*

自転車の充電式ライトを長く使用するために気をつけておきたいポイント

公開日: ライト, 自転車全般, 自転車用品, 豆知識・基礎知識

自転車の充電式ライトを長く使用する

クロスバイクやロードバイクを夜間に乗るにはライトの装着が義務付けられています。

ライトには電池式(乾電池/ボタン電池)と、充電式が主な電池のタイプだと思います。いずれも一長一短があり、性能や価格、用途に応じて選ぶのが良いかと思いますが、ここ数年で充電式のライトが主流になってきているように思います。

ライトの選び方などについては「クロスバイクやロードバイクの夜間走行には明るいライトがお勧めの理由」でまとめていますので、興味の有る方は読んでいただけると自転車のライト選びの参考になるかもしれません。

僕は充電式の自転車ライトを使用しています

充電式の自転車ライト
さて、そんな僕はと言うと、使用している自転車のライトはknogのBlinder Road 2 と Blinder Road Rearという、充電式のライトを使用しています。

最近はもう少し明るいTeyimoのライトを主に使う事が増えました。安くて明るくてお勧めです。


充電式自転車用ライトを選んだ理由

僕が自転車に使用するライトとして、電池式のライトではなく充電式ライトを使っているのは、単純にランニングコストが掛かるものが嫌いというのが一番の理由です。

最初の買った自転車用ライトは価格は安かったものの、ボタン電池式のライトだったため、電池の寿命が短くて頻繁に電池を買い替える必要があり、あっという間にライト本体の値段よりも電池代の方が高くなってしまいました。

そんなわけで電池式の自転車用ライトに見切りをつけて、ランニングコストのかからない充電式のライトに交換したのでした。

電池式のライトと比べると、充電式ライトは価格が高くなってしまいますが、ランニングコストが掛からない分、簡単に元が取れると思います。

充電式ライトのその他のメリットとしては、重量が軽い、デザインが豊富、小型などがあります。逆にデメリットとしては、充電が切れたら終わり、稼働時間が短い、などがあり、基本的には長時間乗らないシティライド向けのライトと言えると思います。

充電式自転車ライトのメリット

● ランニングコストがかからない
● 重量が軽い
● 小型
● デザインが豊富
● 明るいライトが多い

充電式自転車ライトのデメリット

● 電池に比べて持ちが悪い
● バッテリーが切れたら終わり
● 充電に時間が掛かる

充電式ライトで使用しているリチウムイオン電池には寿命がある

充電式ライトのバッテリーは、リチウムイオン電池、またはリチウムイオンポリマー電池を使用しているものが大半です。

いずれの電池も経年劣化とともに蓄電能力が低下し、いずれは使用に耐えられなくなってしまいます。

一般的に300〜500サイクル程度で初期状態の半分程度のパフォーマンスになるなどと言われていて、その程度までパフォーマンスが落ちると、実用には支障をきたすようになると思われるので、充電池の交換か、新しいものを買い替える、ということになると思います。

しかし、実際問題で、それだけ充電を繰り返すことができると思えば2年くらいは問題無い範囲で使用出来そうですので、それくらいのスパンの買い替えであれば寿命の心配はそれほどしなくても良いかもしれません。

ただ、knogなどの保障規定にもありますが、製品保障は2年なのに対してバッテリーの保障は半年、などを考えると、使い方によっては、標準よりも早く電池を消耗してしまうのかもしれません。

充電池の寿命は充電の頻度や日頃の使い方によって大きく変わってくると言いますからある程度の誤差は織り込んでいなければいけないと思いますが、自転車用ライトもけして安くない買い物なので、できるだけ長持ちさせたい、というのが本音です。

そこで、充電池を少しでも長持ちさせるために覚えておくと良いポイントについてまとめてみました。

充電式電池を長持ちさせるポイント

バッテリー残量が少なくなってから充電

バッテリー残量がまだ多いうちの充電は良くないようです。
バッテリー残量がまだ多いうちに充電することを継ぎ足し充電と呼ばれるようですが、継ぎ足し充電よりも、電池の残量が少なくなってから充電するようにした方が充電池には優しいようです。

ただ、実際問題として、自転車のライトなどは、使用する前にはフル充電をしておきたいと思うので、いちいちバッテリーの残量を気にして充電する、ということは非現実的かもしれませんね。

バッテリー残量をゼロにしない

継ぎ足し充電ではなく、バッテリー残量が少なくなってから充電した方が充電池には優しいようですが、逆に残量がゼロになるまで使い切ってしまうのは、さらにバッテリーへの負担が大きくなり、電池の寿命を縮める原因となるようです。

毎日使用している場合はゼロにしてしまう心配はほとんどないと思いますが、長期間使用しない場合などには電池の存在自体を忘れてしまったりしますから、気がついた時には電池の残量がゼロになっていて駄目になってしまったなんてことにもなりかねません。

なので、長い時間使用しない場合でも、月に一度くらいは充電しておいた方が良いと思われます。

満充電になったら充電を止める

バッテリー残量がゼロになってしまうと、バッテリーへの負担が大きくなるのと同じように、満充電(100%充電された状態)の状態もバッテリーへの負担が大きいそうで、満充電になってもまだ充電器に繋ぎっぱなしというのはバッテリーの寿命を縮めてしまう原因となるそうです。

大きな家電などには、満充電になると、自動的に給電をカットする回路が組まれていたりしますが、自転車用ライトの場合は、そのような回路が組まれていないものもあるかと思うので、満充電の状態になったものは速やかに充電器から外す、ということを習慣付けた方が良いと思います。

充電池は涼しい場所で保管

充電池は熱にも弱いようなので涼しい場所での保管が基本です。

例えば、夏場の日中に走行する際などライトを使用しないような状況ではライトを取り外しておいたほうが良いでしょう。

充電式電池を使った自転車用品まとめ

数年前までは自転車ライトと言えば充電式よりも電池式のものが主流でしたが、今では各メーカーともメインのラインナップは充電式のものになりつつあるようです。

ライトだけに限らず、サイクルコンピューターなども充電式のものが増えてきていますし、今後もこの流れが変わることはないでしょう。やはり小型で軽量化できる点は自転車目線で見れば大きなポイントです。

現状で、稼働時間の問題があるので、長時間ライドの場合は、電池が切れてもコンビニなどで電池を仕入れられる電池式が好まれているようですが、大型バッテリーを搭載した充電式モデルも増えて来ているので、充電式が独占してしまうのも時間の問題かもしれません。

万が一の場合はモバイルバッテリーを持参しておけば走行中や休憩中に充電することも出来るでしょう。

充電式の自転車用ライトのバッテリーが寿命を迎えたら基本的には買い替えることになりそうですが、バッテリーの交換などはしてもらえるのかなどを主要なライトメーカーのホームページで確認しましたが、情報を見つけることが出来ませんでした。やはり買い替えが正解のようです。

それでも2〜3年程度は使用に耐えられると思われますし、それだけ使えば、十分な感じもするので、新しいモデルを購入した方が良いと諦められるレベルだと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑