*

自転車走行で直線道路の信号は守るべきなのか?

公開日: 道路交通法・ルール

自転車信号無視問題で交差点でなくても信号は守ろう

自転車を趣味としている一人として、常日頃から意識しているのは自転車の乗車マナーです。

基本的には自動車などと同じで、運転中は無理せず、譲り合いの精神と法令遵守の気持ちでいれば、自転車のマナーについてうるさく騒がれることもないはずなのになと思います。

しかし、自転車に関する取り締まりが生温いからか、それとも交通ルールをよく知らない人も乗っているからか、あるいはその両方なのか、とにもかくにも、自転車の交通マナーの悪さは、他の乗り物と比較しても圧倒的に悪いと言わざるを得ないのが現状だと思います。

数あるマナー違反の中でも僕の中でダントツで気になるのが信号無視
車を運転している時にそんな自転車を見かけると「死にたいのかな・・・」と思いますし、歩行者として歩いているときは逆に殺されそうになる時も少なくありません。

そして信号無視の中でも圧倒的に多いのが、交差点ではない直線道路の信号での信号無視です。

あまりに守られていないので、守る必要な無いのかな?と思ってしまうほどです。
車道の信号が赤でも、すぐ横の自転車歩行者道を走れば信号がありませんから、もしかしたらそのまま直進OKなのかもしれません。

そんな馬鹿なと思いつつも、確信が持てなかったので改めて直線道路の信号は守るべきなのか、無視して良いのかについて調べてみることにしました。

直線道路の信号に自転車は従うべきなのか?

直線道路の信号に自転車は従うべきなのか?

交差点などででは、歩行者自転車用信号が赤であっても、車道の信号は青だったりする場合、自転車はどちらの信号に従うべきかで悩むことがあります。

条件によって異なるのが正確な答えにではありますが、基本的には車道を走っている自転車は車道の信号に従えば良いようになってきています。

詳しくは「自転車は歩道の信号と車道の信号のどちらに従うべきか?」という記事でまとめています。

しかしながら、交差点ではない直線道路で横断歩道が設置されている場合、車道には信号がありますが、自転車歩行者道には信号がありません。

そのため、車道を走行していた自転車が一旦、自転車歩行者道に上がったり、横断歩道の信号を無視してそのまま通行していく姿がよく見かけられます。

なので、自分が歩行者だった場合、横断歩道の信号が青になったからと迂闊に歩き出すと、自転車が目の前を横切ってドキッとしたり、あわや跳ねられそうになることも少なくありません。

僕自身が自転車に乗っている時には、しっかりと停止して信号に従うようにしていますが、街で見る限り、信号に従う自転車の方が圧倒的に少ないように思います。

そんなわけで、直線道路の信号は自転車は守る必要があるのか?という素朴な疑問が湧いて来るのです。

道路交通法的には・・・

道路交通法的には・

いろいろ調べてみたんですけど、交差点ではどの信号に従うべきかというような情報は、警視庁をはじめ、いろいろな自治体の告知資料などでも沢山出てくるのですが、直線道路の信号については残念ながら見つけられませんでした。

常識的に考えて、車道を走っている自転車は車道の信号に従わなくてはいけません。当たり前過ぎて解説するまでもないですが、一応、道路交通法も抜粋しておきます。

(信号機の信号等に従う義務)
第七条 道路を通行する歩行者又は車両等は、信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等(前条第一項後段の場合においては、当該手信号等)に従わなければならない。
http://www.houko.com/00/01/S35/105.HTM

なので、車道を走っている自転車は、交差点ではない直線道路で信号に出くわした場合、しっかりと車道の信号に従うのが当たり前のルールだと思われます。

車道→自転車歩行者道→車道はグレーゾーン?

直線道路の信号

直線道路の信号に引っ掛かるのを避けるために、信号が赤になると車道から歩道の方へ移動して、信号を過ぎればまた車道へ戻るという走り方をする自転車も見かけます。

ご存知の通り、歩道の走行は老人や子供、危険を回避するためにやむを得ない場合等の例外を除いて、走行することが出来ないようになっているため、上記のような走行の仕方は、道路交通法に違反しているものと思われます。

しかしながら、道路標識に注目していると解ると思いますが、純粋な歩道ってあまり見かけないのですよね。

一般的に歩道として認識している道路のほとんどは、標識に歩行者マークと自転車マークが表示された自転車歩行者道で、自転車も走行して良い道路だったりします。

歩行者自転車道の制限と言えば、歩行者優先と車道側をゆっくり走れというくらいですし、車道から上がってくることに対しての制限は特に無いようなので、それさえ守れば車道→自転車歩行者道→車道という走り方は、法律的にはもしかして許されてしまうのかもしれません。

どなたか詳しい方いらっしゃいましたら助言いただけると助かります。

自転車走行で直線道路の信号は守るべきなのか?まとめ

自転車走行で直線道路の信号は守るべきなのか?

信号は守るべきモノというのは、ハッキリとした正解で間違いないと勿論理解していますが、自分の中で「でもどうなんだろうな?」というハッキリしない部分があったのは、結局こういったグレーな部分があるからだったわけですね。

これが原付だったりすると、自転車用歩行者道を走ることは出来ませんし、仮に信号に引っ掛かりたくない時はエンジンを切って手押ししながら自転車用歩行者道を歩くという方法になるので明確になるんですけど、自転車の場合はうーん・・・。

しかしながら、交通ルールやマナーは安全な方を優先してルールを尊守するというのが基本的な考えだと思うので、グレーな部分があったとしても、しっかりと信号に従うというのが当たり前で、現状のようにほとんど守られていないような状態が異常なのだと思います。

ちなみに、信号が無くても横断歩道の手前では、横断しようとしている人が居ないかどうかを確認して、歩行者が居るようであれば、停止しなくてはいけないというのも忘れずに。

(横断歩道等における歩行者等の優先)
第三十八条  車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S35/S35HO105.html

Comment

  1. 通りすがり より:

    歩道の安全確認した上での場合は全く問題ないですけど、図のように歩行者が渡る為だけの短い信号の場合は歩道スイッチ信号回避をやった記憶が無いですね。
    丁字路や、歩車分離式の十字路の場合は歩道スイッチはやることがありますね。
    それでも、勝手知ったるようなところでしかやりませんね。

    • escape air より:

      通りすがりさま コメント有り難うございます。
      僕はどちらかと言えば止る派ですが、すごく無意味と感じながら止っています(笑)
      自転車は付け焼き刃的に車道を走ることになったので、こうしたグレーな部分が非常に多いですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑