*

ロード用片面SPDペダルを比較検討してみる

公開日: ペダル, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

ロード用片面SPDペダル

クロスバイクやロードバイクの走りを劇的に変えられる改造・カスタマイズの一つがフラットペダルからビンディングペダルへの変更で、走りを追求したい人にとっては、もはや必須の改造・カスタマイズかもしれません。

かく言う僕もクロスバイクのescape airをビンディングペダルのSHIMANO PD-M530というペダルに換装しています。

SHIMANO PD-M530から換装したい

SHIMANO PD-M530 はリーズナブルな価格と他には無いホワイトというカラーを選択できる点が魅力で購入したビンディングペダルで、今まで大きな不満もなく使ってきた良いペダルだと思いますが、ここに来て別のペダルへの換装を検討しています。

SHIMANO PD-M530から換装したい理由:片面SPDペダルにしたい

街乗りの場合、信号などでストップ&ゴーを繰り返すことが多いほか、交通量や人も多い為、安全面を考えると、街乗りではビンディングペダルよりもフラットペダルの方がストレス無く乗れると感じています。

僕個人のお話ですが、ここ最近は街乗りが多いため、ビンディングを使用せずに普通のスニーカーなどで乗ることが多くなっていて、ビンディングシューズを履いてのサイクリングをほとんどしていません。

いっその事、フラットペダルへ戻そうかとも考えたりしますが、ビンディングペダルにはフラットペダルには無い楽しさがありますから、なかなか切り捨てられないというのが本音です。

そこで、両面SPDのSHIMANO PD-M530ではなく、片面SPDのペダルへの換装を検討しているというわけです。

SHIMANO PD-M530から換装したい理由:ロード仕様のペダルが欲しい

クロスバイクは英語ではハイブリッドバイクなどと呼ばれ、元々はロードバイクとマウンテンバイクの良い所取りのスポーツバイクなので、ロード用のパーツとオフロード用のパーツが混在しているのが普通です。

僕の愛車であるクロスバイクのescape airもまた然りで、オリジナルの状態ではロード用のパーツとオフロード用のパーツが混在していて、どちらかと言えばマウンテンバイク寄りのパーツが多用されていたように思います。

僕の場合はロードバイクへの憧れもあり、愛車のクロスバイクのescape airをロードバイク寄りのパーツへ換装を繰り返し行なってきて、現状では主なパーツは全てロード仕様になっています。

しかし、ペダルに関しては便でイィングペダルではあるものの、PD-M530の品番からも想像できるようにMの文字が入っていて、オフロード用のパーツなのです。

このままでも良いと言えば良いのですが、どうせこままで弄ったのならPDMではなくPDAの方へ換装したいなと考えています。

SHIMANO PD-M530から換装したい理由:重い

軽量化にはそれほど熱心ではありませんが、PD-M530はカタログ値で455gとかなり重めなペダルになります。

これを片面SPDにするだけで百グラム以上は軽くなると思われるので、数千円の差でこの差は結構大きいのかなと思っています。

SHIMANOのロード用片面SPDペダルは3種類

ロード用片面SPDペダルPhoto via:http://www.shimano-lifestylegear.com/jp/fw/products/pedal/index.php
SHIMANOのロード用片面SPDペダルは2015年9月現在で3モデル(PD-A600/PD-A530/PD-A520)。

それぞれのスペックを比較して何をチョイスするのがベストなのかを検討してみたいと思います。

重量

PD-A600 286g
PD-A530 383g
PD-A520 315g

カラー

PD-A600 ブラック(アイスグレー)
PD-A530 シルバー/ブラック
PD-A520 シルバー

価格

PD-A600 10,506円/7,498円
PD-A530 6,895円/5,357円
PD-A520 6,197円/4,880円

グレード

PD-A600 ULTEGRA
PD-A530 -
PD-A520 -

SHIMANO 片面SPDペダル比較のポイント

価格や性能的にはPD-A530とPD-A520が近いようです。
しかし、デザイン的にはPD-A530だけが異なっていて、PD-A600とPD-A520は見た目の違いはそれほど大きくなくと思われます。デザイン違いの影響は重量に反映されていて、PD-A600とPD-A520に比べると、PD-A530だけがやや重たくなっています。

デザインで考えれば、個人的にはPD-A530よりはPD-A600とPD-A520の方が断然好みで、ロードバイク系のスポーティな見た目にもマッチするような気がしています。

上記のような理由から、個人的に買うとするならPD-A600とPD-A520の二択になり、この二つを比べるとするなら、PD-A600の性能面でULTEGRAグレードかつSPDペダル最軽量というのは非常に高いポイントです。

しかしながら、悩ましい点もあり、カタログではブラックとなっているPD-A600のカラーは、アイスグレーと呼ばれるもので、少し独特な色艶になっていて、この点をどう評価するかで選択が変わってきそうにも思います。

というのも、この色はULTEGRA独特の色だったりするので、クランクがULTEGRAなら全体の相性も良いでしょうが、そうでないならペダルだけが浮いたカラーになってしまいます。

実際問題で、僕がフラットバー用のシフターとして使用していたSL-R770というシフターは当時ULTEGRAグレードとして存在していたモデルで、白と黒を基調にまとめていた僕のクロスバイクのescape airのパーツの中で唯一アイスグレーのパーツで、全体的なコーディネートからは浮いてしまっていたものでした。

それを考えるとシルバーのPD-A520の方がパーツの色的には扱い易い気がしますし、価格も2,000円ほど安く買いやすいのも魅力です。

なんだかんだで片面SPDペダルの選択でも頭を悩ます必要がありますが、僕がもし、片面SPDペダルを買うとするならば、やはり最上位グレードのPD-A600を選択することになると思います。

上記のようにPD-A600はカラーの点では扱いづらい色ではありますが、今まで散々自転車パーツを購入して来て、僕が学んだ事は、自転車パーツの場合は「安物買いの銭失い」という諺がピッタリとハマるパターンが多く、予算をケチって安物パーツを購入した場合、高確率で後から高いパーツを購入し直す、ということになってしまうため、基本的には最上位モデルを選択する、というのが一番良い、というわけです。

両面SPDに比べて一長一短があると言われる片面SPDペダルではありますが、SPD面とフラット面の両方が使えるというも最大の魅力です。購入の参考にお役立ていただければ最高です。

Comment

  1. あろえ より:

    最近SPDからクランクブラザーズのCandy1に変えましたが、クリートの付け外しがめっちゃやりやすいので、信号が多い街乗りとかに使う人はぴったりだと思いますよ。あとクリートの厚みが薄いので歩いてもガリガリいいにくいのも良いです

    • escape air より:

      ビンディングペダルもシマノだけじゃないんですよね。少々視野が狭くなっていた所に、助言有り難うございます。
      シマノ以外に目が行くようになると、シューズの選択肢もカジュアルなものが多いわけで、ペダルを再考してみたいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑