*

クロスバイクのコラムをカットする方法の下調べ

クロスバイクののコラムカット

クロスバイクのESCAPE Airのステムの位置は、購入当初には最も高い位置にセットされていましたが、前傾姿勢にも慣れ、ポジションを調整していくうちに、いつの間にやら最下部まで下げて乗るようになりました。

そうすると、ハンドル手前にタンコブのように飛び出した状態になってしまいます。そのままでも走る分には何の問題もありませんが、飛び出したままでは、見た目的にカッコ悪いので、そろそろカットしてスッキリさせてしまいたいと思い始めました。

クロスバイクの場合は、僕のような初心者も多く買いますし、初心者は前傾姿勢に馴れないので、ハンドル位置が高い方が安心出来ることもあり、お店側もハンドル位置を高くした状態で販売するのかもしれません。

僕の場合も、サドルのポジションについては購入時にお店で調整してもらいましたが、ステムの位置については何の調整もなく、一番高い位置にセットされた状態で納車されました。

最初はそれで良いのですが、乗り馴れてくると、コラムの位置を低くして、より深い前傾姿勢の方が乗りやすくなってきますから、必然的にコラムの位置は下がり、コラムの下にあったスペーサーがコラムの上に配置され、タンコブのようにコラムが飛び出してしまうようになります。

余分なコラムが飛び出したままではカッコ悪いというのは承知でしたが、コラムは一度短くカットしてしまうと後戻りできないため、いろいろと改造、カスタマイズを繰り返す中で、ハンドルまわりを弄った際に、ポジションが変わってしまう可能性があったので後戻りできるように残しておいたのでした。

実際問題で、クロスバイクのハンドルをフラットバーからブルホーン化した当初は、ポジションがあまりに変わって、安定しして乗ることが出来なかったので、コラムを一番上にセットしなおして馴らし走行をおこないました。僕のように改造、カスタマイズを繰り返していると、時として調整が必要なことがあるのです。

しかしながら、大きな改造やカスタマイズをする部分もなくなりましたから、今後コラムの位置を高く戻すなんてこともそうそう無いと思われ、そろそろコラムカットを考えても良い時期かと思うので、実際にコラムをカットしてしまう前のメモとして、コラムカットの方法をまとめてみることにしました。

クロスバイクのコラムカットの情報についてのことわり

クロスバイクのコラムカットの情報

クロスバイクやロードバイクのコラムをカットする方法を調べてみると手順や方法はいくつかあるようです。

僕はあくまで自転車弄り好きな素人という立ち位置なので、それらの情報を見ても、実際問題で何が正しい方法なのかの判断がつきません。しかもコラムカットの情報なんてメンテナンスブックなどでもほとんど載っていないので判断材料が無いという問題もあります。

なので、僕のこのメモ書きは、プロの自転車屋さんや詳しい方から見ればどこか不正確で間違っている部分もあるかと思います。そういった部分にお気づきの際には、ご指導、助言いただけますと速やかに情報を訂正いたします。

そんな調子ですので、コラムカットなどの検索ワードでこのページに辿り着いた方は、「情報が間違ってるかもしれない」という前提のもとで参考にしていただければと思います。

またコラムカットは作業自体は単純ですが、少々大変な思いをする可能性もあったり、失敗するとフォークを丸々交換する必要が有るなど、失敗が許されない作業もありますから、不安のある方は素直に自転車屋さんにお願いするのが一番良い方法だと思います。

ちなみに自転車屋さんでコラムカットをお願いした場合の工賃は、自転車を購入した店舗であれば数千円が相場のようです。中には一万円近く工賃が必要なお店もあったりしてお店によってまちまちのようなので、直接確認してみるのが良いでしょう。

クロスバイクのコラムをカットする手順

クロスバイクのコラムをカットする手順

手順1:コラムからスペーサーを外す

まずはステムが適当な高さであることを確認して不要なスペーサーを外します。

基本的にはステムの上にあるスペーサーが全て不要になりますが、最終的にステムをコラムにしっかりと固定するために、ステムの上には5mmの薄いスペーサーを一枚挟むと良いようですので、それ以外が不要なスペーサーとなります。

手順2:コラムをカットする位置にマーキング

ステムを必要な高さに調整したらカットする位置をマーキングします。
マーキングする位置はステムの上側です。

コラムにマーキングする際の注意点

フォークとフレームを密着させる

コラムをカットしようとする際にはコラムヘッドを外してしまっているので、フォークとフレームが密着せずに、ガタツキ動くような状態になります。

それに気がつかずにマーキングしてしまうと間違った位置をカットすることになりますから、しっかりとフレームとフォークを密着させた状態でマーキングするようにしましょう。

マーキングは一番上のスペーサーから2〜3mm程度短くなる位置

上にも書いていますが、ステムの上に一枚5mmのスペーサーが入ります。このスペーサーをセットした状態で、コラムが2〜3mm程度短くなる位置でカットするのが理想です。

一番上に位置するスペーサーと同じ高さか、それ以上でカットしてしまうと、ヘッドパーツのキャップをして締め付けても、フォークとフレームを密着させることができずにガタが出る原因となります。

そのため、一番上に位置するスペーサーの上面から2mm〜3mm程度低くなる位置でカットするようにするのが良いようです。

ステムの上にスペーサーが1枚残る程度(5mm程度)に余裕を持たせる

ステムの上にスペーサーを乗せられない長さでカットすると、強度に問題が出るようです。
また、ステムを換えたいと思った時に、メーカーが違うとステムの高さも違うと思うので、そういう点も考えると、ステムの上にスペーサーが少し乗せられるくらいの余裕を持たせるのが良いと思われます。

クロスバイクのコラムカット

手順3:スターファングルナットを圧入する

スターファングルナットを圧入する際にはスターナットセッターと呼ばれる専用工具を使います。

スターファングルナットとは、コラムの内側に圧入されている星のような形をしたナットです。傘状態になっているので引っ張り上げることが出来ない構造になっています。

スターファングルナットを圧入する際の注意点

スターファングルナットが斜めにならないように注意

スターファングルなっとはコラムの上から棒で叩けば下がっていきますが、ドライバーなどテキトーなモノで圧入しようとすると、スターファングルナットが斜めになってしまうことがあります。

斜めになると、コラムキャップのボルトが差し込めなくなりますし、元に戻すことが出来なくなるので注意が必要です。

比較的確実な方法としては、長ネジを使って下から引き抜く方法で、安価でお勧めの方法として取り上げているサイトも多いです。

追記

僕自身も長ネジを使う方法でスターファングルナットを引き下げましたが、スターナットセッターを使用した方がよっぽど正確でストレスがありません。頻繁に使う工具では無いですが、買っても数千円ですので、失敗するリスクや、作業の労力を考えればけして高くないと思います。僕が次回コラムカットする際にはスターナットセッターを使用するでしょう。

スターファングルナットを圧入し過ぎないようにする

スターファングルナットは開いた傘のようなパーツを頭から差し込むので、押し下げることは出来ても引き上げることは出来ません。つまり圧入しすぎると、もう元には戻せないのです。

反対側のフォークの又の部分からロングナットを差し込んで引っ張り抜くしかできなくなりますし最悪の場合はその時点でゲームオーバーになってしまうので、下げすぎてしまわないように注意が必要です。

この問題もスターナットセッターを使用すると、自動的に適正な深さに調整できるため安心して作業ができます。

手順4:フォークを抜いてコラムをカットする

フォークからブレーキ類を外して、フォークをフレームから完全に抜いてしまいます。その後にパイプカッターを使用してマーキングした位置でコラムをカットします。

コラムはやや太めで肉厚なパイプですが、ハンドルをカットする時に使うような一般的なパイプカッターで大丈夫です。少し時間は掛かるかもしれませんが、焦らず根気よくやれば10分ほどでカット出来ると思います。

コラムをカットし終われば、後は逆の手順で元に戻すという感じで、コラムカット自体は割と単純な作業です。

コラムをカットする際の注意点

コラムをカットした後は、ヤスリがけをしてバリを取りましょう。バリを取らないままだとステムやスペーサーがスムーズにはめられなくなる場合があります。

ポジションを元に戻したら、念のためシフターやブレーキ類の確認をしましょう。位置が変わるとワイヤーを再調整しないと調子がおかしくなる場合があります。どうせならこのタイミングでシフトワイヤーとブレーキワイヤーを交換してしまうのも良いと思います。

関連記事
クロスバイクのコラムを長ネジを使った方法でカットするしてみた

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑