*

道路の色の意味を調べて驚いた

公開日: 道路交通法・ルール

カラー道路の色の意味を調べて驚いた

愛車であるクロスバイクのESCAPE Airで颯爽と走っていると、意外と色々な場所で道路に色がついていることに気が付きました。

例えば、青く塗られた道路は、通称、自転車専用レーンと呼ばれる普通自転車専用通行帯だということは、まぁ自転車に乗っている人だと誰でも知っているでしょうが、緑色に塗られた道路等「おや?」と思うモノもあったので、調べてみることにしました。

青にペイントされた道路

普通自転車専用通行帯

上記の写真は言わずとしれた普通自転車専用通行帯で近頃都内でも増えつつ有る自転車専用の道路を示す青いペイントです。

普通自転車専用通行帯

しかし、青くペイントされた道路でも、実は普通自転車専用通行帯と道路に書かれているか、自転車専用の標識が無い場所では、自転車専用道路というわけではなく、そういう場所も多々あるようです。

例えば上記は愛知県名古屋市の交差点付近の道路。
道路全体が青いペイントになっていますが、当然、自転車専用レーンではありません。この場合は左折レーンを色分けして示しているようで、このように、何らかの注意喚起のために青く塗られている場合も多々あるようです。

しかもこれが青に限ったわけではなく、その他の色でペイントされ同じような注意喚起を目的としている場所もあるようです。

赤(赤茶)にペイントされた道路

赤く(赤茶)塗られた道路

交差点付近やカーブ付近でよく見かけるのが赤(赤茶)にペイントされた道路。

赤は警告色や禁止色でもあるため、徐行や減速を促したり、前方に注意すべき場所があることを知らせたりする目的があるようです。

また、交差点付近の駐車や停車は渋滞や事故の原因にもなるため、駐停車禁止区域を判りやすくする目的で赤くペインとしするなどされているようです。

緑にペイントされた道路

緑にペイントされた道路

時として、緑にペイントされた道路も出て来ます。
これは小学校のある近くや住宅街でよく見かけますが、歩道の無い道路で路側帯の存在を判りやすくして、歩行者を保護する目的があるようです。

これに関しては緑が安全色ということもあり、比較的統一されている印象がありますが、青や赤でペイントされているパターンもあるようです。

また上記は愛知県名古屋市ですが、自転車横断帯を緑にペイントして認識しやすくしている場所もあるようです。このレベルになると青じゃダメだったんでしょうかと思ってしまいます。

道路のカラー化まとめ

普通自転車専用通行帯など統一されたルールに従ってカラー化されている場所もありますが、全体としては信号のような青は進め、黄色は注意、赤は停まれ的な明確なルールが存在しているわけではないようです

道路をカラー化する理由は主にドライバーに対しての注意喚起で、自転車通行帯と車が走る区分を明確にしたり、危険箇所を判りやすくする等を目的としているようです。

例えば、新潟市の路面カラー化による交通安全対策のページを見ると下記のようなことが書かれています。

地元や警察との協議により色を決めて路肩部を着色しています。

他にも路面を別の色で着色している箇所がありますが、景観の考慮や地元等との協議により決定していることがあります。

要するに、自治体それぞれが交通安全対策として決めているようで、道路交通法のような、統一されたルールではないようで、意外過ぎると言うか、そんなんで良いのか?と驚いてしまいましたが、基本的なルールはあくまで道路交通法であって、それを視覚的に判りやすくするための補助的役割としての色分けというところで、特にルールが無いのかもしれませんね。あるいは道路に着色出来る技術が最近確立されたもので、法律がそれに追いついていないとかかも。

何れにしても、道路を色分けして注意喚起するのは、かなり効果的なようで、このところ全国規模で急速に広がってきているようです。また、それに伴って、色々な色が反乱して問題になってくることも懸念されていて、統一しましょうという動きも出て来ているようです。ま、そりゃそうでしょうね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑