クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

保険 自転車全般

自転車の保険の相場や補償内容について調べたことまとめ

更新日:

自転車の保険の相場

クロスバイクやロードバイクい限らず自転車全てに必須と思われる自転車保険について書いています。

自転車と対人の事故に対しても高額な賠償命令が出るようになり、多くの保険会社も自転車のための保険商品を用意しています。

「自転車に保険?要らないでしょ?」と思う人も多いと思いますが、自転車保険の加入を義務付けする自治体も増えていますし、実際問題で高額な賠償命令も頻発されていることを考えれば、無保険で自転車に乗るというのはリスクが高いと言わざるを得ず、自転車保険には入っておくべきだ、という結論になります。

明日は我が身ということで、自転車に乗っている僕も自転車保険について少しは詳しくなっておいた方が良いのかなと思い、自転車保険の補償内容や相場などについて調べたことをまとめています。

自転車保険への加入の是非について

自転車保険への加入の是非について

個人賠償責任保険に加入していれば加入の必要無し

まず自転車保険への加入は必要なのか?という問題についてですが、数年前から自転車が起こした事故でも高額な賠償金を支払う命令が出されていたりもするので基本的には自転車であっても無保険よりは保険に入っていた方が安心でしょう。

しかし、みんながみんな自転車保険に加入した方が良いかと言えばそうではありません。自転車保険に入らなくても良い人も意外と多いのです。

自転車保険に加入しなくても良い場合の代表例は、個人賠償責任保険に加入しているかどうかになります。もしも個人賠償責任保険に加入していれば自転車保険への加入の必要はありません。

というのも自転車の事故で誰かに怪我をさせたり、他人の自動車などを傷つけた場合、自動車保険の特約などである個人賠償責任保険に加入していれば、自転車の事故などでも基本的な補償がされるからです。

個人賠償責任保険とは

個人賠償責任保険は自動車保険や火災保険の特約として加入する事が多い保険です。

適用範囲は意外と広くて、自動車事故などの怪我などに限らず、日常生活のトラブルである、お風呂場の水が溢れて階下の人に迷惑をかけたとか、子供が遊んでいて他人の家のガラスを割ったなどのトラブルでも補償される保険です。

例えば、子供が自転車に乗っていると、あまり周りを見ていないこともあり、誰かの自動車を傷つけてしまったりすることもあると思いますが、そう言ったケースでも補償してくれるような保険です。

僕が加入している都民共済などでも、生命保険のこども型には「第三者への損害賠償」への補償が付いています。この保険があれば自転車に乗っていて、停車している自動車などに突っ込んだとしても、修理代金などは保険で補償されるというわけです。

相手が自動車やオートバイなどの対物だけでなく対人でも補償されるので、相手に怪我をさせた場合は保険を適用することができます。

個人賠償責任保険の特徴

● 自動車保険や火災保険の特約として加入する事が多い
● 日常的なトラブルに対応
● 加入していれば家族全員にも適用される場合が多い
● 自転車保険の補償内容は基本的には個人賠償責任保険と同じ

自動車保険や火災保険に加入している人は既に個人賠償責任保険に加入している場合が多い

自動車に乗っている人の多くは任意の自動車保険に入っているかと思いますが、個人賠償責任保険はほとんどの自動車保険には特約として個人賠償責任保険の特約を付けていることが多いと思われます。

また、自動車に乗らない人でも火災保険などに加入していれば、やはり特約として個人賠償責任保険保険が付いている場合が多いです。

なので、自転車保険に加入を考えている人は、今現在で加入している自動車保険や火災保険などの保険内容を調べてみるのが良いと思います。

各保険会社の自転車保険の内容を確認してみると、自転車保険は個人賠償責任保険が基本になった商品ということが判ります。

しかし、もしも個人賠償責任保険に加入していないのであれば、すぐにでも自転車保険の加入を検討した方が良い、ということでもあります。「周りの人は自転車保険に加入していないから自分も加入しなくても良い」と思っていても、意外と個人賠償責任保険の方には加入していたりするのです。

自動車を持っていない、独身などの場合は、自動車保険には加入しないでしょうし、不動産を契約する際の火災保険では、個人賠償責任保険の特約を付けない場合も多いと思うので、そのような人の場合は無保険の可能性も高いので一度確認してみるのが良いと思います。

自転車保険とは

自転車保険とは

自転車ベースにアレンジした個人賠償責任保険

自転車保険と言っても、内容を精査すれば、そのほとんどが個人賠償責任保険です。

個人賠償責任保険との違いは、プラアルファで自転車ならではのアレンジを加えて保険商品としての個性を出しているところかと思います。保険商品によっては説明文を自転車目線に変えただけでそのまま個人賠償責任保険という場合もあります。

なので、どうせ自転車保険に加入するのであれば、個人賠償責任保険でカバーされる範囲だけでなく、サイクリストにメリットがあるような補償内容が伴った自転車保険を選択した方が良いでしょう。

この記事を最初に書いた2015年3月頃だと自転車ならではの付加価値のある自転車保険は少なかったですが、2019年12月現在で、ロードサービス付きや盗難保険付きの保険なども増えていて、それ目的に自転車保険に入る人も多いようです。

あと、火災保険などの特約の個人賠償責任保険などは示談の代行サービスが無かったりするので、面倒なやりとりを嫌うのであれば自転車保険を選択するというのもありかと思います。

自転車保険の基本的な内容

● 交通事故全般の怪我や入院などの費用の補償
● 物損事故、対人事故、単独事故などの場合の賠償費用の補償
● 示談の代行

自転車に特化した保険(ロードサービスや盗難補償)

自転車の車両保険

ロードサービス付き自転車保険

自転車保険の先駆け的な存在であるau損保の自転車向け保険「Bycle」は、自転車での事故の場合は保険金が2倍になる点や、自転車用のロードサービスもあり、どこかで自走できなくなった場合には50kmまでなら搬送をしてくれます。

実際問題で遠くまで出かけた先で自走できなくなるということは可能性としては十分にありますから、常に頭の片隅には不安が残ります。ロードサービス付きの自転車保険に加入していれば、そんな不安が解消されるため、ロードサービス付きの自転車保険はサイクリストにとって大きなポイントになるかと思います。

タイヤがパンクしたり、チェーンが切れて自走できなくなってしまった場合でも電話一本で駆けつけてくれるので、遠出したり山岳部など人里離れた場所にサイクリングに出かけるような人にとっては非常に心強いサービスになると思います。

月額数百円の安い掛金ということもあり、個人賠償責任保険に加入していたとしてもロードサービス目的で加入する人も居るようで、ロードサービスある自転車保険がヒットした影響か、今では多くの自転車保険がロードサービスも保証内容に含めるようになっています。

多くの自転車保険の補償内容を調べた中で、最もロードサービスの補償内容が充実して掛け金が安い自転車保険が下記になります。

参考 →賠償責任保険付き 自転車ロードサービス 『CycleCall』

自転車盗難保険付き自転車保険

自転車盗難保険付き自転車保険はほとんど無い

ロードバイクなどは本体価格が数十万円もすることも珍しくありません。高価で売りさばきやすいため、自転車盗難被害にも遭いやすいのです。なのでロードバイクに乗る人は、事故や怪我などの保険よりも盗難を補償してくれる保険を考える人も多いと思います。

しかし、いざ自転車の盗難を補償してくれる保険を探してみてもあまり無いというのが実情です。

自転車の盗難保険が無い理由としては、自転車の盗難事件があまりに多く、そんなものを補償していたりすると商売にならないというような感じらしいです・・・。本末転倒な気もしますが、保険屋さんも商売ですからね。

盗難保険はメーカーが独自に設定した保険が主流

自転車の盗難保険らしいものとして、メーカーが独自の盗難補償を設定しているものがほとんどになるかと思います。

例えばブリヂストンサイクル、パナソニック自転車、ミヤタサイクルなどは、自社の自転車を購入した人に対しては独自の盗難補償を設けていたりします。

基本的にそれらの盗難保険の加入は無料で、盗難被害に遭った際に70%くらいの割引価格で新しい自転車を購入できるなどの補償内容になっています。

ちなみに火災保険加などに加入している場合は「家財」が補償対象となることがあり、自転車も「家財」として認めらた場合に保険が適用されることもあるようです。

調べた中では「ずっと自転車盗難車両保険が良さそうな感じでした。

参考→ 「ずっと自転車盗難車両保険」

この他にも自転車の盗難被害を補償する保険が少しずつ増えてきているので下記の記事で自転車の盗難に関する保険をまとめてみましたので興味のある方は参考にしてください。

参考 → 自転車の盗難を補償する保険まとめ

自転車の車両保険付き自転車保険

ロードバイクやクロスバイクなどは高価なので、転倒などの自損事故による故障の修理について補償してくれる保険もあります。自動車で言うところの車両保険のようなものですね。

SBIのみんなのスポーツサイクル保険」などは自転車の車両保険の代表的な商品かと思います。

参考 → SBIのみんなのスポーツサイクル保険

自転車と関連が深い保険

TSマーク付帯保険

TSマーク付帯保険
Photo via:http://www.tmt.or.jp/safety/pdf/kaitei-Poster.pdf

TSマークは自転車安全整備士が点検整備した普通自転車に貼付されるもので、傷害保険と賠償責任保険が付いていて、この保険のことを「TSマーク付帯保険」と呼びます。

TSマークの内容

● 自転車安全整備店で取り扱われている
● 青色マークと赤色マークがある
● 赤色マークの方が補償が厚い
● TSの意味はTraffic Safetyの頭文字
● お店によって販売価格が違うが相場は1500円程度

チームキープレフト会員に付帯する保険

自転車最大のイベントであるサイクルモードを運営しているサイクルモード事務局が発足させた自転車のマナー向上などを目的としたチームキープレフトと呼ばれるプロジェクト。

有料会員制で年会費は4、500円ですが会員になると自転車保険が付帯してくる他にサイクルモードの入場が無料(通常1,300円)になるなどの特典があります。

参考 → a href="http://www.teamkeepleft.net/member/" target="_blank">チームキープレフト

日本サイクリング協会「JCA自転車総合保険」

日本サイクリング協会の会員に付帯する保険。
JCA主催のサイクルイベントでの交流や情報誌などの購読などの特典有り。年会費は5,000円。

参考 → 日本サイクリング協会

自転車保険料金の相場

自転車保険の料金の相場

保険商品なので補償内容によって当然バラツキがありますが、相場的には400円〜600円/月くらいの保険が多いです。年間にすると5,000円〜7,000円程度の保険になります。

自動車保険と比べるとさすがに安いですね。月に数百円程度の保険でもろもろの不安が解消されるのであれば、ケチらずにいずれかの自転車保険に加入しておくというのが間違いのない選択になると思います。

正直なところ、基本的は賠償金の上限や補償内容は、掛け金に比例するところがありますから、基本的にはどこの自転車保険に加入しても大差は無いと思いますので、ロードサービスなどの付属の補償内容を比べて決定するのが良いと思います。

参考→ 「ずっと自転車盗難車両保険」

自転車保険が必要になった場合の申請手順

自転車保険が必要になった場合の手順

保険は加入していても、その保険を使う機会がないのが一番良いのですが、万が一保険屋さんにお世話になる際には諸々滞りなく手続きをする必要があります。

保険金の請求に必要な手続きは下記のようになります。

1.相手と自分に怪我が無いかの確認。
2.怪我をしている場合、必要があれば救急車などの手配
3.警察への連絡
4.事故状況のメモ、記録
5.保険会社への連絡

というのが基本的な流れになります。

保険金を申請するのは自動車の場合でも自転車の場合でも同じで、自分たちだけで示談にしてしまうと後から問題になる場合も多かったり、事故証明が無いと保険が適用されないので、必ず警察を呼んで事故処理をしてもらうようにしましょう。

自転車の保険まとめ

自転車の保険まとめ

自賠責保険の加入が義務の自動車と違い、自転車の場合は保険の加入は強制ではありませんし、どちらかと言えば自転車は歩行者と同じレベルの交通弱者になります。

そのため従来と同じような認識でいると「自転車保険は加入する必要はない」「自転車保険に加入しなくても良い」などと考える人も多いと思います。実際問題で対自動車との事故の場合は交通弱者である自転車に乗っている側が加害者扱いになる場合がほとんどです。

なので結果的に自転車保険が必要な場面はそれほど多くないので、自転車保険に加入している人はまだまだ多いかもしれません。

しかしながら、交通弱者である自転車でも歩行者よりは強者になるため、万が一対人事故を起こした場合は自転車の方が分が悪くなることになります。そして裁判の結果、自転車の運転手に対して高額な賠償命令が出たりしているのも事実なので「自転車であっても保険はあった方が良い」というのは間違いないでしょう。

自転車保険は年間5,000円程度ですし、自転車自体は維持費もほとんど掛からないことを思えば、楽しく安心して自転車に乗るための安心料金と考えて何らかの保険へは加入しておいた方が良いのではと思います。

保険に加入するのは「保険を掛けていれば事故に遭わない」というような、おまじないみたいなところもありますからね。

というわけで、自転車保険が必要だなと思った場合は、とりあえずは自動車保険や火災保険の特約で個人賠償責任保険に加入しているかをチェックして、加入していないようであれば、新たに自転車保険に加入するか、従来の保険に特約を追加して個人賠償責任保険に加入するということになるかと思います。

以上、自転車保険についての情報でした。

関連記事

自転車保険に関する情報は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

-保険, 自転車全般
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2020 All Rights Reserved.