*

WAKO’Sのブレーキ&パーツクリーナーの種類と用途について学ぶ

公開日: 清掃, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

WAKO'Sのブレーキ&パーツクリーナーの種類と用途

梅雨の季節で、怪しい天気が続いているので、自転車に乗るのはしばらく様子見。することもないので、チェーンでも掃除してみようかなと思ったりしますよね。

さて、自転車のチェーンの清掃と言えばパーツクリーナー。
そして、パーツクリーナーと言えばWAKO’Sですよね。

WAKO’Sのブレーキ&パーツクリーナー

WAKO'Sのブレーキ&パーツクリーナーの種類と用途

自転車のチェーンの清掃と言えばパーツクリーナー。
そして、パーツクリーナーと言えばWAKO’Sですよね。

我が家にももちろんパーツクリーナーは常備されていて、WAKO’Sのブレーキ&パーツクリーナーであるBC-8とSUPER JUMBO PLUSを使用しています。

「チェーンの清掃にはブレーキ&パーツクリーナーを使う」というメンテナンスブックの情報を信じて、その本の中で、おすすめ用品としてお勧めされていたのが、このWAKO’Sの2種類のパーツクリーナーだったのです。

さて、そんなWAKO’Sのクリーナーですがいくつか種類があり、果たしてそれらの違いは一体何なのか?と以前からその効果について疑問に思っていたことでありました。

基本的に全ての脱脂効果があるものなので、極端な話、どれでも汚れは落とせると言ってしまえばそれまでなのでしょうが、キッチリと用途を理解して使い分けできるのが、違いの解る男としてカッコ良いのかなとも思うので、WAKO’Sのブレーキ&パーツクリーナーの用途について学んでみることにしました。

WAKO’Sのクリーナーの種類

WAKO'Sのクリーナーの種類
WAKO’Sの自転車で使われる脱脂を目的とするクリーナーの種類は3カテゴリの6種類。

BC-SJ(SUPER JUMBO PLUS)
BC-8
BC-2
BC-9
CHA-C
FMC

カテゴリを表すアルファベットですが恐らく
BC=Brake and parts Cleaner.
CHA=CHAine cleaner
FMC=Forming Multi Cleaner
かと思います。

ちなみにWAKO’Sは神奈川県の株式会社和光ケミカルのブランド。
自転車というよりも自動車、オートバイの整備用品としての方が有名なのかもしれません。

WAKO’Sのブレーキ&パーツクリーナー BC系

まずはブレーキ&パーツクリーナーの種類について調べてみました。

BC-SJ(SUPER JUMBO PLUS)

ワコーズ BC-S ブレーキ&パーツクリーナー スーパージャンボ A180 840ml A180

ブレーキ周りの脱脂、機械部品の洗浄・脱脂
・気化熱が少なく結露しづらくブレーキやパーツ類の脱脂に適している。
・国内最大缶でお得。
・容量:840ml

SJはSuper Jumboの略かと思います。

気化熱があると結露してしまうワケは、気化熱があると、蒸発する際に熱をモノから取ろうとするため、モノが冷やされるわけで、冷えてしまうと、氷を入れたグラスよろしく、結露して、結果的に錆などに繋がるというわけですね。

BC-8

WAKO’S BC-8 ブレーキ&パーツクリーナー8 A188

中乾タイプ
ブレーキ周りの脱脂、機械部品の洗浄・脱脂
・ブレーキ周り、パーツの洗浄に適している。
・容量:650ml

SUPER JUMBOと似たような用途で使用するブレーキ&パーツクリーナーで、スタンダーとタイプと思われます。

要するにパーツクリーナーを買おうと思った場合にはBC-8かSUPER JUMBOを選択しておけば間違いは無いのかもしれません。メンテナンスブックでお勧めされていたのも、きっとそういう理由からなのでしょう。

BC-2

ワコーズ BC-2 ブレーキ&パーツクリーナー2 第二石油類、非乾燥タイプのブレーキ・パーツ洗浄スプレー A182 480ml A182 [HTRC3]

遅乾タイプ
グリース、ガム状汚れ
・第2石油類で引火性が低く、毒性が少ない
・容量:480ml

BC-2の2は恐らく第2石油類の2だと思います。
第1石油類はガソリンやトルエンなどで引火点は20度未満。
第2石油類は灯油、軽油などで引火点は21度以上70度未満。
引火性が低いと言っても、石油類で危険物には変わりがないので火気厳禁です。

BC-9

ワコーズ BC-9 ブレーキ&パーツクリーナー9 速乾性タイプのブレーキ・パーツ洗浄スプレー A189 650ml A189 [HTRC3]

速乾タイプ
・ブレーキ周り、パーツの洗浄に適している。
・容量:650ml
・速乾性が高いため、ゴム、プラスチックなどへの影響が少ない。

WAKO’Sのその他のクリーナー

CHA-C

WAKO'S(ワコーズ) CHA-C チェーンクリーナー A179 330ml 【CHA-C×2本セット】 非乾燥タイプの洗浄スプレー

非乾燥性
・チェーンの洗浄。頑固な汚れ、グリース汚れ
・防錆材配合。
・ゴムを痛めない。

Chaine Cleanerの略。

チェーンクリーナーですが、自転車のチェーン用というよりは、ゴムを痛めない特性から、バイク等で使用されていることが多い、シールチェーン洗浄用のチェーンクリーナーと思って良いのかもしれません。

ちなみにシールチェーンは自転車用チェーンには存在しないようなので、自転車のチェーンの洗浄の場合はブレーキ&パーツクリーナーで良さそうです。なので、自転車用途で使われることはあまり無いクリーナーなのかもしれません、

FMC

WAKOS ワコーズ FMC フォーミングマルチクリーナ 380ml 1本
・チェーンの洗浄。頑固な汚れ、グリース汚れ
弱アルカリ性で素材に対して優しい
水無しで洗浄できる
・容量:380ml

Forming Multi Cleaner

要するに泡の洗浄剤で、水がなくても洗浄でき、塗布した後はウェスなどで拭き取るだけで洗浄出来るというスグレモノ。

僕のように集合住宅に住んでいる人などは、屋外であっても水道を使ってお掃除・・・みたいなことがやりづらいので、そう言った人達のニーズに答える洗浄剤なのかもしれません。

自転車のチェーン周りなどの洗浄に使用するクリーナー

自転車のチェーン周りなどの洗浄に使用するクリーナー
自転車のチェーン周りなどの洗浄に使用するクリーナーは、CHA-Cはどちからと言えばバイク用、FMCは便利ですが割高になるので、基本的にブレーキ&パーツクリーナーの中から選択するのが良さそうです

クリーナーを扱う上での注意と性質

気軽に使ってしまいがちなクリーナー類ですが、俗にケミカルと呼ばれるくらいですから、化学薬品と同じと思って、注意事項はきちんと守って使用しないと、思わぬ事故が起きてしまう可能性もあるので扱いに注意しましょう。

使用する箇所の注意

ゴム、プラスチック、塗装面は痛めてしまうので使用しない&かからないように注意する。

自転車ではフレームやホイール、タイヤ、ブレーキパッドなどが該当するかと思います。

使用する場所の注意

非常に引火しやすいため、火のある場所では使用しない

気温と乾くスピード

気温が高ければ高いほど、気化するスピードが早くなる。

ブレーキ&パーツクリーナー選びのポイント

ブレーキ&パーツクリーナー選びのポイント

乾くスピードが選択のポイント

パーツクリーナーが乾くのが早いと素材へのダメージが少ない反面しつこいグリス汚れやガム状汚れに対しては弱く、乾くのが遅ければしつこい汚れにも強いのに対して素材へのダメージが大きくなる。ということで、用途や使用箇所を考慮して使い分けるのが良いようです。

ブレーキ&パーツクリーナーの乾くスピードと用途

速乾性:BC-9
プラスチックや塗装面のある場所での洗浄に向いている。
自転車で言えばブレーキ周りなどが代表的な場所。
速乾性のものは、気化熱の影響で急激に冷えるという特徴があることから、グリス汚れなども冷やしてしまい固まってしまうため、頑固な汚れは苦手。

中乾性:BC-8、BC-SJ
チェーン周りの洗浄には一番使いやすいクリーナーかもしれません。
固着してしまった油汚れも少し置いておけば溶けるように落とせます。
オールマイティな感じですが、俗に言う「攻撃性が高い」クリーナーなので、ゴムや塗装面には掛からないように注意が必要。

遅乾性:BC-2
選択で言う所の、浸け置き洗いをするようなイメージ。
頑固に固着してしまった汚れを綺麗にする際に良さそうです。
チェーンの洗浄でよく行なわれるもので、灯油を使ってペットボトルに入れてシェイクする、というような方法がありますが、それと似たような感じかもしれません。

WAKO’Sのブレーキ&パーツクリーナーの種類と用途について学ぶのまとめ

WAKO'Sのブレーキ&パーツクリーナーの種類と用途について学ぶのまとめ

ブレーキ&パーツクリーナーという名前から、ブレーキとパーツ用のクリーナーなので、チェーンなどには使わない方が良いのかな・・・と思っていましたが、実際はそうでもないようです。

WAKO’S的に自転車よりも、自動車やバイクでの消費が圧倒的に多いものと思われ、用途の説明やネーミングなどはそちらを基準にしているようですので、自転車目線で考えた時に、説明やネーミングで少し違和感を感じるのはそのためだと思います。

つまりブレーキ&パーツと言っても、ブレーキとは自転車のブレーキではなく、自動車やバイクのブレーキと考えると合点がいくというわけです。

なので、自転車のチェーン周りの洗浄にはBC-8やBC-SJを使用するのが、最も適していると思われます。

少しこだわるのであれば、中乾性と速乾性の両方を使用するのが良いらしく、中乾性のブレーキ&パーツクリーナーでしっかりと汚れを落とした後、速乾性のブレーキ&パーツクリーナー使って仕上げるといった感じです。

この場合、BC-SJの方がBC-8よりもやや遅乾なようなので、BC-SJを使用しBC-9で仕上げれば良いのだと思います。

クリーナーの世界も勉強してみるとなかなか面白いものですね。
ちなみに、僕は以前、別のメーカーの格安なチェーンクリーナーやディグリーザーを使用していましたが、汚れの落ちかたが全く違うので、今では少々値段は高くてもWAKO’S一択になりました。

せっかく洗浄するのなら、キッチリ汚れが落ちた方が気分が良いですからね♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑