クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

自転車全般 自転車通勤

自転車通勤・通学とクロスバイク

更新日:

自転車通勤・通学に最適なクロスバイクを考える

自転車通勤や自転車通学に最適なクロスバイクについて考えてみることにします。

ロードバイクやママチャリで考えてみても良いのですが、自転車通勤や自転車通学にはクロスバイクの方が何かと適していると思うので、そのあたりの理由も踏まえながらまとめてみたいと思います。

自転車通勤や自転車通学にはクロスバイクがおすすめ

自転車通勤・通学に適した距離とクロスバイクの最適な距離は同じ

自転車通勤や自転車通学に適した距離がクロスバイクの最適な距離

自転車通勤や自転車通学に最適な距離は自宅から職場や学校までの距離が5km~15kmくらいだと思います。

5km以下だと自転車に乗っている感じがしないくらいの距離ですし、15km以上だと片道1時間以上を考えなくてはいけなくなるため、自転車通勤や通学があまり現実的ではなくなってくるからです。

また、ロードバイクやクロスバイクなど自転車の種類の違いによるそれぞれの最適な走行距離を考えると、5km~15kmという距離はクロスバイクで乗るのに丁度良い距離になります。

そんなわけで、自転車通勤や自転車通学にはクロスバイクが最適と考えられるわけです。

気軽さと走行性能を兼ね合わせた自転車がクロスバイク

ロードバイクに乗る時にはサイクルウェアやビンディングペダルで正装した状態で乗ることになります。

釣りやゴルフに行くのと同じように「さぁ今日はロードバイクに乗るぞ!」としっかりと準備をして乗りたいのがロードバイクなので、最初はカジュアルな格好でロードバイクに乗っていても、自転車にハマればハマるほど、乗車前の準備が本格的になり、次第に気軽な乗り物ではなくなってきます。

ガチガチのローディのようになってしまうと、週末で長距離ライドに出かけたりするのにはバッチリな装備になりますが、毎日の自転車通勤や自転車通学には適さなくなってくるのです。

そこで、通勤や通学におすすめしたいのがクロスバイクです。上にも書いたようにクロスバイクの適正な走行距離は自転車通勤や自転車通学に適した距離とも一致していることや、クロスバイクは街乗りに適した自転車なので、ピチピチのロードバイク乗りの正装で乗る必要がありません。普通のカジュアルな服装やジーンズなどでも気軽に乗ることができる自転車なのです。

日頃過ごしているそのままの服装で乗れる自転車というのは通勤や通学を考える上では非常に大切なポイントです。普段どおりの服装で自転車に乗れるということは職場や学校に着いてからの着替えの心配をしなくても良いということになります。

服装だけではなく、ロードバイクでは装備することが憚れる自転車スタンドや泥除け、リング錠なども、クロスバイクの場合は取り付けても良いのです。シティサイクルのように馴染んでしまうので、通勤や通学の条件に適したカスタマイズがしやすいのもクロスバイクの良いところだと思います。

ちなみに自転車通勤や自転車通学に適した距離について考察した記事は下記になりますので参考にしてください。

参考 → 自転車通勤をするのに適正な距離はどのくらい?

クロスバイクが通勤や通学に適している理由

● カジュアルな服装でも乗れる
● 自転車通勤や自転車通学の適正な距離とクロスバイクに乗る適正な走行距離が一致する
● スタンドや泥除けなどの装備ができる

自転車通勤や自転車通学に適したクロスバイクを考える

自転車通勤や自転車通学に適したクロスバイクを考える

自転車通勤や自転車通学に適したクロスバイクの仕様について考えてみたいと思います。

クロスバイクのハンドルはカットした方が良い

クロスバイクはフラットバーハンドルなのでロードバイクなどと比べるとハンドル幅が広くなっています。ロードバイクとマウンテンバイクの良いところを採用しているクロスバイクですが、ハンドルはマウンテンバイクの要素を採用しています。

フラットバーハンドルの幅が広いとヤジロベーのバランス棒と同じ原理で、ハンドル幅が広いほど自転車を安定させやすくなり、フラつきが少なくなるというメリットがあります。

この特徴は不安定な場所を走るマウンテンバイクでは非常に重要なポイントですが、基本的に自転車通勤や自転車通学では街なかを走ることが多いと思いますから、ハンドル幅が広い必要性はあまりありません。

ハンドル幅を狭くすることで、脇を開いたポジションを修正できて、空気抵抗を減らすことができるので、自転車通勤や自転車通学用のクロスバイクのハンドル幅は少し切り詰めるのはおすすめの改造カスタマイズになります

ハンドル幅を切り詰めると自動車と接触する危険が減る

クロスバイクで最も幅があるのがハンドル部分です。クロスバイクを購入したそのままの状態のハンドル幅は56cmくらいあり、クロスバイクに乗車している時はハの字に腕を開いて乗るようになると思います。

しかしながらこれくらいのハンドル幅があると、狭い道などで自動車と擦れ違う時や、渋滞の車列の左側を進む際など、幅広いハンドルが邪魔になることが多いです。

アメリカのメッセンジャーが乗っている自転車のハンドル幅が異常に狭かったりする理由はハンドルが短いとクールに見えるファッション性ももちろんあるとは思いますが、車列をすり抜けやすくするという機能的な部分を追求した結果でもあるようです。

なのでハンドル幅は肩幅と同じ程度の50cmくらいに調整するのがベストかなと思います。要するにハンドルを持った際に腕がハの字にならずにまっすぐ伸びるようなハンドル幅になれば良いというところです。逆に50cm以下になってしまうとグリップ部分を切り詰めることになるので、注意が必要です。

脇が開かず空気抵抗が減る

ハンドル幅56cmだと乗車時の姿勢は正面から見るとハの字に腕を開いた状態になり、走行時の空気抵抗は大きくなるため、速度が上がると不利になってしまいます。

そこでハンドルをカットして切り詰めれば、脇を締めた状態で乗車出来るようになり、空気抵抗を少しでも減らせることができ、速度維持が楽になります。

クロスバイクのハンドルはパイプカッターで簡単にカットできる

クロスバイクのフラットバーハンドルのカットはパイプカッターがあれば簡単に出来ます。

ハンドル幅は購入した時の状態だと56cmくらいだと思うので、左右で3cmくらいカットして50cmになるくらいを目安にカットするのが良いと思います。

「たった6cmしかカットしないの?」と思うかもしれませんが、ハンドルの場合1cm短くなっても乗り心地が大きく変わりますから6cmもカットすると別の自転車に乗ったと思うくらいの違いが出ると思います。

僕の場合、最終的には46cmくらいまで切り詰めましたが、そこまでやってしまうと、ブレーキやシフトレバーのスペースもかなり詰めることになり、やりすぎ感が出てしまいました。グリップ幅を犠牲にすると、段差等があると手を滑らせてしまいやすくなったりもするので、あまり短くし過ぎるのはお勧め出来ません。

結果的に50cmくらいが最も乗り心地が良かったですので、56cm~50cmの範囲内で調整するのが良いでしょう。いきなり大幅にカットしてしまうと失敗してしまう可能性もあるので、1cmくらいずつカットして違いを確かめつつ微調整していくのが本当はおすすめです。

● ロードバイクの標準的なハンドル幅 38cm~44cmくらい
●  クロスバイクの標準的なハンドル幅 56cmくらい

クロスバイクのハンドルをカットする方法については、下記の記事でまとめているので参考にしてください。

参考 → クロスバイクのハンドルをカットする方法と作業のポイント

クロスバイクのホイールは換えた方が良い

クロスバイクのホイール

ホイールだけで別の乗り物のように性能がアップする

ロードバイクだけでなくクロスバイクもホイールを換えれば走行性能が一気に変わります。

ホイールを換えるだけで別の自転車に乗っているかと思えるくらいに性能をアップさせることができるので、自転車に乗ることが数倍楽しく感じられるようになりますから、ホイールの交換は何はともあれまず最初にやりたい改造カスタマイズでもあります。

クロスバイクのホイール交換で超定番おすすめモデルでは、かつてWH-6800というシマノのホイールがありましたがWH-6800が2017年に廃盤になり、その後継モデルとしてほとんど同じスペックのRS500と呼ばれるホイールが登場しました。

WH-6800の時代と同じくシマノRS500がクロスバイクにおすすめの定番ホイールになると思います。

ちなみにRS500の定価は52,000円程度のホイールで、実売価格は40,000円前後です。

初めてクロスバイクを購入する人にとっては、清水の舞台から飛び降りるくらいの気持ちになる価格かと思いますが、是非、飛び降りていただきたいのがホイールの世界です。僕自身も初めて買ったクロスバイクで性能アップを期待して本体価格と同等のホイールを思い切って購入した結果「どうしてもっと早く買わなかったんだろう」と逆に後悔してしまったほどです。

もちろん最初は高い買い物だと思いましたし、勇気の必要な買い物ではありましたが、スピードも3〜4km/hほどアップするなど、まったく別の自転車と思えるくらいの変化があり、それ以来、クロスバイクの性能をアップしたいなら「まずホイールを換えましょう」と多くの人に言うようになりました

ホイール交換はものすごく簡単にできる改造カスタマイズですし自転車の楽しい世界への最初に入り口となる扉だと思うので、是非、検討してみてください。

リアエンド幅に注意

クロスバイクにおすすめのシマノのホイールRS500はロードバイク用のホイールです。そしてロードバイク用のホイールをクロスバイクで使用したいと思ったとき、少し制限があります。

それはリアエンド幅と呼ばれるもので、ロードバイクは130mmが標準(ディスクブレーキでないもの)になっているため、ホイールも130mmに合わせたサイズになっています。

ところが、多くのクロスバイクはマウンテンバイクの規格である135mmを採用していたりして、ロード用のホイールに交換しようと思うと、5mmスペーサーを入れるなどで対応する必要があるのです。

なので、できるなら最初からリアエンド幅が130mmのクロスバイクを選ぶというのが理想です。

リアエンド幅が130mmのクロスバイクの定番と言えば、ジャイアントのエスケープシリーズやビアンキのカメレオンテ、ジオスのミストラルあたりになると思いますが、詳しいメーカーやクロスバイクの車種については下記の記事でまとめていますので参考にしてください。

参考 → ロード用ホイールも使えるリアエンド幅130mmのクロスバイク一覧

タイヤはパンク耐性の高いタイヤで28Cだと安心

タイヤは28Cで良いけど良いタイヤだとパンクが安心

ホイールを換えたならタイヤも換えたいところです。
走りを快適にするのであればロードバイクで使われるタイヤの標準である25Cタイヤを使用するのが定番です。

しかし、自転車通勤や自転車通学に使用することを考えれば、クロスバイクの定番でもある28Cタイヤでも良いと思います。タイヤが太いほうがタイヤの中に入る空気の量も増えるのでパンク耐性も高くなり、少々乱暴な乗り方をしたり、荒れた道路を走ってもパンクをあまり気にしなくても良くなります。

28Cタイヤであれば、空気を入れるのも1週間に一度くらいの頻度で大丈夫ですし、25Cタイヤでは乗り越えられないような段差でも乗り越えやすくなります。太いタイヤだと市街地など細いタイヤでは走りづらい場所でもそれほど気を遣って走る必要がなくなります。

自転車通勤や自転車通学で最も気掛かりなのはパンクによる遅刻だと思いますから、パンク耐性の高いタイヤを選ぶことで、パンクのリスクはかなり減らせるものと思います。

高パンク耐性タイヤの定番と言えばシュワルペのマラソンと呼ばれるシリーズで、その名の通り、長い距離を走る為に開発されたタイヤで、高いパンク耐性のあるタイヤとして評価が高いです。

一般的なタイヤと比べると重量が増えてしまうのが難点ではありますが、ロード用のマラソン スプリームなどのモデルを選択すれば快適さを損なわずにパンク対策が行なえると思います。

SCHWALBE(シュワルベ) 【正規品】マラソン
楽天市場で探す
ヤフーショッピングで探す

ちなみに僕が使用しているロード用タイヤの定番の一つでもあるコンチネンタルグランプリ5000も高性能かつパンク耐性が高いタイヤとして知られていて、実際に僕が使用していてパンクしたことはまだありません。

いずれにしても、一般的な自転車の感覚からすれば少々高いと感じる価格のタイヤではありますが、快適さと安心料と思えば納得のできるタイヤだと思います。

● ロードバイクの標準的なタイヤの太さ 25C
● クロスバイクの標準的なタイヤの太さ 28C

街乗りだと8速でも充分10速だと変速時のストレスが少ない

街乗りだと8速でも充分10速だと変速時のストレスが少ない

クロスバイクもロードバイクも多段化が進んでいてクロスバイクも9速や10速のモデルも増えてきました。

以前はクロスバイクの標準は8速x3という組み合わせで今でもクロスバイクの最も主流な構成だと思います。この8速x3と呼ばれるギア構成はスプロケットが8枚のギアで、クランクのフロントギアが3枚になっています。

これはマウンテンバイクからの流れのもので、起伏の激しい山道を走るには必要なギア構成だと思われますが、街中を走るのには全く意味不明な構成だと自転車ファンからは言われていて、最近ではそのあたりのツッコミに対処するためか、クロスバイクでもグレードが高くなると9速x2や10速x2などのモデルも見られるようになりました。

実際問題で自転車通勤や自転車通学レベルであれば9段や10段である必要性はなく、8段でも十分すぎると思いますが、ギアが多段化すると、シフトチェンジをした際にスムーズに切り替えられるようになり、ストレスフリーで快適に乗れるようになったり、情況によって最適な負荷を選択して負担の蓄積を防げるようになり、結果として長距離を走る際に疲れが溜まりづらいなどのメリットがありますから、多段であればそれに越したことはないでしょう。

長い坂道やキツイ坂道が無いなら大きなギアは要らない

クロスバイクの標準である8速x3の24速という構成が意味不明と言われる理由として、とんでもない坂道を上るのでないかぎり絶対に必要のないギアが全体のギア構成の半分くらいを締めているからです。

それこそペダルを踏んでも空回りしてしまうくらいの異常に軽いギアが含まれていて、はっきり言って街乗りレベルで使用する場面はまず無いと言えるでしょう。要するに無駄なギアなのです。

クロスバイクの定番であるジャイアントのエスケープ R3などはフロントは28/38/48T、リアは11-32Tになっていますが、余程の坂道でもない限り後輪の32Tという歯数の大きなギアを使うことはまずありません。

また、フロントインナーの28T(フロントは歯数が少なくなると軽くなる)なんかもギアが軽過ぎて空回りしてしまうレベルですから使うことがありません。

通勤・通学のコースに長い坂道や急激な坂道がなく平地ばかりであれば、フロントインナーのチェーンリングの28Tを外してしまうのも良いでしょうし、リアのギアの歯数がなるべく詰まったクロスレシオと呼ばれる組み合わせのスプロケットに変更した方が快適になります。

後輪のスプロケットの大きな数字のギアが28Tよりも小さなギアで構成されたスプロケットを選んだ方が、数字の並びもきれいになり、変速時のギャップも少なくて快適なシフトチェンジができるようになります。

これらのカスタマイズ作業は自分でも行なえますが、専用の工具なども必要になりますし、シフトワイヤーなども再調整する必要が出てくるので、初心者には少し難しい部分もありますから、自転車屋さんに相談してみるのも良いかもしれません。

一応、スプロケット交換に関する記事もまとめていますので参考にしてください。

参考 → スプロケット交換でギア変速時の衝撃を軽減する

自転車通勤や自転車通学には雨の日対策が必須

ディスクブレーキなら雨の日でもしっかりした制動力

ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクの場合、基本的には雨の日は乗らないとは思いますが、自転車通勤や自転車通学の場合、雨の日でも自転車に乗ることもあると思います。

雨が降るとブレーキの制動が極端に悪くなるので、雨の日でも制動が落ちづらいディスクブレーキのクロスバイクを選択するというのもおすすめです。

僕がクロスバイクを購入した当初はディスクブレーキ仕様のクロスバイクは数えるくらいしか無かったと記憶していますが2019年10月現在ではロードバイクでもディスクブレーキモデルが大半になってきたこともあり、ディスクブレーキ仕様のクロスバイクも選択肢が豊富な状況です。

今後はロードバイクもクロスバイクもディスクブレーキがメインになっていくのは間違いないので、これからクロスバイクを購入する人はディスクブレーキ仕様のクロスバイクを選択するというのは最も賢明な選択になると思います。

レインウェアやレインカバー

トキワのレインウェア

雨の日に自転車通勤や自転車通学をするのであればレインウェアやレインカバーなども必要になります。

最近はオシャレなレインウェアも増えてきたので、どれを選んでも間違いはないと思いますが、とある展示会で見かけたトキワという会社のレインウェアは自転車で乗ることを想定してデザインされていてとても良さげでした。

レインカバーについては下記の記事でレビューしていますので参考にしてください。

参考 → 自転車の雨対策ザックカバー・リュックカバーは飛ばされないタイプがおすすめ

自転車通勤や自転車通学を快適にするサイクルグッズ

自転車通勤や自転車通学を快適にするサイクルグッズ

自転車通勤や自転車通学をする際に有れば良いモノとしてサイクルコンピューター、必須のものとしてライトなどがあります。

サイクルコンピューター

サイクルコンピューターはスピードメーター的な使い方がメインにはなりますが、時計の代わりにもなりますし、走行距離を見ながら、どのくらいで目的地に着くなどの目安にもなります。

例えばクロスバイクの場合、1kmで3分〜4分くらいが目安になるので、サイクルコンピューターがあれば、そのあたりを計算しながらペース配分出来るようになるので、時間を気にしながら走行しなければいけない通勤や通学では非常に役立つと思います。

サイクルコンピューターは自転車通勤や自転車通学ではマスト中のマストと言える必須アイテムになるはずです。(主に時計やタイムキーパーとして)

おすすめのサイクルコンピューターはスマートフォンと連携できるサイクルコンピューターが走行ログやいろいろな情報を一元管理出来て良いと思います。

サイクルコンピューターについては下記の記事で選択のポイントなどをまとめていますが、最近ではスマートウォッチという選択肢も考えられると思いますので参考にしてください。

参考 → おすすめサイクルコンピューターと必須機能まとめ

明るい自転車ライト

自転車通勤や自転車通学をすると夜もクロスバイクに乗ることになりますから自転車ライトは必須です。

自転車ライトは暗い地面を照らすだけが目的ではありません。明るいほど視認性が良くなり自動車などからも存在を知らせることができるので、明るければ明るいほど安全性が増して良いという考え方ができます。ただしライトの明るさに応じて価格も高くなります。。

個人的な感覚で言えば、市街地であれば300ルーメン、街灯の少ない郊外であれば600ルーメン程度の明るさを確保できるライトであれば、十分な明るさになると思います。

自転車ライトの明るさの目安

● 100ルーメン以下: 繁華街などの明るい場所
● 200ルーメン以下: 市街地
● 300-500ルーメン: 郊外の幹線道路など
● 600-1000ルーメン: 郊外の暗い道
● 1100ルーメン以上: 田舎道

最近は1000ルーメンを超えるようなライトも増えてきたのと、充電バッテリー式なのでデザインもお洒落になってきました。下記の記事では700ルーメン以上の自転車用ライトをリストアップしてまとめていますので参考にしてください。

参考 → 明るい自転車ライトのランキング!おすすめライトは?

以上、自転車通勤や自転車通学を快適にするクロスバイクについての情報をまとめてみました。

クロスバイクはカスタマイズすることで自分の用途や目的に最適化させることができるので、快適な自転車通勤や自転車通学ができるようにカスタマイズしていくのが正しい道だと思います。

自転車通勤や自転車通学は毎日自転車に乗れる、通勤時間を運動に変えられるなるなどメリットも多いので是非、いろいろと試して快適な自転車通勤や自転車通学を実現させてください。

関連記事

自転車通勤やジテ者通学に関する情報は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

-自転車全般, 自転車通勤

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.