*

クロスバイクのタイヤの空気は毎日入れなきゃいけないの?

自転車のタイヤに空気を入れるタイミング

クロスバイクやロードバイクは一般的なシティサイクルやママチャリとは全く違う自転車で、いろいろとその違いに驚かされることが多いのですが、僕がクロスバイクのESCAPE Airを購入した当初に驚いたことの1つがクロスバイクやロードバイクのタイヤに空気を入れる頻度です。

シティサイクルに乗っていた頃の僕を思い起こせば、毎日乗っていた自転車に空気を入れるのは年に数度有るか無いかだったので、毎日空気を入れるなんてことを言われても、なんでそんな面倒なことをしなくちゃいけないの?と思ったものでした。

それは僕がルーズというわけではなく、街中で見かけるシティーサイクルのタイヤを観察してみれば、かなり空気の抜けた状態で走っている人が殆どです。空気を入れるタイミングなんて自転車屋さんでは教えてくれなかったりしますし、気になれば入れればいいやという程度の意識が一般的だと思います。

ところがクロスバイクやロードバイクと言ったスポーツバイクの場合、シティーサイクルの感覚ではおよそ想像もできないくらいの頻度でマメに空気を入れなくてはいけません。

シティサイクルやママチャリに比べるとクロスバイクやロードバイクに履かせているタイヤが細いというのがマメに空気を入れなくてはいけない主な理由ではありますが、何故タイヤが細いとマメに空気を入れなければいけないのか?というところまでは考えたことが無かったので、クロスバイクやロードバイクの空気圧管理について改めて考えてみることにしました。

クロスバイクやロードバイクには何故空気をコマメにいれないといけないのか?

クロスバイクやロードバイクのタイヤは何故細い?

クロスバイクやロードバイクのタイヤは細い

一般的な自転車のタイヤのサイズ

ロードバイク:23mm
クロスバイク:28mm
シティサイクル:35mm

タイヤが細いと転がり抵抗が小さくなり、よく転がるようになると言われていたり、正面から見た時の面積も違うため空気抵抗も小さくなりますし、クッション性が少ない分、力が無駄に逃げるということも少なくなります。
反対にタイヤが太いと、乗り心地が良くなったり、衝撃に対して強くなるというメリットがあります。

つまりは、クロスバイクやロードバイクのタイヤが細いのは、衝撃への強さや快適さを犠牲にして、より速く走ることを優先させた結果なのです。

タイヤの太さが違うと空気の入る量が違う

タイヤの太さが違うと空気の入る量が違う

タイヤの径がだいたい同じ径だとすると、タイヤが太い方が沢山の空気を入れることができます。

タイヤに空気が沢山入るということは、それだけクッション性が高くなり、衝撃に対しても強くなりますから、多少デコボコした道を走っても平気です。

車道から歩道へ上がる際にある段差でもスピードを落とさず正面からガッツンと音を立ててイキオイ良く乗り上げるような乗り方をするシティサイクルやママチャリをよく見かけますが、あれも太いタイヤを履いているからこそ出来る乗り方で、少々乱暴な乗り方をしても自転車へのダメージが大きくありません。

一方、クロスバイクやロードバイクなどの細いタイヤには空気が少ないため、クッション性が低く、シティサイクルやママチャリと同じような感覚で段差に突っ込むと、段差とリムでチューブを噛んでしまったりしてパンクの原因にもなったりするのです。

細いタイヤは衝撃に弱い

細いタイヤは空気が少なくて衝撃に弱いのですが、そこからさらに空気が抜けると拍車をかけて弱くなります。もともとの余裕が少ないのですね。

例えば、太いタイヤは沢山の空気が入っていますから、仮に空気が1/3抜けてもまだ衝撃を吸収出来る程度のクッション性は残っているかもしれません。

しかし細いタイヤの場合、もともと入っている空気が少ないですから1/3も空気が抜けてしまうと、クッション性がほとんどなくなり、ほんのちょっとした衝撃でもダメージを受けてしまう可能性があるのです。

例えば23Cタイヤで120PSI入れていたとしても、3日ほど放置していれば110PSI程度まで空気圧が下がっていたりします。つまり数日放置するだけでも適正な空気圧ではなくなってしまうのです。

なので、コマメに空気を入れる必要があるのです。

空気圧が高いと空気が抜けるのが早い

空気圧が高いと空気が抜けるのが早い

タイヤの空気圧はタイヤの太さと反比例して、タイヤが細いほど空気圧は高くなります。

空気圧の目安

シティサイクルやママチャリ:4〜5bar(60〜70PSI)
クロスバイク(28C):6〜7bar(80〜100PSI)
ロードバイク(23C)7〜8bar(100〜120PSI)

あたりが1つの目安になると思います。 

空気圧が高いと、タイヤもカッチカチになります。
タイヤがカッチカチになると、衝撃を吸収しづらくなる反面、動力を効率よく推進力に変えられるのでスピードも出て軽快な走りになるのです。

しかしながら圧力が大きいので、少しずつですがタイヤから空気が抜けていきます。圧力が高い分、シティサイクルやママチャリに比べるとクロスバイクやロードバイクのタイヤは空気圧が下がるのも早いのです。

なので、コマメに空気を入れる必要があるのです。

空気圧は走行性能に大きく影響する

空気圧は快適な走りをするためには非常に重要な要素で、人によってはその日の体調や路面の状態や気温に応じて空気圧も調整したりするらしいですから、それだけ走りに影響を与える要素だということですね。

つまり、空気を入れずに走ると、空気圧が低くなったタイヤで走ることになります。そうすると走行性能が落ちて快適に走れなくなります。

クロスバイクやロードバイクは気持ち良く走ってナンボというところがありますから、気持ちよく走るためには空気圧の管理は必須なのです。

なので、コマメに空気を入れる必要があるのです。

クロスバイクやロードバイクには何故空気をコマメにいれないといけないのまとめ

クロスバイクやロードバイクの空気圧管理

タイトルにはちょっと大げさに「毎日」と書きましたが、僕がクロスバイクのESCAPE Airを購入したGIANTストアでスタッフの方には「一週間に一度は乗らなくても入れて空気を入れてください」と言われました。

実際に乗ってみた感じでも28Cタイヤであれば一週間に一度程度で良いように思います。

しかしながら23Cになると、微妙な違いもすぐに判るくらいの違いが出るので、きちんと乗りたい場合には、乗車前には必ず空気を入れてから走り出した方が良いと思います。

いずれにしても走行前点検の流れで、空気圧管理もきっちりしてから走り出せば、その日一日を快適にサイクリングできると約束されたようなものです。

また、空気圧の目安はいろいろなサイトで公開されていたりしますが、体重によっても適正な空気圧は変わりますし、上記のようなその日その日の条件や個人の好みによっても変わってくるものなので、目安はあくまで目安として考えるのが良いと思います。

実際問題で僕の場合だと、一般的な目安に従えば、僕の体重で23Cタイヤなら適正な空気圧は120bar程度になりますが、その空気圧で乗ると「硬過ぎる・・・」と感じてしまうので、日頃は110barあたりで調整しています。

心地よい走りが出来ている時の空気圧を調べると僕の場合は110bar前後なのですよね。そんな感じで調整していくのが素敵なんじゃないかと思います。

空気圧の管理のまとめ

コマメにタイヤに空気を入れる理由
● 細いタイヤには空気が少ないので空気が減る事の影響が大きい
● 細いタイヤは高い空気圧なので、空気が抜けやすい
● 空気圧の管理次第で性能が大きく変わる

気圧の目安
● シティサイクルやママチャリ:4〜5bar(60〜70PSI)
● クロスバイク(28C):6〜7bar(80〜100PSI)
● ロードバイク(23C):7〜8bar(100〜120PSI)

空気を入れるタイミング
● シティサイクルやママチャリ:1ヶ月に1度
● クロスバイク(28C):1週間に1度
● ロードバイク(23C):3日に一度(できれば乗車の都度)

空気圧の管理方法

空気圧の管理方法 エアゲージ

空気圧を管理する方法は空気圧計のついたフロアポンプやエアゲージが必須です。

一般的なフロアポンプに備えられている空気圧計はアナログ目盛りのものがほとんどですが、いろいろと誤差も大きいようです。
あくまでだいたいの値を知る為のもので、きっちりした正確さを保証するようなモノではないと思っていたほうが良いかもしれません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑