*

ロードバイクやクロスバイクのタイヤのロゴマークとバルブ位置は揃えた方がカッコ良い

公開日: ホイール・タイヤ, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

ロードバイクやクロスバイクのタイヤのロゴマークとバルブ位置

ロードバイクやクロスバイクを改造・カスタマイズ・整備する上で、気をつけておいた方が良いことは沢山あります。

それらのポイントをしっかりと意識するかしないかで、性能面で大きな影響が出たりすることが多いわけですが、中には性能面では全く影響が出ないけど、意識しておいた方が良いこともあったりします。

そんな性能面ではどうでも良いけど、意識しておいた方が良いポイントの一つにタイヤのロゴマークとバルブ位置を揃えるなんてものがあります。

たまたま見かけた記事でそれを知ったわけですが、本当かどうかを確かめる為に愛車のクロスバイクのESCAPE Airのホイールを確認してみると、なるほど確かにタイヤのロゴマークの位置とバルブの位置が揃えられていました。

ロードバイクやクロスバイクのタイヤのロゴマークとホイールのバルブ位置は揃えた方がカッコ良い

そんなわけで、それ以来、チューブ交換などでタイヤを外すことがある時は、この点を意識して作業するようにしています。

ロードバイクやクロスバイクのタイヤのロゴマークとホイールのバルブ位置を揃える理由

タイヤのロゴマークの位置とバルブ位置を揃えると見栄えが良くなる

ホイールのバルブ位置を揃えるPhoto via:http://shinobe.jp/

タイヤのロゴマークの位置とバルブ位置を揃える理由としては、まず見た目の問題。

例えば自転車の写真を撮影する時に、前輪後輪のバルブ位置を揃えると、タイヤのロゴマークの位置も揃って見栄えが良くなる、というのが一般的によく言われる理由の一つで、自転車のカタログなどの写真ではほぼ100%と言えるほどタイヤのロゴマークの位置とバルブ位置は揃えた状態で撮影されています。

そうした方が見た目に統一感が出てカッコ良く見えるというわけです。

タイヤのロゴマークの位置とバルブ位置を揃えるとパンク修理の目印になる

ロゴマークの位置とバルブ位置を揃えるとパンク修理の目印
タイヤがパンクすると、チューブを交換する前に、異物がタイヤに残っていないかを確認する必要があります。

確認しないで新しいチューブを入れると、パンクの原因となった異物がタイヤに残っていたりして、せっかくの新しいチューブがまたパンクしてしまうということにもなりかねません。

なので新しいチューブを入れる前には、必ずタイヤの中と外を一通りチェックするわけですが、闇雲に探したりすると、見落としもあるかもしれません。

そんあ時に、タイヤのロゴとバルブ位置を合わせておくと、パンクしたチューブ穴の位置とバルブの位置から、だいたいどの辺りがパンクの原因になったのかを推測することができるのです。

ロードバイクやクロスバイクのタイヤのロゴマークとホイールのバルブ位置を揃える

ロードバイクやクロスバイクのタイヤのロゴマークとホイールのバルブ位置を揃える

そんなわけで、先日タイヤを入れ替えた僕のクロスバイクに使用しているホイールもタイヤのロゴマークとバルブ位置を揃えて取り付けました。

多くのホイールがバルブ位置とホイールのデザインの位置も揃えているので、バルブ位置とタイヤのロゴマークを揃えると、必然的に、タイヤのロゴマーク、ホイールのロゴマーク、バルブ位置が揃うようになります。

こうして揃えてみるとやはり気持ちが良いものです。
当然ですが、前輪と後輪を同じように揃えます

手組みホイールならハブのロゴも揃えるとか

手組ホイールならハブのロゴも揃える
手組みホイールでこだわる人はハブのロゴの位置まで揃えるとか。

ちなみに僕のホイールは元々組まれて売られているいわゆる完組ホイールなので、ハブのロゴまでは揃っていないように思えますが、バルブ位置に対して90°回転した位置にロゴがあることを考えると、もしかしたら90°回転させて組まれているものかもしれません。

ハブのロゴは上向きにするのか、横向きにするのかは、好きにすれば良いのかもしれません。

いずれにしても、きちんと揃えられていることが大切で、それらが揃っていると自転車が引き締まって見えるのは間違いないですね。

タイヤをホイールに嵌める前に位置を確認すべし

ちなみにこの作業はホイールにタイヤを嵌めてしまった後では調整は難しくなるので、タイヤをホイールに嵌める以前に、それぞれの位置を確認して作業を進めるようにしておいた方がよいでしょう。

ロードバイクやクロスバイクのタイヤのロゴマークとホイールのバルブ位置を揃えるまとめ

ほんの些細なことではありますし、別にどうだって良いことではありますが、こう言ったポイントを押さえることが出来るか出来ないかで、ロードバイクやクロスバイクの全体的な見た目に大きな違いがでてくるのではと思います。

逆に言えば、ポイントを押さえた改造・カスタマイズができるようになれば、その他の基本的なことについても、細かい所までちゃんと目が行き届いて、ちゃんとできるようになるんじゃないかな、と思います。

なにはともあれ、こうして愛車に愛情を注いでいくことで、ますます自転車好きになっていくのは間違いありません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑