*

シートクランプをクイックリリース無しへ換装する

公開日: サドル周り, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

シートクランプをクイックリリース無し換装

シートクランプをクリックリリース有りのものから無しのものへ換装しました。

地味な改造・カスタマイズではありますが、以外と改造・カスタマイズのビフォーとアフターでは、見た目の印象は大きく変わるようなパーツだと思います。

ロードバイクの場合はクイックリリースが無いのが標準的なので、クイックリリース無しにするだけで、本格的に自転車に乗っている幹事の自転車の見た目になるという感じです。

そんなわけでクイックリリースの有る無しのメリットとデメリットについて考えてみました。

クイックリリースとは
一般的なボルトで締め付けるタイプのものではなく、レバーを使って固定するもので、工具無しに締め付けや取り外しが行なえる機構。一般的にはロードバイクやクロスバイクなどのホイールをフレームに固定させるために使用されます。

クイックリリース有り無しのシートクランプのメリット

シートクランプを換装クイックリリース無し

クイックリリース付きのシートクランプのメリット

クイックリリース付きのシートクランプはサドルの高さの調整をしたいと思った時には工具無しで簡単にできます。

いろいろと改造・カスタマイズを繰り返していた僕の場合、頻繁にポジションが変わるということもあり、簡単にポジションの調整を行なうことのできるクイックリリース付きのシートクランプは非常に便利でした。

ポジション調整の際には、あーでもない、こーでもないをひたすら繰り返したりするため、簡単に高さを変えられた方が便利なのです。

クイックリリース無しのシートクランプのメリット

重量が軽くなる

同じ素材、同じメーカーであれば、クイックリリースが無い分重量が軽くなります。
わずかな重量でも軽くしたいと考えるロードバイクなどでは、クイックリリースの無いシートクランプを選択するのは当たり前とも言えるでしょう。

重量が軽くなると同時に、パーツの大きさも小さくなりますから、空気抵抗も減らせるはずです。

サドルの盗難防止になる

高級なロードバイクともなれば、シートポストやサドルだけでも数万円などというのも特に珍しい話ではありません。そんな高級なパーツの場合、盗難の可能性も高くなります。

クイックリリースが無くても六角レンチがあれば簡単に外せますが、工具無しで外せるものと比べれば幾分ハードルは高くなります。

シートクランプをクイックリリースを購入

クイックリリース付きのシートクランプでも不便に感じたことも無かったので、そのまま使用し続けても良かったわけですが、上記の通りロードバイクなどではクイックリリース無しのものが主流ですし、今後ポジションを大きく変更することもあまり無いと思われたので、ここらでクイックリリース無しのシートクランプへ換装となりました。

僕がチョイスしたシートクランプは
TranzX JD-SC66 シートクランプ サイズ:31.8mm
TranzXは自転車パーツを製造する台湾のメーカーです。

選択した理由は、無地のパーツが欲しかったので、商品写真でロゴ無しだったのが、このシートクランプだったからです。

が、いざモノが届くと、ロゴが正面に入っています。

シートクランプのロゴ

Amazonのレビュー等を見ると、以前は入っていなかったようですが、いつの間にかロゴが入るようになってしまったようです。

直接モノを見ることができない通販にはこういうリスクはつきものなので諦めて使用することにしました。

クイック入りリース無しのシートクランプへの換装作業の様子

シートクランプを換装クイックリリース付き
クイックリリース付きのシートクランプを緩めて、シートポストを引き抜いて取り外した後に、新しいシートクランプを嵌め込みます。

シートクランプを換装

へシートポストを再び差し込んで元の高さに調整して六角レンチでネジを締めます。これで換装完了です。難しいことは何一つありません。

クイック入りリース無しのシートクランプにしても不便にはならなかった

クイックリリースが無くなって調整が面倒になるかなと思っていましたが、基本的にメンテナンスツールとして六角レンチも常に携帯しているので、特に不便になるわけではありません。

ちなみに僕はTOPEAKのヘキサス2という携帯工具を使用しています。
基本的な六角レンチや+-ドライバーが全て一体になっている他、意外と嵩張るタイヤレバーも一体になったタイプの携帯ツールで持ち運ぶ荷物を減らせて非常に重宝しています。

TOPEAKのヘキサス2

クイック入りリース無しのシートクランプに換装した感想

1508シートクランプ クイックリリース無

こんな感じで無事クイックリリース無しのシートクランプに換装が完了しました。作業自体は特に書く必要もないくらい簡単ですが、シートポストのサイズにだけは注意が必要かとおもいます。

自転車によってシートクランプのサイズが違うので事前に確認しておく必要がありますが、ロードバイク等の場合の一般的なサイズは31.8mmというもので、クロスバイクのESCAPEシリーズも同じサイズのモノが採用されています。

シートクランプはそれほど大きくないパーツですし、あまり目立つことのない場所にあるパーツなので換装してもほとんど違いは無いかと思っていましたが、思っていた以上に見た目がスッキリ見えるようになりました。

正直なところ、ブログのネタのためにわざわざ換えた感じもあるので、本心では換えることに意味があるのかな・・・?という感じだったので、予想外に印象の違いが大きく、換装して良かったなぁと思います。

上手く説明することが出来ませんが、クイックリリース付きのシートクランプだと、素人と言いますか、初心者な感じがしてしまうのですが、クイックリリースが無いタイプにすると、ロードバイクなどと同じラインに立てた感じがするのです。

主観的で些細な事ではありますが、こう言った自己満足の部分も自転車ライフを楽しむ上では非常に重要なことかと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑