*

スマートフォンでサイコンするのに必須のスマホホルダー

スマートフォンでサイコンするのに必須のスマホホルダー

クロスバイクやロードバイクでサイクリングを楽しむのに必要不可欠とも言えるサイクルコンピューターですが、最近はスマートフォン用アプリも充実していることもあり、サイクリングログやナビとしてスマートフォンをサイクルコンピューター代わりに使用する人も多いようです。

また、常に着信やメール受信などをチェックしておきたい人にとっても、すぐに気付けるようにスマートフォンはハンドルに設置したいと考えている人も少なからず居るようです。

その証拠にハンドルにスマートフォンホルダーを取付けているクロスバイクやロードバイクをよく見かけたりもします。

僕自身もスマートフォンを取付けてのサイクリングに興味があり、一体どんな調子なのかなとスマホホルダーの存在が気になっていたわけですが、そんな折り、スマートフォンホルダーのレビューの依頼をいただいたので取付けテストなどを行なってみることができました。

試用レビューするのは

ちなみに、金銭の授受等は無く、他の記事と同様に思ったことを素直に書きますよということを了承してもらった上での紹介となります。

スマートフォンとサイクリング

スマートフォンとサイクリング

今現在で僕自身はスマートフォンではなくガラケーを使用しているということもあり、スマートフォンを使用したサイクリングはしていませんが、それでもなんだかんだでiPod touchにはサイクリング用のアプリがいくつかインストールされていたりしています。

iPhoneなどのスマートフォン用のサイクリングアプリもなかなか充実していて、GPSを利用して正確に走行ルートを記録したり、ナビとして活用したり、mio alphaなどの心拍計とも連携したりで、自転車ライフにもスマートフォンはかなり活用できるようになっています。

個人的にも将来的にスマートフォンを使用したサイクリングの検討はしているわけですが、振動などでスマートフォンが落下してしまわないか?というところが非常に気になる点だったりします。

みなさんご存知のようにスマートフォンは落としてしまうと簡単に割れてしまいます。また、走行中に落下させてしまうと危険でもあります。

その点がしっかりしていないことにはなかなか導入に踏み切れないなと思っているので、その点を中心にレビューできればと思います。

Teyimo バイク スマホホルダー

Teyimo バイク スマホ ホルダー

まずはTeyimo バイク スマホホルダーを開封します。
左から取扱説明書、予備のバンド、本体となります。

ホルダー部分は金属製でかなりしっかりした感じです。
ステンレス製とのこと。

Teyimo バイク スマホホルダー

マウント部分です。
対応ハンドル径:約22mm-40mmということで、一般的なフラットバーハンドル(握り径22.2m/クランプ径25.4mm)やドロップハンドルなどで主流なオーバーサイズ(握り径23.8mm/クランプ径31.8mm)でも余裕で対応できるサイズになっているので取付け場所には困らないと思います。


ホルダー本体はバネ式でサイズ調整が可能。
幅58mm-80mmまで対応しているので大きなiPhone7 Plusにも対応できるので、かなりの機種で使用可能と思います。

スマホホルダー重量

最初に気になったのが重量です。
ホルダー部分が金属の塊なので、それなりの重量があります。
計測してみたところマウンター混みで146g。気になる人には気になる重量かもしれません。

ちなみにiPhone6sが143gとのことで、スマートフォンとほぼ同等の重量と思うとイメージしやすいかと思います。

Teyimo バイク スマホホルダー取付け

Teyimo バイク スマホホルダー取付け

スマホホルダーの取付けはボルトだけで固定できるため簡単です。
デザイン的にどうかな、というところはありますが実際問題でスマートフォンを設置すると見えない部分でもあるので気にはならないと思います。

スマートフォンを取付け

組み立て後にスマートフォンが無いのでiPod touchを取付けてみることにしました。
まずは台座にスマートフォン本体を起きます。

シリコンバンドでスマートフォンを固定

次に、付属のシリコンバンドでスマートフォンの四隅を固定します。
これにより、振動等でスマートフォンが飛び出したり脱落したりするのを防止できまるようになっています。逆に言えばシリコンバンドが切れてしまうと脱落する可能性があるのでその点は注意が必要です。

縦位置にスマートフォンを配置

横位置、縦位置の切り替えもボールジョイントなので簡単に行なえます。
なかなか便利だと思います。

iPod touchにバンパーを付けたまま装着した状態で多少のクリアランスがあります。
iPod touchの第5世代の幅はiPhone 5sなどと同じなので多少気になるところですが、iPhone 6以降は幅が広くなっているのでしっかりとホールドできるのではないかと思います。

ボールジョイント式で、角度を自由に変更、調整できます。
大きなスマートフォンの場合、何か大きな衝撃がなあったりすると画面が傾いたりする可能性があるかもしれませんが、ユルユルということではなく、しっかりと固定されている感じなので通常使用で傾くことはなさそうです。

実際に装着して走行中を撮影するのは難しいので手持ちハンドルで大きく揺さぶってみましたが、スマートフォンが傾いたり、飛び出して来るというようなことは全く無く、しっかりとホールドされている感じで調子は良さそうです。

Teyimo バイク スマホホルダーまとめ

Teyimo バイク スマホホルダーまとめ

スマートフォンをナビやサイクルコンピューター代わりにして使用したい人などにとっては、スマートフォンを如何にしてしっかりと自転車に固定するか、ということが大きな課題になるかと思います。

スマートフォンを落下させてしまうかも・・・という不安を感じながらのサイクリングになってしまっては、せっかくのサイクリングも楽しめなくなってしまいますから、イチにも二にもまずホールド性が気になるところでしょう。

実際問題でもう少しカタカタとなるのかなと思っていましたがそんなことは全くなく、ホールド製も悪くないですし、スマートフォンやハンドルを傷つけないような配慮もされていたりするこの製品は、十分実用的な製品だと思いました。

僕自身スマートフォンを使用したサイクリングは1つの憧れでもあるので、いつの日かスマートフォンを手にした暁にはこのスマートフォンホルダーを使用するものと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑