*

クロスバイクやロードバイクの適正なタイヤ空気圧の考え方

クロスバイクやロードバイクの適正なタイヤ空気圧

クロスバイクやロードバイク等のスポーツバイクで快適な走行をするためにはタイヤの空気圧を適正に管理する必要があります。

しかし空気圧を適正にしているつもりでも、乗り心地を悪く感じることも多く、適正な空気圧とやらの基準がどうもよく解っていませんでした。

そこで、適正な空気圧や、どのように調整すれば良いのか等について調べてみので情報をまとめてみます。

タイヤの太さと体重と空気圧の関係

タイヤの太さと体重と空気圧の関係

僕がGIANTストアでクロスバイクのESCAPE Airを購入した際に、スタッフの方に「空気は二三日に一度、少なくとも一週間に一度は入れてくださいね、適正な空気圧は80PSI(約5.5bar)ですよ」と教えてもらいました。

当時はタイヤの空気圧に関して全く知識がなく、必ず80PSI入れなくてはいけないものだと思い込んでいて、頑にその数値を守って空気を入れていました。

その後、タイヤをロードバイクなどで標準的な23Cというより細いタイヤに換装した際にも、最初に言われた80PSIにして乗り続けていました。

そんなある日、自転車仲間と空気圧についての話になった際に「80PSIにしている」と自信満々に答えたところ「え?23Cでしょ?え?体重は?」などと驚かれました。

それを切っ掛けにして、タイヤが細ければ空気圧は高くする必要があること、同じ太さのタイヤでも乗車する人の体重で適正な空気圧は変わり、体重が重くなれば空気圧を高くしなければいけないということを知ったのでした。

● タイヤが細くなれば太いタイヤと比べて空気圧は高くなる
● 体重によって適正な空気圧は変わり、体重が重い方が高くなる

その際に教えて貰った適正な空気圧は100PSI(約7気圧)だったので、それ以降は100PSIにしてから乗車するようになりました。

空気圧を高めに調整すると、最初は少し跳ねるような感じが気になったものの、乗り馴れてくると適正と言われた100PSIの方がより快適に乗れるということも理解でき、改めて空気圧の管理って大切なんだなぁと実感したものでした。

人に依って適正な空気圧が違う・・・

ところがまたしばらく経ってから、今度は別の方から「あなたの体重なら100PSIは低過ぎるんじゃないの?120PSI(約8気圧)くらいが妥当だ」と言われてしまいます。

またまた「え?そうなの?でも120PSIって使用しているタイヤ(コンチネンタルグランプリ4000S)の気圧の上限だしな・・・そんなに入れて大丈夫なのかな」と半信半疑だったものの、教えてもらった参考サイトで調べると、確かに僕の体重だと120PSIが適正な空気圧となっているのでした。

試しに120PSIまで入れてみると、今度はコロコロと抵抗が少なく転がっていくような感覚があり、確かにこれだと速く走れるかも!と思ったものでしたが、タイヤが硬くなった分、路面状態に対して敏感になり、塗装の古いアスファルトの上を走るとビリビリと強い振動がハンドルまで伝わってきて、乗り心地が悪くなってしまったのでした。

そのことを切っ掛けにして適正な空気圧について疑問を抱くようになり、うーん、適正な空気圧って実際のところどうやって知るべきなんだろうと考えるようになったのです。

適正な空気圧は個人が決めれば良い

適正な空気圧は個人が決めれば良い

適正な空気圧なのにどうして乗り心地が悪くなるんだろう・・・などと疑問に思ったことから、いろいろと調べてみたところ、快適に走行するためには空気圧の管理は何よりも大切なことのようですが、空気圧に関して明確な決まりというものは無いようなのです。

というのも、適正な空気圧は、路面状態や乗る人の体重や体調、自転車のフレームの設計や素材、タイヤの種類、それから自転車に何を求めるのかなど、様々な要素で変わもののようで、一概にはどれくらいが正しい空気圧なのかを決めることが出来ないそうなのです。

適正な空気圧についての情報はないものかと所有している全てのメンテナンスブックを調べてみましたが、やはり明確な数字は書かれておらず、どのメンテナンスブックにも共通して書かれてあったのは、タイヤに記載されている適正な空気圧の下限と上限の間で調整しましょうということでした。

そう言った点から解釈するに、ルールのように決まった適正な空気圧というものは存在せず、適正な空気圧は自転車に乗る人自身が決めれば良いのだと思います。

適正な空気圧にするためのヒント

適正な空気圧にするためのヒン

適正な空気圧を知る方法ですが、タイヤメーカーのヴィットリアのサイトに推奨空気圧についてのページの情報があり、こちらを参照すれば、タイヤの種類によって数値は変わるものの、だいたいの目安を知ることができると思います。

また一般的に23Cタイヤであれば100PSI(7気圧)あたりが1つの目安になるようで、そこから実際に乗ってみて、5PSIくらいずつ増やしたり減らしたりしながら、心地良い空気圧に調整していくのが良いようです。

例えば、路面の状態が荒れていたり、濡れている場合には、空気圧を下げた方が振動が弱まり乗り心地が良くなったり、グリップ力が高くなってスリップしづらくなるなどの違いが出てきます。

空気圧の違いによる乗り心地の違い

空気圧が高い場合

● 路面状況に影響されやすく跳ねたりする
● 振動などで乗り心地が悪くなる
● グリップ力が低下する
● よく転がる

空気圧が低い場合

● 乗り心地が良くなる
● グリップ力が上がる
● 低過ぎると走行性能が落ちる
● 低過ぎるとパンクのリスクが高くなる

クロスバイクやロードバイクの適正なタイヤ空気圧の考え方まとめ

クロスバイクやロードバイクの適正なタイヤ空気圧の考え方まとめ

結論として、タイヤの適正な空気圧は、乗る人それぞれが目的に応じて快適だと思える状態に調整すれば良いということでそれが正解なのだと思います。

僕の場合も、教えてもらった120PSIまで入れていましたが、乗り心地が悪いと感じていたため、今では少し低めの100PSI〜110PSIあたりで乗るようにしています。

考えてみればそもそも教えて貰って参考にしていた情報と僕が使用しているタイヤとは異なるので、拾った情報通りにすること自体が間違いだったというわけです。

また、同じコースで同じ空気圧で走っていたとしても、日によって走りやすいと感じる時もあれば、イマイチだなぁと感じるような、以前から気になっていた部分も、空気圧についての考え方が理解出来たお陰で、その時その時で快適に感じる空気圧に調整すれば良いのだという柔軟な考え方ができるようになり、悩むこともなくなりました

自転車は、ポジションやパーツなど、ほんの少しでも違えば乗り心地が変わるので、当然のように空気圧も最適な状態に調整してあげれば、乗り心地も大きく変わるので、自分と愛車との最適な空気圧を知っておくことは自転車ライフを楽しむ上で非常に重要なことだと改めて思うのでした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑