*

自転車メンテナンスの必需品ワイプオールを買ってみた(動画あり)

公開日: 清掃, 自転車メンテナンス・カスタマイズ ,

自転車メンテナンスの必需品ワイプオール
クロスバイクやロードバイクに必要不可欠な日常のメンテナンスをする時に、必需品となるのがウエスですが、僕は普段は布製のウエスを使用しています。

しかし世の中には紙製のウエスというものもあり、多くのサイクリストから絶大なる評価を得ているワイプオールという不織布があるので試してみることにしました。

紙製のウエスなら気軽にポイ捨て出来る

ウエスと言えば一般的にはボロ布で、使い古した下着などを使用することが多いと思いますが、自転車のチェーン清掃などをすると、油汚れで一気に黒く汚れてしまうため、数回使えば真っ黒になってしまいます。

個人的には布製のウエスは好きなのですが、思いっきり油汚れが付いてしまったウエスを洗濯してまで再利用しようとは思えないので、ある程度汚れてくれば「もったいないなぁ」などと思いながらも、捨ててしまうことになります。

そんなわけで、もう少し気軽に使えるウエスはないかな? ということで、サイクリストからもっぱら評判の良いウエスである、ワイプオールという紙製のウエスを購入してみました。

紙製のウエスなら、布製のウエスよりも気軽に使えそうだと思ったからです。

日本製紙製クレシア株式会社ワイプオール WYPALLとは

日本製紙製ワイプオール WYPALL

ワイプオールとは日本製紙クレシア株式会社の製品ブランドで、不織布製製のウエスです。
公式ページ

不織布って何?

不織布(ふしょくふ)。一般的な布は繊維を織ったり紡いだりして布にするのに大して、繊維を織らずに絡み合わせたシート状のものを言う。

ワイプオールの種類

ワイプオールには3種類ほどあってx50、X60、X70、X80などがあり、数字が大きくなるほど紙厚が厚くなります。
今回購入したアプリはX70であるスタンダードタイプ。

ワイプオールの特徴と用途

素材は紙でありながら、水やアルコールで濡らしても破れづらく布巾と同じような使い方ができる。また、毛羽立ちが少ないため、チェーンなどの清掃でも大活躍というのがサイクリストから愛されている一番の理由かと思います。

家具や机などの拭き掃除や、油汚れの拭き取り、時には身体を拭くなどもOK。毛羽立ちが少なくや破れづらいので、異物が混入すると困るような食品関係や製造工場、薬品を取り扱う病院、そしてもちろん、自転車やバイクなどの機械メンテナンスの現場などでも活躍しているようです。

まさしく万能で、商品名の由来がWipe all(全てを拭く)であろうことは、容易に想像がつきます。

ワイプオールのパッケージ

ワイプオールのパッケージ 

ワイプオールのパッケージ

ビニールで包装されたシンプルなパッケージ。
お砂糖のパッケージにも似ていますね。

スプーン印 上白糖 1KG 1袋

ワイプオールのサイズ

ワイプオールのサイズ

ワイプオールのサイズをシマノのストレージボトルと並べて比較。
ストレージボトルのサイズはだいたい18cmくらいですが、ほぼ同じ高さです。
比較対象はシマノ ストレ-ジボトル 750 L PR100331

ワイプオールを広げた時のサイズ

ワイプオールは四つ折り
ワイプオールは四つ折りになっていて50枚入り。

ワイプオールの広げたサイズ
ワイプオールを広げた時のサイズは335x345mm。
意外と厚みもありしっかりとした手触りです。

ワイプオールの引っぱりテスト

ワイプオールの良い評判の一つとして、紙なのに破れづらいというのがあります。
実際問題で、紙製だと、使い捨てはしやすくて便利ですが、使用している時に破れたりするのは不便ですから気になるポイントだと思います。

というわけで、引っ張るなどのテストをしてみました。
なるほどと納得するくらいに破れづらい素材ということが分かりました。
ちなみに素材はパルプとポリプロピレンのようです。
破れづらいのはポリプロピレンが含まれているからなのですね。

ワイプオールまとめ布との比較

ワイプオールまとめ布との比較

今まで自転車のメンテナンスに使うウエスは布派だった僕ですが、サイクリストから評判の良いワイプオールを購入してみて「なるほど、たしかに使いやすいかも。」と納得するようなものでした。

特にチェーンなどの清掃の際には、繊維がチェーンに付着してしまうなどの問題も出やすいため、毛羽立ちが少なく、油もよく吸ってくれるワイプオールは最適な素材と言えるかもしれません。

布との比較ですが、一般的にイメージするような不織布はCDケースなどに使われている柔らかくて繊細な感じのモノだと思います、しかしワイプオールはしっかりした質感のため、少しゴワゴワした手触りで、布の方が柔軟で扱いやすい感じがします。

またこのゴワゴワした質感は乾拭きする場合はフレームのコーティングを痛めてしまいそうな気がしないでもないので個人的には布製のウエスを使いたいです。水に濡れると布のような質感になるため、拭き掃除では問題無いと思います。

というわけで、実際に丁寧な清掃をしようと思うのであれば、チェーンの清掃はワイプオール、フレームやスプロケットなどの清掃は布製のウエスを使用すると言った具合に使い分けるのが最も良いかもしれません。

布製よりも安価で、気兼ねなく使えると言う点は非常に魅力的で、今後も使い続けることになりそうです。

ちなみに布製ウエスはAmazonのマイクロファイバー クリーニングクロスを使用しています。

【参考】ロードバイクやクロスバイクのメンテナンスや清掃の必須品ウエス

以上、日本製紙製クレシア株式会社ワイプオール WYPALLの購入レビューでした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑