*

スムーズに補助輪無しの自転車に乗れる理由と乗れない理由

公開日: 子供, 自転車全般

スムーズに補助輪無しの自転車に乗れる理由と乗れない理由

子供の自転車を購入したは良いものの、いつまで経っても自転車に乗れないで悩んでいる親御さんは多いと思います。

このままでは子供と一緒にサイクリングに出かけるのも夢のまた夢、ずっとずっと乗れないままなんじゃないかと不安になってしまいます。

我が子もそうで未だに全く自転車に乗れそうな気配がありません。

どうにか早く自転車に乗れるようになって欲しいということで、補助輪無し自転車に一気に乗れるようになった子と我が子や身の回りの自転車に乗れない子とを考えてみて、一体何が違うのかを考えてみました。

ランニングバイクからの自転車ならば補助輪無しでスムーズに乗れるようになる?

ランニングバイクからの自転車で補助輪無し

運動神経の良い子は一気に乗れるようになる

この数年、子供達の間ではストライダーなどに代表されるランニングバイクが大流行で、2〜4歳くらいの子供を持っている方なら知らない人は居ないほど普及しています。

ランニングバイクに乗るとバランス感覚が養われて、補助輪無しでもすんなり自転車に乗れるようになる、なんていう話も良く聞きますから、そのあたりの影響もあって子供達が乗りたいと思うだけでなく、親も乗らせたいと思うことが大流行の要素だとも思われます。

確かにストライダーのようなランニングバイクに乗り馴れれば、自転車に乗る際に最も重要なバランス感覚が身に付くわけですから、一気に補助輪無しの自転車にステップアップすることも可能だと思います。

僕の友達の子供でもストライダーに乗るのが驚くほど上手な子が居たのですが、自転車を与えたところ、ものの一時間程度で補助輪無しの自転車にも乗れるようになってしまいました。

一般的な子は時間と練習が必要

しかし実際のところは、そのように一気に補助輪無し自転車にステップアップできるのは一部の運動神経の良い子だけで、一般的な子はもう少し時間が掛かるのではないかと思います。

僕の子供などは運動神経があまり良いとは言えず、ストライダーも4歳くらいでなんとか乗れるようになったほどで、そんな子がいきなり自転車に乗り始めるなんてことは無理なのです。

確かにストライダーである程度の基礎的なモノは身に付けることができるので、ストライダーのようなランニングバイクに乗った経験が無いよりは有った方が断然良いと思いますが、一気に補助輪無しの自転車に乗れるようになるかどうかはまた別のお話というわけです。

スムーズに補助輪無しの自転車に乗れる理由と乗れない理由

スムーズに補助輪無しの自転車に乗れない理由

乗れる子は練習量が多い乗れない子は練習量が少ない

一気に補助輪無しの自転車に乗れるようになった子は、赤ちゃんの頃から抜群の運動神経を見せつけて、寝返りやハイハイ、つかまり立ちの段階から他の子よりも圧倒的な早さで成長してきた子でした。

運動神経が良かったからと言ってしまえばそれまでではありますが、お母さんも熱心な方で、近所のお母さん連中が脱帽してしまうレベルで子供達を毎日のように公園に連れて行ってはひたすら遊ばせていました。

運動大好きな子供達にとことんまで付き合って子供達はひたすら遊びまくる。そんな中でストライダーに乗る時間も長くなりますから必然的に上達も早くなるというわけです。

子供達の遊びに付き合うことは大変なことではありますが、そう言った姿を目の当たりにしていると、子供達にとことん付き合うということは、とても大切なことだと思うのです。

そのお母さんあってこその上達の早さだったとも言えると思います。

僕もそのお母さんを見習って、頑張って子供と遊ぶようにしていましたが、我が子のように運動神経が無いだけでなく、運動があまり好きではない子の場合、ストライダーや自転車の練習に出かけても、すぐに別の遊びを始めたり、家に帰りたがる子も居るのですよね(苦笑)

そうすると練習量はかなりすくなく、上達も遅くなってしまいます。当たり前のことですが、無理強いして自転車が嫌いになってしまっては本末転倒なので、なかなか上手く行かない問題だとも思います。

ストライダーと同じサイズの自転車から乗り始めた

我が子は自転車を4歳の誕生日プレゼントとして購入しました。

4歳児で自転車デビューする子は多いようで、4歳児が乗る一般的な自転車のタイヤのサイズは16インチになります。

16インチと言えばだいたい適正身長が100cmくらいになるので4歳児には適正なサイズになります。

その後、小学校入学くらいまで乗ることを考えれば、最低でも16インチ、あわよくば18インチの自転車を買っておけば無駄にならなくて済む・・・と考えるのが普通かと思います。

ところが、一気に補助輪無しの自転車に乗れるようになった子が最初に乗った自転車は、12インチの小さな自転車でした。

お父さん曰く、本当はもう少し大きな自転車が欲しかったとのことですが、親戚の家にほとんど乗っていない子供用自転車があったのでそれを譲り受けたら12インチだったとのこと。

実はストライダーも12インチのタイヤなので、子供にとっては乗り馴れたストライダーからほとんど違和感なく乗り換えが出来たようで、すんなりストライダーから補助輪無し自転車へステップアップするための大きなポイントだったようです。

僕が子供に購入した自転車はPLUG14というもので、その名の通り14インチの自転車で一般的なサイズよりも小さめのタイヤの自転車でしたが、それでも、ストライダーと比べてサイズは大きく車体も重いので、子供にとっては自転車とストライダーとでは全く別の乗り物と感じているようで、そのあたりが戸惑いとなって上手く乗れない原因となっているようです。

PLUG14はとってもカッコ良い自転車だったので後悔はしていませんし、子供も喜んでいるので間違いのない選択だったと思いますが、子供の自転車の上達のことだけえを考えれば、焦らずもっと小さな自転車から始めてみても良かったかなと思ったりすることもあります。

スムーズに補助輪無しの自転車に乗れる理由と乗れない理由まとめ

スムーズに補助輪無しの自転車に乗れる理由と乗れない理由まとめ

これから子供用の自転車の購入を考えている人は、選択肢の1つとしてストライダーと同じタイヤサイズの12インチの自転車を検討してみるのも良いかもしれません。ハッキリ言っておすすめですし、その方が圧倒的に早く補助輪無しの自転車に乗れるようになるはずです。

ただまぁ理屈では分かってはいるものの、子供用の自転車もけして安い買い物では無いですから、あまりすぐに買い直しが必要な自転車は選びにくいという問題もあるかと思います。

僕の場合も、出来るだけ長く乗れる自転車ということでPLUG14を選んだ流れがあるので、他人様に向かってインチの小さな自転車がおすすめ!とは胸を張って言えません・・・。

そんな子供にとってちょっと大きな自転車を買ってしまった人には、子供に少しでも早く自転車に乗り馴れてもらうための方法として、お勧めなのがペダルを外すという方法があります。

一般的には補助輪から開始する人が多いと思いますが、自転車に乗れるようになるために最も重要なのは走行しながらバランスを取ることですから、補助輪だとなかなかそれが身に付きません。

そこで補助輪は付けずに、ペダルを外してしまって、大きなストライダーのような感覚で乗れるような仕様にしてしまうのです。

まずは自転車に馴れてもらい、バランスを取れるようになったところでペダルを装着するという方法が、補助輪無しの自転車に乗れるようになるための近道となるというわけです。

ペダルの外し方についてはまた別の記事で解説したいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑