*

ロードバイクやクロスバイクの23Cなどの細いタイヤでパンク防止で気をつけていること

公開日: ホイール・タイヤ, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

ロードバイク パンク防止

僕がスポーツバイクというものに興味を持ち、クロスバイクのescape airを購入した当初、個人的に最も気がかりだったのは、パンク。

というのも、スポーツバイクは一般的なママチャリなどに比べて、タイヤが細く、空気量も少ないため、パンクをしやすい、というような情報があちこちから入ってきていたので、すぐにパンクするものだと思っていたからでした。

初めて訪れたジャイアントストアでも、店員さんから説明を受ける際に一番最初に告げられたのが「ママチャリのように段差に突っ込んだりはできませんからね。」ということ。「あぁやっぱりパンクしやすいのか・・・」と思ったものでした。

当時はパンク修理のやり方も知らず、自分自身でチューブ交換をする自信もなかったので、パンク=途方に暮れる、だと思っていたので、パンクしてしまう事に対してものすごく不安を感じていたのでした。

そんなわけで、そんなに頻繁にパンクするのであればノーパンクタイヤにでもしてしまおうかと考えたほどです。

過去にも同様のネタを扱っていますが、自身のおさらいのためもう一度整理したいと思います。
クロスバイクのescape airのタイヤの23C化とパンク問題

結局のところロードバイクやクロスバイクでもパンクってそんなに頻繁にしないよね

ロードバイク パンク防止対策
ところがどっこい、当初心配して不安がっていたのが馬鹿のように感じられるくらいに、パンクしません。

たまたま僕が運が良いのかとも思ったりもしますが、僕の周りにもロードバイク乗りは何人も居ますが、パンクしたという話はほとんど聞いたことがありません。

僕も二年ほどクロスバイクのescape airのタイヤを28Cから23Cに換装して乗っていますが、パンクしたのは一度だけ。それもブレーキシューがタイヤに触れていたという整備ミスが原因というもので、参考記録的な扱いです。

そこで最近思うのが、ロードバイクやクロスバイクでも、パンクの頻度はママチャリとそんなに変わらないんじゃなの?ってこと。

結局のところ、タイヤの太さよりも、乗り方や整備の方法、それから運の要素の方がパンクに関しては大きいような気がします。

つまりはまぁ、細いタイヤでママチャリと同じ乗り方をするのであれば、パンクのリスクは圧倒的に高くなるとは思いますが、細いタイヤにした場合に適した乗り方をすれば、それほど心配する必要のあるものではない、と感じているわけです。

ロードバイクやクロスバイクの23Cなどの細いタイヤのパンク防止で気をつけていること

ロードバイク パンク防止
細いタイヤにした場合、一体どのような点に気をつけて乗れば良いのか?
僕の場合は下記のようなポイントに気をつけて乗るようにしています。

空気はマメに入れましょう

23C(23mm程度)や28C(28mm程度)などの細いタイヤは、ママチャリなどのタイヤのように35mm程度あるものと比べると、空気量が少なく、また空気圧も高いので空気が抜けやすく、マメに空気を入れてあげないと、タイヤのクッション性がなくなって、ちょっとした段差などでもダメージを受けてパンクしてしまいやすいようです。

なので、レースなどに出たりする人ほどのシビアな空気圧管理は必要ないにしても、日頃から自分の体重に適正な空気圧に近い状態にして走行する、ということが大切だと思います。

空気をちゃんと入れて走りましょう、というのは23Cのタイヤを履かせたロードバイクやクロスバイクに限らず、escape airの標準である28Cのタイヤでも、ママチャリなどでもそれは同じだと思われます。

自転車を買っても、そういうことを丁寧に説明してくれたりはしない場合が多いでしょうし、してくれても過去の経験から、そんなに困る事もないのでいい加減にしてしまいがちです。なので、街を走るママチャリなどを見ていると、タイヤがぺったんこだったりすることも珍しくありません。

ママチャリの場合はそれでもなんとか走れたりしますが、ロードバイクやクロスバイクになってくると、パンクだけではなく、走行性能にも大きく影響するので、タイヤの空気圧は意識しておきたいところです。

自転車のタイヤに空気を入れる頻度

空気を入れる頻度については、僕がクロスバイクのescape airを買ったジャイアントストアで教えてもらった時は、最低でも一週間に一度くらいは空気を入れてください(28Cで街乗りレベル)とのことでした。

23Cくらいになると、感覚的には二日に一度くらいでも良いとは思いますが、できるなら乗る前には必ず空気を入れてから乗るようにしたい感じでしょうか。

最初は少々面倒くさいと思いますが、そのうちそれが当たり前になる、というか空気を入れてからじゃないと気分良く走れないと思うので、大した作業ではなないと思うようになるはずです。

段差は避けるか優しく登る

パンクの原因として多いのが、リム打ちと呼ばれる現象で、段差や凸凹に対してガツンと乗り上げてしまった際に衝撃を吸収しきれずに、リムと障害物とでチューブを挟んでしまい、穴があいてしまうというもの。

一番大きな原因は空気圧の不足だとは思うのですが、いずれにしてもサスペンションなどの無いロードバイクやクロスバイクの場合は衝撃を与えることは自転車に対しても優しくないので、段差や凸凹はなるべく避けて走行したいものです。

どうしても避けられない場合は、スピードを落として抜重しながら乗り抜ける、というのを徹底した方が良いと思います。

走行中に頻出する段差、凸凹と言えば・・・
・路肩と車道の境目
・道路に開いた穴
・交差点などの車道と歩道の境

上記はママチャリでは何も気にせずにガッツンと乗り上げられるようなものですが、ロードバイクやクロスバイクの場合は、優しく乗り上げる、という注意が必要だと思います。

吹きだまりやゴミは避ける

最近は瓶の飲み物自体が少なくなっているせいでしょうか、ペットボトルが無かった昔に比べて瓶の破片などが路上に落ちているということが少ないように思います。

それでもまぁ、釘やガラスの破片などパンクの原因になるものが完全になくなるわけではないでしょうから、それらが隠れている可能性のある、吹きだまりやゴミの塊の上は通行しないようにした方が良いと思います。

光の反射等でガラスの破片の存在に気付いた場合は、当然、避けてから通行した方が良いでしょう。

ロードバイクやクロスバイクのパンク防止に気をつけていることまとめ

上記の他にも、タイヤやチューブによってパンクしやすいものとしずらいものとがあったりもするようですが、基本的には

・空気をちゃんと入れる
・段差に勢い良く乗り上げない(抜重する)
・ゴミは避ける

ということを気をつければ、ロードバイクやクロスバイクの23Cの細いタイヤでもパンクのリスクはかなり減らせるのではないかと思います。

逆を言えば、上記のポイントをおろそかにするような乗り方をしているのであれば、ママチャリであろうと、耐パンク性の高いタイヤであろうと、パンクのリスクは高くなると言えるのではないかと思います。

それでもパンク修理キットは必需品

とは言いつつも、自転車に限らずで、タイヤを使って走行する乗り物はパンクしてしまう可能性は必ずあるものなので、ロードバイクやクロスバイクに乗る際には、パンク修理キットの携帯は必須かなと思います。

僕の場合も、家の近所程度であればパンク修理キットを持たないこともありますが、ちょっと遠くまで乗った場合や夜間に走行する場合はパンクすると途方に暮れてしまうことになってしまうので、必ず携帯するようにしています。

パンク修理キットって何が必要?

パンク修理キットとサラリと書いてしまいましたが、一般的に販売されているパンク修理キットはパッチのものが多く、それだけだと事足りないこともあるので、パンク対策として僕は下記のものを携帯しています。

・携帯ポンプ
・タイヤレバー
・チューブ
・パッチ




パッチは安価でちょっとした修理にも使えるので便利だとは思いますが、基本的にはチューブの交換で万が一の時は乗り切る感じです。なのでパッチは保険的に携帯しいる程度です。

そんなこんなで、パンクを防止する為の対策を、難しく考えると、面倒だなぁと思うかもしれませんが、結局の所、空気圧をちゃんとしたり段差やゴミを避けたりする、ということは愛車を大切にする、快適・安全にサイクリングする、ということともイコールだと思うので、日常的なメンテナンスの一つとして習慣づけられれば良いのではないでしょうか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑