*

僕がクロスバイクのESCAPEを選んだ理由と買うまでのお話

公開日: GIANT・ESCAPE, 自転車全般 , ,

クロスバイクのESCAPE Airを買うまでのお話

僕が初めて買ったスポーツバイクはGIANT社の定番クロスバイクであるESCAPEシリーズの中で最軽量を謳い文句にしていたESCAPE Airでした。

2017年モデルでは廃盤になってしまったものの、当初クロスバイクでありながら10kgを切る完成車として話題にもなった名機です。

さて、沢山あるスポーツバイクの中で何故ロードバイクではなくてクロスバイクを選択したのか?そしてクロスバイクの中で何故ESCAPE Airを選択したのか?について書いてみたいと思います。

きっかけは自転車が欲しくなったこと

クロスバイクが欲しい

クロスバイクのESCAPE Airを買うまでの僕の移動手段は徒歩と電車がメインでした。

上京してかれこれ20年、田舎とは違い、駅近くに住んでいれば自分専用の移動手段が無くても特に困ることはありません。なので車やバイクはおろか自転車さえも持っていないミニマリズムな生活を送っていました。

しかし、結婚して子供ができると独身時代とは違って毎週のようにお出かけするようになったりで、何か移動手段があれば便利だなと思うことが増えてきました。

そこで、自転車くらい有れば近所の用事などは電車よりも便利だろうということで、自転車を買おうと検討しはじめたのがそもそもの始まりです。

車やバイクではなく何故自転車なのか?

自転車でなくても車やバイクでも良かったのですが、僕は以下のような理由から自転車を選択しました。

自転車は値段が安くて維持費が掛からない

自動車やバイクに比べれば、ママチャリなどの値段は1万円〜3万円程度なのでタダみたいな値段です。

もちろん本格的なロードバイクなどになれば、ちょっとしたバイクくらいの値段にはなりますが、当時の僕はそんな高価な自転車があるなんてことは知りませんでしたし、そこそこの値段のするロードバイクでも、駐車場や税金、ガソリン代などを考えれば自動車を所有する年間の維持費で余裕で買えてしまいます。

もともとケチな性分のため、維持費の掛かるものは大嫌いなので、維持費が(それほど)掛からない自転車は僕にとってはドストライクな乗り物だったわけです。

東京の知らない景色を沢山見たかった

自転車は住宅街の細い道などどこでもスイスイと走れます。
自動車だと速過ぎてスルーしてしまうような場所でも、気軽に立ち寄ったりすることが簡単にできます。

今まで通った事のない道を沢山通って、知らない景色を沢山見られるのも良いな、なんていうロマンチックなことを思ったりしたわけです。

なにせ上京して以来の移動手段は電車がメインですから、東京の暮らしが長くても道路のことになると全く知らないことだらけで、ドライバーの中では当たり前に話題に上る環状八号線や七号線の位置関係ですら全く分からない状態でした。

しかし自転車を買えば、いろいろな道を走ることが出来るので、きっと東京の道にも詳しくなれると思ったのです。

知らない道を走る、見た事無い景色を見るという部分は実際にクロスバイクに乗り始めて最も楽しいなぁと思えた部分でもあり、乗っているうちに道路にもかなり詳しくなりました。

安くて性能の良いスポーツバイクは無いか調べた結果

安くて性能の良いスポーツバイクは無いか調べた結果

当初はAmazonあたりでスポーツバイクを購入しようと考えていましたが、Amazonなどインターネットで買えるような自転車のほとんどは、スポーツバイク風の自転車であるということを知りました。

それまでママチャリとロードバイクの違いすら分からなかった僕は、ちゃんとしたスポーツバイクを買うべく、いろいろな自転車のメーカーのホームページやブログなどを覗いて勉強しはじめました。

そうすると、ロードバイクは10万円を超してようやく入門機と呼ばれるレベルのモノが買えるとか、フレーム自体にもアルミ製やカーボン製などいろいろな種類があり、材質によってそれぞれ特性が違っていたり、コンポーネントと呼ばれる自転車の駆動部分にもグレードがあって、自転車自体はコンポーネントのグレードで評価されると言っても過言じゃない、などの基本的な知識のようなものも身に付いてきました。

しかし、スポーツバイクについて少しずつ詳しくなってきたものの、自転車なんて1万円で買うモノと思っていた当時の僕には、とても自転車にポンと10万円を出す勇気はありませんでした。

ハマるかどうかも分からない自転車に大金は使えないので、というかハマったとしても自転車に大金は使えないと思っていたので、できるだけ出費を抑えたいと考えた僕は、予算は低めに抑えつつも、乗っていて恥ずかしくない程度に性能を持った自転車が無いかと調べ始めたのでした。

そんな中でスポーツバイクとしては低価格ながら、それなりの性能を持っていてスポーツバイクの入門機としておすすめだよ!と多くの人に紹介されているのがクロスバイクのESCAPEだったのです。

GIANT社のクロスバイクのESCAPE

GIANT社のクロスバイクのESCAPEPhoto via:シノベ写真事務所

値段も安く、かつ性能も良くて、乗っていて恥ずかしくないスポーツバイクはないかと情報を探していると、偶然・・・いや、必然的にGIANT社のESCAPE R3に辿り着きます。言わばスポーツバイク界のカローラとも言うべき存在なのです。

安定した評価があったことが購入の決め手になったのは間違いありませんが、それ以外にもクロスバイクのESCAPEを選択した理由があります。

GIANT社のESCAPEは盗難に強いんじゃないかと考えた

一般的にロードバイクやクロスバイクを保管する場所は盗難リスクなどを考えて室内で保管する方が多いかと思います。しかし、僕の場合は家庭の事情も有り、自転車を室内で保管することができそうにありませんでした。

なので、自転車は自宅マンションの駐輪場に保管するしかなかったのですが、そこに置かれてあるのはほぼママチャリばかりなので、そこにロードバイクやクロスバイクなどを置くと「盗んでください!泥棒さん!ここですよここ!」と言わんばかりの目立ち方をしてしまいます。

しかしESCAPE R3は言わば大衆車です。しかもスポーツバイクとしてはそれほど高価ではありません。ということは盗んで売るにしてもそれほど売値は高くならないので泥棒がわざわざ目星をつけて盗みにくるような自転車ではないということです。

もし盗られるとするならプロの仕業ではなく、鍵をしないで盗られる自業自得な盗られ方をするくらいだと考え、盗難に対して非常にナーバスになっていた僕にとっては、安いスポーツバイクというのは安心材料でもありました。

ESCAPE R3なら改造情報も沢山見つかる

GIANTのクロスバイクのESCAPE R3はクロスバイクの代名詞と言っても良いくらいに沢山売れているので、ESCAPE関連のブログも多く、その他のスポーツバイクに比べて圧倒的に情報が多いのです。

特に魅力的だったのはカスタマイズや改造の情報が多い点でした。
ブログ等をやっている方はなおさらその傾向があるのでしょうが、ESCAEPE R3には純正の状態で乗らずカスタマイズしてナンボというような雰囲気があるなと感じました。

安いクロスバイクを改造して、どこまで原型をとどめないまで改造できるか?というようなチャレンジをするための自転車と言っても過言ではないほど、改造に改造を重ねている人が多いのです。

僕自身も、いろいろな改造、カスタム情報が掲載されたブログなどを見ているうちに影響され、自分でカスタマイズや改造を行ないたいと思っていたので、いろいろな情報を拾いやすいESCAPEは僕に盗って非常に都合が良いスポーツバイクだったわけです。

ESCAPEシリーズの中でAirを選択した理由

GIANT社のクロスバイクのESCAPEはシリーズ化されていて、定番モデルのESCAPE R3、スポーティなESCAPE RX、そして軽量なESCAPE Airがあります。

どのモデルを選ぶか迷いましたが、正直なところでパーツのメーカーや品番でスペックが判断できるほどの知識もなく全く違いが分りませんでした(笑)。

そんな中でESCAPE Airを選択した理由は、知り合いの叔父さんが教えてくれた名言「松竹梅があるなら、松か竹を選択しておけば間違いが無い。」を信じて、ESCAPEシリーズの中で竹と思われるESCAPE Airを第一候補に選択したのでした。

今となっては、ESCAPE Airをロードバイク寄りに改造していることもあり、よりスポーティなフレームのESCAPE RX3を選択しても良かったとも思います。

さて、僕がESCAPE Airに最も惹かれたのは軽さでした。ロードバイクは「軽さが正義」という価値観もあったりする中で、ESCAPE Airはクロスバイクで10kgを切る車重ということで、当時としてはかなり画期的なクロスバイクだったのです。

自転車を購入前にいろいろな人に何を基準に購入すべきかを相談した時に、重量が10kg以下かどうかがでロードバイクのレベルが判断が大きく変わる的な事を聞いていたこともあり、クロスバイクでありながら10kgを切る軽量モデルというのは非常に魅力的に思えたのです。

ちなみに今だと8kgを切るか切らないかがロードバイクののグレードを判断する1つの基準かと思われます。

クロスバイクのESCAPE Airを買いに行く

クロスバイクのESCAPE Airを買いに行く

インターネットでは有名自転車メーカーの自転車は販売しておらず、対面販売のみの販売方式をとっていることがほとんどで、GIANTもご多聞に漏れずで対面販売方式を徹底しているメーカーの1つです。

そんなわけで、クロスバイクのESCAPE Airを買うにはお店に行って買うしか無く、家から最も近くにあるGIANTストアまで出かけて注文してきました。

ESCAPEシリーズはサイクルショップあさひなどやY’sロード等の自転車大手チェーン店などでも取り扱いがありますし、普通の自転車屋さんでも置かれている場合もあるので、わざわざGIANTストアで購入する必要はありません。価格もGIANTストアは定価販売なのに対して、量販店などではかなり値引きされて売られていたりします。

GIANTストアで購入するメリットと言えば、GIANTストアで購入したと証明するシールを貼られ、基本的なメンテナンスが無料になったり、もっとちゃんとしたメンテナンスも割引になったりで、長く乗ることを考えればメリットとなる部分はあるかもしれません。

但し、自分で何か弄ってしまうとその時点で保証は切れてしまうことや、無料の基本的なメンテナンスは誰でも出来る部分だったり、割引になるメンテナンスも数万円のメンテナンスなのでクロスバイクのESCAPEでそのメンテナンスを行なうのは大げさだったりして、実はそれほどメリットが無かったりもします。

とにもかくにもお店で自転車を注文すると、まずは防犯登録等の簡単な手続きをしてから支払いとなります。そこですぐに乗って帰ることが出来れば良いのですが、注文した自転車が店舗に無い場合もありますし、有ったとしても調整や組み付けが必要だったりするため、通常はその日のうちに乗って帰ることはできません。

僕の場合は、倉庫からの配送と調整で約1週間程度で納車される感じでした。

納車日に受け取りにストアまで出向くと、スタッフの方がクイックシューの外し方や留め方のポイント、シフトチェンジの方法、空気の入れ方、頻度などスポーツバイク独特な仕様に関することを一通り教えてくれます。

実際問題で、こう言った基本的な知識無しでスポーツバイクに乗り始めるのは事故や盗難被害に遭うことにも繋がりますし、説明を直接受けることで、性能を活かした走り方をするための基本的なことが理解出来るのだと思います。こう言った点が対面販売にこだわる部分なのだろうと思われ、ただ売れば良いというような感じではないのが、個人的には非常に感心した部分でもありました。

一通り説明を受けた後、軽くポジションを調整した後に引き渡しが行なわれ、納車完了となるのでした。

最初はビビりながらのフラフラとぎこちない走り出しではありましたが、そこから始まる楽しい自転車ライフを思いワクワクした気持ちは今でも忘れることがありません。

クロスバイクを初めて購入した日から既に数年が経ちますが、未だに乗る度に新しい発見があったりして、なかなか飽きのこない乗り物です。

以上、僕がクロスバイクのESCAPE Airを購入するまでのおはなしでした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑