*

初心者がサイクルショップに行く心構えや服装について

公開日: 感想・考察・レポート, 自転車全般

初心者がサイクルショップに行く服装

初めてサイクルショップに行く時に一体どんな服装をしていけば良いのでしょうか?そして最低限どんな知識をみにつけて行けば、素人扱いされずに済むのでしょうか?

初心者がサイクルショップに行く際に感じる不安を払拭すべくまとめてみました。

サイクルショップに行く服が無い

ロードバイクやクロスバイクを買いに行く時の服

ネタではなく、僕がクロスバイクのGIANT ESCAPE Airを買いに行こうと思った時に、どんな服装でサイクルショップに行くべきか悩んだものです。
「果たしてジーパンで行ってよいものだろうか?」と。

今となっては笑い話ながらも、実際問題として、いわゆるサイクルショップ・プロショップというものは、自転車初心者にとって少々敷居が高い場所だと思います。

ピチピチの格好をした「本格的に自転車に乗ってるぜ」な方々が、店員さんと自転車のあれやこれやについて談笑している。というようなイメージのある場所。

そんな場所にクロスバイクとロードバイクの違い、いや、ママチャリとロードバイクの違いすら解っていないような自転車初心者が、そう簡単に近づける場所ではないわけです。

服装だけで「ふふん、コイツは素人だな」と店員に舐められてしまうのも悔しいし、せめて「自転車はバリバリ乗ってはいないけど、かじる程度には知ってるぜ」というような雰囲気を醸し出したい。

そう考えた僕は、おそらく無難であろうと思われる格好として、Tシャツとカーゴパンツを洗濯・・・いや選択。それらを着込んで意気揚々とクロスバイクを買いに最寄りのジャイアントストアへ向かったのでした。

店員さんは素人にも優しい・・・はず

サイクルショップの店員さんは素人にも優しい

サイクルショップに自転車を買いに来る人は沢山居ます。
お店に訪れるお客さんの中で初心者の割合は少ないかもしれませんが、初心者は僕だけではないはずです。

それに初心者だって立派なお客さんであることは変わりがないはずなので、店員さんは素人や初心者にも優しい・・・はずです。

さらに前向きに考えるならば、初心者はその後、ショップの常連になる可能性もありますから、むしろ初心者にこそ優しくしてくれるはず・・・と期待したいところです。

なので、サイクルショップの店員さんに「スポーツバイクが欲しい。初めて購入する初心者です。」と勇気を出して伝えれば、いろいろと相談に乗ってくれるはず・・・。

サイクルショップでは店員さんに質問するのが普通

ピチピチのサイクリストたちが店員さんと親しげに話しているという光景はサイクルショップではよく見かける光景の1つですが、きっとそれは商品や新製品について質問や相談しているうちに仲良くなってしまったからに違いありません。

というのも、自転車用品は本当に沢山の種類があるし、用途によって細分化されているので、何かを購入したりする時には、店員さんに質問するのが一番間違いがないからだと思うのです。

メンテナンス用具一つにしても、売れ筋や使い勝手の善し悪しは現場の店員さんがよく分かっているでしょうし、お客さんからの感想なども聞いていることから、店員さんにアドバイスを請うことで、知らなかった沢山の事を知ることができるのです。

店員さんは質問慣れしているでしょうし、むしろ質問されることも仕事の一環だと思ってくれているはずです。なので、初心者だからこそ、気になることは何でも質問してみるのが良いと思います。

優しくない店員も居るとは思います

さて、僕が行ったジャイアントストア○○店で最初に対応してくれたのは店長と思われる男性。初心者にはきっと優しいはずという僕の勝手な決めつけのもと、店長と思われる男性に勇気を持って話しかけてみたのでした。

その男性は、最初は「クロスバイクとは何ぞや」について細かく説明してくれていたのですが、常連と思われる客が来た途端に「じゃあ」と言って僕の元を離れてしまい、僕はそのまま延々と放置されてしまいました。

それ以前に「コレで良いのでコレ下さい」とESCAPE Airを指差して伝えていたんですけどね。

そのうち戻って来てくれるのかなと期待しつつ待ってみたものの常連客との談笑は終わらない。何度も視線を送っているのにも関わらず他のスタッフを呼ぶ事さえしてくれず、よっぽど買うのをやめて帰ってしまおうかと思ったほどでした。

結局20分ほど待ちぼうけの末、手の空いた女性の店員さんが応対してくれてようやく購入することができたという始末。

このように親切でない店員さんも中にはいますし、店員さんも人間なので疲れている時や体調の悪い時、気分の優れない時やタイミングが悪い時などもあるはずですから求めすぎるのも良く有りませんが、不親切にされたら縁がなかったと思って別のお店を探してみるのも良いかもしれません。

僕にとっては初めてのサイクルショップへの訪問でこのような対応をされたことが非常にショックで、調整の為に数回訪問した程度で、後は別のショップを利用するようにしました。

初めてスポーツバイクを購入するお店選びについて

ロードバイクやクロスバイクを買うお店の選び方

僕がそのジャイアントストアを選んだ理由は「初心者向きで、乗っててもそこそこ恥ずかしくないレベルの安いクロスバイクとは何か?」をインターネットで調べて見つけた結果、クロスバイクのESCAPE Airが良さげであることを事前に決めていて、GIANT製品を買うなら、ジャイアントストアが良いだろうってことで、家から最寄りのジャイアントストアへ行っただけのお話でした。

クロスバイクのESCAPEシリーズは自転車愛好家おなじみの、自転車あさひとかY’sロードなどでも売っているので、そちらを選んでも良いと思います。

そちらの方がジャイアントストアで買うよりも安く売られていることの方が多いです。ジャイアントストアで買うメリットは基本的なメンテナンスは無料になる点ですが、僕のように改造、カスタマイズを自分でする人は保証が無効になるのであまり意味が有りません。

要するにどのお店を選んでも良いと思いますが、いずれにしても家の近所にサイクルショップがあるのなら、近所のサイクルショップを利用するのが購入後のメンテナンスとかを考えたりするとベストだと思います。

馴染みのサイクルショップが家の近くに有るというだけでメリットが大きいですからね。

初心者がサイクルショップに行く前に決めておくべき事

初心者がサイクルショップに行く前に決めておくべき事

下調べなくお店に行っても、店員さんに相談して、自分がどんな自転車に乗りたいのか?どんな風に乗る予定なのか?予算はどの程度なのかなどを伝えれば、それなりに条件に合ったものを見繕ってくれると思います。

しかし、初心者は「何を相談すれば良いのかよくわからない」ので、結局煮え切らない質問をした結果、適当に無難なものを推薦されて、よくわからないまま購入してしまい、後々いろいろと理解してきた時に、後悔してしまうことにもなりかねません。

そのあたりの不明確さが「これだから素人は」と思われる一番のポイントだと思うのです。一生懸命アドバイスしても全く響かなければ、店員さんだって気持ちが乗りません。

店員さんに「だから素人は困るんだよ」と思われないために、以下の事は最低限、明確にしてからサイクルショップに行くのが良いと思います。

・スポーツバイクを買う予算を決める
・スポーツバイクに乗る用途を決める
・スポーツバイクの好みを伝える

スポーツバイクを買う予算を決める

予算によって車種も性能も大きく変わります。

価格の目安としてはクロスバイクは60,000円〜
ロードバイクは100,000円〜くらいが入門機の完成車の値段になってくると思います。

また、初めてスポーツバイクを購入する場合には、自転車本体の他に、空気入れやライトなどの備品で20,000円〜30,000円くらいは余分に必要になるので、そのあたりも予算として含めて考えておく必要があります。

つまりは「諸々込みで予算は90,000円くらいなんですけど・・・」と相談すれば、クロスバイクの超入門機が買えて、いろいろ必要な道具も揃えられる金額なので「値段も知らない素人」と鼻で笑われることはないはずです。

ネットで探すと安いロードバイクも沢山見つけることが出来ますが、見た目はロードバイクでも中身はただの自転車と同じで、いわゆるルック車と呼ばれる類の自転車で、サイクルショップで売っている自転車とは別モノになります。

これを知らずに「30,000円で何か良い自転車を・・・」などと相談すると、お店の人は、きっと苦笑いしながら別のお店を紹介してくれることになると思います。

逆に言えば、まともなスポーツバイクに乗りたいと思うと、最低90,000円程度は準備する必要がある、とも言えると思いますので、そのあたりをしっかりと理解した上で予算を多めに見積もっておいた方が良いでしょう。

スポーツバイクに乗る用途を決める

自転車に乗る用途は人それぞれです。

日頃の通勤や通学に使いたいのか、雨の日でも乗るのか、それとも本格的に乗り込んで、将来的にはレース出場まで考えているのかどうかでもおすすめの自転車は変わります。

また、自転車の種類もいろいろとあり、マウンテンバイクなのか、ロードバイクなのか、その中間であるクロスバイクなのか、シクロクロスなのか、オシャレでファッション的なミニベロなのかピストなのかで、予算も用途も大きく変わります。

主に自転車に乗るシチュエーションでもお勧めの自転車は変わり、街乗りメインなのかとか、週末にはロングライドやポタリングもしてみたいと考えているなどの違いをできるだけ具体的に伝えることが大切です。

具体的に伝えれば伝えるほど、目的に最適な自転車を選んでくれるはずです。

決めておくべき事項例

● バイクの種類(ロード/クロス/マウンテン/シクロ/その他)など
● 予算
● 目的(通勤通学/運動と日常使い/レースなども考える)など
● どのように乗りたいか(ファッション/街乗り/坂道/スピード)など

スポーツバイクの好みを伝える

個人的にはスポーツバイクの入り口としてクロスバイクは非常におすすめではありますが、初心者でもロードバイクが欲しければロードバイクにこだわるべきだと思います。

例え本格的に乗るつもりがなくても、ロードバイクの見た目の惚れたらなロードバイクを選ぶのが間違いのない選択になるはずです。

明確にロードバイクに憧れているにも関わらず「初めてで予算も無いならクロスバイクが良いですよ。」などと言われてクロスバイクを購入したりすると、必ず後からロードバイクを買いたくなって「最初からロードバイクを買っておけば良かった」」と後悔することにもなりかねません。むしろその可能性が高いと思います。

スピードが出るとか乗り心地などの自転車の性能も大切ですが、フレームのデザインにもこだわってホリゾンタルなタイプが良いなどの、見た目へのこだわりも重要なポイントだと思います。それらをある程度ハッキリとさせて相談すると、間違った選択はしなくなるものと思われます。

初心者がサイクルショップに自転車を買いにに行く時の服装

初心者がサイクルショップに自転車を買いにに行く時の服装

結論から言えば、何だって良いです(笑)。

極端な話、スーツでもロードバイクは乗れますし、サイクルウェアじゃないと自転車に乗ってはいけないというルールもありません。

普段はピチピチの格好でロードバイクにに乗っていても、仕事帰りにスーツで立ち寄る人も多い訳ですから、どんな服装だって良いのです。

また初めてスポーツバイクを購入する場合、買った後に乗って帰る時の服装が・・・などと気になるかもしれませんが、スポーツバイクはママチャリなどと違い、整備等の問題もあるので、基本的にはその日のうちに乗って帰れないと思った方が良いでしょう。

購入決定後に、組み立てや調整をしてもらって、1週間後くらいに納車、というような流れが一般的だと思います。なので自転車を買いに行く時に、乗って帰る時の服装を考えたりするのは意味がありません。

自転車納車時の服装は・・・?

ストレッチの効いたサイクルパンツがおすすめ

納車の時の服装もそれほど気にする必要は無いと思います。どんな格好だろうと乗って帰れないことはないでしょうから。それがクロスバイクなら、なおさらです。

ただスーツ等のフォーマルな服装や、タイトなジーンズは自転車に乗りづらいので止めておいた方が良いと思います。5km程度の距離であれば余裕でしょうが10km以上の距離になると、ストレッチの聞かないジーンズなどになると、乗っていてかなり辛くなります。

かと言って、自転車を取りに行くまでの間にピチピチの格好で行くのも恥ずかしいと思います。おすすめとしては、スラックスタイプのストレッチの効いたサイクル用パンツです。これだと自転車に乗っていない時でも違和感がありませんし、ゆくゆく必要になるものなので買っておいて損はありません。

靴はスニーカーであれば問題無し

本格的にロードバイクに乗ろうと思えばビンディングシューズという選択になりますが、初めてロードバイクに乗ろうという人でいきなりビンディングシューズを選択する人はまず居ないのではと思います。

なので靴は運動靴やスニーカーなどであれば問題無いと思います。

革靴など底面が硬いものなどは滑る可能性もあるのであまりおすすめではありません。また、サンダル等は脱落などの危険も有るため止めておいた方が良いです。

バックパックも有れば良し

その他必要になるのと言えば、バックパックだと思います。

というのも、初めての自転車の場合、空気入れや備品などを購入することになり、それらを持ち帰ることを考えると、意外に大量になったりします。付属品だけでもそこそこ荷物になるのですよね。

スポーツバイクの場合、ママチャリのように前カゴは付いていませんし、荷物をハンドルに引っ掛けて・・・みたいなことも出来ないのでバックパックなどのバッグは必須になるのです。

バッグパックは乗車時に背中が蒸れてしまって汗でビショビショになってしまうという問題があり、それを防止できるように背中とバッグとの間に空間ができるようにデザインされたDeuterというブランドのRace EXP Airがおすすめです。

購入レビューとして「自転車用リュックの背中の汗対策の定番DeuterのRace EXP Airを購入」にまとめてありますので参考にしてください。

ヘルメットは購入した方がよい?

ヘルメットの着用の義務はありませんが、着用した方が良いか悪いかで言えば、ヘルメットは自身の安全を考えても着用した方が良いのは間違いないと思います。

ヘルメットを着用した方が絶対に安全ですし、ノーヘルメットは非常に危険です。車道を走ることが多くなるスポーツバイクでヘルメット着用は推奨です。

見た目等いろいろな問題がありますので、自転車を買うついでにショップにあるヘルメットで試着してみるとサイズや装着した時の見た目も分ると思います。

初心者がサイクルショップに自転車を買いにに行く時の服装まとめ

サイクルウェアにしてもヘルメットにしても最初から一気に揃えようとすると結構な出費になり大変だったりします。

なので、最初から無理に揃えようとせずに、必要だと思ったその時に、少しずつ買い揃えていけば良いよいんじゃないかなと思います。

乗っていると速さとか快適さを求めるようになり、そうするためにはいろいろと自転車専用のウェアや装備になってくるので、自然とサイクリストの格好になっていくのです。

最初は抵抗のあったピチピチな服装ですら、乗り馴れてくるとそうじゃないと恥ずかしいと思うようになって来たりします。ある意味ロードバイクの正装でもありますから当然と言えば当然です。

以上、初心者がサイクルショップにスポーツバイクを買いに行く時の心構えついて書いてみました。参考になれば幸いです。

ちなみに最近読んだ「アラフォーからのロードバイク 初心者以上マニア未満の<マル秘>自転車講座 」は、自転車屋さんのスタッフの方が書かれた本ですが、およそ初心者がサイクルショップで聞くであろう会話や知識などが凝縮されている本で、これを読んでおくと、ド素人扱いされることがなくなる程度の知識が身につけられんじゃないかと思います。

Comment

  1. […] また、自転車本体の他に、空気入れやライトなどの備品で20,000円〜30,000円くらいは余分に必要になるので、そのあたりも予算として含めて考えておく必要があります。 引用元-初心者がサイクルショップに行く心構えや服装について | Escape airと自転車… […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑