも差があるのか」と焦りと疑問に思ったものでした。

そこで、すぐに補助輪無しで自転車に乗れるようになる子供と、そうでない子供との違いについて考えてみたことを下記の記事でまとめています。

スムーズに子供が補助輪無しの自転車に乗れる理由と乗れない理由

補助輪無しで自転車に乗れるようになるための練習方法

子供が補助輪なしで自転車に乗れるようになるための効率的な練習があります。

個人的には、最初はストライダーなどのランニングバイクに乗せてバランス感覚を養い、ランニングバイクに乗れるようになっれば、次は補助輪付きの自転車に乗せるのが良いかと思います。

理想を言えば自転車に移行する時にも補助輪無しから始めたいのですが、自転車に乗るためにはバランスを取るだけでなく、ペダルを踏むことも覚えなくてはいけません。

それが補助輪無しだと上手く習得できないのです。補助輪があれば、子供も安心してペダルの踏み方を覚えることができます。そうしてスムーズにペダルを踏むことが出来るようになれば、今度は補助輪とペダルを外して乗らせてみるという段階を踏みます。

そしてバランス良く走れるようになれば、最後にペダルを装着して乗らせてみるという段階を踏むことでスムーズに自転車に乗れるようになると思います。

そんな自転車に早く乗れるようにするための方法を下記の記事でまとめていますので参考にしてください。

子供が補助輪無しで自転車に乗れるようになるまでの最短練習法

-子供と自転車ライフ, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2020 All Rights Reserved.