*

クロスバイクのタイヤを28Cから23C化してみた結果

公開日: ホイール・タイヤ, 自転車メンテ・改造

クロスバイクのタイヤを28Cから23C化してみた結果

愛車であるクロスバイクのESCAPE Airのタイヤをクロスバイクの標準である700×28Cからロードバイクの標準である700×23Cの細いタイヤに変更してみました。

クロスバイクのタイヤを28Cから23C化して細くする

クロスバイクのタイヤを28Cから23C化して細くする

ロードバイクとクロスバイクの標準的なタイヤの太さ

スポーツバイクの走りに影響を与えるのに大きなパーツの1つとしてタイヤがあります。

一般的なロードバイクに装備されているタイヤのサイズは700×23Cというタイヤです。700xの後にある23Cというのはタイヤの太さを表していて数字が小さいほど細いタイヤとなり、ママチャリやシティサイクルなどとが35Cなのを考えると、ロードバイクの標準である23Cというのはかなり細いタイヤであることが判ります。

一方、クロスバイクの標準的なタイヤのサイズは28Cとなり、ロードバイクに比べると若干太いタイヤが装備されています。ご多聞に漏れずで、僕の愛車であるESCAPE Airはもちろん、ESAPEシリーズであるR3やRXなども同じく28Cのタイヤになっています。

タイヤが細くなることのメリットとデメリット

タイヤが細くなると一体どんな変化が起きるのか、一般的に言われていることをまとめてみると下記のようになります。

タイヤが細くなることのメリット

● 転がり抵抗が少なくなり速度を出しやすい
● タイヤが細くなった分だけ空気抵抗が減る

タイヤが細くなることのデメリット

● デコボコに弱くなる
● パンクしやすくなる

他にもいろいろあるとは思いますが、パッと見で判断するとスポーツバイク初心者にとってはデメリットの方が大きいようにも思えてしまいます。

しかしより軽快な走りを追求するのであれば、必然的に細いタイヤを選択するということになり、走りを追求するための自転車であるロードバイクのほとんどは23Cのタイヤを履いているというわけです。

そんなわけで、クロスバイクを買ったら、まず改造、カスタマイズするべきことの1つとして「タイヤを23Cに変更する!」というのは、王道的な改造、カスタマイズだと思われます。

僕が選んだ23Cタイヤはコンチネンタル グランプリ4000S

23Cタイヤはコンチネンタル グランプリ4000S

23Cタイヤと言ってもピンからキリまで色々な種類のタイヤがあります。
どうしてこうも値段が違うのかと思ってしまいますが、自動車などのタイヤで考えても値段が安いタイヤと高価なタイヤとでは性能が随分違い、走る時の快適さや耐久性などを考えれば、結局高い方のタイヤを選んでおけば後悔が少ないと思われます。

ということで選んで絶対後悔の無い高性能で評判の良い自転車用タイヤと言えばミシュラン PRO4コンチネンタル グランプリ4000S2

僕がクロスバイクを23C化するために選んだタイヤは、いろいろと検討してみた結果は、圧倒的に評判の良かったコンチネンタル グランプリ4000S

ピンキリで言えばピンの方になるタイヤで、前後のタイヤを買うと安いママチャリが買えてしまう値段に少々怯んでしまうかもしれません。

しかし、スポーツバイクの世界に足を踏み入れたのならそんなことは気にしていてはいけません。多少勇気の要るタイヤではありましたが、結果としては間違いの無い選択だったと思います。

タイヤだけでなくチューブ選びも大切のようです

タイヤ選びと同じようにタイヤの中に入るチューブ選びも大切なようです。チューブもタイヤと同様に様々な種類があり、値段もピンキリです。

評判の良いモノはパンクしづらかったりするなどいろいろあるようですので、評価やレビューを参考にしつつ適当なモノを選ぶのが良いとは思いますが、僕はとりあえずタイヤと同じメーカーであるコンチネンタルのチューブを選択しました。評判も悪くないタイヤですし、実際に使用してみて、日常使いの範囲では特に不満も無いので良いタイヤだと思います。

クロスバイクのタイヤを28Cから23C化して細くしてみた

クロスバイクのタイヤを28Cから23C化して細くしてみた
さっそくですが23Cタイヤをホイールに装着。
タイヤ&チューブの交換方法は、他ブログやyoutubeなどに沢山あるのでここでは割愛します。

僕自身もタイヤを交換するにあたっていろいろ調べてみたところ、コンチネンタル グランプリ4000Sの評判は「手で嵌めるには、ビードが固くて無理。」「タイヤレバーを使うべし」などの意見が散見されました。

実際に指だけでタイヤをリムに嵌めようとするとかなりの力が必要ではありましたが、手のひらの拇指球あたりを使ってグイグイやってみると案外簡単に嵌りました。

レビューや評価は大変参考になるのですが、このように評価とは異なる結果になることも多々あります。人によってそのやり方や感覚が違いますしゴールも違えば同じ物でも評価が変わるので、そう言った背景を考慮しつつ適度に信じるというのが良いというのを僕は自転車の改造、カスタマイズで学びました(笑)。

タイヤ交換の際の注意点

タイヤを交換する際の注意点としてよく言われるポイント

● タイヤのマークとバルブ口を揃える
● タイヤによっては回転方向がタイヤに矢印で示されているので間違わない

クロスバイクのタイヤを28Cから23Cにした結果

クロスバイクのタイヤを28Cから23Cにした結果

見た目の変化

タイヤを28Cから23Cに換えた結果、見た目でもハッキリと判るくらいに細くなりました、パッと見でややスポーティなバイクになったかなという印象です。数字上では5mm程度の違いしか無いはずですが、結構変わるものだと思いました。

しかし細くなったからと言って華奢な印象はありません。シュッとして精悍になった感じです。

23Cタイヤで走行してみた結果

早速23Cタイヤで走行してきました。
最初は少しビビって必要以上に凸凹に気を使いましたが23Cになったからと言って、乗り方を大きく変える必要はなさそうで、28Cと同じような感覚で乗ることができました。

23Cにしたらスルスル走る!というような実感が得られるほどの違いは残念ながらよく判りませんでしたが、タイヤが変わったことでグリップ感が良くしっかりと路面を捉えて確実に動力に換わっている感じがすごく判りました。

ESCAPE Airの純正のタイヤはMAXXIS DETONATORの28Cの重量は約300gなのに対してコンチネンタルグランプリ4000S2 23Cの重量は約215gということでタイヤだけで85gも軽量化されているのも大きな違いになっていると思います。

余談ではありますが、自転車の軽量化において回転部分(ホイールなど)の外側(リムやタイヤ)が軽量化された方が効果が大きいので、最も外側になるタイヤですから効果も大きいというわけです。

短距離での走行ではそれほど大きな違いは感じられませんでしたが、きっと50km、100kmと距離が増えるに従って、小さな差が大きな差へと変わってくるように思います。

23Cタイヤはパンクしやすいのか?

23Cのタイヤだとパンクしやすいということがよく言われます。
タイヤが細い分、タイヤの中に入る空気の量が少なくなるため、クッション性が低く、デコボコ等に激しくぶつかってしまったりするとリムと凸凹でチューブを挟んでしまうスネークバイトの原因になったりするようです。

しかし個人的には23Cタイヤにしたら、それほどまでにパンクしやすいかと言われれば、そんなことは無いんじゃないかと思います。

端的に言えば、乗り方次第。要するに空気をマメに入れずにママチャリ感覚でガッツンガッツンとデコボコに乗り上げるような乗り方をしていればパンクも多くなるでしょうが、凸凹や吹きだまりを避けて、段差に上がる際には抜重をしながら丁寧に乗ってさえいれば、タイヤに刺さるような鋭い物を踏んでしまうようなことでも無い限りは、そうそうパンクしないのではと思います。

23Cタイヤの空気圧と空気を入れる頻度

28Cタイヤから23Cタイヤにして最も変わったと思えるのが空気圧。
僕の体重の75kg程度だと、適正な空気圧は28Cの時には90PSIでしたが、28Cでは120PSIで非常にハイプレッシャーです。

120PSIと言えば、コンチネンタル グランプリ4000Sの上限まで空気を入れることになります。すぐにバーストしないのは解っていても110PSIを越えると極端にポンプが重くなるため、空気を入れるたびドキドキしてしまう高圧具合です。

また高圧な分、空気の抜けも早く、28Cの時には1週間に一度ペースで良かった空気入れも、2〜3日に一度は入れないと明らかに空気が抜けているなと分る程度に空気が抜けてしまいます。余談ですが、空気は毎回入れた方が快適に奔れるので毎回入れるのを推奨します。

クロスバイクのタイヤを28Cから23Cに換えてみたのまとめ

クロスバイクのタイヤを28Cから23Cにしたのまと

僕の正直な感想としては28Cから23Cにしたからと言って劇的に変わるというわけではないかなというのがありますが、それでも心無しか転がりが良くなったなと感じる場面は沢山ありました。

ちなみにこの数年はシクロクロスなどの流れもあるのでしょうか、ロードバイクでも23Cではなく25Cなど少し太めのタイヤを履かせている人も多いようです。

タイヤが太ければ気楽に乗れるというのは少なからずありますから、街乗りメインであれば25Cタイヤでも充分良いようにも思います。

タイヤとチューブに関してはは5000kmほど走れば一応の寿命がやってくる消耗品でもあり、いろいろと試してみる事ができるパーツだと思うので、タイヤの太さだけではなく、性能の違いなどもその度比べてみるのも面白そうです。

以上、クロスバイクのタイヤを28Cから23Cに換えてみた結果でした。

追記

コメント欄を参考に25Cタイヤについての追記です。

シクロクロス等の流れの他にも、同じ空気圧で同じ体重で乗車した場合、25Cの方が23Cと比べて接地面積が少なくなるため、転がり抵抗が25Cの方が少ないということからも25Cを採用する傾向があったり、ホイール自体もワイドリム化して23Cだと少しブカブカになってしまうのを嫌って25C化するという流れがあるようです。

コンチネンタル グランプリ400S2での転がり抵抗テストのリンクも教えていただきましたので下記にリンクを張っておきます。

Continental GP4000S II Comparison: 23, 25, 28 mm Compared

また僕自身で23Cと25Cの空気圧等について調べた内容は「自転車タイヤ23Cと25Cどっちが良いかを調べて分かったこと」でまとめてありますので参考にしてみてください。

ちなみに、転がり抵抗を考えるのであれば、ラッテックス製のチューブを採用するのも効果が有るようです。

クロスバイクのタイヤを28Cから23Cに換えると

● 走りが軽快になった気がする
● 空気圧は高くしなければいけない
● より凸凹に対しては慎重にならなければいけない
● パンクの心配は28Cと大差無い
● 見た目がシュッとなった
● 換えて良かった

Comment

  1. 千駄木 より:

    昨今の転がり抵抗のトレンドは25cって説もありますよん。
    人が乗った重さでタイヤが潰れ、設置面積が増えます。
    25cの方が潰れが少なく結果、転がり抵抗が少ないと。
    太い方が転がり抵抗少ない説ってヤツですね。
    過去19c~20c~23cへと徐々にタイヤは太くなる傾向にありました。それがいまも続いていると言えるのかも。
    ホイールも最近ワイドリム化が流行っていて23cでも若干太くなるみたいな。
    友人の誕生日にフルクラのレーシング7をプレゼントしたのですがワイドリムでした。
    あと、温度と若干扱いに気を使いますが、ラテックス製のチューブも転がり抵抗少なくなってオススメです。

    • escape air より:

      千駄木様 コメント有り難うございます。
      25C、知人も馴染みのサイクルショップで奨められて25Cを履いています。
      気になったので、改めて調べてみて「ふむふむ」と納得したり「うーん」と思う部分もあったりで、その辺りが「説」と言われたりする部分なのかなと思ったりして面白かったです。
      あ〜。チューブでも転がり抵抗が変わるという話もありますね!チューブに関しても勉強してみたいと思います!有り難うございます!

  2. Escapeハンドル幅650mm より:

    1カ月前にEscape1(日本非買)を購入。色々調べてたどり着きました。
    コンポはほとんど異なりますがフレームは同じようです。
    非常に参考になるサイトありがとうございます。

    タイヤの転がり抵抗ですが、太いほうが低い様です。
    Continental4000SIIの太さ違いによる走行抵抗比較テストのサイトが有りましたので下記致します。
    http://www.bicyclerollingresistance.com/specials/conti-gp4000s-ii-23-25-28
    細いタイヤの最大の武器は軽さかも知れませんね。
    23Cと60gの差があります。

    • escape air より:

      Escapeハンドル幅650mm 様 同じフレーム嬉しいですね。コメント有りがとうございます。
      参考にしていただき、お役に立てれば何よりです。

      タイヤの転がり抵抗、確かにそのようですね。
      25Cの乗り心地にも興味が有るので今のタイヤを交換する際にでもチャレンジしてみたいと考えていたりします。軽さが有利になるヒルクライムなどを行なう際にはやはり細いタイヤをセレクトする方が多いみたいですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑