クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

サイクルコンピューター 自転車用品

サイクルコンピューターの選び方や使い方などおすすめ情報

投稿日:

サイクルコンピューターの選び方や使い方などの総合記事

サイクルコンピューターはロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ自転車に乗る際には必需品とも言えるアイテムで、スピードメーターとして使用できるのはもちろん、走行距離や走行時間なども記録してくれる素敵なアイテムです。

最近ではGPSセンサーを搭載して走行ルートを記録できたり、心拍計やケイデンス計などを活用してより本格的な自転車トレーニングに使用することもできます。またスマートフォンやスマートウォッチと連動できるサイクルコンピューターも増えてきて、サイクルコンピューターも新しい時代に入ったと思える今日この頃です。

ここでは僕自身がサイクルコンピューターに関していろいろと試したことや感じたことなど書いてきた、サイクルコンピューターに関する記事をまとめてみました。サイクルコンピューターの選び方や使い方、おすすめのサイクルコンピューターやサイクルコンピューターの最新事情など、サイクルコンピューターに関する記事を詳しくまとめています。

これからサイクルコンピューターを新しく購入しようと考えている方の参考になればと思いますので是非参考にしてみてください。

サイクルコンピューターの機能と選び方のコツ

いろいろなメーカーから様々な機能を持ったサイクルコンピューターが販売されています。

最近は中国の無名メーカーの格安なサイクルコンピューターでも多機能になっていて、一昔前のようにキャットアイやガーミンなどの有名メーカーのサイクルコンピューターにこだわる必要もなくなってきているようにも感じる今日このごろです。

あまりにたくさんのサイクルコンピューターがあるので、どのメーカーのどのモデルを選べば良いのかの判断が難しくなっているとも言えるのが昨今のサイクルコンピューター事情かもしれません。そんな時にはサイクルコンピューターの機能で絞り込むという方法がとても有効です。

個人的にサイクルコンピューターに必要な機能は、速度計、走行距離、心拍計、ケイデンス計、バックライトで、あわよくばGPS機能付きだと良いなと思うわけですが、自分に必要な機能は何かを考え、それ以外の機能はバッサリと切り捨てて考えると、選択肢はかなり絞り込まれてくるので選びやすくなるというわけです。

サイクルコンピューターも用途で選ぶものですから、使用目的によって必要な機能や優先させたい機能が異なってくると思うので、一概に言えるものではありませんが、サイクルコンピューターのキモとも言える機能は心拍計とケイデンス計だと僕は思います。その証拠に両機能とも高級なサイクルコンピューターにしか搭載されていません。

初めてサイクルコンピューターを買う時に一番知りたい情報は最高速度だったりするのですが、日々使用している中では最高速度の情報などはほとんど意味のない情報だと気が付くようになります。それよりももっと本格的に活用できるような情報が重要だと気が付くと、心拍計やケイデンス計が備わったサイクルコンピューターを買い直すことになります。このあたり使用してみて初めて判ることではあるのですが、サイクルコンピューターのメーカーはなかなか商売上手だと思います。

そんなわけで僕が実際にサイクルコンピューターを使用してきた経験から、本当に必要な機能や、サイクルコンピューターの選び方について下記の記事でまとめています。

サイクルコンピューターのおすすめ機能の解説と選び方

いろいろなサイクルコンピューターのまとめ

サイクルコンピューターもいろいろな機能が搭載されているものが増えて、基本的な機能であれば有名メーカーでも無名の中国メーカーでも横並びになっている感じもあります。

その中で個人的に優先させたい機能である、バックライト付きのサイクルコンピューターとGPS付きのサイクルコンピューターについてまとめています。

バックライト付きのサイクルコンピューター

夜間に自転車に乗る人にとってサイクルコンピューターに絶対に必須な機能と言えるのがバックライトです。サイクルコンピューターのメイン機能ではないので盲点になってしまいがちですが、バックライト機能が有るか無いかで夜間のサイクルコンピューターの視認性は大きく変わります。

バックライトは全てのサイクルコンピューターに備わっていても良い機能ですが、もともとサイクルコンピューターは消費電力をおさえたいということもあり、一部の限られたサイクルコンピューターにしかバックライトは搭載されていなかったのです。

今でこそここ最近は充電式のサイクルコンピューターも増え、充電池の機能も向上してきたこともあり、バックライト付きのサイクルコンピューターが増えてきましたが、ボタン電池式のサイクルコンピューターではかなり珍しかったのがバックライト付きのサイクルコンピューターです。

下記の記事ではバックライト付きのサイクルコンピューターをまとめています。

バックライト付きのサイクルコンピューター一覧

GPS機能付きのサイクルコンピューター

個人的にはサイクルコンピューターに必須の機能の一つだと思えるのがGPS機能です。スマートフォンアプリと連動させればGPSログは記録できたりはしますが、GPS付きのサイクルコンピューターだとスピードもGPSの移動距離から算出するのでホイールに付けるスピードセンサーも必要なくなるため、自転車をよりスッキリとさせることができます。

個人的にはサイクルコンピューターにGPS機能が備わったことはかなり画期的なことだと思っていますが、思いの外注目されていない気がするのが残念です。GPS機能付きのサイクルコンピューターが登場してきた頃は、ちょうどスマートフォンが普及し始めた頃と重なっているので、せっかくの革新的な変化が埋もれてしまった感じですね。

何はともあれGPS機能付きのサイクルコンピューターを実際に使用してみるとわかりますが、一般的なサイクルコンピューターと比べてもメリットに感じる部分が多いですからGPSはおすすめのサイクルコンピューターの機能の一つです。

下記の記事ではGPS機能付きのサイクルコンピューターをメインにまとめています。

GPS付きサイクルコンピューターの一覧と特徴とおすすめ

GPSセンサー付きサイクルコンピューターの使用レビューと比較

GPS機能付きのサイクルコンピューターの使用レビュー

僕が実際に使用しているGPS機能付きのサイクルコンピューターの使用レビューです。

実際に使用してみた感想やGPS機能付きのサイクルコンピューターならではのメリットやデメリットについてまとめています。

GPSでセンサーレスなサイクルコンピューターCATEYE STEALTH 10を使ってみて解ったこと

GPS機能付きサイクルコンピューターと普通のサイクルコンピューターの比較

GPS機能付きサイクルコンピューターと、スピードセンサーを使用した一般的なサイクルコンピューターを比較してみました。

GPS機能付きのサイクルコンピューターを使用し始める時、その精度がどの程度なのかがとても気になっていました。せっかくのGPS機能が付いていても精度に大きな誤差があるとサイクルコンピューターの意味がないからです。

そこで、GPS機能付きのサイクルコンピューターとスピードセンサーで計測する一般的なサイクルコンピューターとを同時に使用して、速度や走行距離に違いがないかを検証してみました

結果はほとんど誤差がなく、GPS機能付きのサイクルコンピューターでも正確な計測が出来ることが判りました。

下記の記事ではその計測結果についてまとめています。

普通のサイクルコンピューターとGPS付きサイクルコンピューターとの違いの比較

サイクリングSNSのSTRAVAとTRAINIG PEAKS

僕が使用しているGPS機能付きサイクルコンピューターはCATEYEの製品でCATEYE自体が提供しているCATEYE Atlasと呼ばれるサービスに走行ログをアップロードできます。あっぷろーどするついてにSTRAVAやTraining Peaksとも連動して走行ログをアップできるようになっています。

どうせ自転車系のSNSサービスを利用するのであれば利用者の多いSTRAVAやTraining Peaksにもアップした方が良いということで、CATEYE Atlasを使用して走行ログをアップする方法と結果を下記の記事でまとめています。

GPS付きサイクルコンピューターで走行ログを記録する自転車SNSのSTRAVAとTRAINING PEAKSを使用した感想

スマートウォッチとサイクルコンピューター

アップルウォッチをサイクルコンピューター代わりにしてみる

最近はスマートフォンアプリでも自転車用途で使用できるアプリが増えてきている影響もあってか、スマートフォンをサイクルコンピューター代わりに使用している人も多くなってきたように思います。

僕自身は、落下の心配や、日中の視認性の問題、バッテリーの問題などもあるのでスマートフォンよりもサイクルコンピューターの方が安心して使えると思っていますが、その一方でスマートフォンでも自転車用アプリを立ち上げて走行ログを記録したりしているのもまた事実です。

サイクルコンピューターで心拍数を記録するためにアップルウォッチを購入したのを切っ掛けに、サイクリングとスマートフォンのあり方が大きく変わったため、僕の中でもサイクルコンピューターよりもスマートフォンとアップルウォッチを活用してサイクルコンピューター代わりとして使用できないかと考えるようになりました。

そして実際にアップルウォッチをサイクルコンピューターとして使ってみたところ、一長一短はあるものの、意外とサイクリングにも活用できることが分かりました。特に目的地を設定してナビとして使用する場合などは非常に便利に使えます。

そんなこんなで下記の記事ではアップルウォッチをサイクルコンピューター代わりに使ってみた使用レビューをまとめています。

Apple Watchをサイクルコンピューターとして使用してみた感想

サイクルコンピューターはアップルウォッチで十分かも

アップルウォッチをサイクルコンピューターとして使用してみた結果、意外と使える上に、スマートフォンとの連携も素晴らしいことが分りました。

現在の時速などの常時表示させたい情報の場合はサイクルコンピューターの方に分がありますが、それらを割り切って、走行ログや走行距離など後から確認するための情報を記録するだけなら、スマートフォンとスマートウォッチがあればもうサイクルコンピューターは無くても良いかもと思えるほど機能が充実しています。

下記の記事ではもうサイクルコンピューターは要らないかもと思わせるようなスマートフォンとスマートウォッチの機能や活用方法についてまとめています。

サイクルコンピューターはもう要らない!Apple Watchで充分だ!

マウントフォルダー

スマートフォンのマウントフォルダー

スマートフォンを自転車のハンドルに固定させることが出来るシンプルなバンド式のマウントについてのレビューです。

四隅をゴムバンドで留める方式ですが、想像以上にしっかりとホールドできるので多少の荒れ地を走行したとしても落下してしまうことはなさそうです。

個人的にはスマートフォンよりもサイクルコンピューターを使用したいと考えていますが、落下の心配がほとんど無いと分かれば、街乗りレベルはスマートフォンとスマートウォッチを使用するのがベストな気もします。

スマートフォンをサイコンにするのに必須のスマフォホルダー

サイクルコンピューターのよくある問題解決

CATEYEのサイクルコンピューターの電池の交換方法

CATEYEのサイクルコンピューターのボタン電池の交換方法です。キャットアイのサイクルコンピューターはキャップ部分がシーリングされている関係もあり、初めてだと電池の交換方法がよく判らずに困ってしまう人も多いようです。

実際問題で僕自身もかなり困った経験があるので、備忘録としてキャットアイのサイクルコンピューターの電池の交換方法について下記の記事でまとめています。

キャットアイのサイクルコンピューターの電池を交換する方法

CATEYEのサイクルコンピューターの電池の裏蓋を紛失した場合

サイクルコンピューターは電池部分の蓋を紛失してしまうということもよくあります。キャットアイのサイクルコンピューターは防水のためにシーリングがされているので電池の蓋がなくなっても電池が落ちないような仕組みになっています。そのため裏蓋がなくなってもそのまま動作し続けるので、裏蓋を紛失したのを気が付かないパターンも多いと思います。

僕自身もいつの間にかサイクルコンピューターの電池の裏蓋を紛失していました。そのままでも使用できるのですが、本来有るはずのものが無い状態で使用するのも気持ちが悪かったのでパーツのバラ売りをしていないかキャットアイに問い合わせた顛末を下記の記事でまとめています。

結論としてはキャットアイは素晴らしい企業だということが分りました。

キャットアイのサイコンのパーツを紛失したので問い合わせてみた結果

-サイクルコンピューター, 自転車用品

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.