*

クロスバイクやロードバイクのコラムをカットする方法

公開日: コラム・ステム, ハンドル周り, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

クロスバイクやロードバイクのコラムをカットする
クロスバイクやロードバイクのハンドルの位置は、前傾姿勢に慣れるとともにどんどん低くなり、しばらくするとステムの上にお団子のようにコラムが突き出た状態になってしまいます。

クロスバイクやロードバイクの見た目としては、このお団子さんが在る状態は非常にカッコ悪いとされているため、ポジション等に変更が無いようであれば、さっさとカットしてスッキリさせてしまうのが常道です。

僕自身、愛車であるクロスバイクのESCAPE Airのコラムは既にカットしてしていますが、充分下調べしたにも関わらず、いざ作業を行なうと、思わぬ落とし穴がいくつもあり、かなり悪戦苦闘した過去があります。

【参考】クロスバイクのescape airのコラムを長ネジを使った方法でカットする際に必要な準備物と失敗しない方法|Escape airと自転車ライフ

上記の記事タイトルでは「失敗しない方法」などと書いていますが、記事の内容は失敗例を含めた改造日記になっています。

しかしそんな記事でもコラムカットの際に参考にしてくださる方も少なからず居るようなので、これからコラムカットに挑戦しようとする方が混乱しないよう、失敗の様子など余計な情報を省いた情報をダイジェスト的に改めてまとめておこうと思います。

クロスバイクやロードバイクのコラムカットをする準備

クロスバイクやロードバイクのコラムカットする方法の紹介

素人がクロスバイクやロードバイクのコラムカットをしようとする際に行なわれる方法で最もポピュラーと思われる方法が、フォークの股の間の穴から長ネジを差し込んで、コラムに圧入されているスターファングルナットを所定の位置まで引っぱり下げる方法の紹介です。

特徴として、自転車を逆さまにして前輪とブレーキを外すだけで作業出来る手軽さ(クロスバイクなどのVブレーキの場合は前輪だけでOK)と、叩くなどの作業がないため、音が出ず、集合住宅などでも作業しやすい、少しずつ確実にスターファングルナットを引き下げられるので失敗しづらい方法です。

クロスバイクやロードバイクのコラムをカットする方法

クロスバイクやロードバイクのコラムカットに必要な道具

■ M6の長ネジ
M6とは直径が6mmの意味で、この太さがコラムの中に圧入されているスターファングルナットと呼ばれる星形の部品に空いている穴と同じ規格になります。長さは285mm以上のものを選ぶ(理想は300mm以上)。
■ M6のナット
■ ワッシャー
ワッシャーは直径が35mm以上のものを選択。内径はM6以上。
M6程度のワッシャーになると外径が22mmのものが一般的ですが、それだと使用できません。
■ ミニサイズのスパナ(レンチ)
■ パイプカッター
■ 金ヤスリ
■ サインペン






M6.5 外径40mm ワッシャー

クロスバイクやロードバイクのコラムカットする手順

コラムのカット位置を決める

クロスバイクやロードバイクのコラムカットする位置を決める

コラムをカットする位置を決めるために、所定の位置にステムをセットします。
例え一番下でもステムの上に一枚薄いヘッドセットパーツを残しておくのがセオリーのようですので、薄いヘッドセットパーツをステムの上に乗せてヘッドセットパーツの上面をコラムにマーキングします。

スペーサーがあることで、カットし過ぎにならない保険や、ステムをしっかりと押さえ込むために必要とか、いろいろな理由があるようですが、正しいかどうかは分かりません。

コラムカットの位置を記す

一番上のヘッドセットパーツを一旦外して、マーキングした位置よりも3mmほど下に改めてマーキングします。この位置がカットする位置になります。

ヘッドセットパーツとコラムのカット位置

スターファングルナットを引き下げる

長ネジを使ってスターファングルナットを引き下げる

16スターファングルナットを引き下げる518_7

コラムの中をのぞき込むと、星形のパーツが見えます。
これがスターファングルナットと呼ばれるパーツで、このパーツをコラムをカットする位置よりも下に移動させる必要があります。

通常は、スターファングルナット圧入のための道具を使用するのですが、今回はフォークの股の部分に空いている穴から長ネジを差し込んでスタ^ファングルナットを引っ張る方法で移動させます。

スターファングルナットを引き下げる
前輪を外した自転車を裏返しにして作業開始です。
カンチブレーキやキャリパーブレーキの場合はブレーキも外す必要があるそうですが、クロスバイクで標準的なVブレーキの場合はそのままで作業ができます。

フォークの間の穴に長ネジを差し込んで、スターファングルナットの中央に空いている穴に挿入します。

クロスバイクやロードバイクのコラムをカットする方法

上記の図のような並びになるようにセットします。
要するに、ナットを締め込むと、長ネジが引っ張られると同時に、ワッシャーがストッパーになるため、スターファングルナットを引き下げられる、というわけです。

この際に、フォークとワッシャーの間にはそれなりに大きな力がかかるため、フォークとワッシャーの間にはゴムプレートや厚手のタオルなどを挟み込むとフレームを傷つけなくて済みます。

スターファングルナットを引き下げる位置

スターファングルナットを引き下げる位置

スターファングルナットを引き下げる位置は、カットする位置の上面よりも約15mm下の部分。

スターファングルナットを引き下げる

時々ペンなどをコラムから差し込んで、どの位置になったかを確認する。
引き下げすぎると元に戻せなくなるので、慌てず慎重に少しずつ引き下げてマメに確認すること

この作業が終われば、もう8割程度は作業は終了したも同然です。

コラムをカットする

コラムをカットする

スターファングルナットが所定の位置まで引き下げられたら、次はコラムカットをします。

コラムをカットするのは、普通のパイプカッターで行なえます。
ハンドルなどよりは多少厚めなので、少し時間は掛かります。

コラムをカット
カットできた後は、バリを金ヤスリで落として綺麗にします。
カットできたら、ステムとヘッドセットパーツとヘッドキャップを取り付けて作業完了となります。

フルカーボンのコラムなどはカーボンカット用の専用のカッターなどが必要になるので注意が必要です。

以上、クロスバイクやロードバイクのコラムカットの方法についてのまとめでした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑