*

自転車整備でグリースと潤滑油を注して良い場所と悪い場所

公開日: 全般, 自転車メンテ・改造

自転車整備でグリースと潤滑油を注して良い場所と悪い場所

クロスバイクやロードバイクの自転車をメンテナンスする際の基本中の基本である注油ですが、一言に注油と言っても適当に注油すれば良いわけではなく、グリースと潤滑油の使い分けをする必要があります。

そもそもグリースとオイルの違いって何?というところや、それぞれの特徴や役割、またグリースや潤滑油を注して良い場所と悪い場所について、自身のおさらいも含めてまとめてみました。

グリースも潤滑油の一種ですが、ここでは便宜的に液体状の潤滑油のみを潤滑油として指しています。

自転車メンテナンスに必須のグリスと潤滑油ってそもそも何?

自転車メンテナンスに必須のグリスと潤滑油ってそもそも何?

グリースとは?

Grease(グリース)。
潤滑油の一種で、半固形状であること、粘度が高いことが特徴。
ベアリングなどで使用される他、密閉性が高いため埃や水分などが侵入しないようにするための処理としても使用される。

潤滑油とは?

潤滑を良くする為に使用される油で、一般的には液体状。
Rube(ルブ)などとも呼ばれます。
粘度によって性質が変わり、用途によって使い分ける。
自転車の場合は、チェーンオイルなどが代表的な潤滑油。

グリース、潤滑油ともに、摩擦を減らして回転や動作を軽くする役割がある。

自転車への注油の意味と効果

メカ部などへの水分や埃の侵入防止

雨などで濡れてしまった際に車体内部やメカ内部へ水が浸入してしまうのを防いだり、通常走行時でも土埃りなどの細かいゴミが侵入してしまうのを防ぐシーリングの役割があります。

油切れのまま放置すると、フレーム無いに水や埃が入り込み、錆の原因となったり、スムーズな回転を妨げるトラブルの原因になったりするようです。

潤滑を良くする

注油することで、摩擦が減り、チェーンやベアリングなどの回転部が滑らかに動作するようにするになります。

例えばチェーンなどの注油を怠ると、赤錆びてしまったりして、キュラキュラと異音を立てるようになります。当然、きちんとメンテナンスされた綺麗なチェーンと比べると摩擦は大きく、それだけロスが大きくなるということになります。

かじりを防止する

かじりとは、ネジが摩擦などにより焼き付いたりして動かなくなってしまう現象を言います。ネジ部に油を注す事で摩擦を少なくすれば熱の発生が抑えられるため、かじりを防ぐことができます。

まぁ、クロスバイクやロードバイクの整備程度では焼き付くことはそうそうないとは思いますが、ネジ部への油は必須です。

防錆効果

露出したワイヤー部分に塗布することで、ワイヤーの錆を防ぐなどの効果も期待できるようです。

自転車のグリースを注す場所と潤滑油を注す場所

自転車のグリースを注す場所と潤滑油を注す場所

自転車のグリースを注すべき場所

ヘッドパーツ・キャップ
シートポスト
シートクランプ
ブレーキタイコ部分
各ボルトネジ部
クイックリリースシャフトとナット部分
ヘッドチューブベアリング部
ホイールフリー部
BB部
クランクの軸
ペダルネジ部(軸部)

流動しない(流れ落ちない)で油が残留し続ける必要がある部分や、水や埃が侵入してはいけない部分がグリースを塗布したり詰めたりする部分になります。

これらの部分には、液体状の潤滑油を注してはいけないとされています。

自転車の潤滑油を注すべき場所

ワイヤー類(アウターワイヤー内部)
ブレーキ可動部(ブレーキシューは厳禁)
ブレーキレバーの可動部
クイックリリースの可動部
アウターワイヤーの中
チェーン
クイックリリース

※プーリーについては基本的に潤滑油で良いと思われますが、グレードによってベアリングを内臓しているものもあるので、グリースか何も注さない場合もあるようです。高価なプーリーの場合ベアリングが内臓されていることが多いと思われます。

グリース使用部分へ液体状の潤滑油してはいけない理由

ロードバイクやクロスバイクのグリース使用部分へ液体状の潤滑油してはいけない理由

グリースを使用している部分へ液体状の潤滑油を使用するとグリースが溶けて流れ出してしまうのだそうです。

グリースを使用した代表的な部分と言えばベアリングを使用している部分で、ベアリング内部にはグリースが詰められているという言葉通りにグリースが目一杯入った状態になっているのですが、この部分に液体状の潤滑油を吹き付けてしまうと、グリースがドロドロと溶け出してしまい、理想の状態ではなくなってしまうというわけです。

同じような理由でベアリングが使用されている部分へのディグリーザーの使用も厳禁となります。

グリースを注す場所と潤滑油を注す場所を判断するポイント

回転する場所はグリース

グルグルと回転する部分は基本的にグリースが使用されます。
例えば、ペダル部分、BB部分、それからホイールのハブ部分、それからハンドルを切った時に回転するコラム部分など。

ネジやボルト部分はグリース

ネジやボルト部分なども基本的にすべてグリースが使用されています。

フレームとパーツの接合部はグリース

シートポストやコラムの部分、BBの部分など、フレームとパーツを接合している部分にはグリースを使用します。

チェーン部分は潤滑油

チェーン部分には液体状の潤滑油を使用します。

パーツの関節部や可動部は潤滑油

ブレーキレバーやシフトレバー、ブレーキパーツなどの関節部や可動部には潤滑油を使用します。

自転車整備でグリースと潤滑油を注して良い場所と悪い場所まとめ

自転車整備でグリースと潤滑油を注して良い場所と悪い場所まと

クロスバイクやロードバイクをメンテナンスする上では、必要不可欠な注油作業ですが、グリースと潤滑油を使用する場所を間違えると、結果として自転車にとって良くないコンディションを招いてしまうことにもなるので、しっかりとその違いを把握して使い分けてたいところです。

僕自身、スポーツバイクに乗り初めの頃は、グリースと潤滑油の役割の違いもよくわからず、メンテナンスブックに従っていましたが、調べてみればなるほど納得と言った感じで、注油に対する意識も大きく変わりました。

ちなみにメンテナンスブックによって、同じ場所でもグリースを使うと書かれていたり、潤滑油を使うと書かれていたりする部分もあったりするので戸惑うこともありますが、そういう部分はどっちでも良いんだろうなと、勝手に解釈していたりします。


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑